「 リジューの聖テレーズ 銀の薔薇のつぼみのクロスペンダント&薔薇色の守護水晶 」

 

         20200324_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

リジューの聖テレーズにまつわるお品が、

もうひとつあります。

 

 

それは、小さな小さな銀の薔薇の花のつぼみが11輪集まってつくり上げる、

なんとも繊細で美しい十字架のペンダント。

 

 

先にご紹介し、すでにご縁のある方と天使のリボンで結ばれた

こちらのお品と、ほぼ時を同じくして私のもとにやってきたお品です。

 

 

見た瞬間、何かが似ている。。。。。。と思いました。

 

 

よくよく見れば、

あのペンダントの中央の薔薇のつぼみを囲む小さな薔薇と

この十字架をつくる薔薇の花が、同じ形をしているのでした。

 

 

その時私は、この銀の薔薇のつぼみのクロスペンダントも、

リジューの聖テレーズに関わるお品なのではと直感します。

 

 

そして、天は、きちんとその答えを用意してくれていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_02.jpg

 

テレーズが天から降らせる薔薇の花を、

ひとつひとつていねいに拾い上げてつくったような

美しい『銀の薔薇の十字架』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_07.jpg

 

こちらは、裏面です。

十字架の縦の部分に彫られているのは、

フランス語で『幼きイエスの聖テレーズ』を意味する言葉。

テレーズの修道名です。

目をこらして、この文字を読んだ時、

ああ、やはりテレーズにまつわるお品だわと、

心の中に薔薇の雨が降って来たような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_08.jpg

 

この薔薇の十字架に合わせたのは、

淡い淡い薔薇色のローズクォーツ。

透き通ったその結晶は、テレーズの魂の色。。。。。。

『小さな道』の両脇で咲く薔薇の色は、

きっとこんな風にやさしい色合いをしているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_09.jpg

 

ローズクォーツの中には、小さな虹が浮かびます。

テレーズが見つけたら、ほほ笑んでくれそう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_10.jpg

 

銀の薔薇のつぼみのクロスを身にまとったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200324_06.jpg

 

とてもめずらしい稀少なお品ですので、

テレーズの『小さき道』に共鳴してくださる

心やさしい銀の薔薇の乙女に受け継いでいただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

*このお品には、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

20200324_02.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200324

クリスタル名:リジューの聖テレーズ

銀の薔薇のつぼみのクロスペンダント&薔薇色の守護水晶

サイズ(銀の薔薇のつぼみのクロス)

バチカン部分を除く: 約2,7×1,7×0,2センチ

*チェーンは付属しません

サイズ(ローズクォーツ): 約2,7×2,4×1,8センチ

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

prix:77,777円


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 〜奇跡のタントリックトリプル〜 虹の守護天使に見守られる、相思相愛のソウルメイトツイン 」

 

         20200323_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくて美しい奇跡が大好きです。

 

 

マグノリアの花の香りが満ちる、3月の森の奥で拾い上げたのは、

輝くばかりに美しい原石のクリスタル。

 

 

天に向かってすらりと伸びる1つの水晶の前面に、

完璧に高さと大きさが同じソウルメイトツインが付いているという

非常にめずらしい形をしたその姿は、

まるで奇跡を見るようです。

 

 

3つの水晶は、どこまでも透明で、

雪解け水が結晶化したかのよう。

 

 

光を浴びてきらきらときらめく様子を眺めていると、

本来の自分を阻害するものが、またたく間に流れ落ち、

心も体も魂も、瑞々しく息を吹き返していくのを感じます。

 

 

 

 

 

 

20200323_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の上にちょこんと載って。

愛らしいサイズ感が、たまりません。

 

 

 

 

 

 

 

20200323_02.jpg

 

このクリスタルは、本当に透明度が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_14.jpg

 

この水晶の結合の仕方がわかりますでしょうか?

