「 〜星の癒し手〜 星々の刻印を持つクリスタル ナチュラルダウ&セルフヒールド 」


        20150616_01.jpg









『癒し』とは、何だろう?


私にとって、それは、『本来の自分に戻ること』だ。


「癒されたい」と思う時、
その人の魂は、
「本来の自分に戻りたい」
と言っている。


「癒された」と感じる時、
その人の魂は、
「本来の自分に戻った」
と言っている。

 

リリア・バービー






*     *     *
 





そのクリスタルは、星の賢者たちが授けたクリスタル。


地球という遠い星に旅立つ、美しい星の魂のために。


「いいかい、おまえが本当の意味で、
このクリスタルに込められた叡智を知り、
その波動と共鳴できるようになった時、
おまえは、このクリスタルに出会うだろう。


そして、私たちのことを思い出し、
このクリスタルを癒しのための道具としてではなく、
よき友として迎えるだろう」





*      *      *







20150616_04.jpg







20150616_02.jpg









20150616_03.jpg







20150616_05.jpg








20150616_06.jpg









20150616_07.jpg










20150616_13.jpg







20150616_14.jpg
 






20150616_21.jpg







20150616_09.jpg







20150616_11.jpg










20150616_16.jpg









20150616_17.jpg










20150616_26.jpg

数えきれないほどたくさんの細かい結晶が、
重なり合っています。
「バーナクル」と呼ばれるクリスタルです。







20150616_25.jpg

その接合面には、無数の虹がひそやかに輝きます。
それは、夜空で輝く星々のように、静かな静かなまたたき。。。。。。








20150616_19.jpg

その中に、ひとつだけある、大きな虹の架け橋のような結晶。








私のクリスタルにある虹の架け橋と雰囲気が似ており、
ブリッジのような形をしています。




このクリスタルの虹の架け橋にも、
とても美しい虹が浮かびます。







20150616_22.jpg









20150616_20.jpg










20150616_12.jpg

正面のひときわ大きな七角形のフェイスに浮かび上がる
神秘の星々。。。。。。






「星々の刻印」でお伝えしたように、
どう見ても、表面に物理的な力で刻まれたかのように見えますが、
指で触れると、そのフェイスの表面は、すべすべとしています。



星の賢者たちは、このクリスタルにメッセージを刻み込み、
いつの日か現れる星の魂のために、
その叡智を封印したのでしょうか。。。。。


数年もの間、私は、このクリスタルを手に取るたびに、
幻のように浮かび上がるその星の群れを眺めてきました。


そして、ある時、
その大きなファセットが「七角形」であることに気づいたのです。


「7」という数字を感じたとたん、
なぜか「ダウ」という言葉が、心の中に響くのを感じました。


「ダウ・クリスタル」とは、
マスタークリスタルのうちのひとつで、
ファセットのフェイスが、
交互に、「7・3・7・3・7・3(角形)」と並んでいるものです。


七角形と三角形が、それぞれ3つずつで構成されています。


ポリッシュと呼ばれる、人の手で磨かれたクリスタルの中には、
時々、このダウの形になっているものを見かけることがあります。


しかし、人工ではないナチュラルなものとなると、とても稀少で、
特に美しいバランスを持つものはめったに出会えません。


このクリスタルの大きなフェイスが、七角形であることに気づいた時、
私は、このクリスタルは、もしやダウ・クリスタルなのでは?
と思ったのです。


そして、ファセットを調べてみると・・・・・



なんと、やはりダウでした。

 



20150616_10.jpg

これは、大きな七角形のフェイスの反対側を見たところです。
両脇に2つの七角形のフェイスがあり、その間に小さな三角形のフェイスが
あることがわかります。
この角度からは見えない向こう側に、正面の大きな七角形があり、
その両脇に小さな三角形がそれぞれ存在しています。







私は、ダウ・クリスタルは、非常に深遠なクリスタルだと思っています。


このクリスタルのキーワードを、ひと言で言い表すとしたら、
『真理』


今はそれ以外の言葉が見つかりません。







そして、このクリスタルのもうひとつの稀有な贈り物。


それは、トップと反対側の先端が、
見事なセルフヒールドになっていることです。


セルフヒールドとは、折れたり損傷してしまったクリスタルが、
その部分から、再結晶化しているもの。


「Self healed」という名の通り、
自分で自分を癒しているクリスタルです。


物理的なダメージをものともせず、
長い年月をかけて、自らを癒し、再び成長を続けていく・・・・


セルフヒールドは、私がとても魅かれるクリスタルのひとつです。







20150616_30.jpg

私は、これまで、いつくかのセルフヒールド・クリスタルを見てきましたが、
その中でも、このクリスタルは、もっとも美しい再結晶化をしているクリスタル。
エンジェルフォトだと見えづらいのですが、
折れてしまった部分を、無数の小さな結晶が、びっしりと覆っています。







20150616_08.jpg

三角形をした小さな結晶たちが、小さな山のように連なっているのがおわかりでしょうか?







20150616_28.jpg









20150616_29.jpg











20150616_15.jpg

クリスタルの内側から、神聖な癒しのエネルギーが
静かにあふれ出しているのを感じます。








程度の差こそあれ、おそらく、ほとんどの方が、
クリスタルに秘められた癒しの力を感じたことがあるでしょう。


物理的な世界に生きている私たちは、
目に見えないものの存在を信じるには時間がかかることがあります。


しかし、反対に言うと、自分自身が実際に目で見たものに関しては、
あらゆる説明を飛び越えて、本当にそうなのだ、と確信できる強みもあります。


その再結晶化した部分を眺める時、
私は、クリスタルが持つ、癒しの力を目の当たりにします。


そして、クリスタルがこう言うのが聞こえるのです。



『あなたの中にも、同じ力があるのです』






このクリスタルは、
星の賢者たちが、星の魂に贈った
聖なるクリスタルです。


その魂は、星々につながりがあり、
「真の癒し」をキーワードに持つ方。


虹の架け橋のように見える水晶と、
たくさんの星のかけらのような結晶がそのそばについていることから、
多くのご縁ある人々が、今世でその魂との出会いを待っているのでしょう。




「癒し」というと、ヒーラーや、ケアする人などを連想しがちですが、
人が、自分自身を心から愛し、その人らしく輝きながら生きている時、
そこには、ごくごく自然に、まわりの人々を癒してしまうエネルギーが発生します。


いかにも癒しに関わる人、というような肩書きは持っていなくても、
「あの人のエネルギーに触れると、なぜかほっとして癒されるわ・・・・」
という人に出会った経験は、きっとあなたにもあることでしょう。


