「 記憶の中のレムリア アメジスト色の海 」

 

20170114_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、私の記憶の中のレムリアにある、アメジスト色の海。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_02.jpg

 

私は、きっとこんな風に、

その海の水を、この手にすくい上げたに違いありません。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_12.jpg

 

えもいわれぬ、繊細な色合い。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_13.jpg

 

まるで氷のような、その結晶・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光に透かすと。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_04.jpg

 

なんだかこの世のものではないような、「超越した美」を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジスト色の海は、小さな虹があちらこちらで輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_11.jpg

 

今、探しただけでも、これだけ見つかりました。
まだまだあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_09.jpg

 

落ち着いた色の背景で。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_08.jpg

 

レムリアのアメジスト色の海が、そのまま結晶になったかのような美しさ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_10.jpg

 

淡いお色の部分は、限りなく透明に近いヴァイオレット色。
私が、「氷のような・・・・」と表現したその透明感と繊細さ、
少しでも伝わりますでしょうか。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手に持ってみると、驚くほど軽く、

その軽さは、どこか現実離れしていて、

今は、自分の手の中にあるけれど、

明日になったら、消えてしまうのではと思うほど。。。。。。

 

 

そして、レムリアの世界に、戻っていくのではないかと。。。。。。

 

 

 

でも、明日が来ても、そのまた次の日が来ても、

このアメジスト色の海は、消えません。

 

 

なぜなら、その結晶は、

あなたに大切な記憶を思い出してもらうために、

やってきたから。。。。。。

 

 

おとぎ話などではなく、

かつてあなたが、確かにその場所に存在し、その場所で生き、

その時あなたの中で輝いていた『レムリアの愛』は、

今もあなたの内にあるということ。

 

 

そして、いつ、どんなところにいても、

その愛をあふれさせることができること。

 

 

そう、どこまでも広がる、あの海のように。。。。。

 

 

あなたの愛に洗われて、

すべてのものたちは浄化され、

再び、息を吹き返す。。。。。

 

 

本来の姿を取り戻した命たちの、なんと美しいことよ。

 

 

 

 

 

 

 

*      *     *

 

 

 

 

 

 

 

眺めているだけで、魂が透き通っていくようなクリスタルです。

 

 

同時に、たくさんの「レムリアの鍵」が結晶化した、

非常に深遠なクリスタル。

 

 

その封印を解くキーは、

「このクリスタルに直接触れること」だそうです。

 

 

 

 

 

 

遠い昔、私と一緒にこの海を眺めてくれた、
私の大切な友である、レムリアの女神へ、

幾千年の愛をこめて。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170114_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0306
クリスタル名:〜記憶の中のレムリア アメジスト色の海〜
サイズ:8,9×7,9×1,0センチ

※大きさがあるため、クリスタルの宝箱には入りませんが、

大切にお包みしてお届けいたします。

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン 」

 

         20170106_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虹色の年である2017年、最初のクリスタランを飾った、

美しいアメジスト色のソウルメイト。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_05.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が出会ってきたタントリックツインたちは、

こちら側が正面、つまり、こちらが「お顔」と感じる向きがあるのですが、
このタントリックツインは、めずらしいことに、

どちらから見ても、それぞれに素敵なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_03.jpg

 

これは、1枚目のエンジェルフォトとは、反対側。

すみれ色のクリスタルのお城の前に立つふたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

その透明感とヴァイオレットの繊細なグラデーションは、
エンジェルフォトには写しきれません。
 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_01.jpg

 

このアメジストのタントリックツインを眺めていると、
私は、ずっと昔に天使のリボンで結ばれた『天空のタントリックツイン』を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_14.jpg

 

そして、私たちの大切な宝物、カウアイ島で一緒にダブルレインボーを見た

99番のタントリックツインのふたりにも、どこか似ているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の愛する人に、このアメジストのタントリックツインを見せてあげた時、

「本当にきれいだね。。。。。」と言いながら、何度も光の中で眺めていました。

 

 

そして、ダーリンが何気なく、平らなところにこのふたりを置くと、

なんと、原石でまったく磨かれていないにもかかわらず、自立したのです。

 

 

 

 

 

 

 

20170119_19.jpg

 

こちら側の向きで置くと、わずかに右に傾きますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_12.jpg

 

こちら側を正面にして置くと、天に向かってまっすぐに立ちます。

原石で自立するタントリックツインは、まずお目にかかれません。

 

