「 ずっと気になっていました 」


        20151110_01.jpg









またひとつ、リリア・バービー・クリスタルが
ご縁のある素敵な魂の家族と天使のリボンで結ばれました。


〜天と地を虹の架け橋で結んで・・・・
レインボー・ハーキマー・ダイヤモンド ガイアの宝石〜


エントリーの際に添えてくださったお便りには、こんな言葉が。



『リリアバービー様


いつもありがとうございます。
こちらのレインボーハーキマーダイヤモンドのことが、
ずっと気になっていました。』



私は、『気になる』って、
魂からの最高のメッセージだと思うのです。



なぜって、自分と共鳴するものがなければ、
まったく気にならないはずですから。


だから私は、魂が震えるような運命の出会いと同じように、
『気になる出会い』を大切にしています。


そんな私は、自分と同じように、
『気になる出会い』を大切にする方と、
いつも幸せに呼び寄せ合うのです。






 

「 すみれ色のミラクル 」


       20151011_07.jpg








ご縁あって、地上に住む素敵なフェアリーのお友だちと『フェアリーのリボン』で結ばれ、
森の奥から旅立っていった、
〜フェアリー・ヴァイオレット 透き通る虹色の羽を持つ、すみれの妖精〜


その魂の家族が、来月開催するスペシャル遠隔グループセッションに
お申し込みをしてくださり、
そのエントリーの際に、このクリスタルのお礼のメッセージを添えてくださいました。


『フェアリー・ヴァイオレットのすみれの妖精ちゃんを ありがとうございました。
このコは、到着前から 私にたくさんのミラクルなHappyを届けて下さったのです』


と、はじまるそのメッセージは、
読んでいるこちらがワクワクしてしまうほど素敵なミラクルのオンパレード。


その奇跡は、きっと、妖精の心を持つその方と、
フェアリー・ヴァイオレットのすみれの妖精と、
愛に満ちた宇宙の、素晴らしい共同創造なのでしょうね。。。。。


陽だまりの中で、これまで迎え入れてくださったクリスタルたちと一緒に
このフェアリー・ヴァイオレットのすみれの妖精を愛でてくださったそう。


想像するだけで、こちらまで幸せな気持ちになります。


『このフェアリーちゃんは大きな羽の虹の他にも、
とっても細かくキラキラとした虹がたくさん散らばっていて、
まるで妖精の羽から降る光り輝く粉のようだと思いました』


フェアリー・ヴァイオレットのすみれの妖精が、
その魂の家族のまわりをくるくると飛び回りながら、
「そのキラキラの虹は、あなたの背中の羽からこぼれる光の粉と同じよ」
と言っているのが聞こえます。


フェアリー・リリアは、そのお便りにたいそう感激し、
その魂の家族と愛らしいすみれの妖精がつむぎはじめた新しい物語の最初の章に、
タイトルをつけることにしました。


『すみれ色のミラクル』



  


 

「 気になるクリスタル。。。。。 」


     20150921_01.jpg








〜頬杖をつく小さな天使と3粒のエンジェルクリスタル
〜豊かさのキャンディ〜


とてもかわいらしいエンジェリックな魂の家族と天使のリボンで結ばれて、
幸せに旅立つことに。。。。。


その方が、クリスタランで、この天使とクリスタルに出会った時、
「私のクリスタルかもしれないな・・・・」と思ったそうです。


でも、その時は、そのままにしてしまったそう。


その後も、時々クリスタランをのぞいては、
まだ誰のもとにも行っていないわ・・・・と思う日々が続き、
とうとう、この天使とクリスタルを迎え入れることを決めてくださったと、
エントリーのメッセージに綴られていました。


私も同じような経験をしたことが、これまでにたくさんあります。


出会いから迎え入れるまでにかかった期間は、
数秒から数年まで、実にさまざま。


数えきれないくらい眺め、
「やっぱり気になるから迎え入れよう」
「ああ、でも・・・・」
なんていう、自分の中で永遠に終わらないようなやりとりをしたことが、
一体何回あったでしょう。


時が満ちて、そのふたつの声が、ついにひとつになり、
「気になるクリスタル」を迎え入れた時、
私の口から、いつもこんな言葉が自然にこぼれたものです。


「待っていてくれてありがとう。。。。。。」




あなたには、気になって何度ものぞきに行ってしまう、
そんなクリスタルがありますか?


