「 わたしの一部がもどってきたような、そんな満ちたきもちです 」

 

20180915_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

リリア様

 

こんにちは。***です。

 

先日、クリスタルが届きました。

クリスタル名:可憐なすみれの花と虹色の羽を宿した、小さなすみれの妖精の魔法石
です。

 

とてもきれいでかわいいクリスタルです。

やっぱり譲っていただいて本当によかったです。

 

わたしの一部がもどってきたような、そんな満ちたきもちです。

いろんな角度からゆっくりとながめていたら、すみれもみつかりました!

 

届く前から素敵なメッセージをクリスタランでいただいて、涙がこぼれました。

 

とどいた箱を一つあけるたびに菫の魔法が広がるようでうっとりしました。

(私がわすれてしまった以前のニックネーム覚えていてくださり、
ありがとうございます)

 

物語の続きは・・・この先の言葉は私の魔法の言葉になりそうです。

 

魔法の石と魔法の言葉をありがとうございました。

 

 

花冷えには少し早いですが・・お体大切におすごしください。

 

 

 

 

*あなたからいただいたこのお便りに、
どんなお返事を書こうかと思いながら森を歩いていたら、
森から家へと続く道に、野のすみれが7輪咲いているのを見つけました。

 

 

菫月である2月の最後の日に、
すみれの花、7つ分の愛をあなたに贈ります。

 

 

その愛の深さと大きさは、
人間界のものさしでは、はかれないけれど、
あなたなら、きっと、その愛に気づいてくださることでしょう。

 

 

魔法の石と魔法の言葉が、
あなたがつむぐ、美しいすみれ色の物語に、
やさしく寄り添ってくれますように。

 

 

一度思い出したら、
あなたは、いつでもその素敵な魔法を使うことができます。

 

 

あなたは、いつでも、幸せの中に戻ることができるのです。

 

 


フェアリーリリアとすみれの妖精たちより

 

 

 

 

 

 


「 ずっと止まっていた物語の続きは。。。。。。 」

 

20180915_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のある日、森の奥のポストを開けると、たくさんのお手紙が。

 

 

前の晩にご紹介した、
「プリマブェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。。
Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット」を
ぜひとも迎え入れたいというお便りです。

 

 

その中に、たったひとつだけ、別のクリスタルのエントリーがありました。

 

 

クリスタルの名前は、
「可憐なすみれの花と虹色の羽を宿した、小さなすみれの妖精の魔法石」

 

 

うれしい、うれしい。

 

 

みんなはこちらだけど、ひとりだけ別。

 

 

こういうの、昔から大好きです。

 

 

こんなに心に響くのは、みんなはこちらだけど、私はこれ、
というように意図したわけではなく、
それぞれがそれぞれの心の声を聞いて、
自然な結果そうなったから。

 

 

だから、
「Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット」
にエントリーしてくださった全員にありがとうを伝えたいですし、

「可憐なすみれの花と虹色の羽を宿した、小さなすみれの妖精の魔法石」
にエントリーしてくださった魂の家族にも、心からの感謝を捧げたいです。

 

 

小さなすみれの妖精の魔法石という言葉が目に飛び込んできた瞬間、
私は一気にフェアリーリリアに変身。

 

 

すみれの妖精たちが、またたく間に集まってきて、
「とうとうあのアメジストが!今日はお祝いよ!」と。。。。。。

 

 

みんなで顔を寄せ合うようにして、
フェアリーフレンドから届いたお便りを読みました。

 

 

 

『リリアさん お久しぶりです。

 

 

ふとリリアさんのクリスタルが気になり、
またのぞかせてもらったところ、
とっても素敵なクリスタルがたくさん紹介されていて
夢中になりました。

 

 

でも、そのなかで以前みたときと変わらない

かわいらしい紫色のクリスタルに再会して、、、

 

 

色んな理由をつけて先延ばしにしていたのですが、
やっぱり好きなので譲っていただきたいと思いました。

 

 

よろしくおねがいします。』

 

 

 


「あらまぁ、こちらこそ、よろしくおねがいいたします。」
と、すみれの妖精たちと一緒に、ペコリとお辞儀したい気分です。

 

 

フェアリーリリアのカレンダーでは、
2月は、菫月(すみれづき)。

 

 

なぜなら、リリアの森にすみれの花が咲き始めるのが、

毎年この時期だから。

 

 

 

 

 

クリスタルとつむぐ物語は、本当に人それぞれです。

 

 