 

 

 

 

 

お次は、虹について。

 

 

このふたりの中には、キラキラと輝く、たくさんの小さな虹が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_15.jpg

 

特にお気に入りなのが、ふたりのちょうど真ん中に入っている、この虹。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このふたりの素晴らしい贈り物が、

『遠い昔の水』を、その内部にたたえていること。

 

 

 

 

 

 

 

20170119_27.jpg

 

このあたりに、水の小部屋があって、小さな小さな気泡が動くのが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_24.jpg

 

今度は、反対側です。
ここにも、同じような場所に、別の水の小部屋があります。
つまり、このタントリックツインは、

背の高い方のクリスタル、背の低い方のクリスタル、
その両方にそれぞれ水の小部屋を持っているという、

非常にめずらしいタントリックツインなのです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_22.jpg

 

こちらの水の小部屋は、気泡がたいへん大きく、
クリスタルを傾けると気泡が移動するのがはっきりと見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_29.jpg

 

今、この位置にある気泡が・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_30.jpg

 

左の丸で囲んだあたりまで、ころころと水の小部屋の中を動きます。

移動距離が長いので、眺めているのが本当に楽しく、

一体何度、このタントリックツインを手に取って、動かしたことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

20170119_04.jpg

 

実物は、エンジェルフォトをはるかに超える美しさ・・・・・

 

 

 

 

 

 

私とダーリンと同じように、

『アメジスト』 『ソウルメイト』 『虹』  『水』をキーワードに持つ方で、

このふたりを大切に大切にしてくださる方に。。。。。

 

 

 

 

 

*このクリスタルには、リリア&ダーリンの遠隔個人セッションがつきます。

 

 

ご希望により、対面個人セッションに変更することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170106_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0304
クリスタル名:〜虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン〜
サイズ: 約5,1×3,0×2,4センチ

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 


「 不思議な魔法石 フェアリーキャッスル 〜妖精のお城〜 」

 

        20170108_01.jpg    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで妖精たちの棲むお城のよう。。。。。

 

 

初めて見た時にそう感じたことから、 
Fairy Castle フェアリーキャッスル〜妖精のお城〜と名付けたアメジスト。

 

 

このお城には、小さな淡いヴァイオレット色の妖精たちがたくさん棲んでいて、
私は、このお城を訪れるたびに、妖精たちに中を案内してもらいます。

 

 

 

 

 

 

暗い場所で見た時と、光あふれる場所で見た時の印象がかなり異なる
なんとも不思議なクリスタル。

 

 

暗い場所で見ると、『鉱物的』

 

 

明るい場所で見ると、『隠された秘密の力が、今にも発動しそうな魔法石』

 

 

見る角度によって、まったく別のクリスタルに見えるのです。

 

 

大げさではなく、本当に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

ある時は、妖精のお城、
ある時は、母岩や砂のようなものがあちらこちらについている、大地の石、
そして、ある時は、虹のアメジストドルフィン。。。。。。

 

 

「二面性」どころか、「多面性」を持つクリスタルといえましょう。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、落ち着いた光の中で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_12.jpg

 

そのアメジストは、そっと息をひそめているよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、光の中で手に持ってみると・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_05.jpg

 

この美しさ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、やわらかな光が差し込む室内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるりと向きを変えると・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_03.jpg

 

このようにまったく別の表情を見ることができます。
母岩がしっかりと残るボディ。
クリスタルって、本当に大地から生まれるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_04.jpg

 

ほのかに珊瑚色がかった母岩は、とてもあたたかみを感じます。

この母岩の中には、光を浴びてキラキラと輝く銀色の鉱物が混じっていて、

それが、フェアリーの羽からこぼれ落ちる『妖精の魔法の粉』のように見えるのです。

この摩訶不思議なクリスタルを見ていると、

もしかしたら、本当にそうなのかもしれない・・・・

そんな風に思えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161122_19.jpg

 

エンジェルリリアの手の上で・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_08.jpg

 

幻想的って、きっとこのようなことを言うのです。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの内部には、たくさんの虹が入っています。

 

 

そのどれもが、私がイメージする「妖精の国の虹」です。

 

 

ひと目見てわかるはっきりとした鮮やかな虹というよりも、
ほのかな、でも、確かな虹。

 

 