そのような意味では、人は誰しも「癒し手」なのです。


そして、もちろん、あなたも。。。。。





深遠な星々の刻印からインスピレーションを受け、
このクリスタルに、〜星の癒し手〜という名前を付けました。


もしも、受け取ってくださる方が現れたなら、
私は、その方にぜひ、遠隔での個人セッション・・・・
「星のセッション」をさせていただければと思っています。


その方が一番惹かれる銀河や星団、あるいは星につながって行う
星の魂のためのセッション。。。。。


その日が来るまで、私は森の奥から、
このクリスタルと一緒に美しい星空を眺めて、
星の賢者たちが封印した『星の叡智』に、
静かに思いを馳せることにしましょう。。。。。








20150616_01.jpg

コレクション番号:LBC-0207
クリスタル名:〜星の癒し手〜
星々の刻印を持つクリスタル ナチュラルダウ&セルフヒールド〜
産地:Brazil
サイズ: 約7,7×2,8×2,6センチ


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜




 

「 輝きの未来 喜びの今 〜聖なる灯〜 見事なフューチャー・タイムリンクを持つ、光のレムリアンシード・クリスタル 」


        20150617_01.jpg








私の中で、日に日に高まりゆくレムリアのエネルギー。


ひとり、またひとりと、レムリアの魂の家族たちが、ここを訪れて、
ご縁ある光のレムリアンシードと天使のリボンで結ばれていきます。


今日ご紹介する光のレムリアンシード・クリスタルは、
それはそれは見事な未来へのタイムリンクを持つ光のレムリアンシード。


ボディ全体が光そのもののように透明で、なおかつ輝きが強く、
その存在だけで、見る者の魂を感化するようなクリスタルです。


私のように、ひと目その姿を見た瞬間、
インスピレーションを感じる方もいらっしゃるかもしれません。







20150617_03.jpg










20150617_02.jpg








20150617_04.jpg







20150617_09.jpg










20150617_12.jpg







20150617_11.jpg

大きな大きな未来へのタイムリンク。
一見、ウィンドウかと見紛うほどの素晴らしい存在感。









20150617_05.jpg

光に照らされて浮かび上がる、レムリアンリッジ。






根元の方に、いくつかの美しい虹が踊るように輝きます。





20150617_06.jpg

エンジェルフォトには写りにくいのですが、
この透明なレムリアンにぴったりの、小さなオーロラのように美しい虹たちです。







20150617_07.jpg








20150617_08.jpg









20150617_01.jpg

私が出会ってきた光のレムリアンシード・クリスタルの中でも、
最高クラスの透明度と輝き。。。。。










あなたの未来を創るのは、何でしょう?





それは、今のあなたが放つ波動です。




それを、本当の意味で理解した時、
あなたは、『今』をどのように生きるのでしょうか?






この素晴らしいレムリアンシードクリスタルの
フューチャー・タイムリンクを眺めていたら、
『輝きの未来 喜びの今』
という言葉が浮かんできました。


今を喜びともに生き、輝きの未来へと幸せに船出する、
美しい光のレムリアの女神に。。。。。。



※このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 







20150617_01.jpg

コレクション番号:LBC-0204
クリスタル名:〜輝きの未来 喜びの今 〜聖なる灯〜
見事なフューチャー・タイムリンクを持つ、光のレムリアンシード・クリスタル〜
サイズ: 約7,5×3,3×2,6センチ
産地:Colombia
*大きさがあるため、クリスタルの宝箱には入りませんが、
大切にお包みしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜






 


「 コロンビア・レムリアンシード・クリスタル ウィンドウ&イシス 」


       20150604_08.jpg








自己探求を始めた魂にとって、
「本当の自分」という言葉ほど、
心惹かれる言葉はない。


「本当の自分」
「本来の自分」
「真の自分」


その言葉が記された書物に、
その言葉の意味を説く人に、
まるで磁石のように引きつけられる。


自分が追い求めていたものは、
ここにこそ、あるのではないかと信じて。


美しい窓、ウィンドウを持つクリスタルは、
そんな魂に向かって、その存在で問いかける。


本当の自分とは?
本来の自分とは?
真の自分とは?



私は、ウィンドウクリスタルに出会うと、
いつも背筋がすっと伸びるのを感じる。


その瞬間、私の中にいる本当の自分が、
起き上がるのかもしれない。


深遠なダイヤの形をした窓は、
大いなる存在の目のようであり、
その存在は、私のすべてを愛し、認めた上で、
私の中で最も細かく精妙に振動するエネルギーに、
まっすぐに焦点を当てる。


そこには、至高の愛と喜びが、絶え間なく存在し、
あなたが探し求めていたものは、
ほら、いつもそこにあるよ。


あなた自身が、愛であり喜びであるのだよ。


そして、それこそがあなたの本当の姿だよ。
と、教えてくれる。






*     *     *








20150604_01.jpg









20150604_10.jpg







20150604_06.jpg









このクリスタルは、先端にわずかにチッピングがあります。


クリスタルが大きく写っているために、チッピングも大きく写っていますが、
実際は、それほど目立ちません。


逆に、チッピングがあることで、先端に小さな虹が生まれています。






20150604_05.jpg










20150604_02.jpg

        このような形で、自立します。






コロンビア・レムリアンらしい、素晴らしい透明度と輝き。






20150604_11.jpg








20150604_12.jpg







20150604_13.jpg

    








20150604_15.jpg

下部に小さな結晶がついているのですが、その部分に虹が浮かびます。







20150604_09.jpg

また、光を反射して白色に見える部分にも、小さな虹が浮かびます。







20150604_07.jpg

     美しいバランスを持つウィンドウ。








20150604_14.jpg

その右上にあるイシス。
表面には、水面に映る満月のような、不思議な模様があります。







20150604_04.jpg






光のレムリアンシード・クリスタル。


コロンビア・レムリアン。


かつて、レムリアの風に吹かれながら、
このクリスタルのウィンドウを、
まっすぐな瞳でのぞき込んでいたのは、
一体どんな魂だったのでしょうか。。。。。





 小さな結晶ですが、非常にエネルギーの高いクリスタルです。


どこまでもクリアなその姿を眺めるたびに、
魂が透き通っていくのを感じることでしょう。


このクリスタルには、遠隔個人セッションが含まれています。


『本当の自分に戻る時が来た』と、直感で感じる方に。。。。。







20150604_02.jpg

コレクション番号:LBC-0201
クリスタル名:〜コロンビア・レムリアンシード・クリスタル
ウィンドウ&イシス〜
サイズ: 約3,2×1,5×1,5センチ
産地:Colombia


