「 この灯たちを連れて。。。。。。 」

 

        20170614_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私につながってくれるレムリアの魂の家族たちに、
ぜひとも持っていただきたいと感じているクリスタルのひとつが、
リリア・バービー・クリスタルの『光のレムリアンシード・クリスタル』

 

 

いつか、このクリスタルを受け継いでくれたレムリアの魂の家族たちと、
再び集うひとときをつくるのが私の夢だ。

 

 

それは夢というよりも、「魂の約束」のような気もする。

 

 

それぞれが持ち寄った聖なる灯が、同じ場所に寄り集まる光景は、
どんなに神聖で美しいことだろう。

 

 

そして、何よりも楽しみなのが、その灯を受け継いでくれた魂の家族に
エネルギーだけではなく、直接、対面で再会することだ。

 

 

私のもとから旅立つ、すべての光のレムリアンシード・クリスタルの聖なる灯たちは、
あの銀河のような素晴らしい虹が渦巻く、大きな聖なる灯でブレッシングされているが、
その時には、それぞれの聖なる灯に、もう一度ブレッシングし、
その方自身の目で、『光を受け継ぐ瞬間』を見てもらいたいと思っている。

 

 

 

 

 


ついこの間、とても興味深いことに気づいた。

 

 

私が、光のレムリアンシード・クリスタルたちにとりわけ強く思いを馳せるのは、
なぜか、毎年、夏至が近づいた頃であるということに。

 

 

森に光があふれるこの時期、
私は、魂のどこかで、無意識にレムリアの光を感じ取っているのかもしれない。

 

 

 

 


私が自分の感性に共鳴するものを感じて迎え入れる、

光のレムリアンシード・クリスタルたちは、ごくわずか。

 

 

でも、それで十分なのだと思っている。

 

 

いや、十分どころか、それで完璧なのだ。

 

 

 

 


今日も、リリアの森の奥には、光が満ちている。

 

 

その光の中で、
これまで、ご縁のある方のもとに旅立った聖なる灯たちのことを思い、
また、今は、私のもとにいるが、いずれ旅立つであろう、聖なる灯たちのことを思う。

 

 

私の聖なる灯と同じ、未来へとつながるタイムリンクを持つもの、
小さいながらも、息をのむような輝きを放つツインのもの、
中には、隠れた聖なる灯もある。

 

 

 

 


ああ、また、どこからか、懐かしい香りをまとった風が吹いてきた。

 

 

この灯たちを連れて、庭のローズマリーに会いに行こう。

 

 

3つの星に見守られながら、愛する人との旅から戻った夜、
私の胸に大切に抱えられていた、あのローズマリーの若木に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 フェアリーブルー。。。。。。 」

 

         20170504_02.jpg       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爽やかな風が吹き抜ける、リリアの森の5月。

 

 

光を浴びてきらめくセレスタイトの妖精たちの色は、
心の奥底まで届くような、美しい 『 フェアリーブルー 』

 

 

 

 

 

 

 

 


「 私の好きな虹 」

 

20170502_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

数年に一度、見た瞬間に、
「ああ、これよ! 私が好きな虹は、こんな虹なのよ!」と
歓喜の声を上げそうになる虹を持つクリスタルに出会います。

 

 

このクリスタルに浮かぶ虹は、まさにそんな虹。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 3つの星のクリスタル 」

 

20170422_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リリア・バービーによる『クリスタルの星図』に登場する3つのクリスタル。

 

 

左から、ホクレア、ルピカ、ヒキアナリア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 生まれたばかりの虹の芽に。。。。。。 」

 

20170420_02.jpg

 

 

 

 

 

 

リリアの森の光を浴びて、幸せそうに佇んでいるのは、
今から数年前に、クリスタランでご紹介したセレスタイト。

 

 

特にどなたからもエントリーがなかったため、
ある日を境にお披露目期間を終了し、
その後もずっとレインボークリスタル宮殿にいる、
美しい結晶たちの群れ。。。。。

 

 

この子を紹介したのは、いつだったかしら?と探してみると、
2013年の4月のことでした。

 

 

あれから、もう4年が経つだなんて・・・・・

 

 

ついこの間のことのような気がします。

 

 

 

 

 

セレスタイトは光の加減でかなり色合いが変わって見えるので、
エンジェルフォトを撮るのが、とてもチャレンジング。

 

 

あたたかみのある光のもとで見ると、グレーが強く出て、
爽やかな光の中で見ると、青みが引き立ちます。

 

 

その色合いが、まったく違うので、
このクリスタルを迎え入れた当初は、
「色が変わってしまったわ」と本気で思ったほど。

 

 

ふと目をやると、すごくきれいな色合いに見えるので、
今だわ!と思ってその姿を写真におさめても、
全然別の子のように写っていたり・・・・・

 

 

まるでつかみどころのない妖精のようなクリスタルです。

 

 

 


当時は、「セレスタイトの天使たち」という名前を授けて
ご紹介した記憶がありますが、本当は妖精なのでしょうか。

 

 

今日、うっとりしながら、この子を眺めていたら、
4年の間に、結晶に虹がたくさん増えていて驚きました。

 

 

「私たち、この虹を育てていたのよ。」

 

 

という、セレスタイトの妖精たちのささやきが聞こえてきそう。

 

 

小さなジョウロで、生まれたばかりの虹の芽にお水をあげて、

甲斐甲斐しくお世話をしているセレスタイトの妖精たちの姿を想像したら、

私の胸の中にも、小さな小さな虹の芽が、幸せな音をたてて顔を出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others