「 この灯たちを連れて。。。。。。 」

 

        20170614_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私につながってくれるレムリアの魂の家族たちに、
ぜひとも持っていただきたいと感じているクリスタルのひとつが、
リリア・バービー・クリスタルの『光のレムリアンシード・クリスタル』

 

 

いつか、このクリスタルを受け継いでくれたレムリアの魂の家族たちと、
再び集うひとときをつくるのが私の夢だ。

 

 

それは夢というよりも、「魂の約束」のような気もする。

 

 

それぞれが持ち寄った聖なる灯が、同じ場所に寄り集まる光景は、
どんなに神聖で美しいことだろう。

 

 

そして、何よりも楽しみなのが、その灯を受け継いでくれた魂の家族に
エネルギーだけではなく、直接、対面で再会することだ。

 

 

私のもとから旅立つ、すべての光のレムリアンシード・クリスタルの聖なる灯たちは、
あの銀河のような素晴らしい虹が渦巻く、大きな聖なる灯でブレッシングされているが、
その時には、それぞれの聖なる灯に、もう一度ブレッシングし、
その方自身の目で、『光を受け継ぐ瞬間』を見てもらいたいと思っている。

 

 

 

 

 


ついこの間、とても興味深いことに気づいた。

 

 

私が、光のレムリアンシード・クリスタルたちにとりわけ強く思いを馳せるのは、
なぜか、毎年、夏至が近づいた頃であるということに。

 

 

森に光があふれるこの時期、
私は、魂のどこかで、無意識にレムリアの光を感じ取っているのかもしれない。

 

 

 

 


私が自分の感性に共鳴するものを感じて迎え入れる、

光のレムリアンシード・クリスタルたちは、ごくわずか。

 

 

でも、それで十分なのだと思っている。

 

 

いや、十分どころか、それで完璧なのだ。

 

 

 

 


今日も、リリアの森の奥には、光が満ちている。

 

 

その光の中で、
これまで、ご縁のある方のもとに旅立った聖なる灯たちのことを思い、
また、今は、私のもとにいるが、いずれ旅立つであろう、聖なる灯たちのことを思う。

 

 

私の聖なる灯と同じ、未来へとつながるタイムリンクを持つもの、
小さいながらも、息をのむような輝きを放つツインのもの、
中には、隠れた聖なる灯もある。

 

 

 

 


ああ、また、どこからか、懐かしい香りをまとった風が吹いてきた。

 

 

この灯たちを連れて、庭のローズマリーに会いに行こう。

 

 

3つの星に見守られながら、愛する人との旅から戻った夜、
私の胸に大切に抱えられていた、あのローズマリーの若木に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 すみれの妖精の姫君からの贈り物 マジカルレインボーが輝く、すみれ色の魔法の杖 」

 

     20170612_24.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの美しいすみれの妖精の姫君が旅立つ日、

私にひとつの贈り物を残していきました。

 

 

 

「フェアリーリリア、あなたにこれを。。。。。。」

 

 

 

「まぁ!これは、あなたの大切な魔法の杖じゃない。」

 

 

 

「あなたに持っていて欲しいの。

そして、もしも、この魔法の杖を受け取るにふさわしい方が現れたら、

これを渡して欲しいの。」

 

 

 

「・・・・・・・。

 

わかったわ。

あなたがそこまで言うのなら。」

 

 

 

「ありがとう。」

 

 

 

「でも、これを置いていったら、あなたが使う魔法の杖はどうするの?」

 

 

 

「だいじょうぶよ。

ほら、これを見て。」

 

 

 

「あらまぁ、素敵!」

 

 

 

「ゆうべ、あなたがぐっすり眠っている間につくったのよ。

リリアの森のすみれの妖精たちと一緒にね。」

 

 

 

「とってもお似合いよ。」

 

 

 

「フェアリーリリア、

その人は、あなたの前に、いつの日かきっと現れるわ。

 

私には、それがいつかはわからないけれど、確かに感じるの。

その魂の素敵なきらめきを。」

 

 

 