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜






 

「 レムリア 美しき月の女神のための聖なる灯 トリプルイシスの光のレムリアンシード・クリスタル 」


        20150603_02.jpg








この光のレムリアンシード・クリスタルは、

とても特別なエネルギーを秘めたクリスタルです。



3つの光のレムリアンシード・クリスタルのうち、
2つのクリスタルは、なんとか、その雰囲気が伝わるエンジェルフォトが撮れましたが、
このレムリアンシードだけは、その特徴がかなり写りにくいために、
お披露目するのは、まだまだ先のことだと感じていました。


今日は、私の星座である、射手座の満月。


森の奥で、このレムリアの美しき月の女神の波動を感じるクリスタルを眺めていたら、
ふと、準備が完全に整うのを待ってからご紹介するよりも、
まるでレムリアから吹いてくる風のように、
ふわりと軽やかにご紹介するのも素敵かもしれないと思いました。


エンジェルフォトは、わずか数枚しかありません。


鮮やかな虹は、そこには、かすかにしか写っていませんが、
それはそれで完璧なのでしょう。


実は、私のもとには、このクリスタルにうりふたつの
非常にエネルギーの高いクリスタルがあります。


全体の大きさや形が似ているというだけでも稀なことなのに、
左右の両脇に、それぞれ美しい五角形のイシスが対になるように存在する
というところまでそっくりという、まるで双子のようなクリスタルです。


最初に、このレムリアンシード・クリスタルに出会った時、
真っ先に思い出したのは、そのクリスタルのことでした。


いつの日か、この美しき月の女神のためのクリスタルが、
ご縁のある女神のもとに行く時が来たなら、
ぜひ、このクリスタルにそっくりな私の宝物であるクリスタルとともに、
個人セッションとスペシャルブレッシングをさせていただきたいと思っていました。


そして、その自分のクリスタルをもう一度見てみようと思い立ち、
たった今、まじまじとその姿を見つめて、
驚きのあまり声をあげそうになりました。


ダブルイシスだと何年もの間信じ込んでいたそのクリスタルに、
もうひとつ、五角形のフェイスがあることに気づいたのです。


言葉にならないエネルギーが、全身を駆け抜けるのを感じました。


このトリプルイシスのレムリアンシード・クリスタルとまったく同じ・・・・


そして、さらに驚くことが。


五角形のフェイスが、なんと、もうひとつ。。。。。


1・・・2・・・3・・・4・・・・


私は、今日の今日まで、ダブルイシスのクリスタルだと思っていた、
自分の宝物のクリスタルを、目を見開いて見つめました。


ダブルでもなく、トリプルでもない。


このクリスタルが体現しているのは、その先のイシス。。。。。


「ダブル・・・


トリプル・・・・」


ゆっくりとそう言葉に出し、
今まで使ったことのない、その先の言葉を、私は初めて口にしました。


「クアドラプル(quadruple)・・・・」


4つのイシス、
クアドラプル・イシスのクリスタル。。。。。。




*     *     *




私は、今、
何かとても美しい流れがやってきているのを感じます。


それは、私を新たなる世界へと連れて行ってくれる、
心地よい、虹色の流れです。


それでは、トリプルイシスの光のレムリアンシード・クリスタルの姿を、
少しだけですが、お見せしましょう。。。。。







20150603_01.jpg









20150603_02.jpg










20150603_05.jpg

素晴らしい透明度を持つボディ。








20150603_03.jpg

ひとつめのイシス。









20150603_04.jpg

ふたつめのイシス。
その向こうある、白く反射している部分が、
虹の浮かぶ場所です。
私と愛する人が感動した、とても鮮やかで美しい虹・・・・










20150603_06.jpg

つい先日見つけた、もうひとつの五角形。
どの部分か、おわかりになるでしょうか。








20150603_07.jpg

このフェイスです。








現段階でお見せできるエンジェルフォトは、ここまで。。。。。




このトリプルイシスの光レムリアンシード・クリスタルを迎え入れてくださった方には、
私のクリスタルである『クアドラプル・イシスのクリスタル』とともに、
遠隔個人セッションとスペシャルブレッシングをさせていただきます。


トリプルイシスの「3」と、クアドラプル・イシスの「4」を合わせると、
「7」と言う数字が生まれます。


虹色の数字である「7」・・・・・
 

 

 

 

 

 

私と、このレムリアンシードクリスタルを受け取る女神は、

お互いの内にあるエッセンスを、喜びの銀河の中で融合させ、調和させて、

虹色に輝く、新しい何かを創造することになるのかもしれません。

 

 

 

 

 

ご縁を感じてくださった方に。。。。。。







20150603_02.jpg

コレクション番号:LBC-0203
クリスタル名:〜レムリア 美しき月の女神のための聖なる灯

トリプルイシスの光のレムリアンシード・クリスタル 〜
サイズ: 約7,2×5,3×2,7センチ
産地:Colombia
*大きさがあるため、クリスタルの宝箱には入りませんが、
大切にお包みしてお届けいたします

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜


 

 

 

 


「 ダブルイシス&ウィンドウ レムリアの女神のための、虹の鍵石 」


20150528_21.jpg









『光のレムリアンシード』


そのクリスタルに出会うと、いつもそんな呼び名が、
魂の奥深くから聞こえてきます。



*     *     *



私のキー・クリスタルでもある、レムリアンシード・クリスタル。


レムリアンシード・クリスタルは、
1999年の終わりに、ブラジルの鉱山から発掘されました。


伝説の大陸である「レムリア」の名を冠したこのクリスタルは、
古代レムリア人の叡智を宿していると言われ、
クリスタルの側面にあるバーコードのような横筋
『レムリアン・リッジ』を、指でなぞることで、
その叡智にアクセスできると言われています。


その後、ブラジル以外の場所からも、
レムリアンシードという名前のついたクリスタルが出現し、
世の中に広まるようになりました。


いくつかある、それらのレムリアンシードの中でも、
私が特に強く惹かれるのが、
コロンビア産のレムリアンシード・クリスタルです。


コロンビア産のレムリアンシード・クリスタルの多くは、
世界最高品質のエメラルドを産出する地として有名な
ムゾー鉱山から発掘されます。


目の前にある、見たこともないほどまばゆく光り輝く透明なクリスタルが、
レムリアンシードであり、しかも、エメラルドと同じ鉱山から採掘される・・・・・


それを知った時、コロンビア・レムリアンシード・クリスタルの名は、
その光のような姿とともに、
私の魂に永遠に刻み込まれることになりました。


コロンビアのレムリアンシード・クリスタルは、
そのすべてが高い透明度を持つわけではなく、
個体によって、透明度や輝きは様々です。


ここ数年の間に、
コロンビアのレムリアンシードを見かける機会は、以前に比べて少なくなり、
その輝きも、まばゆいばかりに透明なものよりも、
どちらかというと、ほんのりと霞がかったようなものが多くなりました。