『見た瞬間に、ひと目ぼれ』も、素敵ですし、
しばらく慣れ親しんだ世界を離れていて、ひさしぶりに戻って来た時に
『気になるあの子とまた再会』も同じくらい素敵。

 

 

私は、どちらも体験してきました。

 

 

私の宝物の中には、『見た瞬間に、ひと目ぼれ組』と、

 

 

『なんだか気になる。。。。でも、今はいいわ。
(しばらく時が経過。数日〜数年間)
でもやっぱり気になる。
あっ、まだ誰のところにも行かないでくれているわ。

こんなに気になるならお迎えしましょう組』がいます。

 

 

「しばらく時が経過」の過程では、
完全にそのクリスタルのことを忘れていることもありました。

 

 

でも、ふいに、ふわりと胸によぎるか、ある時、また出会うのです。

 

 

 


『色んな理由をつけて先延ばしにしていたけれど、やっぱり好き』

 

 

この「やっぱり好き」という彼女の言葉から、
菫色の光がきらきらと輝いているのが伝わってきて、
私は、すみれの妖精たちに向かって言いました。

 

 

「ずっと止まっていた物語の続きはこうよ。」

 

 

 


『美しい妖精の心を持つ、その人は、
とうとう自分の魔法の力を思い出しました。』

 

 

 

 

 

 

 

 


「 ヒキアナリアの女神に見守られて。。。。。。レムリアの永遠のソウルメイトのための小さな神殿 *カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

        20190212_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島で出会った、

3つの小さなレムリアンシード・クリスタルから

最後のクリスタルをご紹介しましょう。

 

 

〜小さなレムリアの神殿より ヒキアナリア〜

 

 

しっかりと刻まれた無数のレムリアンリッジがきわめて美しく、

そのあまりのリッジの多さと見事さから、

光を浴びると、クリスタル全体が、ほのかに白みがかって見えるほど。

 

 

とても清らかなエネルギーを感じるレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_04.jpg

 

光に照らされて白く見える面が、

正面から見た時に中央に見える、一番大きなフェイスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_05.jpg

 

この大きなメインフェイスは、『7角形』をしています。

カウアイ島で出会った、3つの小さなレムリアンシード・クリスタル

そのすべてが、正面のメインフェイスが7角形をしているということに

私は後から気づきました。

実は、「3」という数字も、頻繁にシンクロが起きている数字なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_09.jpg

 

素晴らしいレムリアンリッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒキアナリアのレムリアンシード・クリスタルは、

青みがかった光も似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_14.jpg

 

さりげなく輝く、小さな虹。

 

 

 

 

 

 

 

私は、カウアイ島で3つのレムリアンシード・クリスタルの

小さな神殿に出会った時、

そのすべてに虹が浮かぶことを確認して迎え入れました。

 

 

森の奥に戻って、3つのクリスタルと再会した時、

他の2つのクリスタルは、探さなくても虹がすぐに見つかりましたが、

この「ヒキアナリアの神殿」だけは、見つけるのに時間がかかりました。

 

 

というのも、たくさんのレムリアンリッジが、

まるでこの神殿を守護するかのように刻まれているので、

「このあたりに虹がありそう」と思って、角度を変えると、

見えかかっていたそのかすかなきらめきは、

レムリアンリッジの向こうに、ふっと消えてしまうのです。

 

 

時間をかけて、このクリスタルと触れ合い、話しかけ、歩み寄り、

ようやくカウアイ島で見た虹を見つけた時は、

思わず「虹を見せてくれてありがとう」と、心の中でつぶやきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_15.jpg

 

クリスタルの下方、真ん中の部分に、

光を反射して輝く透明な層があります。

ここが虹の浮かぶ層です。

 

 

 

 

 

 

 

20190212_16.jpg

 

レムリアンリッジ越しなので、エンジェルフォトに写すのは、

これが精いっぱい。

この虹も、薄くて透き通っていて、まるで妖精の羽のようです。

 

 

 

 

 

 

このヒキアナリアの神殿は、

何かを長々と語りかけてくるクリスタルではありませんでした。

 

 

星が、夜空で物言わず、ただただ美しくきらめいているように、

このクリスタルは、ただそこに存在しているのです。

 

 

言葉というよりも、エネルギーで交流するクリスタル。

 

 

自分の存在を誰かに伝える時に、

強烈なインパクトを与えてアピールする必要などないのだと、

このクリスタルは教えてくれます。

 

 

相手の心になんとか入り込もうと、上手に話す必要も、

過剰に素敵にふるまう必要もありません。

 

 

