「 あなたの中にいる、真のあなた 」

 

       20171015_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

星のマリア様の祝福を受ける、銀の星ヒキアナリア。

 

 

その姿を見た時、私の目から涙があふれてきた。

 

 

なんと表現したらよいのだろう。

 

 

「ヒキアナリアが、ヒキアナリアらしく輝いていた」からだ。

 

 

出会った頃も、一緒に時を重ねてきたこの数年間も、
いつも、このクリスタルは美しく光り輝いていた。

 

 

けれど、その時の輝きは、何か特別だった。

 

 

そして、はじめて実感がこみ上げてきた。

 

 

ああ、このクリスタルは、
本当にご縁のある方と天使のリボンで結ばれたのだと・・・・

 

 

これまでも、同じようなことを幾度も経験した。

 

 

真の持ち主のもとに行くことになったクリスタルが、
不思議なほどの輝きをもって、またたき始めるのだ。

 

 

ヒキアナリアが、ヒキアナリアらしく輝いている。

 

 

その姿のなんと美しく、愛おしいこと・・・・・

 

 

また、私の目から、熱い涙がこぼれ落ちた。

 

 

私は、思った。

 

 

ああ、このクリスタルを迎え入れてくれる星の乙女は、
自分自身を取り戻したのだ、と・・・・・

 

 

それは、その星の乙女が、今まで自分を見失っていたという意味ではない。

 

 

これまでも、とても素敵な星の乙女だった。

 

 

 

 

私につながってくださる魂の家族たちは、その喜びの旅の中で、
みな、本当の自分に還っていくのだ。

 

 

そこには、無理な背伸びも、
どちらがより素晴らしいのかという競争も存在しない。

 

 

 

 

星のように輝く小さな勇気を胸に、宇宙にその身をゆだねた時、
それまであなたを支えていた、偽のつっかえ棒は、見事に倒れる。

 

 

その代わりに、あなたの中にいる、真のあなたが、

この世のものとは思えないほど美しい光を放ちながら、

凛として起き上がる。

 

 

 

 

 

 

 


「 感謝の気持ちでいっぱいです 」

 

         20170701_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

LBC-0334のクリスタルを迎え入れてくださった

魂の家族からのお便り

 

 

『リリアさま。

 

 

クリスタルが届きました。

 

 

とっても綺麗なクリスタル 透明感があって……
まるで 澄んだ氷の様

 

 

エメラルドグリーンとエンジェルピンクの光☆も
言葉では 言えない輝きです。

 

 

波動の高さを感じます。
そして、
波動の高いリリアさまも感じます。

 

 

心のこもった マリアさまのお箱
愛のこもった リリアさまの手紙
箱を開けた瞬間から リリアさまの波動に包まれ
少し疲れている私を癒して下さいました。

 

 

清らかで 愛の波動☆ を受け
幸せを感じながら……
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

ありがとうございます。。。。。』

 

 

 

 

 

 

*このクリスタルの虹、言葉にできないほど美しいでしょう?

 

 

もしも、このクリスタルの虹が、

目で見た時と同じようにそっくりそのままエンジェルフォトに写っていたら、

あるいは、実物をお見せして、その夢のようなきらめきを目にしたなら、

きっとたくさんの方が、ぜひ受け取りたいと手をあげてくださって

あっという間に旅立って行っていたと思うのです。

 

 

それも、もちろん素敵だけれど、そうはならなかったのは、

このクリスタルに宿っている「目では見えないもの」に気づくことができる、

そんな魂を、このクリスタルは、静かに待っていたのではないかと・・・・・

 

 

3人の天使とマリア様と幼子の宝箱に、

このエンジェリックな守護天使のクリスタルを入れて、

ご縁のある方に送り出す。。。。。

 

 

それは、私の夢でした。

 

 

その夢は今、幸せに叶いました。

 

 

こちらこそ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

本当にありがとう。

 

 

遠隔個人セッション、

第一希望のお日にちがおすすめです。

 

 

この日は、星が動く、とても重要な日なのです。

 

 

あなたがそれを知っていて、この日を希望されたのか、

それとも、何も知らずにインスピレーションで選ばれたのかはわかりませんが、

いずれにせよ、とても素晴らしい流れに乗っていると思います。

 