私がたまらなく惹かれるのは、
これぞコロンビア・レムリアンというような、
素晴らしい透明度と、クリスタル自体が発光しているのかと思うほどの
強い輝きを持つものです。


幸せなことに、これまでの人生で、そのようなレムリアンシードといくつか出会い、
それらは、私の大切なプライベートクリスタルとして、
今日も美しい輝きを放ち続けてくれています。


ちなみに、これまでご紹介してきたレムリアンシード・クリスタルの中で、
コロンビア産のものは、こちらです。

 
「〜素晴らしい透明度のポイント型のレムリアンシード〜」
〜*天使のリボンで結ばれました*〜

「〜レムリアンシード・クリスタル 虹のタントリックツイン〜」
〜*天使のリボンで結ばれました*〜

「〜レムリアンシード・クリスタル 虹の架け橋 Crystal 2〜」





私が、心から惹かれるコロンビアレムリアンは、なかなかありませんので、
クリスタランでもご紹介できるのが、ほんの少しなのですが、
このコロンビアレムリアンは、以前から時が満ちたら、
お披露目をしたいと思っていました。

すんなりとした細身のボディが美しい、
見事な虹を持つ、稀少なコロンビアレムリアンです。






20150528_01.jpg

     クリスタルの宝箱の上で・・・・・










20150528_02.jpg

          ほっそりとした姿。









20150528_03.jpg

このレムリアンシードが放つ独特の波動が、
このエンジェルフォトを見ただけで伝わってくるような気が・・・・





とにかくエネルギーの高いクリスタルなのです。







20150528_22.jpg

光をさほど通さないと、落ち着いた印象に見えますね。






それでは、窓の近くに移動しましょう。





20150528_06.jpg







20150528_04.jpg







20150528_05.jpg









20150528_07.jpg

下の部分に、ため息の出るような美しい虹が入っています。
ボディが透明すぎて、虹がうまく写っていませんが、
なんとなく虹の浮かぶ場所は、感じていただけるかと思います。








20150528_08.jpg

そして、このレムリアンシード・クリスタルのトップを形成するファセットは、
それぞれ、とても小さいのですが、その中に五角形のイシスフェイスがあります。








20150528_09.jpg

なんと、そのイシスと対になるように、向い合せにもうひとつのイシスが。
底辺となる一辺は、非常に短いのですが、よく見ると五角形です。
このクリスタルは、ダブルイシスのトップを持つレムリアンシード、
ということになります。





これは、私のこれまでの経験と直感ですが、
ごくごく稀にしか出会えない「ダブルイシスのクリスタル」を迎え入れる方は、
月ととてもご縁が深い方です。


おそらく、過去世で、月の女神にまつわる儀式に
関わっていた方ではないかと思います。







20150528_10.jpg

ファセットを形成するフェイスには、ダイヤの形をしたウィンドウも。









20150528_11.jpg

 あまり見たことのない、不思議な雰囲気を醸し出すウィンドウです。






ダブルイシス、ウィンドウ、素晴らしい透明度と輝き、見事な虹、
と、たくさんのギフトを持つこのレムリアンシードですが、
このクリスタルを眺めていて、あることに気づきました。



頂点からこのレムリアンシード・クリスタルを見ると、
なんと先端の部分が、イシスの形(五角形)をしているのです。


それを見た時、私はなぜか、反射的に、鍵と鍵穴を連想しました。


そして、レムリアにある月の女神の神殿のヴィジョンが見えたのです。


その扉の鍵穴は、五角形をしていました。


そこに、このクリスタルの先端がぴったりと入り、
その瞬間、鍵穴と鍵が虹色の光を放って、
ゆっくりとその扉が開くのが見えました。


『虹の鍵石』


どこからか、そんな言葉が浮かびました。





頂点から見た様子は、エンジェルフォトにはおさめていません。


それは、このクリスタルを受け取ってくださった方に、
ご自身の目で確かめていただくのが一番だと直感で感じたからです。








20150528_14.jpg





20150528_13.jpg










20150528_15.jpg

             素晴らしいレムリアン・リッジ。








20150528_20.jpg

レムリアンリッジの浮かぶ面が、鏡のようにまわりの景色を反射しています。
2つのレムリアンリッジが重なり合って創り上げる模様は、波そのもので、
まるで、夕暮れの海を眺めているよう。。。。。
レムリアの海も、夕陽を映して、こんな色に輝いていたのでしょうか。。。。。






この美しいクリスタルは、レムリアの女神のための『虹の鍵石』です。


レムリアにある、月の女神の神殿の扉を開ける鍵。


いつの日か完璧なタイミングで、
真の持ち主のもとに導かれることでしょう。。。。。。








20150528_18.jpg

コレクション番号:LBC-0171
クリスタル名:〜ダブルイシス&ウィンドウ レムリアの女神のための、虹の鍵石〜
サイズ: 約6,8×1,9×1,4センチ
産地:Colombia


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜



 

 

「 稀少なダイヤ型のゲートウェイを持つ、天秤座の満月のタントリックツイン 」


       20150416_15.jpg









天秤座の満月の皆既月食のエネルギーでブレッシングしたクリスタルより。







20150406.jpg

最後にご紹介する4つ目のクリスタルは、一番右側に写っている
タントリックツインです。








20150416_04.jpg

       クリスタルの宝箱の上で・・・・・








20150416_03.jpg

エンジェルリリアの手にのせるとこのような感じです。










20150416_01.jpg

このタントリックツインは、
私が「一体型」と呼ぶ特徴を持つタントリックツイン。




2つの先端を持ちながら、
まるでひとつのクリスタルであるかのように見えるタントリックツインのことを、
私は、「一体型のタントリックツイン」と呼んでいます。


このタイプのタントリックツインは、結び合うエネルギーがとても強く、
そのエネルギーを言葉にして表現するなら、『一心同体』







20150416_11.jpg

            正面から。








20150416_12.jpg

上の方は透明度が高いうえ、ふたりがぴったりと重なっているので、
こうして見ると、一瞬、これは、どの向きから見たところかしら?
と、思ってしまいます。
これは、横から見たところで、手前側が大きなクリスタル、
その向こうに小さなクリスタルがあります。







