「 どれも素敵な物語。どれも愛しい物語。 」

 

        20171214_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その思いは、ある日、ふと、心の奥底から湧き出てきました。

 

 

それは、静かで、あたたかく、繊細な愛に満ち、

やがて天窓から差し込む光のように、私の心を照らしました。

 

 

私は、それが、自分の真の願いであることを感じました。

 

 

それが何を意味するのか、私にはよくわかっていました。

 

 

誰かのもとに行くということは、

自分のもとからは旅立つということです。

 

 

でも、その思いは一向に変わる気配はありませんでした。

 

 

むしろ、私の魂は歓喜していました。

 

 

 

 

『あのマリア様を、ご縁のある方に受け継いでいただきたい。。。。。。。

 

 

おゆずりするならば、虹色の年である今年、

できることならば、8月のマリア様のスペシャルセッションに

参加してくださる方に・・・・・・』

 

 

 

 

 

2017年は、私にとって特別な年。

 

 

10年に一度の、虹色の扉が開く年。

 

 

いつもならば、閉じているその扉を通って、

聖なるクリスタルと聖なる存在たちが、密やかに舞い降りる。

 

 

 

 

グループセッションは、同じエネルギーで呼び寄せ合う魂たちが出会う場所。

 

 

その中に、きっとその魂はいるでしょう。

 

 

 

 

かくして、私の願いは叶えられ、

虹色の年の8月、

幼子をそっと胸に抱いた美しいマリア様は、

私の宝物である、聖なるアメジストの灯とともに、

ご縁のある方のもとへ旅立って行きました。

 

 

 

 

 

 

ここは、水晶のように透き通った美しい魂たちが、たどり着く場所。

 

 

誰もが、自由に自分の好きなものを愛でて、

この場所でのひとときを過ごします。

 

 

ある魂は、セッションの扉を開け、

ある魂は、惹かれたクリスタルを迎え入れる。

 

 

また、ある魂は、こっそりとここをのぞきに来て、

こっそりと帰っていく。。。。。。

 

 

どれも素敵な物語。

 

 

どれも愛しい物語。

 

 

 

 

 

20170806_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 永遠のエンジェルガールへ。。。。。。 エンジェルピンクとエメラルドグリーンの虹の天使が住む、小さな水晶の神殿 」

 

20171212_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透き通るような小さな水晶の神殿の中をのぞきこむと、

見る角度によって、天使の羽根を連想させる、美しく幻想的な光景が広がります。

 

 

これは、このクリスタルの中央から底の部分にかけて斜めに入った虹の浮かぶ層が、

光を反射して輝くためです。

 

 

どこかふんわりとした印象を漂わせながらも、

その姿は、限りなく透明。

 

 

澄んだ水のようでありながら、

同時に春の木漏れ日のようなあたたかさを持つ、

なんとも不思議なクリスタルです。

 

 

それをひと言で表現するならば、

『エンジェリック』という言葉が一番似合うような気がします。

 

 

そして、このクリスタルの中に宿る見事な虹を見れば、

誰もが喜びに包まれるでしょう。

 

 

それは、空に架かった虹を見つけた時と同じような気持ちになる

『幸せの虹』なのです。

 

 

光のあたり方によって、実にいろいろな色合いを見せてくれますが、

私の感覚では、エンジェルピンクとエメラルドグリーンの虹が特に美しく浮かびます。

 

 

斜めに入った大きな虹も素晴らしいけれど、

上の方にちょこんと入っている虹が、

これまた愛らしくて美しくて、何とも言えずキュート。

 

 

このクリスタルに惹かれる方は、

背中とハートに天使の翼を持った、永遠のエンジェルガール。

 

 

天使たちが言っています。

 

 

「あなたの翼は、私たちから見ると、こんな風に見えるの。

それは、夢のような美しい虹色に輝いているのよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171213_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171212_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171212_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションが付きます。

 

 

天使の波動を放つ、美しい虹のクリスタルをお探しの方に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171212_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0344
クリスタル名:〜永遠のエンジェルガールへ。。。。。。