もしかしたら、そのクリスタルは、
あなたにとって、『運命のクリスタル』なのかもしれませんね。。。。。。





 

「 今は、思い浮かべてキュンとして楽しんでおります 」


         20150810_01.jpg







「新月と満月の遠隔グループセッション ラ・リュンヌ
〜獅子座の新月&魚座の満月の章〜 」
に参加される魂の家族から届いたメッセージ。





〜*メッセージ*〜




『リリア様へ。


太陽が元気いっぱいな日が続いていますね。


空も青くて、木々もキラキラしていますね。


いつも宇宙ごと愛して、すべてを抱いていただいてるような素敵なお方と
いうイメージがあります(^-^)リリア様にはいつも感謝しております。


今回、わたしは**のお仕事をしているのですが、
**のお仕事を、しばらく続けてみようと思ったので、
こちらのセッションをお願いしたいと思いました。


そして、レインボークリスタルサン、タントリックツインと出会わせていただいた事に、
感謝しております。


リリア様からの素敵なメッセージも、いつも感動して涙が溢れます。


ありがとうございます。



レインボークリスタルSunは、3年位前から、希望の光を見いだしたいと思った時に、
丸くてレインボーの綺麗なクリスタルに出会いたいと思っていて、
ずっとイメージしていたのですが、
なかなか出会いがなかったんですが、こちらのクリスタルSunは、
まさに、わたしの脳裏に浮かんでいたクリスタルそのものでした。


もしかしたら、出会う前から、ずっと応援していてくれたのかしら?と思ったら、
嬉しくて感謝しかありません。Sunがいてくれて励まされますし、安心します。


わたしもリリア様にお目にかかれる機会があるのでしたら、お会いしたいです。


そして、レインボークリスタルMoonとクリスタルの持ち主の方もどんな方なのかしら?
とも思っています(^-^)


それと、ファントムアメジストも、見た瞬間、ワ〜綺麗!可愛〜♪と
胸がキュンとなりました。


でも、わたしにはまだまだ憧れのクリスタルなんです。


今は、思い浮かべてキュンとして楽しんでおります(^-^)


日本が、地球が愛の光で抱かれますように。


愛溢れる素敵なリリア様、いつもありがとうございます(^-^)


暑い日が続いていますので、ご自愛くださいませ。』




*こんにちは、リリアです。


初めてのラ・リュンヌのご参加をとてもうれしく思います。


あなたのお仕事は、天使のお仕事ですね。


私は、この世界に存在するあらゆるお仕事が、天使のお仕事だと思っていますが、
あなたのお仕事は、特に『天使性を発揮できるチャンス』がとても多い、
素晴らしいお仕事だと思います。


レインボークリスタルSunと私のお気に入りのタントリックツイン、
どちらも大切にしてくださって、ありがとうございます。


一緒にいると励まされて、安心する。。。。。


ご縁のあるクリスタルというものは、
その方にとって本当にソウルメイトなのだと
あなたのメッセージを拝見してあらためて感じました。


そして、ファントムレインボーアメジストに、
素敵なものを感じてくださっているとのこと。


あのアメジストは、それはそれは美しくて、
見るたびに、心と魂が透き通っていくようなクリスタルです。


あまりに繊細な美を持つクリスタルなので、
エンジェルフォトには、その美しさがおさめきれないのですが、
実物をご覧になった方は、きっと感動されるはず・・・と、
ご縁のある方が迎えに来てくださる日を、
ひそかに楽しみにしているのですよ。


ものでも、人でも、
憧れの存在がいる、憧れの存在があるということは、
素晴らしいことですよね。


人間は、憧れるものがあると、ついついそれと自分を比較したり、
どうやったらそれを引き寄せられるのだろうかと頭であれこれ考えがちですが、
「思い浮かべてキュンとして楽しんでいる」という今のあなたは最高です。