20150416_13.jpg

こちらは後姿。
この角度からは、完全にひとつのクリスタルに見えますね。
透けてしまって見えませんが、後ろの部分に、
小さな左上がりのタイムリンクがあります。







20150416_09.jpg

    過去につながる、左上がりのタイムリンク。










20150416_05.jpg

正面から見たふたりに近づいてみましょう。
ファセットに、小さな小さなレコードキーパーがびっしりと刻まれているのがわかります。
2つのクリスタルのファセット両方に、このレコードキーパーがあります。
とても小さいですが、私のように目がよい方なら、ルーペを使わなくても
見ていただけると思います。








20150416_14.jpg

ふたりの中には、小さな虹も浮かびます。
真ん中のところに、ちらりとそれらしきものが写っていますね。









そして、このタントリックツインの最大の特徴。


それは、非常にめずらしい、『ダイヤ型をしたゲートウェイ』です。


ゲートウェイは、通常、六角形をしているのですが、
このタンリックツインに存在するゲートウェイは、
「四角形」。


そうです。


ここにも「4」という数字が出てきました。





20150416_06.jpg

くっきりと刻まれた、見事なダイヤ型のゲートウェイ。
このような形をしたゲートウェイは、私も初めて見ました。






このゲートウェイは、大きな方のクリスタルの「側面」にあります。






20150416_07.jpg








gatewayの意味は、「入り口」

クリスタルに刻まれたこのゲートウェイが表しているのは、

「新しい世界、新しい次元への入り口」や、
「隠された情報につながるための扉」であると言われています。




私は、ゲートウェイを持つクリスタルは、
非常にパーソナルなクリスタルだと思っています。


それは、何らかの明確な意図を持って、
受け取るべき魂のもとにやってくるのです。





「 パートナーシップ」をキーワードに持つ
天秤座の満月の皆既月食のエネルギーでブレッシングしたタンリックツイン。


ふたりのファセットに浮かぶ、たくさんの小さなレコードキーパー。


過去につながるタイムリンク。


夜空でひそやかにまたたく、小さな星のような虹。


そして、「4つ」の辺が創り上げる深遠なダイヤ型のゲートウェイ。


私は、このタントリックツインから、強いメッセージ性を感じます。





はるかなる時を超えて、
このふたりが、自分たちの真の持ち主に伝えようとしていること。。。。。。




それらのメッセージをどう読み解くのか・・・・・




それは、このタントリックツインを受け取った、
真の持ち主にゆだねようと思います。







20150416_10.jpg






20150416_08.jpg








20150416_15.jpg

コレクション番号:LBC-0193
クリスタル名:〜稀少なダイヤ型のゲートウェイを持つ、
天秤座の満月のタントリックツイン〜
産地:Brazil
サイズ: 約5,9×2,2×2,0センチ


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 






 

「小さな薔薇色のレインボースターローズクォーツ 〜リトルプリンセス〜 」


       20150414_02.jpg










天秤座の満月の皆既月食の光でブレッシングしたクリスタルより。






20150414_08.jpg

一番手前にいるのが、小さな薔薇色のリトルプリンセス。








20150414_06.jpg






20150414_07.jpg









20150412_07.jpg

同じ日に私のもとにやってきた2人のプリンセスは、
共通するいくつかの特徴を持っています。






美しい薔薇色のボディをしていること。
(その薔薇色の色合いが、とてもよく似ています)


たくさんの虹が、あちらこちらで輝いていること。


4条の星が浮かぶ、スターローズクォーツであること。










20150414_01.jpg

  小さくて、美しい、とてもスペシャルなお姫様。
   








20150414_05.jpg

        クリスタルの宝箱の上で・・・・・








20150414_03.jpg







20150414_04.jpg

エンジェルフォトになんとか写るのは、ごくごく小さな虹のみ。
実際は、大小さまざまな虹が、あちらこちらに入っています。





虹を探しながら、くるくるとボディをまわしていると、
スターを創り上げる見事な線が、現れては消えて、また現れて・・・


スターローズクォーツの星を創る「光のような線」は、
何度見ても言葉にならない感動と、
抑えきれないほどの胸の高鳴りを私に与えてくれます。


そこには、『マジカルなパワー』が、確かに存在しているのを感じるのです。








20150414_02.jpg








この小さくも美しい薔薇色のプリンセスをブレッシングしたのは、
天秤座の満月&皆既月食の光。


天秤座のキーワードは、
どれも私の心をときめかせる、素晴らしいものばかりです。



【 天秤座のキーワード 】


「パートナーシップ」

「共同創造」  「相互サポート」  「共存共栄」

「バランス」  「平等」  「調和」

「社交」  「外交」

「機転」  「親近感」

「芸術」

「洗練」  「優雅」

「エレガンス」  「ラグジュアリー」





いつの日か、この姫君にぴったりな方が現れて、
薔薇の花束を抱えて、彼女に愛を告げることでしょう。


そして、本物の愛にめぐり合ったプリンセスは、はにかみながら頷き、
白い馬がひく馬車に揺られて、
幸せいっぱいに、愛しい人のもとへと旅立っていくことでしょう。。。。。






20150414_02.jpg

コレクション番号:LBC-0190
クリスタル名:〜小さな薔薇色のレインボースターローズクォーツ
リトルプリンセス〜
サイズ: 直径約3,0センチ

*〜竪琴を奏でる天使〜のクリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜






 

「 No.194 レインボースターローズクォーツ 〜プリンセス・オブ・ローズクォーツ〜 」


      20150410_01.jpg








4月4日というエンジェリックなその日は、
天秤座の満月であり、皆既月食が起こる。。。。。


なんとも素晴らしい宇宙のアレンジを知った時、
私は、その特別な月の光で、
美しいクリスタルたちをブレッシングし、
ご縁のある魂の家族におゆずりしたい・・・と思いました。


真っ先に、直感で思い浮かんだのは、ローズクォーツのスフィア。


私にとって、『4』は、天使を意味する数字であり、
『4』の波動を色で表現すると、ピンク色でした。


丸いスフィアは、満月の形そのもの。


ところが、その時点では、
「このローズクォーツを」と感じる、ぴったりのローズクォーツのスフィアが
レインボークリスタル宮殿には、ありませんでした。


ローズクォーツのスフィア自体は、いくつかあるのですが、
そのどれもが私のプライベートクリスタルだったからです。


不思議なことに、4月4日の天秤座の満月の夜に、
ローズクォーツのスフィアを皆既月食の光でブレッシングすることは、
私にとって、必ずそうすることになっている、という未来の確定のようなもので、
それについては、一切の疑いがありませんでした。