そう言うと、すみれの妖精の姫君は、

透き通るような背中の羽根をそっと動かし、

ふわりと浮かび上がると、

幸せそうに微笑んで、リリアの森の奥から旅立っていきました。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

私は、すみれの妖精の姫君から託された、このすみれ色のアメジストの魔法の杖を、

いつご紹介しようかと、しばらくの間考えました。

 

 

リリアの森のすみれの花たちは、もう咲き終わっていますが、

次のシーズンを待っていると、だいぶ先になってしまいます。

 

 

本物のお花は、もちろん素敵だけれど、

心の中ですみれの花を思い浮かべれば、

私たちはいつだって、すみれの妖精につながることができる。

 

 

そう思って、今、ご紹介することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストは、光の加減や、見る角度によって、

妖精のように、くるくると表情を変えます。

 

 

ふんわりしていたり、透明だったり、凛としていたり。

 

 

お色味も、あたたかで深みのある、ほんのり大人びたヴァイオレット色から、

これぞ菫色と思うようなピュアなヴァイオレット色まで。

 

 

私はよく、クリスタルの写真を撮っていると、撮るたびに雰囲気が変わるので、

「どれが本当の姿だか、わからなくなってしまうわ!」

と笑いながら思ったりするのですが、

そうすると決まって、クリスタルの方から、

「どれもが、本当の私よ。」

と、答えが返ってきます。

 

 

どれもが、本当の私。

 

 

私は、その言葉が大好きです。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

20170612_07.jpg

 

フェアリーリリアの手の中で。

白を背景にすると、どちらかというと大人びたヴァイオレット色に見え、

同時に、ふんわりとした印象に見えます。

ご覧の通り、このアメジストは、

中央が深いヴァイオレット、その上下が淡いヴァイオレットという、

見事な『2つのヴァイオレット』を内包しています。

2層になっている、『2つのヴァイオレット』には、時々出会いますが、

このように、淡い、深い、淡い、と、

グラデーションがここまではっきりと3層になっているアメジストは

とてもめずらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_22.jpg

 

見る角度によっては、ふわっと見えますが、

実際は、とても透明度の高いアメジスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_23.jpg

 

このフェアリーフォトを、よく見てください。

アメジストの内部に、斜めに濃いヴァイオレットの筋が、いくつも存在し、

美しいグラデーションになっているのがおわかりになるでしょうか。

私は、この特徴を持つアメジストが大好きなのです。

めったに出会えないのですが、だからこそ、出会えた時の喜びは格別です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_20.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_08.jpg

 

魔法の杖の名の通り、とても細長いので、

普段は横にしてレインボークリスタル宮殿に置いてあります。

でも、時々、こんな風に立てて、その姿を愛でます。

凛として立つ姿は、この魔法の杖の持ち主が、

ただかわいらしいだけの姫君ではないことを物語っています。

背筋をしゃんと伸ばしてこそ、見えてくる風景。

すみれの姫君は、いつも自由に、そして自然に生きていましたが、

時々、ぴんと背筋を伸ばして、自分自身の内側とまわりの景色を見ることの

大切さを知っていました。

 

 

 

 

 

 

それでは、落ち着いた色の背景で、この魔法の杖を眺めてみましょう。

 

 

このアメジストが透明であることが、よくわかります。

 

 

また、なんと表現したらよいのか、

『高貴なヴァイオレット色』の印象が強くなります。

 

 

妖精の羽のような透明な層が、たくさん入っており、

見る角度を変えるたびに、「光があたって反射する羽」が入れ替わるため

この角度からも素敵だけれど、こちらもいいわ、

と、毎回、何度も、コロコロとこの魔法の杖を転がしてしまいます。

 

 

あなたのお気に入りは、どの角度から見た姿でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさん入っている妖精の羽を連想させる透明な層の中でも、

特に目を引くのがこちらの羽。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_13.jpg

 

実は、この羽が素晴らしいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみれの妖精の姫君の『とっておきの魔法』が、ここには宿っています。

 

 

 

 

いきますよ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

20170612_16.jpg

 

なんと美しいマジカルな虹!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_01.jpg

 

