「 天使が結んでくれた、幸せの青いリボン 」

 

          20180819_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

爽やかな風とともに、森の奥に舞い込んだ1通のメッセージ。

 

 

そこには、私の大好きな、あのブルーのクリスタルを迎え入れたいと。。。。。.

 

 

お名前に見覚えが。

 

 

なんと今から8年近く前に、
一緒に交流を楽しんでくださっていた魂の家族のひとり。

 

 

私の世界からは、だいぶ離れていたけれど、先日水晶が欲しくなり、
ふと私のことを思い出して、再びここにたどり着いてくださったそう。

 

 

このクリスタルに縁を感じてくださったエピソードがまた素敵で、
その方の感性の豊かさに、そして軽やかさに、心が洗われるような気がした。

 

 

ご自身のお名前に、『青』の文字の贈り物を持つ、その方。

 

 

素晴らしい人が、あなたを迎えに来たわよ、
と、青の結晶を手のひらで包んで声をかける。

 

 

今日の森の空は、まるでこのクリスタルのよう。

 

 

天使が結んでくれた、幸せの青いリボン。

 

 

魂の家族たちとつむぐ物語は、

どれもこの森で咲く花のように、

清らかで、美しく、そして愛おしい。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 胸元で揺れる、小さな小さな銀色のマリア様 」

 

          20180906_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年前の今頃、2つのマリア様の宝箱をご紹介しました。

 

 

『金色のマリア様のブレスレットの宝箱』と、
『銀色のマリア様のブレスレットの宝箱』

 

 

どちらも、9月8日のマリア様のお誕生日に寄せたものです。

 

 

『金色のマリア様のブレスレットの宝箱』は、

あっという間にご縁のある方と天使のリボンで結ばれて森の奥を旅立ち、

 

 

『銀色のマリア様のブレスレットの宝箱』は、

その後も、静かにご縁のある方が迎えに来てくださるのを待っていました。

 

 

実は、この2つの宝箱には、

それぞれに小さな贈り物が隠されていました。

 

 

事前にはお伝えしていない、シークレットギフトです。

 

 

『金色のマリア様のブレスレットの宝箱』には、

薔薇の形のローズクォーツ。

 

 

『銀色のマリア様のブレスレットの宝箱』には、

小さな小さな銀色のマリア様のペンダントトップ。

 

 

マリア様の宝箱に惹かれる方は、

どの方も、繊細で、心やさしい方。

 

 

その小さな小さな銀色のマリア様は、

私が出会ってきた中でも、本当に小さくて、繊細で、美しいマリア様で、

銀色のマリア様のブレスレットと、とてもよく調和するのです。

 

 

今日、何気なく、1年前に撮ったエンジェルフォトたちを眺めていたら、

もうシークレットは「解禁」して、

この2人の銀色のマリア様が一緒にいるところを、

あなたに見せてあげたくなりました。

 

 

 

 

 

 

20180906_02.jpg

 

 

 

 

 

マリア様の美しさは、もちろんのこと、

マリア様を囲んでいる額のような飾りも、

ため息が出るほど細かくて美しい。。。。。。

 

 

バチカンをのぞく、額の部分の大きさは、約1,8×1,0センチ。

 

 

わずか5ミリしかない、ブレスレットの貝のビーズたちが

大きく見えます。

 

 

 

 

 

『聖母マリアの誕生日に寄せて。。。。。
22の小さな満月がつむがれた銀色のマリア様のブレスレットと
虹のアメジストの祈りの塔』

と名付けたマリア様の宝箱。

 

 

ひさしぶりに、この銀色のマリア様のブレスレットを手首につけてみたら、

なんだか、とてもしっくりとなじんで、

月の光に照らされたように、心が静かになりました。

 

 

 

 

 

 

20170909_17.jpg

 

 

 

 

 

 

いつか素敵な方が、迎えに来てくださいますように。。。。。。。

 

 

 

 

*『聖母マリアの誕生日に寄せて。。。。。
22の小さな満月がつむがれた銀色のマリア様のブレスレットと
虹のアメジストの祈りの塔』の詳細は、

こちらをご覧ください。

 

 

 

 


「 私の永遠の守護神と守護天使 」

 

20180826_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、私のもとにやってきた、神話の世界のふたり。

 

 

月の女神には、三日月の冠。

 

 

かたや天使は、薔薇の花冠。

 

 

女神、月、天使、薔薇の花。

 

 

どれも私の魂のキーワード。

 

 

ふと気づけば、女神も天使も、弓を手にしている。

 

 

射手座の私にとって、
それは予想もしなかったうれしい贈り物。

 

 

森の淡い光の中に並べて置けば、

女神と天使は、やさしく見つめ合っているように見える。

 

 

その瞬間、

ふたりは、私の永遠の守護神と守護天使となった。

 

 

 

 

 

 

 


「 月の女神 アルテミス 」

 

        20180826_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月の女神 アルテミス、またの名をディアナ。

 

 

太陽神アポロンの双子の妹。

 