そして、
「今、手元にぴったりのクリスタルがないのならば、
その日までに探さなくては」
という気持ちも、まったく起こりませんでした。


私は、ただただその日に幸せに思いを馳せながら、
今を楽しんでいました。




*     *     * 




それからしばらく経ったある日、
私の前に、ひとつのローズクォーツが現れました。


それはそれは美しい、夢見るような薔薇色をした
ローズクォーツのプリンセスです。


出会った瞬間、私はプリンセスを見つめて、心の中でつぶやきました。


「ああ、やっぱり出会えたわ!」


ローズクォーツは、水晶の中でも、とてもよく知られたクリスタルのひとつで、
いたるところで見かけることができます。


それにもかかわらず、
私のもとに、このクリスタルが、数えるほどしかないのは、
私が心から惹かれる色合いをしたローズクォーツとの出会いが
とても少ないからでした。


ところがどうでしょう。


目の前にいるプリンセスは、ひと目見た瞬間に大好きだと感じるほど、
私の好きな色合いをしているのです。


しかも、そのローズクォーツは、
スターローズクォーツだということでした。


プリンセスに浮かぶ星を見ようと、
そのボディをそっと持ち上げてくるりと回した時、
私はそこに、見事な虹の祝福を見つけて歓喜しました。


なんて美しい虹・・・・・


このプリンセスは、虹の王国のお姫様でもあるのだわ。。。。。


光の中でプリンセスのボディをくるくると回すと、
スターローズクォーツの特徴である線が、
ひとつ、ふたつと浮かび上がりました。


3本目はどこ・・・・


私は、3つ目の線を見つけようとしましたが、
それは、どこにも見えません。


6条の星ではないみたい。


このスターローズクォーツの星は、2本の線がクロスして創り上げる
『4条の星』だわ。


と、思ったところで、はっとしました。


4月4日の天秤座の満月の夜に起こる皆既月食。。。。。


私は、宇宙がやさしく微笑んでくれているのを感じました。


4月4日の天秤座の満月の夜に起こる皆既月食と、
4条の星が浮かぶ、レインボースターローズクォーツのお姫様。





4月4日。


朝から曇り空だったリリアの森は、
皆既月食のさなかに、奇跡的に月の部分だけがくっきりと晴れ、
私は、プリンセス・オブ・ローズクォーツと名付けたこの姫君と一緒に、
その美しい月の光を浴びることができました。









20150412_07.jpg

同じ日にやってきた、小さなリトルプリンセスと一緒に。
彼女も、4条の星が浮かぶ、スターローズクォーツ。






私が、これまで、満月のようだと感じることが多かったのは、
圧倒的にレインボークリスタルのスフィアでした。

でも、このスターローズクォーツは、
じっと眺めていると、なぜか満月のように見える時があります。






20150412_08.jpg

こんな姿をした満月、あなたもどこかで見たことがありませんか?









20150412_09.jpg

このプリンセスは、ピンクと白が溶け合った
とても素敵な色合いをしています。
私は、このピンクと白のグラデーションを持つローズクォーツが大好き。
見る角度によって表情が変わるため、
同じひとつのローズクォーツなのに、どの面をこちらに向けるかで、
まったく違うローズクォーツにも見えます。
それがまた素敵なのです。







20150412_10.jpg

 このエンジェルフォトには、皆既月食のエネルギーが宿っているような気が・・・・・







それでは、プリンセスの姿をじっくりとご覧ください。






20150412_04.jpg






20150412_03.jpg







20150412_02.jpg







20150412_01.jpg

エンジェルリリアの手にのせると、このくらいの大きさです。






とても存在感があるのに、
女神クラスのクリスタルのようなずっしりとした重みがないため、
いろいろなところに一緒に連れて行っていただけます。






20150412_14.jpg

    プリンセスに浮かぶ、美しい虹。







この虹が、エンジェルフォトにはなかなか写りません。


実際は、もっとはっきりとした見事な虹です。








20150412_05.jpg

こちらのエンジェルフォトでは、
ボディの色は、実際よりも濃く写っていますが、
虹は、先程よりも、もう少し実物に近い感じで写っています。
本物は、さらにくっきりはっきり、たいへん鮮やかで美しいので、
きっと感動されるはず・・・・・




その他にも、あらゆるところに、虹が入っており、
虹・虹・虹のローズクォーツです。




そして、4条のスターは、幾度チャレンジしても
エンジェルフォトには写りませんでした。


受け取られた方は、どうぞご自分の目で、
その星を見つけてみてください。





20150410_01.jpg






うっとりするほど美しい、生まれながらのお姫様。


そっと手のひらで包んで眺めるたびに、
ハートから薔薇色のエネルギーがあふれてくるような
そんなスペシャルなスターローズクォーツです。


大切にしてくださる方に。。。。。。








20151006_01.jpg

ゴールド色の貝殻と薔薇がモチーフのプリンセスのベッドを
ご一緒におつけいたします。
>> 詳しくは、こちら







20150410_01.jpg

コレクション番号:LBC-0194
クリスタル名:〜レインボースターローズクォーツ
プリンセス・オブ・ローズクォーツ〜
サイズ: 直径約5.0センチ
〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜


*大きさがあるため、「クリスタルの宝箱」には入りませんが、
大切にお包みしてお届けいたします。










 

「 豊かさの天使 小さなレインボーシトリンエンジェル 」


     20150305_12.jpg








3月になると、ミモザの花のことを思います。


小さな黄色いポンポンがたくさん集まってふんわりと咲くこの花は、
私にとって、春の訪れを告げる花。


だからでしょうか、
見ているだけで心が軽やかになるような、
やさしいイエローカラーのクリスタルを手に取りました。


そっと拾い上げたクリスタルは、
小さな愛らしいシトリンの天使。


シトリンは、11月生まれの私の誕生石です。


ある時、この石の素晴らしさに目覚めた私は、
それから常に自分と共鳴するシトリンを探していますが、
この子だわ!と感じるシトリンとの出会いは、これまでに数えるほど。