マジカルや、ファンタスティック、そんな言葉が一番似合う虹。

きっと、それは、妖精の虹だからなのでしょうね。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までお見せしたフェアリーフォトは、

すべてレインボークリスタル宮殿の中で撮りました。

 

 

でも、私が、このすみれ色のアメジストの魔法の杖が、

最も美しく輝くと感じるのが、

森の中、つまり、屋外で見た時です。

 

 

菫という、森にの咲く妖精の姫君の魔法の杖なので、

なんだか、それは、とても自然なことのように思えるのです。

 

 

外で見ると、このアメジストの透き通るような姿、

光を反射して楽しそうに踊る、透明な羽たち、

生き生きときらめく鮮やかな虹、

その本当の素晴らしさがわかります。

 

 

 

 

 

 

すみれの妖精の姫君から託された、大切な贈り物。

 

 

このすみれ色のアメジストの魔法の杖には、フェアリーリリアによる

遠隔個人セッションがつきます。

 

 

自分の中にある素敵な魔法を解き放つ時が来たと感じる、

キュートでエレガントなフェアリーガールの方へ。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170612_24.jpg

 

 

コレクション番号:LBC-0311

クリスタル名:〜すみれの妖精の姫君からの贈り物

マジカルレインボーが輝く、すみれ色の魔法の杖〜
サイズ: 約9,7×2,0×1,6センチ

※大きさがあるため、クリスタルの宝箱には入りませんが、

大切にお包みしてお届けいたします。

 

〜*ご縁のある方と妖精のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 


「 光のレムリアンシード・クリスタル 〜受け継がれていく聖なる灯〜 」

 

   20170611_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって、特別な存在であり続ける、2つのレムリアンシード・クリスタルがある。

 

 

ひとつは、レムリアと同じように、水の底に沈んでしまった、
幻のオリジナル鉱山から掘り出されたレムリアンシード・クリスタル。

 

 

もうひとつは、そのまばゆいばかりの姿からインスピレーションを得て
『光のレムリアンシード』と私が名付けた、レムリアンシード・クリスタルだ。

 

 

レインボークリスタル宮殿に並ぶ、光のレムリアンシードの中で、
最大にして、最強の光を放つレムリアンシード・クリスタルは、
私が初めて愛する人とカウアイ島に向けて旅立つ直前に、
私のもとに届けられた。

 

 

光のレムリアンシードは、小ぶりなものがほとんどで、
大きさのあるものには、めったに出会うことがない。

 

 

しかも、クリスタルは、大きくなればなるほど
その成長の過程で、内容物を取り込む可能性が高くなるため、
大きいものにめぐりあっても、インクルージョンを含んで、
やわらかな印象になっていたり、
はたまた、非常に個性的なクリスタルになっていることが多い。

 

 

大きさもあって、透明なクリスタルというのは、
純粋でありたいというクリスタル自身の意志の力、
成長してきた環境、
そして、気の遠くなるような時間の積み重ねが
奇跡のように調和して生まれた、この星からの尊い贈り物なのだ。

 

 

 

 

 

そのレムリアンシード・クリスタルを最初に手にした時、
私は、自分の手の上に『光がのっている』のを見た。

 

 

私の手のひらの上で、光が『結晶化』していた。

 

 

現実には、そんなことはありえない。

 

 

でも、思わずそう思ってしまうほどの圧倒的な光を、
そのクリスタルは放っていた。

 

 

 

 


のちに、そのレムリアンシード・クリスタルが、
私のつむぐ物語の中でも、深遠なキー・クリスタルとなっている
『聖なる灯』のひとつであることに気づく。

 

 

レインボークリスタル宮殿で輝く、『大きな聖なる灯』たちが、
自分と同じエッセンスを持つクリスタルを呼び寄せるように、
この虹の光を生み出す、巨大な聖なる灯もまた、
レムリアの光の乙女たちのもとへ行く、美しい聖なる灯を呼び寄せる。

 

 

そして、時が満ちた時、乙女は現れ、
小さな聖なる灯たちは、キャンドルサービスのように、その光を受け継いで、
旅立ってゆく。

 

 

 

 

 