 

美しく清き乙女は、
新月の銀の弓と銀の矢を持ち、足には銀のサンダルを履いて、
夜ごと森を駆け巡る。

 

 

お供するのは、森の精のニンフや小鹿や犬たち。

 

 

自然を愛し、野に生きる動物たちを愛する彼女の頭上には、
月の女神の証である三日月の冠が燦然と輝く。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 静かで聖なる光を魂に持つ人。。。。。。 」

 

          20180831_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

小さな銀色のマリア様と、
小さな2つのヴァイオレットのすみれの妖精のアメジスト。

 

 

そして、3人の天使とマリア様と幼子のクリスタルの宝箱。

 

 

この贈り物と共鳴する魂の家族のことを、
森の奥で繰り返し考える。

 

 

その人とはもう出会っているのか、
それともこれから出会う人なのか。

 

 

その人がどんな人かと言えば、
それは、もうこの贈り物そのものだ。

 

 

小さくて、美しいものを愛し、
繊細で、静かで聖なる光を魂に持つ人。。。。。。

 

 

いつか、その人が私の人生に現れて答えをくれる。

 

 

喜びに包まれながら、私は言う。

 

 

「ああ、あなただったのですね。。。。。。」

 

 

クリスタルが天使のリボンで結ばれる時、

魂のどこかで、その人のもとにいくことを知っていたような

不思議な感覚になることがある。

 

 

興味深いことに、

ずっと一緒に物語を紡いできた魂の家族でも、

今世で初めて出会う魂の家族でも、

その『感覚』は同じだ。

 

 

きっと私の大切な部分が覚えているのだと思う。

 

 

たくさんの過去世のどこかで、

その人と、幸せな時を過ごしたことを。

 

 

小さな銀色のマリア様の前で、

マリア様と同じように、両手をそっと合わせて祈りを捧げる。

 

 

その祈りは、天に届いて、星のようにまたたき、

いつの日か、その人を、緑に覆われた小さな扉の前に連れてきてくれるだろう。

 

 

 

>>「小さな銀色のマリア様と小さなすみれの妖精のアメジストの祈りの塔
レインボーフェアリーウィング」

 

 

 

 

 

 

 


「 真の自分で生きるとは。。。。。。 」

 

         201800207_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとすじの銀色の光の糸がその中をまっすぐに貫く、
奇跡のレムリアンシード・クリスタルのスフィア。

 

 

このクリスタルが、ご縁あるレムリアの銀の乙女と天使のリボンで結ばれたのは、
まだリリアの森が、白銀の世界に覆われている頃でした。

 

 

森の奥に舞い込んだ手紙には、こう綴られていました。

 

 

「このクリスタルをお迎えしたいと思います。

 

 

その気持ちは
もうなんだか決まっていたような感じさえして
とても不思議です。」

 

 

 


その後、自分がこのレムリアンシードクリスタルを持っていることを、
素晴らしいけれど、
「どこか、あずかりもののように感じてしまっている」
と伝えてくださった彼女。

 

 

彼女の紡いでいる物語の背景を知る私は、
「確かにそう感じてしまうのも無理はないわ。」
と、森の奥で微笑みました。

 

 

私はその時、
よほど彼女にメッセージを送ろうかと思いました。

 

 

「預かり物をしているなんて思わなくてよいのですよ。
これはあなたのクリスタルなのですから。」

 

 

 

 

 

でも、感じるものがあって、メッセージは送らないことにしました。

 

 

私が言葉をかければ、彼女は少しは気持ちが楽になったかもしれません。

 

 

が、それは必要ないと感じました。

 

 

なぜなら、「リリアさんがそう言ってくれたから」という理由で
このレムリアンシードを受け入れるのではなく、
彼女自身が、自分の中でこのクリスタルを受け入れる、
そして、そこに至るためのすべての過程、
それこそが、彼女の魂が真に求めているものだと感じたからです。

 

 

 

 

リリアの森の雪がとけ、大地に小さな若草が広がり
空にレムリアの3つの星が輝き出す頃、
いくつかのセッションでともに物語を紡ぎながら、
彼女の内側で少しずつ何かが変わりはじめました。

 

 

その行程は、まるでつぼみが花開いていくかのよう。。。。。

 

 

もともと素敵な方でしたが、
彼女は、より自由になり、より軽やかになりました。

 

 

少し前に届いたメッセージには、こう書かれています。

 

 


「あれほど、見つめるにも、
気後れしてしまっていたのが、うそのよう。
今は、あのつよくて美しい虹が、
まっすぐに、貫く銀の針が、呼んでいる、
私も呼んでいる、そのような感じです。

 

 

こんなふうになれて
とても嬉しくて。」

 

 

 

クリスタルと、そしてご縁ある魂の家族たちと紡ぐ物語は、
なんと美しいのでしょう。

 

 

真の自分に戻るとは、
もう二度と悩んだり、迷ったりしないと固く決意して、
理想とする完璧な自分で生きようとすることではなく、

 