あなたに本当にご縁のある人は、

無理にそんなことをしなくても、きっとあなたに気づいてくれます。

 

 

清らかで、それでいて、きらきらと輝く、スピカのようなあなたに。

 

 

 

 

 

私は、このクリスタルが大好きなのですが、

写真に撮ってみると、思ったほど「その素敵さ」が写らないことを、

少々残念に思っていました。

 

 

本物は、すごく美しいレムリアンシード・クリスタルなのだけど。。。。。。

 

 

静けさに満ちたそのエンジェルフォトを見た時、

ああ、でも、きっとこれがこのクリスタルの望む写真なのだと思いました。

 

 

だから、これだけ撮れれば、もう十分。

 

 

そう思って撮影を終わりにしようとした時のことです。

 

 

ふと、「このクリスタルを、底からのぞいてみたい」という衝動にかられました。

 

 

どうしてそんなことを思ったのか、自分でもわかりません。

 

 

ヒキアナリアの小さな神殿をやさしく横にし、

そっとその中をのぞき込んだ時、

私は、そこに広がる不思議な光景に息をのみました。

 

 

まるで、クリスタルとクリスタルが、口づけをしているように見えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ふたりの向こうに見える景色は、

私にとって、レムリアの夕焼け空、

カウアイ島で見た、夕暮れの空そのものでした。

 

 

 

 

 

 

20190212_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまらないほどの懐かしさと愛しさがこみ上げてきて、

私は、時の経つのも忘れて、その光景に見とれました。

 

 

そして、そこに広がる光景を見て、

このクリスタルが大切に守っていたものを知りました。

 

 

聖なる無数のレムリアンリッジで守られたその神殿の中には、

ヒキアナリアの女神によって守護された、

美しいソウルメイトのふたりの永遠の愛があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく時間が経つと、私は、その完璧さにあらためて感動しました。

 

 

このレムリアンシード・クリスタルは、底が磨かれています。

 

 

それによって、表面がすべらかになり、中をのぞくことができる。

 

 

だからこそ、私は、このクリスタルの内側に秘められたギフトに

気づくことができたのです。

 

 

 

 

 

 

私が初めてそれに気づいた時、ふたりの向こうの空は夕焼け色をしていました。

 

 

やがてそれは、ほのかな薔薇色になり、次にアメジスト色になり、

少しずつ少しずつナイトブルーの色が濃さを増す頃、

水平線の向こうから、ヒキアナリアが昇りはじめるでしょう。

 

 

そして、その星の下で、ふたりは、語り合うでしょう。

 

 

 

 

過去を。

 

 

今を。

 

 

そして、未来を。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_17.jpg

 

コレクション番号:LBC-0352
クリスタル名:〜ヒキアナリアの女神に見守られて。。。。。。

レムリアの永遠のソウルメイトのための小さな神殿

*カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 約5,8×3,1×3,0センチ

産地:Brazil

prix:49,000円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 〜レムリアの喜びの女神の夢見石〜 小さなレムリアの神殿より 喜びの星ホクレア ダブルイシス&レインボー&レムリアンリッジ *カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

        20190211_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島の旅の中で出会ったクリスタル。

 

 

レムリアの美の女神の美しき変容

小さなレムリアの神殿より 金星ヴィーナス

ダウ&レインボー&レムリアンリッジ *カウアイスペシャルブレッシング*

と一緒に迎え入れた、3つのレムリアンシード・クリスタルのうちのひとつです。

 

 

とても透明でありながら、

ふわっとしたやさしさを漂わせたレムリアンシード・クリスタル。

 

 

私が感じるに、湖の底に沈んだ、

幻のオリジナル鉱山のレムリアンシード・クリスタルだと思います。

 

 

磨かれたレムリアンシード・クリスタルが放つ、光のような透明な姿も大好きですが、

原石や、原石の部分が残るレムリアンシード・クリスタルは、

私にとって、特別な存在。

 

 

レムリアの叡智が宿っていると言われるレムリアンリッジは、

磨いてしまっては、手で触れて感じることはできないからです。

 

 

自分にご縁のあるレムリアンシード・クリスタルのレムリアンリッジをなぞる時、

私は、故郷に帰って来た時に感じるような懐かしさを感じます。

 

 

それは、いつも変わらず、私をやさしく迎えてくれます。

 

 

 

 

 

金星ヴィーナス、ホクレア、そしてこれからご紹介する予定のヒキアナリアの

「3つの小さな神殿」のうち、

最も隠されたもの、秘められたものの多さを感じるのが、

このホクレアの小さな神殿です。

 