その灯は、今日もどこかで、静かに輝いていることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

20170611_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 星のマリア様の祝福を受けて。。。。。。 」

 

       20170605_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 すずらん色の妖精のリボンで結ばれて。。。。。。」

 

       20170603_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 すずらん色の魔法をかけて。。。。。
フェアリー・リリアのすずらんのペンダント 」

 

 

素敵な素敵なフェアリーフレンドのもとへ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


「 虹がきらめくセレスティアルブルーの船に乗って。。。。。 仲良く旅するセレスタイトのツインフェアリー 」

 

20170601_20.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

水色の月のはじまりに、水色のクリスタルをご紹介。

 

 

このフェアリーフォトを見て、「あら、このクリスタルは・・・・」と思われた方、

覚えていてくださってありがとうございます。

 

 

こちらは、5月のクリスタランに『フェアリー・ブルー』というタイトルで載せた

セレスタイトです。

 

 

左側の子は、すでに素敵な魂の家族と妖精のリボンで結ばれて、

森の奥から旅立って行きました。

 

 

右側にいる子は、私のプライベートセレスタイトなのですが、

もしも、ご縁を感じる方がいらっしゃればと思い、

ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

20170601_21.jpg

 

この2つのセレスタイトは、私の記憶が正しければ、

生まれ故郷が同じ「姉妹」です。

ですから、色合いや輝き、結晶の感じが似ているのですね。

私は、このフェアリーフォトがとても気に入っていて、

見るたびに、心の中に爽やかな風が吹き抜けるような気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_07.jpg

 

フェアリーリリアの手の中で。

こちらの方が若干小さいので、妹君でしょうか。

とってもかわいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_12.jpg

 

竪琴を奏でる天使のクリスタルの宝箱と一緒に。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

このセレスタイトは、上から見ると、船のような形をしています。

 

 

そして、その真ん中に、他の結晶よりも大きな「2つの結晶」が、

仲良く並んでいます。

 

 

その2つは、大きさや形がとてもよく似通っていて、

まるで『ソウルメイトツイン』のようになっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

20170601_05.jpg

 

セレスティアル・ブルーの船に乗るふたり。

妖精のエネルギーを持ったクリスタルですので、このふたりはツインエンジェルならぬ、

ツインフェアリーでしょうか。

この結晶は、「あなたと愛する人」でもよいですし、

「あなたとセレスタイトの妖精」でも素敵ですね。

こんな風に仲良く同じ船に乗って旅をしているくらいですから、

『妖精のリボン』で結ばれた、幸せなふたりなのです。

 

 

 

正面から見ると、その仲良しぶりがよくわかりますよ。

 

 

それをフェアリーフォトにおさめようとすると、

まわりもすべてセレスタイトなので、(セレスタイトの結晶なので当たり前ですが)

全員もれなく、キラキラ輝いてしまい、

このふたりだけを、よくわかるように撮るのが、とてもチャレンジング。

 

 

少し暗くして写した方が、

キラキラ度が落ち着き、ふたりの姿がはっきりとわかりますので、

「照明係さん、ちょっとだけ明かりを落としてもらえますか?」

(と、お日さまに向かって話しかけるフェアリーリリア)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_01.jpg

 

ほら、見えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_02.jpg

 

私が、ツインフェアリーと呼ぶ、

まるでソウルメイトツインのようなツインクリスタル。

とても透明で、美しい結晶なのです。

 

 

 

 

 

 

ここからは、また違った角度から見たところをお見せしますね。

 

 

 

 

 

 

 

20170601_03.jpg

 

先に森を旅立った、お姉さんフェアリーのセレスタイトと同じように、

こちらも、色合いがきれいで、結晶が細かく、360度すべてセレスタイトの結晶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_04.jpg

 

こちらは、船の底にあたる部分。

本物の美人さんは、どこから見ても、美しいのですね。。。。。

 

 

 

 

 

 

どの結晶も、それぞれに素晴らしいのですが、

私が特に気に入っている結晶があり・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

20170601_18.jpg

 

それが、ちょこんと飛び出ている、この子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_19.jpg

 