エンジェルピンクとエメラルドグリーンの虹の天使が住む、小さな水晶の神殿〜
サイズ: 約4,6×3,4×2,8センチ

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 永遠のエンジェルガールへ。。。。。。。 」

 

20171212_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、永遠のフェアリーガールへ。。。。。。

 

 

という名前を授けてあげたアメジストがいましたが、

こちらは、天使的なエネルギーを放つ、

『永遠のエンジェルガール』のためのクリスタル。

 

 

限りなく透明なのに、どこかふんわりと見えるその姿は、

天使そのもの。。。。。。

 

 

もうそれだけでも、十分すぎるほど素敵なのですが、

このクリスタルは、虹がまた素晴らしくて・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

20171212_03.jpg

 

この水晶の中に住んでいるのは、虹の天使なのでしょうか。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 クリスタルから届く澄んだ声。。。。。。 」

 

          20171106_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私の宝物のクリスタルが、
またひとつ素敵な魂の家族と天使のリボンで結ばれました。

 

 

タントリックツインを探していらっしゃる時に、
この場所にたどり着いてくださったという、
はじめましての魂の家族。

 

 

レムリアの魂の家族たちは、初めて出会うのに、どこか懐かしく、
私は、いつも心の中で、「はじめまして、そして、おひさしぶりです」と
挨拶します。

 

 

『とても素晴らしいエネルギーのクリスタルを見て、
いつかお迎え出来るクリスタルに出会えたらと思っておりました。

 

 

このレムリアンクリスタルは、アップした時から気になっていました。

 

 

毎日お迎えされて無いかチェックしてました。』

 

 

 

なんと、毎日、このレムリアンシードクリスタルに
会いに来てくださっていたのですね。

 

 

ありがとうございます。

 

 

御守りとしてのクリスタルを探されているうち、
このクリスタルが気になって仕方がなくなったそうです。

 

 

気になって仕方がない。。。。。。

 

 

それは、そのクリスタルからのメッセージを、
あなたの心と魂が、しっかりと感じているということ。

 

 

たとえ、『クリスタル語』がわからなくても、
私たちは、自分にご縁のあるクリスタルから届く澄んだ声を、
きちんと感じられるようになっているのです。

 

 

 

 

私も、気になって気になって、あれこれ頭では考えてみるけれど、
やっぱり気になって・・・・

 

 

そして、ついにお迎えしたというクリスタルがたくさんあります。

 

 

それは、今でも、私の宝物で、そのクリスタルを見るたびに、
ああ、あの時、自分の気持ちを大切にして、本当によかった

と心の底から思うのです。

 

 

 


この、〜小さな虹がきらめく12のエッセンスを持つレムリアンシードクリスタル〜
素晴らしいレムリアンシード・クリスタルですよ。

 

 

あなたにこのクリスタルを託せるのが、
虹色の年である2017年で、とてもうれしい・・・・・

 

 

2017年は、私にとっても、クリスタルにとっても、特別な年。

 

 

祝福に満ちた12月の森の奥で、
心をこめてこのクリスタルの旅支度をし、
ベストなタイミングで送り出します。

 

 

どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

 

 

 

小鳥たちが楽しそうに庭の赤い実をついばんでいる森の奥から

レムリアの愛をこめて

 

 

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

          


「 美と豊かさのエネルギーあふれるハニーゴールド色のスフィア 」

 

       20171209_06.jpg     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの美しい贈り物たち。。。。。より、
美と豊かさのエネルギーあふれるハニーゴールド色のスフィア。

 

 

このスフィアが語ったところによると、
牡牛座のスーパームーンの満月の女神がクリスタルに化身した姿なのだそう。

 

 

私の大のお気に入りだったこのクリスタルは、

行き先が決まり、ご縁のある方のもとに旅立つまでの間、

こんなところでも活躍してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

20170408_01.jpg

 