 

3つの中で、一番愛らしい姿をしているのですが、

私の想像を超える『深遠な何か』を宿しているレムリアンシード・クリスタルだと

私の直感がささやくのです。

 

 

 

 

 

 

 

20190211_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_10.jpg

 

竪琴に張られた、たくさんの弦を思わせる見事なレムリアンリッジ。

底が磨かれているので、美しい姿で立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_08.jpg

 

 

 

 

 

 

実物は、写真よりも、ずっと透明感があります。

 

 

 

 

 

 

 

20190211_07.jpg

 

中には鮮やかな虹が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_06.jpg

 

 

 

 

 

 

虹は、他にもいくつか入っており、

妖精の羽のような、淡い淡い虹が浮かぶ、

とてもファンタジックな透き通った虹もあります。

 

 

 

 

 

 

20190211_04.jpg

 

こちらは後姿。

この姿を見た時に、はっとしました。

ファセットのバランスの良さ。。。。。

お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか。

三角形のフェイスの両隣が、五角形のイシスになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_05.jpg

 

なんとダブルイシスのレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、今朝、とても印象的な夢を見ました。

 

 

私が森の奥のポストを開けると、
このレムリアンシード・クリスタルを迎え入れたいという手紙が、
7通届いているという不思議な夢です。

 

 

(現実の世界では、私はまだこのクリスタルを紹介していませんし、

下書きすらしていません)

 

 

手紙を開けてみると、その7通は、すべて同じ魂の家族からの手紙で、
1通1通に、とても長いメッセージが綴られているのです。

 

 

そのメッセージをじっくり読もうとしたところで、目が覚めました。

 

 

その内容が何であったのか、私は覚えていませんが、
おそらく、このクリスタルを迎え入れてくださるであろう魂の家族と私は、
見えない世界で、たくさんのやりとりをしているのだと思います。

 

 

 

 

この不思議な夢を見たことから、

私は、このクリスタルに『レムリアの喜びの女神の夢見石』

という名前を授けてあげることにしました。

 

 

 

 

 

そして、夢の中に出てきた「7つの手紙」

 


「7」は、虹の数字であり、私がこよなく愛するナンバー。

 

 

今、魂の家族たちとの間で、

「7」にまつわる、さまざまなシンクロが起きています。

 

 

そうえいば、このレムリアンシード・クリスタルの正面に見える一番大きなファセットは、
『7角形』です。

 

 

 

 

 

 

カウアイ島の旅で受け取った、
たいへん稀少なレムリアンリッジの残るレムリアンシード・クリスタル。

 

 

このクリスタルの持ち主は、レムリアの虹の乙女であり、
月の女神に非常に深いご縁がある方。

 

 

あなたは、夢の中で、もう私と出会っているのでしょうか。

 

 

いつの日か、私の夢とあなたの夢が、つながり、重なり、

ともに美しいレムリアの物語をつむげますように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20190211_02.jpg

 

コレクション番号:LBC-0351
クリスタル名:〜レムリアの喜びの女神の夢見石〜

小さなレムリアの神殿より 喜びの星ホクレア

ダブルイシス&レインボー&レムリアンリッジ *カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 約5,1×2,5×2,6センチ

産地:Brazil

prix:49,000円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。。 Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット 」

 

        20190207_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今年の2月は、とても不思議な月。

 

 

ある日のリリアの森は、雪の国。

 

 

その数日後は、春の国。

 

 

 

 

以前から、時が満ちたらご紹介しようと思っていたクリスタルがあります。

 

 

それは、まるでマリア様か天使が結晶化したかのような、

やわらかく透き通った波動を放つ、薔薇色のクリスタル。

 

 

長い間、私は、そのクリスタルと同じくらいの美しさを持つ、

同じ種類のクリスタルを探していました。

 

 

なぜなら、それは私の私物のクリスタルなので、

ご縁のある魂の家族に届けるために、

もうひとつ迎え入れることができたらと思っていたのです。

 

 

天界からやってきたかのような薔薇色をしているのに、

それは、ローズクォーツではないというのも、また魅力でした。

 

 

ところが、いつまで経ってもそれは現れません。

 

 

ある時、いっそのこと、一度、このクリスタル自体をご紹介してみようかしらと思いました。

 

 

その時感じたのは、このクリスタルは、私のもとにいる『何か』と

ペアになるということでした。

 

 

私は、宝物を入れてある宝箱をのぞきこんでは、これかしら?と

クリスタルの隣に置いてみるのですが、

これだわ!というものが見つかりません。

 