たとえて言うならば、霧にけむる湖の奥底から湧き出る虹のような。。。。。

 

 

ほのかなもの、ひそやかなものは、
時に、どんな鮮明なものよりも、私たちから想像力を引き出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

私が特に好きな虹があるのですが、その虹は幾度チャレンジしても、
エンジェルフォトには写りませんでした。
 

 

妖精たちがこう言っています。

 

 

「フェアリーリリア、それは受け取ってからのお楽しみよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_16.jpg

 

このあたりに浮かぶので、受け取られたら、どうぞ探してみてくださいね。
きっと、「これだわ!」と思うはずです。

 

 

 

 

 

 

 

それではここで、このお城のお気に入りの場所をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_09.jpg

 

私が「水晶のお花の塔」と名付けた不思議な結晶群。 
アメジストの先端に、透明な水晶が、まるでお花のようについています。
あるいは、紫色のアメジストの上に水晶の蓋をつけたような。。。。。
そんなことを考えていたら、たった今、もうひとつ別の名前を思いつきました。

 

 

 

 

 


「妖精たちの香水瓶」
 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの不思議な魅力は、まだまだたくさんありますが、
最後にもうひとつだけ。

 

 

ある角度から見ると、 『アメジスト色のイルカ』が見えるのです。

 

 

 

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

 

 

20170108_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにも見えましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_17.jpg

 

ここにいます。
ちゃんと胸ビレまであって、まるでアメジスト色の海から、

ジャンプしようとしている瞬間のよう。
このエンジェルフォトでは、ぼんやりとしかわかりませんが、
実物を見ると、目のあたりが、ちゃんと黒っぽくなっているのですよ。
そして、このアメジストドルフィンの中には、小さな虹が入っています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_08.jpg

 

このお話の続きは、どうぞあなたと妖精たちとの間でつむいでくださいね。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0305
クリスタル名:不思議な魔法石 フェアリーキャッスル 〜妖精のお城〜
サイズ: 約6,4×4,3×3,8センチ
産地:India

*大きさがあるためクリスタルの宝箱には入りませんが、

大切にお包みしてお届けいたします

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 


「 聖なる灯 〜大いなる女神の変容〜 七色の光を放ちながら目覚める、レインボーアメジストの女神 」

 

          20161225_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世界には、『圧倒的な美しさを放つもの』が存在します。

 

 

出会った瞬間に、自分の中にある眠れるエネルギーを、
光のように目覚めさせるような美しい何か。

 

 

忘れもしない、今から数年前のある日。

 

 

そのアメジストは、私の前に現れました。

 

 

 

 

 

今思い返しても、よくぞ迎え入れたと思います。

 

 

その大きさも、その色合いも、その虹も、そのエネルギーも、
何もかもがそれまで自分が受け取ってきたクリスタルとは次元が違いましたから。

 

 

それを受け取ることは、
私にとって、新しい物語のはじまりを意味しているのではないかと
直感で感じました。

 

 

後々、それは、まぎれもない真実であることがわかります。

 

 

でも、その時は、それを知る由もありませんでした。

 

 

私は、そのアメジストの圧倒的な美しさに魅入られて恍惚となり、
ただ眺めるだけではなく、
自分のすべてを通して、全身全霊でそれを感じたいと思ったのです。

 

 

強く強く、そう思いました。

 

 

 

 

 


しばらくすると、不思議な静けさが湧き起こり、
真の自己愛とは、自分にそれを許可してあげることだと感じました。

 

 

それができるのは、他の誰でもない、私自身しかいませんでした。

 

 

 

 


そのアメジストを迎え入れ時に胸の中に湧き起こった思いを、
私は、一生忘れないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後、レムリアにつながる、とある場所で、
私は、愛する人と一緒にそのアメジストをブレッシングしました。

 

 

このアメジストを、初めて愛する人に見せてあげた時の驚きようといったら。。。。。

 

 

その様子は、私が最初にこのアメジストに出会った時と、まったく同じでした。

 

 

あまりに圧倒的過ぎて、感嘆の言葉しか出てこない・・・・

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、そのアメジストを大切に抱えて、インスピレーションを感じた場所に向かい、
天に向かって凛と立つ、その神々しい女神に、
清らかな雪の天使たちを、そっと降りかけてあげました。

 

 

それは、真っ白な雪が降り積もる、新しいエネルギーに満ちた冬の日でした。

 

 

 