 

また、今、『マリア様』に関する美しいサインが、次から次へと届いています。

 

 

このタイミングでのセッション、きっと偶然ではないのでしょうね。

 

 

それでは、エメラルドグリーンとエンジェルピンク色の光の中で

幸せな天使のひとときを過ごしましょう。

 

 

あなたと一緒に素敵な時間を分かち合いたいというエンジェルたちが、

真っ白な翼をはためかせて、もうたくさん降りてきていますよ。

 

 

森の奥から天使の愛をこめて

エンジェルリリアより

 

 

 

 

 

 

 

 


「 〜銀の星 ヒキアナリア〜 銀色にきらめく流れ星と七色に輝く虹を宿した、星の乙女のための守護水晶 」

 

         20170913_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルを連れて、私は愛する人とともに、3度旅に出た。

 

 

どれもレムリアにつながる場所だ。

 

 

ある時は、一緒に翼の生えた空飛ぶ船に乗り、

ある時は、海の音を聞きながら、あたたかな波と戯れた。

 

 

このクリスタルを、リリアの森で最初に愛する人に見せてあげた時のことを、

私はよく覚えている。

 

 

愛する人が心の底から感動したようにつぶやいた、

「素晴らしいね。。。。。」という言葉の響きが、

今も明るい一等星のように輝きながら、

私の記憶の中に鮮明に残っているからだ。

 

 

それは、本当にこのクリスタルの素晴らしさを感じた人だけが放つことのできる

胸の中にまっすぐ入りこんでくるような、美しい波動に満ちていた。

 

 

そして、私は思った。

 

 

いつかこのクリスタルをどなたかにおゆずりする日が来たなら、

この美しい星のクリスタルの素晴らしさを、私と私の愛する人、

つまり、私たちと同じように感じてくれる魂の家族に

受け継いでいただきたい、と。。。。。。

 

 

 

 

 

しばらく前、雨の天使と風の天使が、

満開だった庭の金木犀と銀木犀の花のすべてを連れて行った。

 

 

一夜にして、森の中から、私の大好きな香りが消えてしまった。

 

 

この花の香りがしない秋というのは、

まるで大切な友がいないお茶会のよう・・・・・・

 

 

でも、これが自然とともに生きると言うことなのよね、と自分を元気づけ、

少しずつ秋色に染まっていく日々の暮らしを愛でて、しばらくが経った頃、

恋しくてたまらなかった、あの香りが戻ってきた。

 

 

心を躍らせながら駆け寄って見れば、

銀木犀には、新しい小さな満月色の花が咲き、

それにこたえるかのように、

はす向かいの金木犀にも、小さなホクレア色の花の群れが咲いている。

 

 

それは、満開の時のむせかえるような濃厚な香りとは違うけれど、

それよりも、もっとずっと、今の私の心に染み入るような気がした。

 

 

銀木犀の精霊が、透き通るようなひそやかな声でささやくのが聞こえる。

 

 

「あなたの大切な銀の星のクリスタルを紹介する時、

あなたをこの香りで包んであげたくて・・・・・・」

 

 

 

 

 

今夜は、十五夜。

 

 

夜になれば、ふんわりと香る金木犀と銀木犀のちょうど間から、

月が昇ってくるだろう。

 

 

その時が来たら、私は、2つの木の間に立って月を見上げながら、

ヒキアナリアの銀の星のクリスタルを胸に抱いて静かに祈ろう。

 

 

「いつの日か、このクリスタルの真の持ち主が、

私の前に現れますように。。。。。。」

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

透明な結晶は、その乙女の、どこまでも純粋な魂の象徴。

 

 

 

 

 

 

20171004_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_07.jpg

 

この星のクリスタルに浮かぶたくさんの虹のうち、

最も鮮やかな虹がこの虹です。

とはいっても、ここに写っているのは、ほんの一部分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170913_01.jpg

 

エンジェルフォトでも綺麗に写っていますが、

実物の素晴らしさを知るものとしては、

この虹の美しさの2割くらいがようやく写っているという感じ・・・・・

本物の虹は、透明感のある鮮やかな虹で、

キラキラとまばゆく光り輝きます。

 