 

 

 

 

やがて、新しい年が明け、2番目の月がやってきました。

 

 

真っ白な雪に覆われた森が、

プリマヴェーラの女神の魔法で一瞬にして春になったかと思うような日、

森の奥で降りそそぐ日の光を浴びながら、そのクリスタルを愛でていた時に、

突如としてインスピレーションが降りてきました。

 

 

あのマリア様のブレスレット。。。。。。

 

 

それは、もうかなり昔に迎え入れた、マリア様のブレスレットでした。

 

 

ある時、私は、いくつかのマリア様のブレスレットを次々に受け取りました。

 

 

それは、私の愛するシェル(貝)のビーズをつむいでつくられたブレスレットで、

金色のマリア様と銀色のマリア様のブレスレットがあり、

どれも雰囲気がとてもよく似ていました。

 

 

その中に、ただひとつだけ、

透き通るようなビーズをつむいでつくられたブレスレットがありました。

 

 

他の金色のマリア様のブレスレットは、マリア様の部分が、

イエローがかったゴールドをしているのですが、

その透明なビーズのマリア様だけは、

ほのかに薔薇色を感じる、ピンクゴールドのような色合いをしていました。

 

 

また、他のマリア様が、まっすぐに横を向いていらっしゃるのに対して、

このピンクゴールドのマリア様は、

そっと目を閉じ、うつむくように佇んでおられるのです。

 

 

その様子は、たおやかで美しく、まるで花のよう。。。。。。

 

 

まっすぐに横を向いているマリア様からは、凛とした真の強さを感じ、

このマリア様からは、やさしさ、受容、慈愛、といった、

女性的なエネルギーを感じました。

 

 

『すべてを愛で受けとめる』

 

 

愛に受けとめられた時、どんなものも、また光に戻っていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

20190207_20.jpg

 

 

 

 

 

 

ふわっとしていながら、同時に透き通っているという

夢みるようなクリスタル。

 

 

 

私のクリスタルには、その特徴を持つものが多くありますが、

このクリスタルは、その魅力を最大に持つ結晶のひとつといえるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_18.jpg

 

ある角度から見ると、ジェリーのように、「ぷるん」としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_19.jpg

 

このクリスタルに授けてあげた名前は、

『Lilia Mariaの薔薇色のクリスタル』

クリスタルについては、迎え入れてくださった方に、

お手紙でお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Lilia Mariaの薔薇色のクリスタル』には、素晴らしい虹がたくさんたくさん宿っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_13.jpg

 

この写真は、虹がわかりやすく写るように、少し暗めに写しています。

クリスタルの色ではなく、虹の入り方をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_14.jpg

 

このクリスタルのちょうど真ん中には、何かのメッセージを伝えるかのように、

ひときわ鮮やかな虹がきらめきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_24.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_05.jpg

 

ブレスレットは、手首につけるとこのような感じ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_06.jpg

 

花のように、そっとうつむく、マリア様。。。。。。

透明なビーズは、遠い昔のフランスのガラスビーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_16.jpg

 

これまで送り出してきた金色のマリア様のブレスレットと比べると、

このマリア様だけ、ほのかにピンク味を帯びたゴールドをしています。

 

 

 

 

 

 

実は、このマリア様のブレスレット、

私が初めて愛する人とカウアイ島を訪れた時に、

手首につけていたブレスレットなのです。

 

 

 

 

 

 

このクリスタルとマリア様のブレスレットの組み合わせがひらめいた時、

私には、「あの宝箱に入れたい」という、

とてもはっきりしたヴィジョンが浮かびました。

 

 

2016年のマリア様のスペシャルセッションのエネルギーから誕生した、

「〜愛の調べ〜 聖母マリアと天使たち」の宝箱です。

 

 

 

 

 

 

 

20190207_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルの波動を季節で表すならば、「春」

 

 

キーワードのひとつは、

 

 

「女性性を愛おしむ」

 

 

「女性としての心のうるおいを大切にする」

 

 

そこから生まれるのは、春を迎えたかのような喜び。。。。。。

 

 

 

 

マリア様にご縁のある、美しき薔薇の乙女に捧げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_04.jpg

 

コレクション番号:LBC-0356
クリスタル名:薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。

Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット

サイズ(クリスタル): 約5,9×4,2×2,7センチ

サイズ(ブレスレット):手首回り約15センチ


*「〜愛の調べ〜 聖母マリアと天使たち」

のクリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others