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 

これほどまでのアメジストを、どうしてご紹介するのかというと、
とてもシンプルで「そうしたいと魂が感じるから」です。

 

 

もしも、このアメジストにご縁のある女神が、この地球上に存在するならば、
このアメジストをゆずり渡すのは、
この2016年であるのではないかと私の直感が言っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が思うに、このアメジストを『物質的に受け取る』ということは、
ある種のイニシエーションのような意味合いを含んでいるのかもしれません。

 

 

何かを受け取るという行為は、私たちに何かしらの変化をもたらします。

 

 

それが、受け取り慣れたものであったり、ささやかなものである場合は、
迷いなくすんなりと受け取れたりしますが、
もし、それまでの人生で経験したことのない類のものであった場合は、
なかなかそうはいかないことも多いでしょう。

 

 

私たちの頭が、非常におしゃべりになるのです。

 

 

例えば、素晴らしいものに出会い、
それを見て、「欲しい!」「受け取りたい!」という純粋な思いで胸がいっぱいになった後、

急に我に返って、現実的になり、

「でも・・・・」という言葉とともに
それを受け取ることができない理由が、次から次へと出てきたという経験は、
きっと誰にでもあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、自分の人生に大いなる変化をもたらすもの、
別の言い方をするならば、
本来の自分と共鳴し、真の己の力を無限大に解き放つ可能性のあるものほど、
私たちは、受け取るのに勇気がいるのかもしれません。

 

 

私は思うのです。

 

 

受け取るという行為自体も素晴らしいのですが、
『受け取るまでの過程』 『受け取るというところにまで行き着くための過程』というものが、
その人にとって、とても意味深いものになるのではないかと・・・・・

 

 

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 

 

 

これまでの人生の中で、私は、
以前の自分だったら受け取ることすらできないようなクリスタルを受け取ってきました。

 

 

そのはじまりは、いつも、「そのクリスタルが大好きでたまらない!」
というピュアな思いでした。

 

 

この世界に生きる人々が誰でも経験するように、
その後に、「でも・・・・」という思いが湧き起こったこともたくさんありました。

 

 

そのたびは、私は、交錯する思いの中から、

自分の純粋な思いを、すくい上げてきました。

 

 

時々、森の奥で、美しいクリスタルを眺めていると、
涙があふれてくることがあります。

 

 

そのようなクリスタルは、大抵、受け取るまでに、
自分の中で、さまざまなやりとりがあったクリスタルなのです。

 

 

私は、自分にとって、本当に大切なものに、
自分のエネルギーと、自分の時間と、自分のお金を注ぎます。

 

 

世の中の人々・・・・その他大勢の人たちが、
これは、よいものだ、
これは、流行している、
これは、必要だ、
と言っていることには、それらを使いません。

 

 

それは、他の誰かが思ったことで、私が感じたことではないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、自分が素晴らしいと感じる場所に行く。

 

 

私は、自分が心から会いたいと思った人に会う。

 

 

私は、自分が大好きだと思ったものを迎え入れる。

 

 

 


そして、それをするために、
自分のエネルギーと、自分の時間と、自分のお金を使うことは、私の喜びなのだ。

 

 

 

 

 

 

究極的に言うと、エネルギーとは宇宙の愛だ。

 

 

時間とは、宇宙の愛だ。

 

 

お金とは、宇宙の愛だ。

 

 

 

 

 


 

それらは、幸せとともに、私のもとに流れ込み、
大いなる喜びを持って、再び宇宙に放たれる。

 

 

 

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルの紹介をしようとしていたのに、
私は、いつの間にか、何を語っているのだろう?

 

 

 

それもまた、自由で楽しい。

 

 

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

     ・

 

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 


それでは、ここから先は、クリスタルを紹介する時のモードに切り替えようと思います。

 

 

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20160518.jpg

 

2016年5月18日のクリスタラン 「 真の持ち主の魂の化身 」

に登場したアメジスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_06.jpg

 

暗がりで見ると、落ち着いた色合いに見える女神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_07.jpg

 

光が差し込む窓際で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_21.jpg

 

深いヴァイオレットと淡いヴァイオレットのグラデーションが、

うっとりするほど美しい。。。。。。

エンジェルフォトでは、とても伝えきれませんが、

私が出会ってきたアメジストの中でも、もっとも美しい濃淡を持つ

美の極みのようなアメジストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから2枚は、外で写したエンジェルフォトになります。