『リリア・バービーによるクリスタルの星図』の中で、

満月を表すクリスタルとして登場してくれたのです。

一緒にいる星のクリスタルたちは、ホクレア、ヒキアナリア、ルピカ。

ああ、この時は、4つのクリスタルたちが、みんな私のもとにいたのですね。

今は、全員が、それぞれ素晴らしい魂の家族と天使のリボンで結ばれて

旅立って行きました。

物事は移り変わっていく。

そして、そのひとつひとつに、かけがえのない物語がある。。。。。

こうして、このエンジェルフォトを眺めていると、

なんだかとても感慨深いです。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161022_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161022_06.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161022_03.jpg

 

その色合い、その輝き、幻想的にゆらめく麗しい虹。。。。。

もう何もかもが素晴らしくて・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171209_06.jpg

 

女神様が入るのは、ゴールド色の宝箱。

そこには、このクリスタルと同じエネルギーで共鳴して結ばれた

月の乙女のお名前が・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161022_05.jpg

 

光を浴びて輝く姿は、満月そのものでした。

 

 

 

 

 

 

 

自分が心から美しいと感じるものに触れること、

それは、私の喜びです。

 

 

それを存分に味わって、楽しんで、愛でて・・・・・

 

 

時が来たら、愛しい誰かにその宝物を託して。。。。。。

 

 

今日もどこかで、そんな虹色の物語がつむがれています。

 

 

 

 

 

 

 


「 プルメリアの妖精になれる魔法のペンダント 」

 

20171209_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの美しい贈り物たち。。。。。 より、

プルメリアの妖精になれる魔法のペンダント。

 

 

昨年の一番大きくて明るい満月である、

牡牛座の満月の光でブレッシングされたこのペンダントは、

セッション開催から1年近くが経ってから、

天使のリボンで結ばれた方のもとへと旅立って行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20161022_13.jpg

         

 

 

 

 

 

 

 

私と愛する人が、初めてカウアイ島を訪れた2012年のハワイの旅で、
ダーリンがプレゼントしてくれたプルメリアの花の形をしたペンダント。

 

 

滞在中、私は、このペンダントをずっと身に着けて過ごしました。

 

 

私の大好きな素材、天然のシェルでできており、光を受けると、虹色に輝きます。

 

 

ハワイのエネルギー、レムリアのエネルギー、野生のイルカのエネルギー、
そして、ソウルメイトと虹とプルメリアのエネルギーが宿っています。

 

 

抽選で差し上げるお品について思いをめぐらせ、
このペンダントのことを思い出した時、
もう最高にぴったりだと思いました。

 

 

素敵な思い出がつまったペンダントだからこそ、
プレゼントにふさわしいと感じたのです。

 

 

愛する人がプレゼントしてくれたものでしたので、
自分の思いを伝え、

 

 

「ダーリン、あのプルメリアのペンダントを、
ご縁のある魂の家族に差し上げてもいい?」

 

 

と聞いてみると、

 

 

「もちろんだよ。」

 

 

と、言ってくれました。

 

 

その答えを聞いた時、
愛する人が私と同じ気持ちでいることがわかり、

ハートがふわーっとあたたかくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

20161022_18.jpg

 

私の大好きなピンクとエメラルドグリーンの虹。

 

 

 

 

 

その後、このペンダントを受け取ってくださった魂の家族が、

お便りをくださいました。

 

 

その内容が、もうびっくりで・・・・・

 

 

ああ、宇宙の愛に包まれて、完璧なタイミングで、

行くべき方のもとへ行ったのだわ、と思いました。

 

 

魂の家族たちとの間に生まれる物語には、

本当に毎回感動してしまいます。

 

 

そして、物語自体も素敵なのですが、

私がとりわけ感銘を受けるのは、

シンクロやサインや祝福に気づくことのできる、

魂の家族たちの豊かな感性です。

 

 

 

 

 

 

 

20171209_02.jpg

 

プルメリアのペンダントを入れる宝箱は、

その方のお名前を入れたスペシャルヴァージョン。

一見、おなじみのベーシックデザインの宝箱に見えますが、

美しい天然の輝きを放つこのペンダントにインスピレーションを受けて、

パールのような繊細な光沢を持つ箱に仕上げています。

 

 

 

 

 

 