背の高い水晶は、さながらふたりを守護する大天使よう。

正面には、ひときわ大きなウィンドウがあります。

この大天使の水晶には、過去へとつながるパストタイムリンク、

未来へとつながるフューチャータイムリンクも存在するのです。

さすが大天使、万能感といいますか、

あらゆる次元を自由に行き来できるのですね。

でも、私たちの内なる存在、本来の私たちもそうなのですよ。

 

 

 

 

 

 

20200323_13.jpg

 

手前のふたりの、なんとそっくりなこと。

これぞソウルメイトという姿をしています。

向かって左側の結晶には、未来へのタイムリンクがあり、

右側の結晶には、ウィンドウがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_12.jpg

 

ふたりを下側にして置いたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200323_08.jpg

 

実は、このクリスタル、

とても素晴らしい虹が、大天使とふたりの接合面に浮かぶのです。

このエンジェルフォトでも、なんとなく虹が写っていますね。

もしも、このクリスタルの運命の持ち主が現れたら、

ぜひ、その方にご自身の目で確かめていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

虹の天使の祝福を受けて、愛と喜びの物語をつむぐ、

相思相愛のソウルメイト。

 

 

そんなふたりを、やさしく見守る守護天使。

 

 

今をともに生き、永遠を二人で生き、

いつまでもいつまでも、彼らは愛の中にいるのだと思います。

 

 

 

 

*このクリスタルには遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

20200323_06.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200323

クリスタル名:〜奇跡のタントリックトリプル〜

虹の守護天使に見守られる、相思相愛のソウルメイトツイン

サイズ: 約4,0×1,8×1,5センチ

産地:Brazil

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

prix:77,777円


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 


「 私が花開く日。。。。。。夢見る妖精のアメジスト 」

 

       20200309_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

こちらでご紹介した、すみれの妖精のアメジスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200315_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200315_03.jpg

 

淡いヴァイオレット色のグラデーションが美しい、

ふんわりとした春霞のようなアメジスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200309_01.jpg

 

よくあるポイント型でも、厚みがあまりない絶妙なバランスで

「スタイルが良い子」と言いますか、

すらりとした気品ある印象を受けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200315_05.jpg

 

中には、たくさんの虹の層があり、それが光を浴びて輝いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200315_04.jpg

 

結晶の真ん中から上部にかけては特に透明感があるため、

透き通るボディと妖精の羽のような虹がとてもきれい。。。。。

光の中で見る、ふわっとした姿とはまた異なる美しさ。

その二面性にドキリとしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

自分から「私を見て」とは決して言わない子。

 

 

でも、お花をつんだり、空を見上げたり、

彼女が無垢な心でこの世界を楽しむ何気ない所作に、

なぜか目が惹きつけられてしまう。。。。。。

 

 

恥ずかしがり屋で、控え目、

けれど、自分にとって大切な瞬間が来たら、

胸の奥で輝く、ひとかけらの「勇気」の結晶を、

まっすぐな心で、めいっぱい使える。

 

 

この子は、そんな子です。

 

 

そして、この子と呼び寄せ合う、あなたも。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

もう準備は整っています。

 

 

あなたが花開く日が来ました。

 

 

やさしい光は、妖精たちの祝福と応援。

 

 

春の日差しの中に、

どうぞ軽やかに、喜びの一歩を踏み出してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200309_01.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200316

クリスタル名:私が花開く日。。。。。。夢見る妖精のアメジスト

サイズ: 約5,4×2,5×1,9センチ

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

prix:27,777円


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 天から降る薔薇の雨。。。。。。春風に揺れる聖テレーズの薔薇のつぼみと薔薇色の星の守護水晶 」

 

       20200310_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の雨が降る森の奥から、

リジューの聖テレーズにまつわる、

美しい薔薇の贈り物をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_05.jpg

 

テレーズの象徴でもある薔薇をモチーフにしたペンダントヘッド。

ふっくらとした銀の薔薇のつぼみのまわりを、

小さな小さな20輪の銀の薔薇たちが取り囲んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

20200310_06.jpg

 

こちらは裏面。

天から降り注ぐ光とともに、

1輪の美しい薔薇が浮かび上がります。

一番外側に刻まれているのは、「幼きイエスの聖テレーズ」という

彼女の修道名。

この名を授かった時、長年の夢が叶い、どんなにうれしかったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

実は、このお品、ちょっとした秘密があるのです。

 

 

 

 

銀の薔薇のつぼみにそっと指を添えて、

静かに横にずらすと。。。。。。

 

 

 

 

 

 

20200310_07.jpg

 

このように動いて・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_08.jpg

 

薔薇のつぼみのふくらみの中に、何か大切なものをこっそり

しまえるようになっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_09.jpg

 

直径4ミリほどの小さなローズクォーツのビーズを入れてみました。

 