 

 

 

 

 

 

 

初めてお話しするのですが、

森の家の庭には、白いマグノリアの木の他に、
アメジスト色の花が咲くマグノリアの木もあります。

 

 

 

このエンジェルフォトをおさめた時には、
その木に青々とした緑の葉がたくさん茂っており、
この美しいアメジストの女神のために、

マグノリアの妖精が葉っぱを1枚差し出してくれました。
 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_19.jpg

 

アメジスト色の花が咲くマグノリアの葉の上に、凛として立つ女神。
お日さまは雲に隠れて曇り空です。
紫色のボディは、深みのある色合いに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_20.jpg

 

今度は、雲の影からお日さまがのぞき、女神に光が降りそそぎました。
左下にちらりと見える葉が、明るい黄緑色に見えているのがわかります。
女神も、光を浴びて、落ち着いた紫色から明るい紫色に見えます。
明るい光のもとで見ると、よりいっそう女神の透明感が際立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

ここからは再び室内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_01.jpg

 

 

このアメジストの息をのむような大きさ、伝わりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_02.jpg

 

このエンジェルフォトは、ピントがアメジストには合っていないのですが、
明るいところで眺めた時の全体的な雰囲気がとてもよく写っています。
このアングルで、きっちりとピントをアメジストに合わせてしまうと、
なぜかまったく実物とは違う姿に写ってしまうのです。
1メートルほど画面から離れてこのエンジェルフォトを見ると、
かなり本物に近い姿に見えます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_12.jpg

 

高さだけではなく、横幅と奥行きがあり、

クリスタルの塊自体がとても大きいので、

片手では長く持っていられないほどの重さがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_15.jpg

 

表面に入った見事な虹がよくわかるように、かなり暗く写した1枚。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_14.jpg

 

爽やかな光の中で。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_013.jpg

 

このサイズで、この透明感は、通常はありえません。

大きなクリスタルほど、成長の過程で内包物を取り込むからです。

気の遠くなるような時間、女神は、「自分の純粋さ」にフォーカスして

成長を続けてきたのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_017.jpg

 

この女神には、数え切れないほどたくさんの虹が入っています。

虹の数は、これまでにご紹介したクリスタルの中でも、間違いなくナンバーワン。
なんといっても、クリスタル自体が大きいので。。。。。。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_16.jpg

 

実物を見た方は、あまりに素晴らしい虹に、言葉を失うでしょう。

それは、まるで『虹のヴォルテックス』なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、私が一番好きな姿、明るい光の中で見た女神です。

 


何枚かお見せいたしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストは、『聖なる灯』です。

 

 

リリア・バービー・クリスタルとして、

ご縁のある方におゆずりするクリスタルの中で、

最も大きいアメジストの聖なる灯になります。

 

 

このクリスタルには、対面個人セッションか、遠隔個人セッションが付属します。

 

 

七色の光を放ちながら目覚める、美しき地上の女神に。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161225_10.jpg

 

コレクション番号:LBC-0377
クリスタル名:〜聖なる灯 〜大いなる女神の変容〜
七色の光を放ちながら目覚める、レインボーアメジストの女神〜
サイズ: 約13,3×9,0×7,0センチ

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 kauaiスペシャルブレッシング! ダブルレインボーの祝福 七色に輝く永遠の愛の中で結ばれる、虹のソウルメイト」

 

        20161223_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レインボークリスタル宮殿には、私が『伝説のタントリックツイン』と呼ぶ、

大きな大きなタントリックツインがあります。

 

 

今から何年も前に、そのクリスタルを迎え入れた後、

私のもとに、まるで、そのタントリックツインの「小さな分身」のような

クリスタルがやってきました。

 

 

その姿形や、かもし出す雰囲気、そして波動が、
私と愛する人の宝物である、あの大きなタントリックツインに、

とてもよく似ているのです。
 

 

その小さな分身のタントリックツインは、
それから常に、大きな大きな伝説のタントリックツインの隣に置かれ、
いつか受け取れる方が現れたら・・・・・と、心の中で思いながら、

森の奥で大切に育んできました。

 

 

「育む」というのは、不思議な表現かもしれませんが、
私にとって、クリスタルは、自分の子どものような存在なのです。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_04.jpg

 

完璧なバランスと美しいハーモニー。
タントリックツインの中のタントリックツインと呼びたくなるような、
素晴らしい姿をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_05.jpg