実は、私のもとには、このアメジストと対になるクリスタルがいるのです。


そして、対といえば、
あなたのレインボークリスタルSunと対になっているクリスタル、
レインボークリスタルMoon。


月がクリスタルに化身したかのようなこの美しいスフィアを迎え入れてくださったのは、
とても素敵な魂の家族です。


あなたがお日さまの天使ならば、その方は月の天使。


私はその魂の家族のことを、「今はどうされていらっしゃるのかしら?」と
時々思い出していました。


私は超能力者ではありませんので、
お便りをいただくか、セッションに参加されない限り、
魂の家族たちが、どうされているかを知る手立てがありません。


でも、魂の家族って、本当にどこかでつながっているのですね。


なんとその方が、
今回のラ・リュンヌにものすごくひさしぶりにエントリーしてくださり、
獅子座の新月と魚座の満月の旅を、ご一緒することになったです。



私は、自分の開催するグループセッションを、
個人セッションとはまた違う、とても特別なセッションだと位置づけています。


私と、ひとりひとりの魂の家族たちがご縁があるだけでなく、
その時参加してくださっている魂の家族たち同士も、
間違いなくご縁があるのです。


だからこそ、それぞれが輝き、お互いがお互いの光を祝福し合って、
ひとりでは永遠に体験することのできなかった、美しい何かが生まれる。。。。。。


私は、セッションを通して、クリスタルを通して、
この世界で最も美しい創造の瞬間を、
宇宙に垣間見せてもらっているのだと思います。



月の女神 月の天使
リリア・バービー


 

「 『ありがとう』の言葉だけでは足りないくらい、感動しています 」


        201507015_01.jpg








2015年1月1日に、新年のご挨拶とともに、
クリスタランで開催のお知らせをさせていただいた
「リリア・バービー ニューイヤースペシャル遠隔グループセッション 2015」


このスペシャルセッションは、
参加された魂の家族の中から抽選で1名様に、
美しいクリスタルを贈らせていただくというプレゼント企画付きの
セッションでした。



通常、リリア・バービー・クリスタルは、
クリスタランでご紹介しているクリスタルにエントリーしていただくか、
ギフトクリスタル付きのスペシャル遠隔グループセッションに参加される、
という、「ふたつの出会いの扉」があります。


でも、時には、こんな楽しい扉も素敵・・・・という私の思いから、
インスピレーションを感じた時に、このプレゼント企画がついた
スペシャル遠隔グループセッションを開催しています。


お申込みの際に、「プレゼント企画の抽選に参加する」
という項目を選んでいただければ、どのコースの方でもエントリー可能。


この時のプレゼント・クリスタルは、2014年11月11日に私のもとにやってきた、
それはそれは美しいレインボー・アメジストでした。


愛らしい姿、繊細なヴァイオレットのグラデーション、その中に踊るたくさんの虹。。。。。


このアメジストの紫色は、何とも言えない可憐な色合いをしているのです。


あまりにも美しくて、エンジェルフォトには、その魅力のすべてが写しきれない・・・・・


もしもお茶会に連れて行って、
「この子を迎え入れたいという方、いらっしゃいますか?」
と聞いたら、一瞬にして天使のリボンで結ばれそうな、
フェアリー・ヴァイオレット色の小さなアメジストの妖精さんでした。





20150606_02.jpg

このエンジェルフォトで、
女神のようなファントム・レインボー・アメジストの手前に
写っているのが、そのアメジスト。








201507015_01.jpg

もう間もなく旅立っていくこの子の姿を記念に残しておきたくて
6月のやさしい光の中でおさめた思い出のエンジェルフォトです。







虹色の月の最初の日、小さなアメジストの妖精さんは、


「フェアリー・リリア、あの日、私を見つけてくれてありがとう。
リリアの森であなたと過ごした7ヶ月、本当に楽しかったわ!」


そう言って、にっこりほほ笑むと、
透き通るようなヴァイオレット色の羽をはばたかせて、
飛び立っていきました。


その数日後、このアメジストを受け取ってくださった魂の家族から、
森の奥のポストにお便りが届きました。





〜*お便り*〜



『リリアさん、こんばんは。


ずっとリリアさんにお便りをしたかったのですが、
とてもメールでは伝えきれない気がして、今になってしまいました。


私のもとに届けて下さったスペシャルなアメジスト、
「ありがとう」の言葉だけでは足りないくらい、感動しています。


まさか私の元に届くとは夢にも思っていませんでしたので、
リリアさんからの小包に とても驚き、さらに箱のラッピングに感動、
そして そのアメジストの えもいわれぬ美しさにさらに感動したのです。


なんという美しいアメジスト…。


限りなくピュアな透明感、その紫色は まさに私の好みにピッタリで、
見た瞬間 菫の花が水に溶けたようだと思いました。
そして形もとっても素晴らしくて、さらに 驚くほどの虹。
こんなに美しいアメジストを見たのは初めてです。