 

 

 

 

 

ここに入れられるもの。

 

 

それは、本当に小さな小さなものです。

 

 

このお品が、いつかどなたかのもとに受け継がれた時、

その方は、この薔薇のつぼみの中に、

どんなものを、どんな祈りとともに入れるのでしょうか。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この銀の薔薇のつぼみと合わせたのは、

美しいスターローズクォーツ。

 

 

『薔薇色の美しい星』になったリジューの聖テレーズをイメージして

この石を選びました。

 

 

 

 

 

20190403_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_13.jpg

 

春のピンク色という表現がぴったりな

なんとも美しい薔薇色。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_09.jpg

 

女性性あふれるやさしい丸みを帯び、ふっくらとしていて、

銀の薔薇のつぼみに雰囲気がとてもよく似ているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_10.jpg

 

裏側は、フロスティに磨かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_15.jpg

 

スターローズクォーツの星はエンジェルフォトに写りにくいのですが、

3本の線が交差し、6条の美しい星が浮かび上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薔薇とつながりがあることから、リジューの聖テレーズのお品には

薔薇をモチーフにしたものがよく見られます。

 

 

よく知られているのは、胸に薔薇と十字架を抱く姿。

 

 

また、薔薇の花の形を象った物も多数存在します。

 

 

そんな中、今日ご紹介した銀の薔薇のつぼみのペンダントヘッドは、

10年ほど前に運命的な出会いをして迎え入れてからというもの、

ただの1度も同じお品に出会ったことがないという

たいへんめずらしいお品。

 

 

大輪に咲き誇る薔薇というのではなく、『蕾』というのが、

小さき道をひっそりと生きたテレーズらしい、

美しい聖なる贈り物です。

 

 

 

 

 

 

 

今日あなたが胸の中に咲かせる小さな小さな薔薇の花は、

いつの日か、ふっくらとやさしい、別の薔薇のつぼみをつけることでしょう。

 

 

小さな薔薇たちが、この世界にまたひとつ新しい薔薇を生み出し、

あなたの愛と喜びと感謝が、そのつぼみを育てていくのです。

 

 

あなたのハートの中に、今咲いている薔薇、そして今育ちつつ薔薇、

どちらも大切にしてください。

 

 

はじまりの季節。。。。。

 

 

心やさしいあなたに、

美しい薔薇の祝福の雨が降りそそぎますように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20200310_01.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200314

クリスタル名:春風に揺れる聖テレーズの薔薇のつぼみと

薔薇色の星の守護水晶

サイズ(銀の薔薇のつぼみのペンダントヘッド)

バチカン部分を除く: 約2,0×1,7×0,6センチ

*チェーンは付属いたしません

サイズ(スターローズクォーツ): 約3,3×2,9×2,2センチ

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 


「 リジューの聖テレーズ 」

 

         20200310_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リジューの聖テレーズと呼ばれる聖人がおられます。

 

 

私がマリア様と同じくらいとても惹かれる美しい魂です。

 

 

19世紀のフランス、ノルマンディー地方にあるアランソンで、
深い信仰心を持つ両親のもとに生まれたテレーズ。

 

 

その生い立ちゆえ、
彼女は幼い頃から修道女になりたいという願いを抱いていました。

 

 

14才の時、庭で父親に自分の想いを切々と語り、
彼はテレーズの想いを受け入れるも、
神父に断られてしまいます。

 

 

その理由は、若すぎるというものでした。

 

 

その後も、願い、断られ、願い、受け入れられず、
それでも、テレーズの想いは変わりませんでした。

 

 

15才になった時、ようやくテレーズの願いが叶えられます。

 

 

翌年、16才で着衣式を迎えたテレーズの胸の中は、
神への愛であふれていました。

 

 

彼女の生き方、在り方は、
特別、目立つものではありませんでした。

 

 

「私には、偉大な聖人たちのような行いはとてもできない。
そのかわり、すべてを神にゆだねて、幼子のようにこの道を歩もう。」

 

 

『小さき道』をただひたすらに実践した、小さな花のようなテレーズは、
わずか24才にして天に召されます。

 

 

その後出版された自叙伝により、
テレーズの名前と生き方は、世界中に広まりました。

 

 

神の教えは、厳しいもの、難解なもの、恐るべきものではなく、
やさしく、わかりやすく、親しみやすい、あたたかなもの。

 