プルメリアは、私にとって特別な花。

 

 

夢が叶って、歓喜でいっぱいになった私のそばに、

いつもこの花がいました。

 

 

私は、お花たちに、自分の直感と体験から

自由に花言葉を授けてあげるのが好きです。

 

 

リリア・バービーの花言葉図鑑にある、白いプルメリアの花言葉は、

『天の祝福、夢の実現、うっとりするような幸せ』

 

 

 

 

 

 

20161022_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 相思相愛のソウルメイトのためのクリスタルの神殿 」

 

20171208_01.jpg     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レインボークリスタル宮殿には、たくさんのクリスタルたちがいます。

 

 

このクリスタランに登場するのは、そのほんの一部のクリスタル。。。。。

 

 

過去におさめたエンジェルフォトを眺めていたら、こんな1枚を見つけました。

 

 

大きな2つのクリスタルが重なり合ってハート型を作り、

なんと、その間に、ソウルメイトツインのクリスタルがいるのです。

 

 

もしも、『相思相愛のソウルメイトのためのクリスタルの神殿』が存在したら、

きっとこんな感じなのでは・・・・・と思ってしまうような奇跡の融合。

 

 

このエンジェルフォトが撮られたのは、

リリアの森が、本格的な夏の女神の到来を感じ始めた頃のことでした。

 

 

私の大好きなタントリックツイン、

〜ふたりでつくる愛のハート。。。。。

キュートで愛らしい天使のタントリックツイン〜

のお披露目用のエンジェルフォトを撮っていた時、

同じ「ハートつながり」であるこのクリスタルを、

ふと思い立って、一緒に置いてみたのです。

 

 

結局、2つのクリスタルを一緒に撮ったエンジェルフォトは、

クリスタランには使われませんでした。

 

 

というのも、『相思相愛のソウルメイトのためのクリスタルの神殿』は、

けっこう大きさがあるので、はっきりとは姿が写っていないにも関わらず、

なんだかとても存在感を放っているのです。

 

 

キュートで愛らしい主役のふたりの魅力を最大限に伝えるために、

『相思相愛のソウルメイトのためのクリスタルの神殿』は、

「私たちは、今回は裏方に徹します。」と、笑いながら後ろに隠れてくれました。

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらが2つのクリスタルを一緒におさめたエンジェルフォトです。

 

 

 

 

 

20171208_03.jpg

 

はっきりとは写っていないのに、このインパクト・・・・・

私は、「2つのハートのクリスタル」が一緒にいるこのエンジェルフォトが、

とても気に入っています。

大切な思い出の1枚です。

 

 

 

 

 

 

いわゆる、稀少でめずらしいクリスタルになるため、

ごく自然に私のプライベートクリスタルに分類され、

ご縁のある方におゆずりするという展開など考えてもいなかった、

『相思相愛のソウルメイトのためのクリスタルの神殿』

 

 

1度くらい、こっそりお披露目してみてもよいかもしれませんね。。。。。

 

 

 

 

 

20171208_02.jpg

 

 

 

 

 

 


「 12月の森で。。。。。。小さな幸せを届けてくれた妖精 」

 

        20171206_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

今年一番明るくて大きな満月を見た翌日、
森をお散歩していると、
信じられないものを見つけました。

 

 

なんと、すみれの花です。

 

 

びっくりしてあたりを見回すと、

少し離れたところに、もう1輪咲いています。

 

 

リリアの森で、野のすみれが咲き始めるのは、

どれだけ早くても2月。

 

 

まだ12月だというのに、
この子たちは、一体どうしたというのでしょう。

 

 

「フェアリーリリア、あなたに会いに来たのよ。
ここのところ、ずーっと私たちのことを考えてくれていたでしょう?」

 

 

ええ、考えていましたとも。

 

 

12月に咲いたすみれの花は、
春にかけて咲くすみれの花よりもずっと小さくて、
でも、その小ささが、何とも言えず愛らしくて。。。。。

 

 

小指の爪ほどの大きさのハート型の葉っぱは、

生まれたての赤ちゃんみたいです。

 

 