小さいのに、まるで宝石のような美しさ。。。。。

もしも、受け取られたなら、ぜひ探してみてください。

「フェアリーリリアの言っていた子って、この子ね!」と、

きっと、何とも言えない幸せが、胸に広がるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでに、セレスタイトの原石を3つご紹介し、

すべてご縁のある方のもとへ旅立っていきました。

 

 

セレスタイトの原石は、大好きなクリスタルのひとつですが、

私は、心から惹かれるものを感じた子しか迎え入れませんので、

リリア・バービー・クリスタルの中でも、

ほんのわずかしか存在しない妖精たちなのです。

 

 

とてもめずらしい、ツインの結晶が寄り添い合うこの子が、

最後のひとつになります。

 

 

そうそう、このセレスタイトにも、小さな美しい虹たちが、

あちらこちらにきらめきます。

 

 

もしも、「この子が大好き!」という方がいらっしゃいましたら、

おゆずりしてもよいかなと思っていますので、

インスピレーションを感じた方は、

どうぞエントリーフォームからご連絡くださいね。

 

 

このクリスタルには、フェアリーリリアの遠隔個人セッションがつきます。

 

 

水色のクリスタルがぴったりの季節。

 

 

セレスティアルブルー色の心を持つ、

素敵なフェアリーガールの方へ。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170601_11.jpg

 

コレクション番号:LBC-0323

クリスタル名:〜虹がきらめくセレスティアルブルーの船に乗って。。。。。

仲良く旅するセレスタイトのツインフェアリー〜
サイズ: 約4,5×2,8×2,7センチ

* 『〜竪琴を奏でる天使〜のクリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


〜*ご縁のある方と妖精のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 星のマリア様 」

 

       20170530_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡的ないきさつを経て、私のもとにやってきた、美しいマリア様。。。。。

 

 

愛する人と一緒に、3つの星とつながる素晴らしい旅を終えて、
リリアの森に舞い戻った夜、
そのマリア様は、すでに森に舞い降りて、私を出迎えてくれました。

 

 

やわらかな微笑み、
やさしく広げられた両手、
その頭には、『星の冠』が・・・・・

 

 

それを見た時、
胸の中から、たくさんの綺羅星があふれ出すのを感じました。

 

 

そして、次の瞬間、私は、あるものを見つけて、息をのみました。

 

 

マリア様の足元に、『3つの星』が、あるではないですか。

 

 

 

 

 

20170530_02.jpg

 

 

 

 

 

 

ああ、マリア様、あなた様は、私のつむいでいる物語を、
すべてご存知なのですね。

 

 

私が、愛する人と、そして愛しい魂の家族たちとつむいでいる
星のまたたきのように静かで美しい、聖なる物語を。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 なんだか前からずっと一緒にいるような気がしています 」

 

20170502_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリアさん
このたびは、素敵なクリスタルさんと出会わせてくださり、
本当にありがとうございました。

 

無事に受け取りました。ご連絡が遅くなり、すみません。

 

 

 

なんというか...本当にすごく透明なんですね!

 

リリアさんは、どうやってあの素晴らしいエンジェルフォトを撮ったのだろう、
と思います。

 

 

あ、でも、今クリスタルさんがクスクス笑いながら教えてくれました。
(まだぴったりの名前が浮かびませんので、今はクリスタルさんと呼びますね)

 

 

それはそれは、リリア姫はいろんな顔をしながら、楽しそうに撮ってくれました、って。

 

 

まだ私たち、ご対面してからゆっくりと話す時間を持てずにいるのですが、
なんだか前からずっと一緒にいるような気がしています。不思議ですね。

 


リリアさん、これからも素敵な日々をお過ごしください。

 

 

私もこれからの毎日をますます楽しく軽やかに過ごしていこうと思います。』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

お受け取りのメッセージをありがとうございました。

 

 

クリスタルの受け取りのご連絡は、
特にされない方もたくさんいらっしゃいますので、
どうぞお気になさらないでくださいね。

 

 

私の大好きな、あの美しいクリスタルを受け継いでくださり、
本当にありがとうございます。

 

 

