「 〜レインボークリスタル 虹色の未来〜」

 





私とダーリンは、毎日のようにクリスタルについて話します。

私たちにとって、クリスタルは、自分たちの子どものような存在なのです。

この間、ダーリンに、

「箱に入れないクリスタルも紹介したいのだけれど、
どの子もかわいいから、ついつい箱に入れてあげたくなっちゃう。
ある意味、これが本当の箱入り娘ね。」

と言ったら、

「確かにそうだね!」

と楽しそうに笑っていました。


それでは、今日も、虹色に輝く宝箱の中から、
私たちのかわいい「箱入り娘」をご紹介しましょう。



それは、小さくて可憐なレインボークリスタル。





透明度が高いために、光の中に溶け込むように見えるクリスタル。
 


私には、「なぜか惹かれるもの」というものがいくつかあります。

「小さくて美しいもの」は、そのひとつ。

その「小さくて美しいもの」に
「さらに小さくて美しいもの」がついているとなったら、
ハートの奥が、きゅんとせずにはいられません。



      



     長さ4センチほどの小さなクリスタル。
     そのクリスタルに、さらに細かい小さな小さなクリスタルたちが、
     数え切れないほどたくさんついています。





近寄ってみましょう。






            まるで、美しいアートを見るよう。。。。。







    この小さな小さなクリスタルには、そのほとんどに虹が浮かびます。







    色合いもさまざま。 動かすたびに、あちらこちらで虹が踊ります。




このクリスタルをそっと持って、一体何度、光の中でその姿を愛でたことでしょう。

そのたびに、ハートの中で喜びがわき起こりました。






      このクリスタルには、右上がりのタイムリンクがあります。
      フューチャー、つまり未来につながるタイムリンクです。



さらにもうひとつ、右上がりのタイムリンクが別の場所にありますので、
このクリスタルは、
ダブルのフューチャータイムリンクを持つクリスタルということになります。

ある物事が、2つ重なる時、私はそこに強いメッセージ性を感じます。



虹色にきらめく無数の小さなかけらたち。

そして、はっきりと「未来」を指し示す、
ダブルのフューチャータイムリンク。



未来を創るのは、誰でしょう?

それは、他の誰でもない、
「今のあなた」なのだと私は思います。



今この瞬間、
この世界のどこかに、
あるいは、自分の中のどこかに、
小さな虹色の輝きを見つけられたら・・・・・

そして、そんな毎日をやさしく重ねていくことができたら・・・・・


きっと未来のあなたは、
こんな風に、虹色にきらめいているのではないでしょうか?








私の直感では、ラ・リュンヌのエネルギーに、とてもよく共鳴するクリスタルです。

この子がやってきたのは、牡牛座の満月、111111の日の数日前のことでした。

新しい扉を開いた、あの素晴らしい瞬間を一緒に迎えたクリスタルのひとつです。

このクリスタルに、素敵なインスピレーションを感じる方と、
いつの日かベストなタイミングで結ばれますように。。。。。







コレクション番号:LBC-0026
クリスタル名: 〜レインボークリスタル 虹色の未来〜
サイズ: 約4,0×1,8×1,8センチ
産地:Brazil


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜




 

「 〜真実の女神 ダブルイシス&ウィンドウ〜 」

 





今から数年前のことです。

宇宙が、私のもとに、
ある素晴らしい贈り物を送り届けてくれました。

その贈り物には、美しいカードが添えられており、
アメジスト色の文字で、こう書かれていました。

「DOUBLE ISIS-FACE QUARTZ」

私は、そのカードをそっと手に取ると、
そこに書かれた言葉を声に出してつぶやきました。

「ダブル イシスフェイス クォーツ・・・・・」

2つのイシスフェイス(面)を持つ水晶、
という意味です。

その言葉通り、そのクリスタルの先端には、
「イシス」と呼ばれる五角形が2つ存在しており、
辺りを払うような圧倒的な存在感を放っていました。

完璧なバランス、その内側で輝く美しい虹。

そのあまりの気高さと気品に思わず息を呑み、
しばらくの間、言葉を忘れて立ちつくしてしまったことを、
今でもよく覚えています。

その素晴らしい出来事を通して、
「ダブルイシス」という言葉は、
私の魂に深く刻まれることになりました。

「ダブルイシス」のクリスタルは、とてもめずらしいため、
めったに出会いません。

その後、「ダブルイシス」と名付けられたクリスタルを数回見かけましたが、
よく見ると、ほとんど三角形や四角形に近い形をしていたり、
「イシス」と呼ぶには、少し無理があるように感じるものも多く、
はっきりとした五角形のフェイスを持つものは、きわめて稀でした。