そのため、めったにクリスタランでご紹介できないクリスタルの
ひとつとなっています。


だいぶ以前に、クリスタランで、
「小さなシトリンエンジェル」と名付けたシトリンをお披露目したことがありました。


その子は、ひと目見てインスピレーションを感じてくださったという、
素敵な魂の家族に見初められて、
あっという間にレインボークリスタル宮殿から旅立って行きました。


それから、似たような子をご紹介したいと思い続けること1年半。


ようやく時が満ちて、ある日、あのエンジェルと同じように、
小さくて、愛らしくて、とびきり素晴らしい豊かさのエネルギーを持った子が
私のもとにやってきました。








20150305_02.jpg

      クリスタルの宝箱の上で・・・・・








シトリンは、オレンジがかった鮮やかなイエローのものから、
スモーキーなものまで、色味が実にさまざまです。


オレンジ色を帯びた鮮やかなイエローのものは、
そのほとんどが、熱を加えて作られた人工的なもの。








20150305_03.jpg

この子は、加熱されていない自然なままのシトリンです。
ナチュラルなシトリンで、このような色合いを持つものは、とてもめずらしく稀少。
うっすらとした明るいレモンイエローのカラーが、なんとも美しい。。。。。









20150305_04.jpg

とても透明度の高いボディ。
光を集めて輝くシトリンエンジェルは、まるで小さな魔法使いみたいです。








20150305_01.jpg

       エンジェルリリアの手の中で。。。。。










20150305_05.jpg

あら、レインボークリスタル宮殿の天使が、この子を抱っこしていますよ。
きっと、かわいくてたまらないのですね。






ふたりが、じっと見ているのは・・・・・・






20150305_06.jpg

私のプライベートクリスタルである、
見事な虹の柱を持つレインボークリスタル。
レインボークリスタル宮殿では、こんな風に天使やクリスタルたちが、
みんな思い思いに過ごしています。







20150305_07.jpg

虹の柱を持つレインボークリスタルの女神が、シトリンエンジェルをやさしく呼んでいます。
「小さなシトリンエンジェルさん、私のもとにいらっしゃいな」









20150305_08.jpg

シトリンエンジェルは、大喜び。
おやまぁ、女神様の上にのぼっているではないですか。
「この子は、うれしくてたまらなくて、私にじゃれているのです。
けっして失礼なことなどないですよ。
素直に喜びを表現できるのは素晴らしいことです」






もしも、素晴らしい豊かさが、
あなたに向かって、「どうぞこちらにいらっしゃい」と言ったら、
あなたはどうするでしょう?



いえいえ、私にはとても・・・
と言って、後ずさりするでしょうか?


行きたいけれど、でも・・・・・
と、今の場所と少し先を、行ったり来たり?


それとも、
今のままでも十分なのに、これ以上求めるなんて、とんでもない!
と、くるりを向きを変えて大脱走?




あなたに向かって呼びかけた、その素晴らしい豊かさが、
心の深いところで、ずっとあなたが願っていた素敵なものならば、
このシトリンエンジェルのように、
ただただ、素直に、まっすぐに、その豊かさに飛び込んでみてはいかがでしょう?



私には、まだまだ豊かさを受け取ることに対してのブロックが・・・・
なんて、スピリチュアルな世界でよく聞く台詞を言うのは、
今回だけは脇に置いて、




豊かさの女神様に向かって、
自分の一番素直な気持ちを告げるのです。



「私、本当は、ずっとずっと女神様のことが好きでした。
ずっとずっと女神様のそばに行きたいって思っていました」



そうしたら、女神様は、にっこり微笑んで、
「私も、あなたが来るのを、あなたと同じくらい、ずっとずっと待っていましたよ」
と、言ってくれるかもしれません。




このシトリンエンジェルは、
あなたの分身です。


あなたが豊かさについて、大切なことを思い出したい時、
この小さな天使を、そっと手のひらに置いて、眺めてください。


あなたは、この小さくて愛らしい天使から、
きっと、大きくて、やさしくて、懐かしくて、
そして、素晴らしく偉大な何かを受け取ることでしょう。







それでは、この天使の素敵な姿がもう少しはっきり見えるように、
今度は、落ち着いた色の背景でご覧に入れようと思います。








20150305_09.jpg

            






20150305_11.jpg









20150305_10.jpg







このシトリンエンジェルのボディには、
妖精の羽のような薄い透明な層がいくつかあり、
そこに小さな虹が浮かびます。



また、底の方から見ると、小さいながらも、とても鮮やかで美しい虹が存在します。



その虹をお見せしたいのですが、
残念ながら、エンジェルフォトには、はっきりとは写りません。


実際に目で見る時も、動かしていると、
ほんの一瞬だけ、「キラリ」と光るので、
今、とてもきれいな虹が見えたような気が・・・・と、
幻かと錯覚してしまうような不思議な見え方をする虹です。


なんとなくその雰囲気だけエンジェルフォトにおさめることができましたので、
よろしければ、ご覧になってみてください。





20150305_16.jpg



 



20150305_14.jpg








20150305_15.jpg







実物は、もっと綺麗な虹ですので、
天使のリボンで結ばれた方は、どうぞご自分の目で確かめてみてくださいね。


それにしても、普段はあまり見えない底の部分に、こんな特別な虹があるなんて、
なんだか、この子らしくて、私は、とてもこの虹が気に入っています。




小さくて、スペシャルな、豊かさの天使、
レインボーシトリンエンジェル。


大切にしてくださる方に。。。。。







 20150305_12.jpg

コレクション番号:LBC-0186
クリスタル名:〜豊かさの天使 小さなレインボーシトリンエンジェル 〜
サイズ: 約2,5×1,8×1,8センチ


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜
 





 

「 レインボー・アメジスト 〜すみれの妖精のハート〜 」


       20150227_01.jpg








新しい年が明けて2週間ほどが経った頃、
私は森の奥でひとつのクリスタルを眺めていました。


それは、やわらかなハート型をしたアメジストで、
私が、そのアメジスト熱心に見つめているのには理由がありました。


私は、そのアメジストに、何か素敵な名前を授けてあげたいと思っていたのです。


女神や天使に縁のある私は、自分のリリア・バービー・クリスタルたちに
「女神の」、あるいは「天使の」といった言葉ではじまる呼び名を、
よくつけていました。


でも、そのアメジストは、女神という感じではなく、
かといって天使という波動でもありませんでした。


ちょうどその頃、
私は、昨年の5月に開催した『フェアリーリリアとすずらんの妖精たち』の
ギフトの創造に多くのエネルギーを使っており、
いつも以上に、妖精たちとのつながりが強まっていました。