 

 

 

 

 

そして、この星のクリスタルには、

もうひとつ、とてもめずらしいギフトが宿っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_05.jpg

 

その贈り物がどこにあるか、おわかりになりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_06.jpg

 

ここにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_05.jpg

 

これは、銀色のルチル、いわゆるシルバールチルです。

あの見事な虹だけでも、この星のクリスタルを

唯一無二のオンリーワンのものにしているのですが、

その上、シルバールチルが入っているなんて・・・・・

そのめぐり合わせに奇跡を感じてしまうような、

たいへん稀少なクリスタルです。

 

 

 

 

 

このシルバールチルは、不思議なルチルで、

私は、ずっと2本入っていると思っていました。

 

 

でも、ある角度から見ると、1本に見えます。

 

 

今回、よくよく確かめてみたところ、

片側の先端には、はっきりと2本の銀線が存在し、

それを目で追っていくとその2本の銀線は、あるところから溶け合って、

同じ1本の銀線になっています。

 

 

まるで、根元はひとつで、先端が2つになっている

「タントリックツイン」のようなシルバールチルなのです。

 

 

 

 

 

 

このクリスタルの中のシルバールチルを最初に見つけた時、

真っ先に思い浮かんだものがありました。

 

 

それは、『流れ星』です。

 

 

銀の星のクリスタルの中に宿る、銀色の流れ星。

 

 

なんとミラクルな組み合わせなのでしょう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、その方にとって、一生のお守りになるようなクリスタルを、

『守護水晶』と呼んでいます。

 

 

その方の人生に寄り添い、いつもやさしく見守り、

時には大切な導きのサインをそっと送ってくれるようなクリスタル。

 

 

このクリスタルは、まさに、『ヒキアナリア』にご縁のある、

星の乙女のための守護水晶だと思います。

 

 

ヒキアナリア、乙女座の一等星スピカ、

星、銀色、流れ星、虹。。。。。。

 

 

そんな綺羅星のようにきらめく美しいキーワードを、

ご自身の魂のエッセンスに持つ方へ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171004_14.jpg

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170913_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0142
クリスタル名:〜銀の星 ヒキアナリア〜

銀色にきらめく流れ星と七色に輝く虹を宿した、

星の乙女のための守護水晶〜

サイズ: 約3.7×3.7×3.7センチ

*〜竪琴を奏でる天使〜のクリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします。

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 

 


「 星たちの呼び声 」

 

         201710_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから私のもとに集まってくる人たちは、
星の声に耳を傾けられる人。

 

 

星たちの声は小さい。

 

 

それは、私たちが知っているような『声』ではない。

 

 

星の呼び声。

 

 

星たちの呼び声。

 

 

その光は、時空を超えて、あなたのもとに届く。

 

 

あなたが見ている星のまたたきは、
ずっと遠い昔に放たれ、その星を出発したものだからだ。

 

 

宇宙を旅して、旅して、また旅して、
その星の光は、あなたのもとに届く。

 

 

あなたが、心惹かれる星を見上げて、
その美しさに無心になる時、

 


過去からの手紙のような、
あるいは、過去からの贈り物のようなそれを、
あなたは、今、確かに受け取っている。

 

 

 

 

 

 


「 レムリアのエネルギーが満ちる場所へ。。。。。。。 」

 

 

 

愛する人とふたり、導かれるようにして、
レムリアのエネルギーが満ちる場所へ。

 

 

一緒に連れて行ったのは、
美しく輝く虹の星のクリスタル、金の星ホクレアと銀の星ヒキアナリア。

 

 

そして、出発の直前、
このクリスタルを連れて行かなければと、突然思い立って抱えたのは、
素晴らしい2つの虹が宿ったレムリアンシードクリスタルのスフィア
『レムリアの満月』

 

 

どこに行っても、祝福が降りそそぐ、幸せな旅。

 

 

旅の最初の夜、
横になって、胸の上にレムリアの満月、
左手にヒキアナリア、右手にホクレアを持って目を閉じていると、
私の中で懐かしい記憶が甦ってきた。

 