そんなある日のこと。

私は、サンクチュアリに飾られたクリスタルの中から、
ひとつのクラスターを手にとって、眺めていました。

それは、その昔、
直感でレインボークリスタル宮殿に迎え入れたクリスタルのひとつで、
素晴らしいエネルギー満ちた、とても美しいクラスターでした。

純白の結晶の上に、透明感あふれるたくさんのクリスタルたちが群れ、
その真ん中から、ひときわ特別な存在感を放つ1本のクリスタルが、
天に向かって真っすぐにのびています。

底の部分が、ほんのわずかに磨かれているために、
そのクラスターは、なんとも絶妙なバランスで自立するのでした。

女神のエネルギー。

それが、私がそのクリスタルから感じた最初の波動です。



美しいものを味わうために、
私たちが手に入れなければならないものは、
何ひとつありません。

美しいものを、美しいと感じる心。

ただそれだけがあればよいのです。

そして、それは、
すべての人が自分の中に持っている、
素晴らしい贈りもの。。。。。



その時も、私は、そうやって、
目の前のクリスタルを、感じるがままに愛でていました。

私がそのクリスタルに惹かれた理由は、他にもありました。

真ん中で、凛として立つ女神のクリスタルに、
自分の中にある真実を見つめる準備ができた魂のもとに現れる、
と言われる「ウィンドウ」があるのです。

そのクラスターをこちらに向けて置くと、
いつもその女神のクリスタルにある「真実の窓」が、
自分の真正面に見えました。

それは、あたかも、
「どうぞあなたの中の真実をのぞいてください。」
と、静かに呼びかけているようでした。



私は、そのクラスターをもう一度手に取ると、
じっと「真実の窓」をのぞきこみました。

その時に、気づいたのです。

ウィンドウに面した隣のフェイスが、
五角形をしていることに・・・・・

イシスだわ。。。。。

いつもインスピレーションに導かれ、
直感だけを頼りにクリスタルを迎え入れることの多い私は、
その時初めて、そこにイシスが存在することを知ったのでした。

こんなに素晴らしいエッセンスを持ったクラスターだったなんて。

そんなことを思いながら、ゆっくりと視線を動かした私は、
次の瞬間、はっとしました。

こちらにも・・・・・

見ると、真実の窓、「ウィンドウ」を両脇からそっと抱くように、
そこに、もうひとつのイシスがありました。

あの日魂に刻まれた言葉が、はっきりと甦ってきました。

ダブルイシス。。。。。



私は、自分では何も気づかないうちに、
月の女神の二重の祝福にあふれたその稀少なクリスタルを、
すでにもうひとつ受け取っていたのでした。






  純白の結晶。 その真ん中から、まっすぐに天に伸びる1本のクリスタル。
  それは、真実を見つめる美しき女神。







女神の後ろ姿です。
「気品」というものを伝えるために、言葉はいらないということが、
このクリスタルを見ているとよくわかります。







  水晶のクラスターは、よく見かけますが、内包物があるものも多く、
  ここまで白が美しいものには、なかなか出会いません。
  内側から輝くような白さですね。。。。






    女神のもとに集まっている小さなクリスタルたちが、また美しいのです。
    虹が入っているクリスタルもたくさんあります。








                    この透明感・・・・・







    
    女神のクリスタルには、虹はないのかしらと探していたら、
    そのボディの下の方に、小さな小さなやさしい虹を見つけました。








女神のクリスタルです。
ダイヤの形をした「ウィンドウ」
その両隣を、五角形をした2つのイシスが取り囲んでいます。
ダブルイシス、そしてウィンドウという、
どちらか一方でも稀少なクリスタルが
これほど美しいハーモニーで出会っている・・・・・


「現実は、イマジネーションの世界と同じくらい素晴らしい」

それが、私の信念です。



私は、「真実」という言葉が好きです。

それは、世間や他の誰かの真実ではなく、
「自分自身にとっての真実」を意味します。

自分自身にとっての真実を見つめること。

真の探求者にとって、それは、何物にもかえがたい喜びなのでしょう。

私がそうであるように・・・・・



ダブルイシスとウィンドウ。

純白の水晶と、そのもとに集う光のようなクリスタルたち。

真実の窓を、満月の光の中でそっとのぞいたら、
一体何が見えるのでしょうか?


