「 生まれたばかりの虹の芽に。。。。。。 」

 

20170420_02.jpg

 

 

 

 

 

 

リリアの森の光を浴びて、幸せそうに佇んでいるのは、
今から数年前に、クリスタランでご紹介したセレスタイト。

 

 

特にどなたからもエントリーがなかったため、
ある日を境にお披露目期間を終了し、
その後もずっとレインボークリスタル宮殿にいる、
美しい結晶たちの群れ。。。。。

 

 

この子を紹介したのは、いつだったかしら?と探してみると、
2013年の4月のことでした。

 

 

あれから、もう4年が経つだなんて・・・・・

 

 

ついこの間のことのような気がします。

 

 

 

 

 

セレスタイトは光の加減でかなり色合いが変わって見えるので、
エンジェルフォトを撮るのが、とてもチャレンジング。

 

 

あたたかみのある光のもとで見ると、グレーが強く出て、
爽やかな光の中で見ると、青みが引き立ちます。

 

 

その色合いが、まったく違うので、
このクリスタルを迎え入れた当初は、
「色が変わってしまったわ」と本気で思ったほど。

 

 

ふと目をやると、すごくきれいな色合いに見えるので、
今だわ!と思ってその姿を写真におさめても、
全然別の子のように写っていたり・・・・・

 

 

まるでつかみどころのない妖精のようなクリスタルです。

 

 

 


当時は、「セレスタイトの天使たち」という名前を授けて
ご紹介した記憶がありますが、本当は妖精なのでしょうか。

 

 

今日、うっとりしながら、この子を眺めていたら、
4年の間に、結晶に虹がたくさん増えていて驚きました。

 

 

「私たち、この虹を育てていたのよ。」

 

 

という、セレスタイトの妖精たちのささやきが聞こえてきそう。

 

 

小さなジョウロで、生まれたばかりの虹の芽にお水をあげて、

甲斐甲斐しくお世話をしているセレスタイトの妖精たちの姿を想像したら、

私の胸の中にも、小さな小さな虹の芽が、幸せな音をたてて顔を出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 永遠のフェアリーガール 」

 

          20170419_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リリアの森にすみれが咲いているうちに、
もうひとつ、すみれの妖精のエネルギーを宿したアメジストを
お披露目できればと思いつつ、気づけばあっという間に数週間が。。。。

 

 

ちなみに、お披露目するならば、この子、という子が、もう決まっています。

 

 

私のクリスタルたちは、
「どう考えても天使のクリスタルだわ」とか、
「これぞ女神の波動」といったように、
主となるエネルギーがはっきりしているクリスタルが多いのですが、
この子は、まさに妖精。

 

 

そして、妖精といっても、
愛らしい妖精、天真爛漫な妖精、神秘的な妖精などなど
いろいろな子がいます。

 

 

この子は、とにかく、美人さん。

 

 

彼女の、一度のぞき込んだら忘れらない、奇跡のような色合いのすみれ色の瞳と、
透き通るような美しい虹色の妖精の羽が、
私のヴィジョンの中では、はっきり見えているのです。

 

 

一体どんな魂の家族のもとにいくのかしら?

と、森の奥で思いを馳せていたら、こんな言葉が降りてきました。

 

 

『 永遠のフェアリーガール 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 何か美しいものが。。。。。。 」

 

        20170412_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月の森の光が、
まろやかな卵形をしたヴァイオレット色の世界の内側を、
やさしく照らし出す。

 

 

そこには、何か美しいものが、
息をひそめて、誕生の時を待っている。

 

 

何か素晴らしい予感を感じさせるものが、
まるで、たゆとう波のように幸せに揺れながら、
やがて満ちるその時を待っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 どこまでもピュアに。。。。。。 」

 

       20170410_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

リリアの森に咲く小さな青い花と
愛らしさいっぱいの小さなタントリックツイン。

 

 

どんなたくさんの言葉より、
たった1枚のこのエンジェルフォトが、
リリア・バービー・クリスタルのエネルギーを
どこまでもピュアに表現してくれているような気がするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 すみれ色の。。。。。。 」

 

      20170323_02.jpg   

 

 

 

 

 

 

 

「フェアリー・リリア、
もしかして、あの素敵な妖精の魔法の杖を、ひさしぶりに使うの?」

 

 

 

「そうね、
あなたを迎え入れたいという、すみれ色の魂の家族が現れたらね。」

 

 

 

 

 

 

  



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others