 

1年前の今頃、私たちは、カウアイ島にいた。

 

 

指を折りながら、出発日からの日付を数えて、記憶をたどっていく。

 

 

なんという偶然だろう。

 

 

1年前のその日、私たちは聖なる神殿を訪れ、

『レムリアの満月』を天に掲げてブレッシングしていた・・・・・

 

 

 


私は、胸の上で光を放つ、レムリアの満月を感じながら、
ヒキアナリアを持った左手を愛する人に差し出して言った。

 

 

「ダーリン、このヒキアナリアの星のクリスタルの真の持ち主は、

私の前に必ず現れるわ。
その魂に向かって呼びかけましょう。。。。。」

 

 

愛する人は、やさしく微笑んで、私の左手に手を重ねた。

 

 

ゆっくりと祈りの言葉を唱え、その言葉が見えない波動となって、
宇宙の隅々にまで広がっていく。

 

 

レムリアの聖なるさざ波のように。。。。。。

 

 

 

 

この旅のことは、細かくはここには記さない。

 

 

言葉にはできないほど素晴らしかったとだけ書いておこう。

 

 

ただ、これだけは、書き残しておきたい。

 

 

今日は森に戻るという日、
私たちが旅のフィナーレに導かれた場所がある。

 

 

そこには、信じられないほどたくさんのローズマリーが生い茂っていた。

 

 

ひと気のない、不思議なほど静まり返ったその場所で、
私たちは、透き通るような香りに包まれながら、
並んでローズマリーの道を歩いた。

 

 

 


夕暮れ時が近づいてくる。

 

 

空を見上げると、昼の間は、青空に溶け込んでいた半分の月が、
くっきりとその姿を現しながら輝き始めた。

 

 

そろそろ、森に帰る時間。。。。。

 

 

 

 


私が戻った後、森の精霊が、緑の扉を閉じるだろう。

 

 

その扉の向こうで、私は、幸せな寝息をたて、
次に目覚めた時、私は新しい世界の光の中にいるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 2つの美しい贈り物たち。。。。。 」

 

20170927_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このエンジェルフォトに見覚えがある方、いらっしゃいますでしょうか?

 

 

こちらは、昨年の秋に行った

「遠隔グループセッション ラ・リュンヌ

〜蠍座の新月とスーパームーンの牡牛座の満月の章〜」の中で開催した

プレゼント企画のためにご用意したお品たち。

 

 

セッションに参加された方の中から、

抽選でそれぞれ1名様にプレゼントさせていただくという、

ワクワクドキドキの心ときめく企画でした。

 

 

もうだいぶ前に抽選を行い、

どちらもご縁のある方と天使のリボンで結ばれ、行き先が決まっていたのですが、

まだ送り出すタイミングではないわと感じ、

その時が来るまで待ちましょうと、

この2つの美しい贈り物たちとの日々を楽しんでいました。

 

 

時が満ちるのを楽しみながら待つ、というのが、

私の信条なのです。

 

 

そして、とうとう、先日、今だわというインスピレーションが降りてきたので、

それぞれが天使のリボンで結ばれた方のもとに旅立っていきました。

 

 

魂の家族たちは、私に似て、今を幸せに生きているはず。

 

 

だから、きっと、この抽選企画のことは、すっかり忘れていて、

森の奥から、突然お届け物が届いてびっくりよ。

 

 

何かしら・・・・と不思議そうに箱を開けて、

あらまぁ!と、感動のご対面ね。うふふ。。。。。

 

 

そのシーンを想像して、ひとりでにっこり。

 

 

私は、こんな時間が大好きなのです。

 

 

 

 

 

もう何年にもわたって、時折楽しんできた、

抽選でのプレゼント企画。

 

 

今、私の中では、

十分に楽しみつくしたと感じることがいくつかあるのですが、

これもそのうちのひとつです。

 

 

そのため、このようなプレゼント企画は、

これをもって、ひと区切りにしたいと思っています。

 

 

これまで一緒に楽しんでくださった方々、

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


「 祈り。。。。。。。 」

 

       20170919_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 銀の星 ヒキアナリア 」

 