自分自身の真実に目覚め始めた美しき女神に、
いつの日か、このクリスタルを幸せに受け継いでいただけますように。。。。。







コレクション番号:LBC-0024
クリスタル名: 〜真実の女神 ダブルイシス&ウィンドウ〜
サイズ: 約7,5×6,0×4,0センチ

*大きさがあるため、「クリスタルの宝箱」にお入れすることはできません。
ですが、私にとって、とても思い入れのあるクリスタルですので、
何か別の「スペシャルな形」でお届けしたいと思います。

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜





「 〜ハッピー・マリッジ  虹のクリスタルファミリー〜 」

 






出会った瞬間、ふと、やさしい気持ちになるクリスタルがあります。

ものすごく強烈なアピールはないけれど、
なぜか惹かれて、引き寄せられる。。。。。

このクリスタルは、私にとって、そんなクリスタル。



初めて出会ったとき、そのクリスタルは、
「魂の家族」のように見えました。

真ん中で、ぴったりと寄り添うふたつのクリスタル。

そのまわりを取り囲む、たくさんの水晶の群れ。

ふたつのクリスタルの間には、美しい虹が浮かび、
小さな水晶たちにも、あちらこちらに虹が入っています。

その時思いました。

このクリスタルたちは、「虹のクリスタルファミリー」なのだと。



見れば見るほど、何かの光景に似ています。

何かしら?と思いを馳せながら、
それが、結婚式の幸せな記念写真のようだと気づいたとき、
思わず笑みがこぼれました。



とても不思議なクリスタルで、
見る場所や光の加減によって、かなり雰囲気が変わります。

あるときは、ふんわりとした、あたたかみのある印象。

あるときは、驚くほどの透明感に、はっとさせられます。


このクリスタルを、初めてクリスタランでお披露目した時、
その姿を見たひとりの魂の家族が、

「まるでティアラのように見えます。」

とお便りをくださいました。

なんと素敵な感性なのでしょう。






ブライダル・ホワイトの光の中に、幸せに溶け込んで。。。。。









    このクリスタルの素敵なところは、「自立するところ」
    何かに立てかけなくても、こうやって、まっすぐに自分で立ちます。



このクリスタルたちは、他の誰かに寄りかかっているのではなく、
個々が自分自身の足でしっかりと立ち、
その上で、幸せに寄り添っているのです。

それは、私のスタンスそのもの。

同じエッセンスを持つものたちは、
いつでも、こうやって引き寄せ合うのですね。






  小さなクリスタルに浮かぶ虹。
  他にも、たくさんの虹があちらこちらに入っています。
  一番はっきりとした虹は、真ん中の大きなクリスタルに出ますが、
  どうやってもエンジェルフォトには、写りませんでした。
  このクリスタルを受け取った方に、そっとお見せしたいのでしょう。







  向こう側が透けているのは、そのクリスタルが、とても透明である証・・・・・






   



一番大きなクリスタルの先端には、チッピングがありますが、
私はまったく気になりません。

そして、チッピングの部分をよく確認しようと、
じっとこのクリスタルの先端を見ていたら、
見つけてしまいました。

そこには、小さいけれど、はっきりとしたレコードキーパーが・・・・・

よく見ると、たくさんの小さな三角形が刻まれています。

このクリスタルたちは、アトランティスにご縁のあるクリスタルなのでしょうか。

また一緒に幸せな時を重ねると約束して、
今度は、クリスタルに転生したのかもしれませんね。

私は、魂の家族とは、
必ずしも、全員が人間に転生している訳ではないと思うのです。

ある魂は、光の世界にいて、
ある魂は、天使になって、
ある魂は、動物になって、
ある魂は、植物になって。

その中には、きっとクリスタルになった魂もいて、
私たちのように人間になった魂もいるのでしょう。

でも、その「存在の形態」がどんな形であれ、
ご縁のある魂は、「その時」がやってくると、必ずめぐり会います。

そして、出会った瞬間、わかるのです。



美しいソウルファミリーのクリスタル。

いつの日か、ご縁のある方と、天使のリボンで幸せに結ばれますように・・・・・






コレクション番号:LBC-0023
クリスタル名: 〜ハッピー・マリッジ  虹のクリスタルファミリー〜
サイズ:直径 約4.9×4.9×2.2センチ

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜





「 〜虹のタントリックツイン レインボー・ハート&タビー〜 」


       