 

親が子を想うように、神は、私たちを想っておられる。。。。。

 

 

神のみもとに旅立つ直前、
テレーズは、こんな言葉を残しています。

 

 

「私は天から薔薇の雨を降らせましょう。」

 

 

 

 

 

 

*次回は、リジューの聖テレーズにまつわるお品とクリスタルをご紹介いたします

 

 

 

 

20200310_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020.03.10 Tuesday
  • -

「 ナチュラルレインボークリスタル 〜小さなあなたと大きなあなたの物語〜 」

 

       20200213_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛に満ちた人の手によって磨かれたクリスタルと同じくらい

原石のクリスタルが好きです。

 

 

その自由に成長した個性あふれる姿は、

「こういうものが美しい」「こういったものが素晴らしい」という

人間が創り上げた、画一的な美や善の観念を軽やかに超越し、

私たちの深い部分にある、あるがままで美しいという

『根源的な美』に気づかせてくれるような気がします。

 

 

もっとも彼らは、

私たちに何かを教えよう、

何かに気づかせようとしているわけではありません。

 

 

ただ自分でいるのです。

 

 

だからこそ、その自然な在り方が、

いつの間にか、無理をして何者かになろうと頑張ってしまう人たちの心に、

すーっとしみわたってくるのかもしれません。

 

 

個性とは、無理矢理作るものではなく、

『もともと持っているもの』

 

 

間違いなく、誰もが、

命の中に、その個性を大切に抱いて生まれてきます。

 

 

他の誰かに素敵だと言われることが大事なのではありません。

 

 

一番大切なのは、『私は、私でいいんだ』と、

ふわりと心がゆるみ、一緒に体もゆるむこと。

 

 

原石のクリスタルを愛でていると、

いつも、口角がほんの少しだけ上がります。

 

 

それは、無理して浮かべる笑顔ではない、

穏やかでやさしい『魂の微笑み』です。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

このクリスタルをお披露目しましょうと拾い上げたのは、

原石の水晶の群れ。

 

 

原石のクリスタルをご紹介するのは、

とてもひさしぶりのような気がします。

 

 

3つ並ぶ水晶に向かって、

クリスタルの道のような1本の結晶が伸びており、

その水晶の道を、小さな小さな水晶の子たちが愛らしさ満点に登って行く、

という、なんともユニークなクリスタル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_02.jpg

 

真っ白なエンジェルリリアの手の中に溶け込んでしまっています。

ここでは大きさを確認されてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_13.jpg

 

透明感のある結晶が3つ連なっています。

まるで3人の大天使のよう。

一番右の結晶は、先端が2つあるツインクリスタルになっています。

 

 

 

 

 

 

 

20200213_14.jpg

 

横から見ると、このクリスタルの構造がわかるでしょうか?

美しい1本の水晶の道が3つの結晶に向かって伸びています。

その道の上には、小さな小さな結晶たちがついているのです。

その様子が、まるで大きな結晶を目指して一生懸命に登って行く

水晶の子たちのようで、

なんともいえない愛らしさに満ちています。

 

 

 

 

 

 

 

20200213_04.jpg

 

生まれたばかりの小さな水晶の子どもたち。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_05.jpg

 

この子は、ごくごく小さいけれど、

まるでハーキマーダイヤモンドのような子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_06.jpg

 

ダブルターミネイテッドの形をしたこの子は、

透明感抜群。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_09.jpg

 

接合面に私の大好きなエメラルドグリーンとピンク色の虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_10.jpg

 

他にも、小さな小さな水晶の子たちがいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_11.jpg

 

仲良しツインクリスタルのふたりも。

「一緒に登って行こうよ」と、約束したのでしょうか。

ハグしているように見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

水晶が、どれだけ長い時間をかけて成長するか、

あなたは知っていますか?