だからでしょうか、
このアメジストは、女神でもなく、天使でもない、と考えたところで、
ふと、『妖精の』というフレーズが、心の奥から聞こえてきました。


妖精・・・・


そうだわ、このアメジストは妖精の波動だわ。


次の瞬間、あっと言う間に言葉が降りてきました。


『すみれの妖精のハート』





レインボークリスタル宮殿には、愛らしく可憐な3人のフェアリーがいます。


私が、『妖精ランプ』と呼んでいるランプの下で、
仲良く手をつないで輪になっている妖精たちです。


彼女たちは、妖精の特徴のひとつである、
まるで羽衣のような、透き通る薄いフェアリーの羽を背中に持ち、
頭には美しい花冠をつけ、手にはかぐわしい香りがこちらまで漂ってきそうな
お花のブーケを持っています。


このフェアリーたちは、とても不思議なフェアリーたちで、
彼女たちにバラの花を捧げるとバラの妖精になり、
フリージアの花を捧げるとフリージアの妖精になり、
シロツメクサの花を捧げるとシロツメクサの妖精になります。


「本当に不思議なフェアリーたちだわ・・・・」


ある日、私がそうつぶやくと、
3人のフェアリーたちが、いっせいに、かわいらしい声を上げて笑い出しました。


「あらまぁ!フェアリーリリア!
あなただって、私たちと同じよ。
あなたは、フェアリー王国から贈られたその素敵な宝物で、
どんな妖精にでも変身できるのだから」


と言われて、

「そういえば、そうね。
自分のことを、すっかり忘れていたわ」

と、一緒になって笑ったことがありました。

 



1月。


冬の女神が治めるリリアの森は、
1年のうちでも、もっとも寒さの厳しい季節。


私が毎年首を長くして待っているすみれの花に出会えるのは、
あとひと月以上経った、2月の下旬です。


私は、長い髪に飾ったすみれの髪飾りをはずすと、妖精たちのそばに捧げ、
「すみれの妖精のハート」という素敵な名前を授けたばかりの
アメジストをそっと置きました。


「ああ、このアメジストを、すぐでも魂の家族たちにお披露目してあげたいけれど、
私の直感は、こう言っているの。
お披露目は、リリアの森に、すみれの花が咲いてから」


すると、3人の妖精たちは、微笑みながら声をそろえて言いました。


「フェアリーリリア、私たちも同じ気持ちよ」





それから、毎日のように、私はリリアの森のすみれたちを見て回りました。


すみれの葉っぱは、どんなにたくさんの草の中に紛れていても、
すぐにわかります。


また、毎年、同じ場所に咲くので、
私は、すみれの妖精たちが眠るひそやかな神殿の場所を、
いつでもしっかりと覚えていました。




2月。


立春を過ぎると、春の女神のかすかな息吹が、
森のあちらこちらに感じられるようになります。


今年、リリアの森に、はっきりと春の波動が感じられたのは、
2月22日でした。


この日を境に、森は、一気に目覚めていきます。


もちろん、まだまだ寒い日はあります。


でも、一度目覚めた春の女神が、
完全に扉の向こうに隠れてしまうことはありません。




2月25日。


リリアの森に、春を告げるウグイスの鳴き声が響き渡ったこの日、
とうとう私は、風にふるえる淡いヴァイオレット色の花びらを見つけました。


あれほど待ち焦がれたすみれの妖精。


あなたの可憐な姿に出会える日が、どれほど待ち遠しかったことでしょう。




そして、今朝、
私はまぶしいお日様の光を浴びながら、
『すみれの妖精のハート』と一緒にお散歩をし、
リリアの森のすみれの妖精にお願いして、
このクリスタルに、そっと祝福のキスをしてもらいました。


すみれの妖精のキスを受けたアメジストだなんて、
なんと素敵なのでしょう。




*     *     *





『すみれの妖精のハート』には、その名の通り、
すみれの妖精の心が宿っています。


このアメジストは、透明でいて、同時にどこかふんわりとしている、
不思議な存在感を持つアメジストです。


このアメジストに似たハート型のアメジストに、
私はまだ出会ったことがありません。


ある時は、とても透き通って見えたり、
またある時は、朝もやにつつまれるリリアの森に紫色のヴェールをかけたように
見える時もあります。


透き通っているけれど、あまりに次元が高すぎて
気後れしてしまうような存在感を放つクリスタルではない。


それは、妖精たちの持つ、『純粋だけれど、フレンドリー』
という特徴そのものなのかもしれませんね。






20150227_09.jpg

         クリスタルの宝箱の上で・・・・・







エンジェルフォトでは、透明であるのと同時にふわっとしている、
というこのアメジストの雰囲気が、なかなか写しきれません。


いろいろな光の中で姿をおさめてみましたので、
ご覧になってみてくださいね。



私は、実物が一番好きです。







20150227_12.jpg







20150227_13.jpg







20150227_11.jpg







20150227_10.jpg








20150227_08.jpg

      手のひらにやさしくなじむ大きさです。








20150227_06.jpg






20150227_07.jpg








20150227_14.jpg







20150227_05.jpg

よく妖精さんのまわりに、キラキラとした粉が舞っていますが、
ちょうどそのような感じの虹が、このアメジストには浮かびます。








20150227_04.jpg









20150227_15.jpg







20150227_16.jpg








20150227_17.jpg










このアメジストには、フェアリーリリアとすみれの妖精たちによる
遠隔個人セッションが付きます。


クリスタルを受け取られましたら、ご希望のお日にちをご連絡ください。







 20150227_02.jpg

ハート型のレインボーアメジスト、『すみれの妖精のハート』の
お披露目期間は、「リリアの森にすみれの花が咲いている間」になります。







その季節を過ぎると、このクリスタルは、また静かな眠りにつくことでしょう。







20150227_03.jpg









20150227_01.jpg








リリアの森で、ヴァイオレット色の小さな花を咲かせるすみれの花。


すみれの花言葉は、
「小さな愛」、「小さな幸せ」
「つつしみ深さ」、「ひかえめ」
「謙虚」、「純潔」、「誠実」



このアメジストは、新しい扉が開く、「1111の日」に、
私のもとにやってきたクリスタルです。


その夜に開催されたスペシャル遠隔グループセッションにも
一緒に参加しました。


そのためか、どんなに小さな扉でも、
それがその方にとって、素晴らしい未来に続く新しい扉ならば、
その扉を開くことをやさしくサポートしてくれるようなエネルギーに
あふれています。


すみれの妖精たちの愛がつまった、
やわらかなハート型のレインボーアメジスト。


美しいすみれ色のインスピレーションを感じてくださった方に。。。。。






20150227_06.jpg

コレクション番号:LBC-0184
クリスタル名:〜レインボー・アメジスト 〜すみれの妖精のハート〜
産地:Brazil
サイズ: 約4,5×4,0×2.1センチ

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜






 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others