「 金の薔薇の3つ星 」


20151020_01.jpg









美しい『白薔薇の3つ星』を受け取ってから、しばらく経ったある日、
宇宙が私の前に微笑みながら差し出してくれた贈り物。


なんと、そこには、金の薔薇の3つ星が。。。。。


愛しい魂の家族たちとつむぐ私の物語には、
いつもこんな心躍る天からの祝福が、
小さな宝石のように、ちりばめられています。







 

「 女神リリアと聖なるアメジストエレスチャルの灯 」


       20150620_02.jpg









ご縁ある女神たちと分かち合った、あの5月の夜の、
この世のものとは思えないほど幻想的なひとときのことを、
私は、いまだに言語化できないでいる。


その灯が、どれほど美しく、
その物語が、どれほど神聖なものだったのか。。。。。


あの時灯された灯は、
今日も森の奥で、この上なく麗しく輝き続け、
深いアメジスト色の衣をまとった私は、
その光に照らされながら、
夜ごと精霊たちと語り合う。








 

「 出会いは宇宙が用意してくれる 」


     20150417_01.jpg









『出会いは、宇宙が用意してくれる。


その先は、それぞれの自由意思にまかされている』



という考え方が好きです。


その「出会い」とは、人と人の出会いだけでなく、
あらゆるものに言えるのだと思います。


たとえば、クリスタルとの出会いもそのひとつ。


宇宙が、目の前に差し出してくれたクリスタルを、
受け取るのか、受け取らないのか・・・・・


でも、だからこそ、この世界は、素晴らしくて、
いつもたくさんの可能性に満ちているのだと思います。



リリア・バービー


 

 

「 Joyeux Noel!」



20141225_01.jpg






あなたのもとに、たくさんの幸せが舞い降りますように。


素敵なノエルの一日を。。。。。



エンジェルリリアと天使たちより






 

「 エンジェルリリアの手 」


       


以前からずっと「何か素敵な方法がないかしら?」と、
思っていることがありました。


それは、ここを訪れてくださる魂の家族たちに、
リリア・バービー・クリスタルの大きさを
もっとわかりやすく直感的にお伝えすること。


物の大きさを伝える方法のひとつに、
「手と一緒に写真を撮る」というものがあります。


人間の大人の手は、男性と女性で大きさは若干違いますが、
身長のように、人によって何十センチも差があるというわけではないので、
物の大きさを判断するのに、とてもよいのです。


そのため、「クリスタルを手のひらの上にのせているエンジェルフォトを・・・」と
過去に幾度かチャレンジしてみたこともあるのですが、
なかなか思い通りにいきませんでした。


リリア・バービー・クリスタルをご紹介する時に、
「クリスタルの宝箱の上で・・・・」というおなじみのエンジェルフォトと言葉が
出てくるのを、あなたもよくご存じだと思います。


これには理由があって、
ひとつめは、自分の創造したクリスタルの宝箱とクリスタルが一緒にいる光景が
純粋に大好きだという気持ちから。


もうひとつは、
私の魂の家族たちは、クリスタルのギフト付のスペシャルセッションに参加されたり、
すでに、リリア・バービー・クリスタルをお迎えしてくださっている方がとても多いので、
ご自分の「クリスタルの宝箱」と、クリスタランのエンジェルフォトを見比べることで、
なんとなくクリスタルの大きさを想像していただけると思ったからです。


でも、私の中には、
常に、「何かもっと自分らしくて素敵な方法がないかしら?」
という思いがありました。


そして、愛に満ちた宇宙が、とうとうその願いを叶えてくれたのです。



 

 20141206_02.jpg





その手に出会った時、なんと繊細でやさしい手なのかと思いました。


次に、この手にクリスタルをのせたら、きっと素晴らしいに違いないという
心躍るインスピレーションが降りてきました。


私はドキドキしながらその手を見つめ、思いました。


大きさはどうかしら?


人間の女性の手と、同じくらいだとよいのだけれど・・・


その手を持ち上げ、私は、自分の手をそっと重ねてみました。




すると、なんと。。。。。


その手は、私の手とぴったり同じ大きさだったのです。



心の底から言葉にならない喜びがあふれてきて、
私はただただ感動するしかありませんでした。

 

その白く美しい手に、私は「エンジェルリリアの手」という名前をつけました。


私の本物の手は、「リリア・バービーの手」で、
こちらは、私の天使的エネルギーが物質世界で形になった、
「エンジェルリリアの手」です。

 

エンジェルリリアの手を受け取ったその夜は、素晴らしい月夜でした。


私がもっとも惹かれる、満月になる直前の、輝きが最高潮に達した月です。


その月を森の奥で眺めていたら、
エンジェルリリアの手を、月の光でブレッシングしてあげたいと思いました。


月明かりの下に、その白い手を持って立った時、
私には、エンジェルリリアのふたつの手が、
天から地上に向かって降り注ぐ美しい月の光を、
やさしく受けとめているように見えました。



宇宙がプレゼントしてくれた、エンジェルリリアの手。


これから、リリア・バービー・クリスタルをのせて、
ここを訪れるみなさまに、
この世界できらめく、たくさんのクリスタルの素晴らしさを届けてくれることでしょう。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others