坂道をのぼって一旦家まで戻り、
すみれの妖精のアメジストの祈りの塔を持って駆けつけると、
緑の草と茶色の落ち葉の間で、2人は楚々として風に揺れていました。

 

 

「あなたの大好きなあのすみれ色のアメジストを、
とうとう魂の家族たちに紹介したのね。」

 

 

「そうなのよ。
マリア様と一緒という今までにない組み合わせなの。」

 

 

「とっても素敵よ。
私たちからの贈り物を、あなたはちゃんと受け取ったはず。」

 

 

「あれには、本当に驚いたわ。」

 

 

「すべてはうまくいっている、すべては完璧だってことを
あなたに伝えたかったの。
もちろん、あなたは、それをとてもよくわかっているけれど。」

 

 

「あらまぁ、ありがとう。」

 

 

小さな小さな2人のすみれの妖精たちは、
順番にすみれ色のアメジストにキスすると、
軽やかに空に舞い上がって言いました。

 

 

「フェアリーリリア、また春にね!」

 

 

「あなたのフェアリーフレンドたちにも、どうぞよろしく!」

 

 

 

 

12月の森で起こった思いがけない再会。。。。。

 

 

すみれの花言葉は、『小さな幸せ』

 

 

それは、私とすみれの妖精たちと、
すみれを愛するフェアリーフレンドたちをつなぐ、
美しいヴァイオレット色の妖精のリボンなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 銀色の12月の夜 」

 

          20171202_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


少し前から、
なぜか、このブレスレットのことが思い出されて、
毎日のように身に付けては、
満月に向かって丸くなっていく月を眺めていました。

 

 

12月4日 0時47分。

 

 

今年一番大きく、そして明るく輝く満月。

 

 

いつもならば、眠りについているはずのこの時間に起きていたのは、
前日の夜から綴りはじめた
『小さな銀色のマリア様と

小さなすみれの妖精のアメジストの祈りの塔』
のご紹介の文章が、とても長くなってしまったためでした。

 

 

偶然にも、その文章を綴っている最中に、
一番大きな満月のことを天使が知らせてくれたのです。

 

 

言葉をつむいでいる間は夢中なので、
時間の感覚がありません。

 

 

ようやくすべての文章を書き終えて、時計を見ると、
満月の瞬間の5分前でした。

 

 

クリスタルたちと一緒に、
森の奥で見上げた満月の美しかったこと。

 

 

普段の倍くらい明るく感じました。

 

 

とても輝きが強いので、いつもならよく見える「月の海」が
ほんのわずかしか見えません。

 

 

まるで月全体が発光しているかのよう。。。。。。

 

 

満月の近くには、シリウスとオリオン座。

 

 

冬ですね。

 

 

上を見上げれば、煌々と輝く満月の女神、
静かに自分の手首に目を落とせば、
その月光を浴びて幻想的に光る
小さな22の満月たち。。。。。。

 

 

この銀色のマリア様のブレスレットが、
すぐに天使のリボンで結ばれて旅立たなかったのは、
この美しい満月の光を森の奥で一緒に浴びたかったからでしょうか。

 

 

ゆっくり、ゆっくり、
お月様が満ちるように、
ご縁のある方の心が満ちて、
いつか、幸せに受け継いでいただける日がきますように、
と満月に向かって願いをかけた、銀色の12月の夜でした。

 

 

 

 

 

 


「 今日の私の幸せ 」

 

        20171202_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月がやってきたらご紹介しようと楽しみにしていた
『小さな銀色のマリア様と小さなすみれ色のアメジストの祈りの塔』

 

 

なんとなく、
この3人の天使と幼子とマリア様の宝箱が似合うような気がして、
そっとアメジストを置いてみたら・・・・・

 

 

絵柄の中の、窓から差し込む光のすじのひとつに、
アメジストを通り抜けた森の光がちょうど重なり合って、
まるで、ほのかなすみれ色の光が降りそそいでいるよう。。。。。。

 

 

ともすれば見過ごしてしまいそうな、
この小さな美しい光に気づけたことが、
今日の私の幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others