どれ程私がこのアメジストを気に入り、感動したかお分かり頂けたでしょうか…。


さらに、このアメジストは 今年リリアさんからお譲り頂いた、
あの小さなシトリンエンジェルちゃんと よく似ている気がするのです。


透明感、色の美しさ、虹、可憐さ…。


今は、フタリ仲良く並んで いつもすぐ愛でられるようにリビングの飾り棚にいます。


こんなに素敵なクリスタルの宝石達との出会いを、
本当に、ありがとうございます。


実は、想像に難くないと思いますが、
この素晴らしいアメジストが私の元に来てくれたという事の他にも、
もう一つ、同じくらい感動した事があります。


アメジストのスペシャルボックスと、そのリボンにつけられたスペシャルなタグです。


ボックスに私の名前、メッセージ、イニシャル…。


そして実は、ボックス以上に驚き、感動したのがリボンにつけられたタグ。
「Lilia」と「******」の文字、そして そのタグには
私の大好きなアマールカによく描かれるような 可憐なお花。
このお花が 偶然なのか、はたまた意図されて選ばれたのかは分かりませんが、
とても、とても嬉しく、感動しました。


こんな細部にまで 相手の事を考えて下さってること。


以前頂いた、フランスの鍵のお箱のラッピングを思い出しました。
あのお箱につけられた、小さな小さな金の鍵は、
リボンと共に大切にとってあります。
もちろん 今回のこのタグも、リボンと共にスペシャルなお箱に入れて、
大切にとっておきます。


いよいよ明日は最後の色、紫色ですね。


1週間、楽しかったです。


明日も楽しみです。


明日の夜は、この最高に素敵なアメジストと、それにシトリンエンジェルちゃんも
一緒にセッションを受けようかしら。(*^-^*)


それでは、また明日。


七色の光のなかでお会いできますように…*』





*こんにちは、リリアです。


まずは、心からの感謝を。。。。


「女神リリアと七色の輝きを放つ新次元の女神たち 2015 」では、
美しい虹色の7日間をともに分かち合ってくださいまして、
ありがとうございました。


このスペシャルなセッションは、言葉での解説が不可能です。


あなたは、これから先、この7日間が自分に何をもたらしてくれたのかを、
少しずつ知ることになるでしょう。


そして、クリスタルのお受け取りのご連絡をありがとうございます。


私は、とにかく、インスピレーションが降りてくるまで待つことを
信条にしているのですが、
それゆえ、忘れてしまう頃に贈り物が届くこともあります。


あの子のことを私と同じくらい気に入っていただけたようで、
本当にうれしく思います。


驚いたのが、あなたのもとに行った小さなシトリンエンジェルちゃんのこと。


実は、お手紙に、


「私は、このアメジストは、以前あなたのもとに行った小さなシトリンエンジェルと
エネルギー的にとても共鳴する何かを持っていると思います。
姿形やその特徴にも似たようなエッセンスを感じますし、
よろしければ、一緒に並べて飾ってあげてください」


という文章を書こうとしたのですが、
便箋のスペースの関係で、それを入れずにお送りしたのです。


ですから、お便りをいただいて、あなたと見えない世界で完璧につながっている!
と、びっくりしてしまいました。


そして、あのスペシャルなタグに気づいてくださって、ありがとうございます。


宝箱は、特別仕様にしようと決めて創ったのですが、
最後にもうひとつ小さな贈り物を添えたくなりました。


あなたのフェアリーネームをお入れしたタグがヴィジョンで見えて、
そこに、何かお花の絵を入れようと思いました。


「フェアリー******(←あなたのフェアリーネームを入れて読んでください)に
似合うお花はどんなお花かしら・・・・


かわいらしくて、可憐で、
なんというか、空想の物語に出てくるようなお花がいいわね。。。。」


といろいろイメージして、フェアリーランドを飛び回り、
見つけたのが、あのお花です。


ですから、偶然ではなく、思いっきり意図したものとなります(微笑)


私は、愛する誰かのことを考えて何かを創るのが好きなのです。


そこにちりばめた、私の創造エネルギーの結晶が、
相手に気づいてもらえても、もらえなくても、
私は、自分がやりたいことをやっているというだけで幸せなのですが、
あなたのように、それに気づいてくださり、こんなふうに素敵なお便りをいただくと、
私は純粋に喜びを感じます。


そして、それは、また次の創造のエネルギーとなって、
私の人生を、まばゆくきらめく七色の輝きで彩ってくれます。


こちらこそ、いつもたくさんの愛をありがとう。


いつの日か、あなたのもとに行った小さなシトリンエンジェルちゃん、
そして、美しいレインボーアメジストの妖精さんと一緒に、
大好きなあなたにお会いできますように。。。。。。



森の奥に住む天使のアーティスト
リリア・バービー





 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others