あのクリスタルは、それはもう夢を見ているような透明度で、
私はあの子を手に取って眺めていると、
自分の魂がどこまでも透き通っていくのを感じます。

 

 

そして、このクリスタルと、ずっと一緒にいるような気がされているとのこと。

 

 

それは、不思議であるのと同時に、とても自然なことなのです。

 

 

なぜかというと、
あなたがインスピレーションを感じて迎え入れたクリスタルというものは、
あなたの魂の本質、あなたの内側にあるエッセンスの結晶だからです。

 

 

このクリスタルをエントリーされた時、

 

『何度も何度も、このクリスタルを受け取ってもいいのだろうかと、
自分の中で確認しました。』


と、メッセージの中で伝えてくださいましたよね。

 

 

 

私のクリスタルは、人によっては、受け取るのに、とても勇気がいることがあります。

 

 

いい意味で、ちょっぴりこわい時もあります。

 

 

それは、自分の素晴らしさを認めること、
自分のオンリーワンの輝きに対して、全身全霊の「イエス」を言うことを
意味するからです。

 

 

世の中には、何となく自分を満たしてくれるものがたくさんあります。

 

 

それらは、どれも気軽に手に入り、受け取る時に特別な勇気などいりません。

 

 

でも、自分の魂と真に共鳴するものを迎え入れる時は、
あふれんばかりの喜びに満たされるか、
聖なる静けさに包まれるか、
ものすごく勇気を必要とするかのどれかです。

 

 

私は、それを全部経験してきました。

 

 

それを全部経験して、あらゆる感情を味わって、
時に、迷い、悩み、
心の中で飛び交う、いくつもの声の中から、
自分の魂がささやく小さな声を大切にすく上げ続けて、
そして、今の私がいます。

 

 

 


自分の魂と真に共鳴するクリスタルと出会う時・・・・・・

 

 

それは、魂がさらなる素晴らしき変化・変容の時を迎えたことを告げる
宇宙からの祝福のサインなのだと私は思っています。

 

 

自分の中に確かに存在し、解き放つ時を迎えたエネルギー、
それを象徴するようなクリスタルが、目の前に現れるのです。

 

 

私は、いつも喜びとともに、それを受け取ってきました。

 

 

あなたも、それを受け取ったのですね。

 

 

 


ますます楽しく軽やかに生きるあなたと私は、
お互いの人生が、またどこかで、幸せに交差することでしょう。

 

 

その時、私たちの間には、
あのクリスタルに浮かぶ、鮮やかな虹のような新しい光が、
美しい音を響かせながら、生まれることでしょう。

 

 

 

 

 

 


「 何てキラキラしたクリスタル! 」

 

20170420_02.jpg

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

『リリアさま。
こんにちは。。
セレスタイト 今日 手元に届きました〜。
ありがとうございます。

 


楽しみにしていた クリスタル☆

 

そっと 箱を開けて……

 

包みをあけると。。

 

「おぉ〜。凄い〜!
何てキラキラしたクリスタル!
とっても素敵!
……。(感動)
……。(感動)
……。(感動)
落ち着いて。。

 

はじめまして……
私のフェアリーガールちゃん」って言ってしまいました。

 

何て 素敵なクリスタルでしょう!

 

素晴らしいです。

 

この素晴らしいクリスタルを私に届けて下さりありがとうございました。。

 

週末から 出掛けていた私。

 

ポストの中に 不在のお知らせが入っていました。。

 

クリスタルが届いた日時を見ると……

 

何と、、、

 

ダーリンと私が一緒に過ごしていた時。

 

(私もパートナーのこと ダーリンと呼ばせて下さいね。
ちょっと いえいえ すごく恥ずかしい(//∇//)けど、、)

 

なかなか お互いの仕事で時間がとれず やっと 一緒に過ごせた時間。

 

その日は ピクニックに行ってました。。

 

ダーリンのお手製のサンドイッチとフルーツの盛り合わせを持って……

 

サンドイッチは 卵サンド・ハム レタスサンド・ツナサンド☆の3種類。

 

そして、フルーツはふどう・メロン ・キュウイ
メロンには 素敵なメッセージ☆が付けてありました。

 