 

この角度から見ると、
それぞれのクリスタルの三角形型をしたフェイスが正面を向いて仲良く並び、
本当にぴったりと寄り添い合うソウルメイトのよう。。。。。
 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_18.jpg

 

トップや側面などは、原石のままで、底だけが磨かれています。
そのため、このような美しい形で立つのです。
置くだけで、そこが神聖なサンクチュアリになるようなクリスタル。。。。。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_15.jpg

 

どの角度から見ても、タントリックツインであることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_13.jpg

 

エンジェルフォトには、なかなか写らないのですが、
このタントリックツインの中には、やさしい虹が、ところどころにふんわりと浮かびます。

白く光って見えるのは、虹の層。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、姿だけではなく、この特徴も、伝説のタントリックツインと共通しています。

 


それは、ファセットに浮かぶ、レコードキーパー。

 

 

 

 

 

 

 

20161223_06.jpg

 

しかも、ひとつだけではありません。

じっと目を凝らしてよく見てみると、大きな三角形のレコードキーパーのまわりに、
小さな三角形のレコードキーパーが点在しているのがわかりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

このタントリックツインは、とても特別なエッセンスを秘めている、
パーソナルなクリスタルだと、出会った時から感じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日のこと。

 

 

私は、はっきりと刻まれた大きなレコードキーパーをもっとよく見ようと、
朝の光の中で、このタントリックツインを眺めていました。
 

 

すると、光を受けて、そこにある何かが、うっすらと浮かび上がったのです。

 

 

思わず、驚きの声を上げてしまいました。

 

 

 

 

 

 

20161223_07.jpg

 

なんとそこには、数え切れないほどたくさんのレコードキーパーが
そのフェイス一面を覆いつくすように、びっしりと刻まれていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_09.jpg

 

あまりに小さくて密集しているので、普通に見ていては、わからなかったのですが、
間違いなく、レコードキーパーです。
しかも、このフェイスだけではなく、いろいろな面に確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

完璧なバランス、美しいハーモニー、やわらかな虹、
そして、これほどたくさんのレコードキーパー。

 

 

フォトジェニックなふたりは、

今まで、私のエンジェルフォトに幾度も登場してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

20161223_19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_20.jpg

 

一番後ろにいる、とびきり大きなクリスタルは、「エンジェルオブローズクォーツ」
その向かって右隣は、「薔薇色の天使のスターローズクォーツ」
深いヴァイオレット色の世界に鮮やかな虹が浮かぶ「アメジスト 虹の女神の大神殿」
そして、今、このエンジェルフォトを眺めていて、気づきました。
透明度が高いので、光と一体化していますが、タントリックツインの少し後ろの右側、
半分だけ姿が見えているのが、レムリアンシード・クリスタルの「ホクレア」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_02.jpg

 

「薔薇と天使」も似合うので、
いつもは、私のプライベートクリスタルのタントリックツインが飾られている場所に、
特別に置かれたこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

20161223_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月にカウアイ島に行くことが決まり、

森の奥から連れて行くクリスタルを選ぶ時、
私は、真っ先にこのタントリックツインを連れていきたいと直感で感じました。

 

 

私たちの分身のようなクリスタル。

 

 

その旅で体験するすべてを、このふたりと分かち合いたいと思ったのです。

 

 

 

 

 

 

20161223_22.jpg

 

アメジストの船と一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161002_01.jpg

 

ふたりを取り囲むのは、美しいプルメリアの妖精たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161107_02.jpg

 

聖なる神殿にて。
ともに旅をしたクリスタルたちと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161107_01.jpg

 

神聖なマナが宿った石の上で、

レムリアの風に吹かれて。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161011_01.jpg

 

そして、奇跡のダブルレインボーの祝福。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161011_02.jpg

 

何度思い出しても、胸がいっぱいになります。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこれ以上の説明は、必要ありません。

 

 

魂で、「私のクリスタル」だと感じ、

大切に大切にしてくださる方に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0099
クリスタル名:〜kauaiスペシャルブレッシング! ダブルレインボーの祝福
七色に輝く永遠の愛の中で結ばれる、虹のソウルメイト〜
サイズ: 約9,5×6,0×5,4センチ
産地:Brazil

※このクリスタルには、リリア&ダーリンの遠隔個人セッションがつきます。

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others