私にとって、とりわけ特別な存在である、タントリックツイン・クリスタル。

このクリスタルに限っては、

「その方がインスピレーションを感じるタントリックツインを、
自分自身で感じて、迎え入れて欲しい。」

という願いがあるため、
スペシャルセッションのギフトとしてお贈りすることは行っていません。




今日、ご紹介するのは、
私とダーリンが、
「このタントリックツイン、なんだか、とても好き。」
と感じるタントリックツイン。

私たちは、感性が似ているのです。


私たちが惹かれるタントリックツイン・クリスタルには、
いくつかの共通する特徴があります。

「バランスがよいこと」

「透明感があること」

「虹が入っていること」

もちろん、レインボークリスタル宮殿には、
特にこれには当てはまらない、
ユニークなタントリックツインたちも何人かいます。







   見ていて幸せな気持ちになる素敵なバランス。




上半分は、とても透明感があり、
右のクリスタル、左のクリスタル、どちらにも虹が入っています。

左のクリスタルに入っている虹が、
とても愛らしくてお気に入り。






 正面から見ると、
 虹を持つ層が、 もう一方の面に上手に写り込んで
 ハート型に見えるのです。








    このハート型に見える虹が入ったクリスタルは、タビークリスタルです。




タビークリスタルとは、先端が尖っておらず、
平らになっているクリスタルのこと。

タビークリスタルが象徴するのは、
「ふたつのものの架け橋、そして絆」

実は、私が生まれて初めて受け取ったタントリックツイン・クリスタルも、
片方がタビークリスタルでした。

タントリックツインが象徴するのは、
「ふたつの世界の融合」

その中に、「ふたつのものの架け橋、絆」
という意味合いをもつタビークリスタルが存在するとは、
なんと意味深いのでしょう。



キラキラと輝く光がとてもよく似合いますので、
受け取られましたら、ぜひ光の中で見てあげてください。

私たちと同じ感性を持つ方と、
いつの日か、天使のリボンで幸せに結ばれますように・・・・・








コレクション番号:LBC-0022
クリスタル名: 〜虹のタントリックツイン レインボー・ハート&タビー〜
サイズ:直径 約4,1×2,3×2,0センチ
産地:Brazil


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜







「 〜アメジストの天使の贈り物〜 」

 





あたたかい光が差し込む昼下がり。

お気に入りの本を読みながら、うつら、うつら・・・・・

ふと、やさしい何かを感じて目を開けると、
目の前に、ひとりの美しい天使が立っていました。

「あなたは誰?」

「私は、アメジストの天使。」



アメジストの天使は、言いました。

「私は、虹の天使でもあるの。
虹の7色を知ってる?
赤、橙、黄、緑、青、藍、そして、紫。
私の担当は、7番目よ。
他の色の天使たちと一緒に、
素敵な共同創造を楽しむの。」

あなたは、言いました。

「虹は大好き。
そう言えば、最近虹を見ていないわ。
どこに行ったら出会えるの?」

「うふふ・・・・」

「アメジストの天使さん、
どうか教えてくださいな。」

アメジストの天使は、それには答えず、
大きな羽根を広げるとふわりと空に舞い上がりました。

「待って!
私、あなたともっとお話がしたいの!」

「きっとまた会えるわ。」

アメジストの天使は、微笑みながら、
あなたの目をじっとのぞき込みました。

あなたは、信じられない思いで、
その瞳を見つめ返しました。

アメジスト色の瞳・・・・・

ああ、なんと美しい色なのでしょう。

宝石のように輝くその瞳をきらめかせて、
アメジストの天使は、言いました。

「素敵な地上の天使さん、
美しい虹は、いつもあなたの中に。」





ピチチチ・・・・・

窓の向こうで、小鳥たちが鳴いています。

あ・・・・

いつの間にか眠ってしまったみたい。

まばたきをしながら、体を起こすと、
不思議な感覚が身を包みました。

ああ、何かとても素敵な夢を見ていたような気がするけれど、
思い出せないわ。

何の夢だったのかしら。。。。。

そう思いながら、読みかけの本を読もうとしたときのことです。

本の上に、何かがのっているのが見えました。

これは・・・・・



天使の羽根が1枚。

その上には、美しいクリスタルがそっと置かれています。








何か、とても美しいものが、自分の魂に触れるのを感じました。


あなたは、そっとそのクリスタルを持ちあげると、
窓から差し込む光の中に置いてみました。



















この透き通るような紫色、どこかで見たことがあるような・・・・・







                こんなところに、虹が・・・・・




思い出せそうで、思い出せない。


このクリスタルを私に届けてくれたのは、誰なの?


もう一度、眠りに落ちたら、あの夢のことを思い出せるかしら。。。。。



そう思いながら、クリスタルを手にとって、
本のそばに立てかけたその時、
その真ん中で、何かがきらりと光りました。








小さな小さな、そして、美しい美しい虹。


あなたのハートの中に、やさしい声が響きました。


「素敵な地上の天使さん、
美しい虹は、いつもあなたの中に。。。。。。」






コレクション番号:LBC-0021
クリスタル名: 〜アメジストの天使の贈り物〜
サイズ:  直径 約4,3×2,1×1,8センチ
産地:Madagascar


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜








Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others