大きなツインの木の下で……
(またまた 行って見ると ツインの木がありました。)

 

小鳥のさえずり。。
さわやかな風。
楽しい会話。。

 

足元を、見ると可愛いお花が咲いていました。

 

紫色の小さな花。。

 

私は 2輪

 

そっと ティシュに包んで手帳にはさみました。

 

楽しかった今日のピクニックの思い出に 押し花にしょうと思って……

 

リリアさまの真似ですね。(笑)

 

帰って 調べてみると

 

ニワゼキショウって言うお花。

 

花言葉は 「愛らしい人」。

 

私の中で フェアリーと言うとお花の妖精です。

 

セレスタイトの妖精たち = ニワゼキショウの妖精たち

 

なので、

 

*虹の芽を育てる 愛らしいフェアリーガール*としたいです。

 

リリアさま。どうでしょう〜。。

 

そして、

 

虹は ツインの象徴。

 

*ダーリンとの 愛を育てる 愛らしいフェアリーガール*

 

(*^^*)

 

これから フェアリーガールたちとたくさん会話しながら……

 

小さな虹☆探しの旅に行って来ます〜♪

 

また、旅の報告をします。。

 


セッション 希望日

 

***
***
***

 

よろしくお願いします。  』 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

あのセレスタイトのきらめきにそっくりな、あなたからのお便りを読んで、
リリア・バービー・クリスタルたちは、
どの子も、本当にぴったりな方のもとへ行くのだわ、と思いました。

 

 

あの子のきらめき、素晴らしいでしょう?

 

 

「キラキラ」という言葉は、
こんな輝きを表現するためにあるのだと思うくらいの、とびっきりの美しさ。

 

 

その感動を、こうしてあなたと分かち合えることが、とてもうれしいです。

 

 

素敵なダーリンがいらっしゃるのですね。

 

 

ダーリンお手製のサンドウィッチとフルーツの盛り合わせを持って、
ふたりでピクニック。

 

 

いいですね〜

 

 

そして、「ニワゼキショウ」というお花、一体どんなお花なのか調べてみました。

 

 

このお花、幼い頃から、ずっと見てきたお花ですよ。

 

 

あまりに身近すぎて、名前を知らずに、
その姿だけで認識しているお花や植物が私にはたくさんあるのですが、
そんなお花のひとつです。

 

 

小さな花にぴったりの可憐な花言葉から、
インスピレーションを感じて受け取った名前、
どちらもとっても素敵。。。。。。

 

 

このセレスタイトには、妖精がいっぱいいるのを感じるので、
あなたがこのクリスタルを受け取ったということは、
間違いなくあなたの中の『フェアリーエネルギー』が活性化しているのだと
思います。

 

 

その状態で、遠隔個人セッションでつながれることが本当に楽しみです。

 

 

リリアの森の妖精たちも、このセッションに興味津々の様子。

 

 

当日は、たくさんの妖精たちが、集まってきそうですね。

 

 

それでは、リリアの森からおかけする、
七色の虹の架け橋を渡ってお会いしましょう!

 

 


フェアリーリリアとリリアの森の妖精たちより

 

 

 

 

 

 

 

 


「 虹の星雲と星屑のゲートをくぐって・・・・・ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月のタントリックツイン 」

 

        20170526_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月のエネルギーでブレッシングした

タントリックツイン。

 

 

目に見えないエネルギーだけではなく、

リリアの森で、実際に、この3つの星と蠍座の満月の光を浴びたタントリックツインです。

 

 

クリスタルというものは、本当に個性豊かで、

姿形がオンリーワンならば、性格もオンリーワン。

 

 

自分からたくさんのことを話してくれるおしゃべりな子もいれば、

このふたりのように、非常にたくさんの情報やエッセンスを内に秘めながらも、

いわゆる言葉では語りかけず、驚くほど静かに存在しているクリスタルもあります。

 

 

蠍座のキーワードは、『秘密』

 

 

そのような意味では、私は、このふたりから、とても蠍座的なエネルギーを感じるのです。

 

 

また、このタントリックツインは、実際の姿とエンジェルフォトにおさめた姿の

雰囲気が若干異なります。

 