          20170913_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月に入ってしばらく経った頃、あるクリスタルのことを、突然思い出した。

 

 

それは、今から3年半以上前、
私が愛する人とともにレムリアのエネルギーを感じる場所を旅した時、
一緒に連れて行ったクリスタルだった。

 

 

そのことを私は、今は閉じてしまった物語、
「銀河と星々の物語」の中に綴っている。

 

 

何かが降りてくるというのは、このようなことを言うのだろうか。

 

 

そのクリスタルのことを思い出した瞬間、
それまで受け取ることのなかった、そのクリスタルのはっきりとした名前が、
直感的に、そう、まるで流れ星のように降りてきた。

 

 

『銀の星 ヒキアナリア』

 

 

 

 

 

時をおかずして、また次のインスピレーションが、私の魂に「流れて」きた。

 

 

以前魂の家族たちに伝えたように、
このクリスタルには、対になるクリスタルが存在する。

 

 

同じような形で、透き通るようなゴールド色の波動を放ち、
見事な虹を宿したそのクリスタルは、私の宝物である。

 

 

「銀の星 ヒキアナリア」の名前が降りてきた時、
私は、自分の星の名も、また同時に受け取った。

 

 

『金の星 ホクレア』

 

 

 


なんとも言えない美しいエネルギーに包まれて、
心の奥が喜びでいっぱいになった。

 

 

ああ、そういうことだったのか。。。。。。

 

 

 

 

 

その2つのクリスタルは、最初から私にとって「星のクリスタル」であり、

「対のクリスタル」だった。

 

 

クリスタランを遡って、私は、今は閉じられている銀河と星々の物語を読み返し、
魂の家族たちに紹介したけれども、誰とも天使のリボンで結ばれずに
私のもとに戻ってきた、銀の星をじっと見つめた。

 

 

あの物語を綴っていた頃・・・・そして、銀の星のクリスタルを紹介した時、
私の人生にまだ「ヒキアナリア」は登場していなかった。

 

 

3年と8ヶ月という月日が、
その年月の中で体験した心躍る素晴らしい出来事の数々が、
私にこのクリスタルが、「ヒキアナリアの星の水晶」であることを、
気づかせてくれたのだ。

 

 

それを思うと、宇宙のどこまでも深く大きな愛を感じて、胸がいっぱいになる。

 

 

 

 

 

レムリアの夕焼け色に輝くホクレアは、金の星か銀の星かと問われれば、
間違いなく金の星だ。

 

 

そして、青白く輝く乙女の星ヒキアナリアは、銀の星。

 

 

 

 

 

 

それにしても、乙女座の女神たちが生まれた季節に、

このクリスタルが、ヒキアナリアの星のクリスタルであることに気づけたのは

なんという偶然だろう。

 

 

いや、きっと偶然ではないのだ。

 

 

もしかしたら、この星のクリスタルの真の持ち主が、

私のすぐそばまで来ているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

この季節、ヒキアナリアは夜の訪れとともに、西の空の水平線に姿を消す。

 

 

つまり、夕暮れ時、美しい夕焼け色に空が染まる頃、

太陽から少し離れた左上にいる。

 

 

空はまだ明るく、太陽が近くにいるから、星の輝きは、目には見えない。

 

 

でも、確かにそこにいる。

 

 

そして、そのヒキアナリアの上には、喜びの星ホクレアがある。

 

 

夜空で輝く星を見つけることは、たやすい。

 

 

しかし、明るい空の中でも、その星の存在を感じることができたなら、

その人は、『レムリアの星の乙女』なのだ。

 

 

 

 

 

今日も、森の奥から、その星を見上げよう。

 

 

どこかで、レムリアの星の乙女が、

私と同じように、その星を心の目で眺めているのを、

幸せに想像しながら。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 〜豊かさの本質〜と書かれた扉の向こうへ。。。。。。アバンダンス&ジョイ 」

 

20151014_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

〜アバンダンス&ジョイ〜
豊かさの女神と豊かさの天使が降らせる、美しい金色の流星群〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 心の底のほうで、そっと光と光が合わさっているような・・・ 」

 