 

 

圧倒的な存在感を放つ、大きな水晶も

最初は、ほんの小さな結晶からはじまりました。

 

 

大地のゆりかごの中で、気の遠くなるような時間をかけて

彼らは、少しずつ少しずつ、自分の物語をつむいでいくのです。

 

 

 

 

 

 

 

何かとせわしない『人間時計』で生きるのが、

ちょっぴりしんどくなったら、

ふーっと深呼吸して、

『水晶時計』のことを思い出しましょう。

 

 

ゆっくり、じっくり。

 

 

のんびり、ゆるりと。。。。。。

 

 

 

 

 

この水晶を迎え入れてくださる方が現れたら、

ぜひしていただきたいことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_13.jpg

 

私は、このクリスタルの正面は、この向きだと感じていて

いつもこの位置で置いているのですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

これを180度、くるりと転回して、眺めて欲しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_12.jpg

 

そうすると何か起こるのかというと、

正面から眺めると、

大きな水晶に向かって行くように見えた水晶の子たちが、

自分に向かって登ってくるように見えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

宇宙から見ると、

私たちは、こんな風に見えるのかもしれない・・・・と思います。

 

 

 

 

 

たとえば、小さなお子さんを育てたことがある方や、

ペットを飼われたことがある方は、

無垢で無邪気な存在が、自分に向かって一生懸命に近づいてくるという

経験をされたことがあるでしょう。

 

 

その時、あなたは、その存在に対して、

どんな風に思ったでしょう。

 

 

全然ダメ。まだまだ。ちっともよくない。

 

 

そんな風に感じたでしょうか?

 

 

きっと違うと思います。

 

 

 

 

 

 

さぁ、おいで!

 

 

こっちだよ!

 

 

かわいいね!

 

 

大好きだよ!

 

 

 

 

 

 

私は、あなたに、そんな風に自分自身を見て欲しいのです。

 

 

誰かと比べて、いいとか、素晴らしいというのではなく、

ありのままのあなたから自然にあふれるその光を、

ただただ抱きしめて欲しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

この水晶の中では、たくさんの虹が輝きます。

 

 

あなたにそれを探す楽しみを残しておきたいので、

エンジェルフォトは、ここまで。

 

 

 

 

 

『視点』を変えた時、

そこには、これまで見えなかった何かが浮かび上がってくることでしょう。

 

 

この水晶に秘められた、

『小さなあなたと大きなあなたの物語』

 

 

毎日を精いっぱい生きるあなたへの、

私からの贈り物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200213_13.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200213

クリスタル名:ナチュラルレインボークリスタル

〜小さなあなたと大きなあなたの物語〜

サイズ: 約6,4×4,0×3,4センチ

産地:Brazil

prix:27,777円

※「クリスタルの宝箱」には入りませんが、

大切にお包みしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 


「 薔薇色に輝く美のスターローズクォーツと、いと美しき聖なる金色のマリア様 」

 

       20200125_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

真の美の極み。。。。。。

 

 

この聖なるお品を眺めていると、

そんな言葉が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

2019年のノエルの贈り物として届けられた金色のマリア様は、

これまで見たこともないような聖なる光を放つ、

それはそれは美しいマリア様でした。

 

 

そのマリア様に合わせたのは、

長い間、いつか時が満ちた時に・・・・と大切にしてきた

秘蔵の薔薇色のローズクォーツのスフィア。

 

 

実はこのローズクォーツ、

『隠れスターローズクォーツ』なのです。

 

 

あえてそんな呼び方をするのは、

星を構成する3本の線のうち、

1本目は、見事にくっきりはっきり、

2本目は、やさしく、ほのかに

3本目は、ごくごくうっすらと、見えたり見えなかったり・・・・

といった具合に、3本の条線の見え方がそれぞれ異なるため、

気づかない方は気づかないであろうからです。

 

 

ひと目見て、すぐにそれとわかるスターローズクォーツも大好きですが、

私は昔から、こういったひそやかなものに、とても惹かれます。

 

 

太陽の光の下で、どこで3本の線が交差するかと、

くるくると薔薇色の水晶をまわすひとときは、

文字通り、私に薔薇色の時間をくれます。

 

 

私のもとにいるスターローズクォーツや、

スターローズクォーツ的な資質を持つローズクォーツは、

写真には、その独特の透明度や内側から発光するような輝きが写りません。

 

 

それはおそらく、

立体的な感覚や奥行を平面でとらえようとすることに

限界があるからだと思います。

 

 

でもそれは、楽しみや喜びでもあります。

 

 

写真ですべてを感じることができたら、

本物を手にすることの感動は、薄れてしまうことでしょう。

 

 

このローズクォーツの美しさは、写真には写りきらない。

 

 

だからこそ、いいのです。

 

 