 

実物は、もっと透明感があり、

その中に白いインクルージョンがふわふわっと立ちのぼるように広がっているのですが、

なぜか写真に撮ると、このタントリックツインの本来の美しさがだいぶ隠れてしまうように

思うのです。

 

 

まるで、このふたりが、

「私たちのことを魂で感じてもらうために、

今はあえて目に見える魅力は封印しましょう」

とでも言っているように。。。。。。

 

 

それならば、私は、これ以上、このふたりをうまく撮ろうとせず、

ふたりの願い通りにしてあげるのが一番なのでは、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・

このタントリックツインは、程よいサイズで、

いわゆる、「手にしっくりなじむ大きさ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_06.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で。。。。。

 

 

 

 

 

 

クリスタルの中には、インクルージョンに色味が付き、

どちからというと、「濁り」のように見えるものもありますが、

このふたりの中に広がるインクルージョンは、白くてとてもきれいです。

 

 

真っ白なものの上に置くと、それがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_08.jpg

 

ふたりの上部は、とりわけ透明感が高くなっています。

これは、私が正面だと感じる向き。

バランスのよい姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_02.jpg

 

ひと目見てタントリックツインとわかる理想的なシルエット。

 

 

 

 

 

 

 

後姿は、ちょっとユニークで・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

20170526_05.jpg

 

背の低い方の先端がわずかに平らになっています。

これは、欠けているわけではなく、このクリスタルが、

タビークリスタルのようになっているからです。

以前にご紹介した、レムリアの素晴らしいタントリックツインも、

片方がタビーのようになっていました。

よくあるポイント型の先端と、タビー的な形をした先端が組み合わさった

タントリックツインはとてもめずらしく、「陰と陽」のバランスが取れた

宇宙からの贈り物です。

実は、私の宝物のタントリックツインの中に、ポイント&タビーの究極とも言える

とても個性的なふたりがいます。

いつかお見せしますね。

 

 

 

 

 

 

これは、私のこれまでの体験からのお話になりますが、

私のもとにやってくるタビーのクリスタルは、

妖精的なエネルギーを持っているものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

20170526_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_19.jpg

 

このふたりの大きなクリスタルの下の方に、

白いインクルージョンがそこだけ淡くなっている部分があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_21.jpg

 

これが、まるで何かのゲートのようで、とても素敵なのです。

『星屑のゲート』でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_15.jpg

 

また、星屑のゲートに重なるようにして、小さなゲートウェイがあります。

どこにあるかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_16.jpg

 

ここです。

ゲートウェイは、この左上にも、もうひとつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_20.jpg

 

さらに、いろいろなエンジェルフォトで、反射して白く光っているこの部分は、

虹の層。

 

 

 

 

 

 

 

上手くエンジェルフォトには写らないのですが、

よく見ると、キラキラとしていて、とても美しい虹なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_22.jpg

 

宇宙に浮かぶ、小さな虹色の星雲のよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

虹は、その他の部分にもいろいろ入っています。

 

 

そして、このタントリックツインを受け取った方にぜひやっていただきたいのが、

上からのぞきこむようにして、虹を探してみること。

 

 

光の当たり具合によって、

小さな水晶のカレイドスコープをのぞいているような気分になりますよ。

 

 

 

 

 

 

20170526_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月の光でブレッシングした

タントリックツイン。

 

 

虹の星雲と星屑のゲートをくぐって、

今日もふたりは、仲良く宇宙を旅しているのでしょうか。

 

 

このふたりとおしゃべりしたくなったら、

一緒に夜空を見上げて、星や月を眺めてください。

 

 

彼らには、きっとあなたに伝えたい『大切な秘密』があるはずです。

 

 

ふたりは、言葉を超えた素敵な方法で、

あなたにそれを教えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

20170526_14.jpg

 

コレクション番号:LBC-0325

クリスタル名:〜虹の星雲と星屑のゲートをくぐって・・・・・

ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月のタントリックツイン〜
サイズ: 約6,0×2,4×1,8センチ
産地:Brazil

prix:49,000円

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others