        20170901_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『こんばんは、リリアさん。

 


昼間はまだ、夏の暑さがありますが、最近は朝晩とても涼しくて心地よく、
外に出ると月明かりと虫の鳴き声が、私のとても好きな空間を作ってくれています。

 

 

誕生日の朝、森の奥からのお届けものを受け取りました。

 


〜星の乙女のためのクリスタル 乙女座の一等星スピカ

ヒキアナリアの女神の祝福〜を、生まれた日に手にすることができて、

とても嬉しいです。

 

 

ほんとうに、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

このクリスタルが透明で、あまりに美しいので、
はじめは自分の手で触るのがためらわれて、
包んであった紙ごしで光に当てて眺めていました。

 


そして、そうだ、と思い出し、すぐにその紙の上で、虹の星と、
それに導かれる空飛ぶクリスタルの船を一緒に並べた時の気持ち。。。。

 


なんというか、心の底のほうでそっと光と光が合わさっているような・・・。

 

 

 

 

 

〜ヒキアナリアに導かれて宇宙を旅する虹のソウルメイト〜を手にした時、
とても「自分らしい」クリスタルだなと思いました。

 


船に乗ってる二人はソウルメイトだけれど、向いている方向は同じではありません。

 


そして船にはいくつもの小さなクリスタルが一緒に居て、
それぞれには小さいながらもタイムリンクやウインドウが見える・・・

 


それはまさに私がこの地球で生きている姿のようで、

自分が乗っている船なんだと思いました。

 

 

 

そんな船と、この虹色に輝く美しいクリスタルが一緒に居るのが、

とても感慨深いです。

 

 

すいません!少し話が長くなってしまいました。

 

 

セッションの日程なのですが、リリアさんが手紙で書いてくださっていたように、
私も***の日でお願いしたいです。

 

 

希望の時間の候補はこんな感じです。

 

 

【1】***
【2】***
【3】***

 

 

それではどうぞよろしくお願いします。』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

クリスタルのお受け取りのご連絡をありがとうございます。

 

 

無事にお誕生日当日に届いたのですね。

 

 

こればかりは、本当にタイミングなので、

私の思い、宇宙の思い、そして、このクリスタルの思いが、

きっと幸せに重なったのだと思います。

 

 

言葉にできないほど美しいヒキアナリアの星のクリスタルが、

あの〜ヒキアナリアに導かれて宇宙を旅する虹のソウルメイト〜

を迎え入れてくださった、あなたのもとに行くと知った時、

深い深い感動に包まれて、胸の中が喜びでいっぱいになりました。

 

 

自分が本当に好きなことをやって生きると決めた日から、

私は、こんな感動や、こんな喜びを、数えきれないほどたくさん感じてきました。

 

 

自分が好きなことをやっているので、それだけでも幸せなのに、

まるで魔法のように、水晶のような美しい心を持つ、素敵な方々が集まってきて、

一緒に幸せな時間を分かち合ったり、クリスタルを迎え入れてくださっては、

私に、「ありがとう」と言ってくださるのです。

 

 

お礼を言いたいのは、私の方です。

 

 

この静かで豊かな森の奥で暮らしながら、

私は、時折、時には、一日に幾度も、

あなたや、魂の家族たちに出会えたことの喜びにひたります。

 

 

そして、ともにつむいでいる素晴らしい物語をひとしきり心の中で味わっては、

私の大切な人たちが、今日も幸せでありますように、と祈るのです。

 

 

 

 

遠隔個人セッションのご希望日、

まさに宇宙が用意してくれた日ですね。

 

 

私たちの物語に、また新たな1ページが加わるのかと思うと

なんともいえない素敵な胸の高鳴りを感じます。

 

 

ヒキアナリアに導かれて、一緒に魂の旅に出ましょう。

 

 

私たちを迎えに来るのは、クリスタルの船。

 

 

虹色に輝く透明な水晶の扉をくぐった先にあるのは・・・・・

 

 

その続きを、イマジネーションの世界で、あれこれと幸せに想像しながら。。。。。。

 

 

 

ヒキアナリアとともにレムリアの夜空で輝く喜びの星の女神 

リリア・バービー

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others