だからこそ、本当にご縁のある方が、このローズクォーツを迎え入れた時、

あなたの目を通して、あなたの肌を通して、

このマリア様とこのローズクォーツが真に伝えたいものが、

光のように輝きながら伝わるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200117_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200117_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200117_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200125_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200125_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200125_02.jpg

 

きらきらとスターダストのようにきらめく虹。

 

 

 

 

 

 

 

光を浴びて浮かび上がる美しい条線は、

お迎えくださったその方に、ご自身の目で確かめていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191225_03.jpg

 

2019年のノエルの贈り物としてやってきたマリア様。

このような美しいマリア様に出会ったのは、生まれて初めてです。

もう二度と出会えないであろう、いと美しき聖なる金色のマリア様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200125_12.jpg

 

天使の祝福を受けて。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお品と呼び寄せ合う、

美しいマリア様の聖なる乙女がいらっしゃいましたら、

あなたにこのお品を届けることは、私の喜びです。

 

 

どうぞ、迎え入れたいというそのお気持ちを、

素直に、まっすぐに、私に伝えてください。

 

 

 

期間限定でのご紹介になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200125_10.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200127

クリスタル名:薔薇色に輝く美のスターローズクォーツと、

いと美しき聖なる金色のマリア様

サイズ(金色のマリア様): 約3,5×2,5センチ

サイズ(ローズクォーツ):直径約2,7センチ

prix:277,777円

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 


「 少女のような純粋さと可憐さ。。。。。 透き通るすみれ色の魂を持つ聖母マリアの乙女へ 」

 

      202001010_02.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、マリア様のヴィジョンを見ました。

 

 

私の胸に宿った光は、

少しずつ少しずつ、

同じ光を持つものを呼び寄せ、

やがて、とびきり美しい、小さな贈り物となりました。

 

 

それは何年もかけてつむがれた物語です。

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191216_01.jpg

 

愛らしさと美しさが共存する小さなマリア様。。。。。

口元には、やさしい微笑みが浮かんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このマリア様と組み合わせるクリスタルは、

同じようなエネルギーを放つ小さくて美しいアメジストがよいと

直感で感じていました。

 

 

候補のアメジストが2つほどありましたが、

何か、もっとふさわしいアメジストがあるような気がして、

決定を思い留まっていたある日、

隣の部屋にある「クリスタルの間」で、

思いがけない出会いをします。

 

 

それは、素晴らしい透明度を持つ、透き通るアメジストでした。

 

 

もうすべてクリスタランでご紹介し終えたと思っていた

とあるアメジストの群れの中に、

まだ誰にもお見せすることなくひそやかに眠っていた子がいたのです。

 

 

これまでの流れでいくと、『すみれの妖精の魔法石』という名前を付けて

お披露目したであろうアメジスト。

 

 

その中でも極めて透明度が高く、

その姿は、すみれ色の小さな宝石のようでした。

 

 

 

 

 

 

202001010_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの透明感やヴァイオレットのグラデーションは、

落ち着いた色の背景の方が、よりはっきりと伝わります。

 

 

本当に美しい子なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_07.jpg

 

このあたりに、ほんのりと白くなっている部分があり、

それが妖精の羽のように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

202001010_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_16.jpg

 

実は、この部分には、淡い虹が浮かぶのです。

ご縁あって天使のリボンで結ばれた方は、

どうぞ見つけてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_10.jpg

 

結晶の内部が、

ヴァイオレットの非常に繊細なグラデーションになっているのが

おわかりになりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_04.jpg

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

202001010_09.jpg

 

透明度が極めて高いために、後にある菫の花がそっくりそのまま透けて、

まるで、すみれの花のクリスタルのようになっています。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_14.jpg

 

マリア様のペンダントと一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_02.jpg

 

私がヴィジョンの中で見た、

少女ように美しく可憐なマリア様をイメージしてつくった

クリスタルの宝箱。

 

 

 

 

 

 

このアメジストの美しさは、まるで奇跡のようです。

 

 

それは、この贈り物を受け取ることになる、

美しい魂そのもの。。。。。。

 

 

そして、ペンダントのマリア様も、宝箱のマリア様も、

きっと、純粋で可憐な、その方の美しい横顔そのものなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_02.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200110

クリスタル名:少女のような純粋さと可憐さ。。。。。

透き通るすみれ色の魂を持つ聖母マリアの乙女へ

サイズ(金色のマリア様のペンダント)

バチカン部分を除く丸い部分: 約1,5×1,5×0,2センチ

サイズ(アメジスト):直径約2,2センチ

※チェーンは付属しません

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 オフィシャルサイトクローズ&メールアドレス変更に関してのお知らせ 」

 

 

オフィシャルサイトは、2019年12月をもちましてクローズいたしました。

 

 

また、これまで利用していたメールアドレスは、利用を終了しました。

 

 

セッションやクリスタルをお申込みいただいた際の各種ご案内は、

新しいメールアドレスからになります。

 

 

以前のメールアドレス宛てにメールをいただいても、

こちらでは確認ができません。

 

 

何かご連絡事項がある場合は、

ご連絡用フォームをご利用いただけますと幸いです。

 

 

>>ご連絡フォーム

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの輝く星に見守られて。。。。。。レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダント 」

 

        20191229_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レムリアのソウルメイトの結婚式で、
花嫁さんが胸元にまとう
小さな水晶の飾りをイメージして創ったペンダント。

 

 

式がはじまる前、ふたりだけの時間に
愛する人が永遠の愛を誓いながら、そっと付けてくれた。。。。。

 

 

あふれる光と、幸せな微笑み。

 

 

花嫁は、レムリアの薔薇の乙女。

 

 

彼女に縁のある美しい星は、小さなダイヤモンドとなって、
淡い薔薇色の水晶のそばで輝く。

 

 

それは、新しい物語のはじまり。

 

 

ひとりでつむぐ物語が、ふたりでつむぐ物語になった日。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 


「レムリアに咲く薔薇の色」からインスピレーションを得た
透き通る淡いピンク色のクリスタルは、モルガナイトです。

 

 

ごくごくまれに、この石の中で

レムリアとマリア様のエネルギーを溶け合わせたような

魂が震えてしまうほど美しいクリスタルに出会うことがあります。

 

 

それは、私にとって『奇跡』とも言えるような出会い。

 

 

その奇跡の一粒を使い、

石選びからデザインまでを私自身が手がけた、

オリジナルのペンダントになります。

 

 

モルガナイトの上にある小さな小さな宝石は、ダイヤモンド。

 


このペンダントを身にまとう方にご縁のある星の光、

そして、その方の魂のきらめきをイメージして配置してあります。

 

 

 

 

 

 

 

20191229_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_11.jpg

 

レムリアンシードクリスタルのソウルメイトツインの上で。

波長が似ているのでしょうか、とても居心地が良さそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_15.jpg

 

 

 

 

 

 

この透き通るような薔薇色は、白い背景で見ると、

光と一体化して、その色味まで透けてしまいます。

 

 

落ち着いた色の背景でお見せする方が、

その透明度や輝き、幸せに染まる花嫁さんのピンク色の頬のような

やさしく、ほのかな薔薇色がよくわかるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

20191229_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_20.jpg

 

まるでレムリアの海が光を反射して、

きらきらと輝いているよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_21.jpg

 

『魔法』というのは、私の世界のキーワード。

このペンダントにも、もちろん魔法が宿っています。

それは、レムリアの愛と喜びの魔法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_07.jpg

 

 

 

 

 

 


美しいクリスタルというものは、ただ飾っておくだけでも素敵ですが、
それを身に着け、常に肌に触れるということは、
人とクリスタルとの間に、はかりしれないエネルギーの交流が生まれると

私は思っています。

 

 

だからこそ、真の自分にふさわしいもの、

身にまとうたびに、自分の内側から美しい光があふれてくるものを、

この体に触れさせてあげると、私は心に決めています。

 

 

 

 

 

 

 

20191223_01.jpg

 

 

 

 

 

 

このペンダントのキーワードは、

『薔薇色に染まる、新しい物語のはじまり』

 

 

レムリアの星に見守られながら、

愛に向かって心をふわりと開き、

この世界にある喜びを、ハートいっぱいに受け取ると決めた

レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダントです。

 

 

 

 

*こちらのお品には、遠隔個人セッションが付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_07.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191229

クリスタル名:レムリアの輝く星に見守られて。。。。。。
レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダント

サイズ: 約0,8×0,6×0,6センチ(モルガナイトの部分)

※ペンダントの枠・バチカン部分は18金です。
18金のチェーンをお付けいたします

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others