 

人間なのだから、時に気持ちが揺れてもいい、
たとえ、そうなっても、私は、いずれ自分の中心に戻ってこられる、
と、穏やかに、ゆったりと、今の自分を許容することではないでしょうか。

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションが付いており、
私は、できることならば、彼女の誕生日がよいのではないかと
思っていました。

 

 

8月生まれの彼女。

 

 

天のはからいで、お仕事のお休みの日が調整され、
見事、夢のバースデーセッションが叶うことに。

 

 

このクリスタルを雪景色のリリアの森から送り出した頃、
夏の女神が、秋の女神にそっと挨拶する8月後半のリリアの森は、
遠い遠い先のことのように感じました。

 

 

その間に、季節がめぐり、彼女の心もめぐり、
一緒に紡いだ物語をひとつひとつ振り返ると、
すべての瞬間が、祝福だったのだと感じずにはいられません。

 

 

もうすぐ彼女のバースデー。

 

 

思えば、あなたと初めて出会ったのも、夏でした。

 

 

緑に覆われた、この小さな扉を見つけてくださって、ありがとう。

 

 

心をこめて、
お誕生日、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 


「 エンジェルブルー&マーメイドブルー 小さな七色の虹がきらめく、あなたの心の空の色のクリスタル 」 

 

       20180819_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

とても暑い日が続く、今年の夏。

 

 

リリアの森から、少しでも涼やかさをお届けできたらと思い、

ブルーのクリスタルをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

この美しい水色を説明するのに、もう言葉などいりません。

 

 

本当に、心が洗われるような、ピュアな色なのです。

 

 

水色と白が幾層にも重なり合って生まれる世界は、

まるでおとぎ話のよう。

 

 

エンジェルブルー。

 

 

ふわふわの雲と澄み切った青い空、

それは、天使の住む天空の世界。

 

 

マーメイドブルー。

 

 

白いしぶきと太陽を浴びて輝く碧い波、

それは、人魚たちが住む海の世界。

 

 

 

 

 

 

 

20180819_03.jpg

 

やわらかく磨かれたその結晶を手のひらで包むと、

心がすーっと穏やかになって、やさしい気持ちが甦ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_05.jpg

 

よく見ると、その結晶の中には、小さな虹色のきらめきが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180819_08.jpg

 

ここにも、あそこにも、

くるくると回して探しただけでも、10か所以上にあります。

 

 

 

 

 

 

たくさんの虹は、あなたの中で輝く、美しい星たちの象徴。

 

 

その虹に思いを馳せれば、

あなたの心は、このクリスタルのように、

清らかで、やわらかな愛を取り戻すことでしょう。

 

 

 

 

このクリスタルには、ミニ遠隔個人セッションが付きます。

 

 

ご希望であれば、フル遠隔個人セッションに変更することも可能です。

 

 

 

 

 

 

20180819_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0318

クリスタル名:エンジェルブルー&マーメイドブルー

小さな七色の虹がきらめく、あなたの心の空の色のクリスタル
サイズ: 約5,6×5,6×3,1センチ

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 


「 魂が震えるほど、完璧なタイミングで。。。。。。。 」

         

       20170806_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日付は、2017年8月となっています。

 

 

私が、『リリアの森の小さな教会』と呼ぶ、森の家の部屋の一角で、

大切にしているマリア様のお姿をおさめた写真。

 

 

今、このマリア様は、私の愛する魂の家族のもとにいます。

 

 

先日、その方がメッセージを送ってくださいました。

 

 

『幼子を抱くマリア様を見るたび、

そのあまりの美しさに、

本当によく譲ってくださったものだと、

リリアさんへの感謝の想いでいっぱいになります。』

 

 

私自身も、よくお譲りする気になったものだと、

自分で自分に驚きました。

 

 

でも、それは、自分にとっての喜びであると、

はっきりとわかったのです。

 

 

時々、魂の家族のことを、自分の分身のように感じることがあります。

 

 

だから、私が持っていても、その方が持っていても、同じくらいうれしい。

 

 

私が、どうしてこんなに貴重なものを・・・・と思うような宝物やクリスタルたちを

ご縁ある魂の家族たちにお譲りしてきた背景には、そんな想いがありました。

 

 

どの宝物に対しても、そう思うわけではなく、

ある時、あるものに、不思議なほど美しいインスピレーションが降りてきて、

「あ、今だわ・・・・・・」と、感じるのです。

 

 

きっと、ご縁のある方は、私が感じたそのインスピレーションに

見事に共鳴するのだと思います。

 

 

魂が震えるほど、完璧なタイミングで。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

20171214_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 〜Lilia Maria もうひとつのマリア様の物語〜 」

 

         20180802_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今年のマリア様のスペシャル遠隔グループセッション開催のお知らせです。

 

 

ある時から、私のつむぐ物語の中には、

マリア様が、たびたび登場するようになりました。

 

 

それは、大きな声を出して、たくさんの人に伝えたい物語ではなく、

大切な誰かに、そっと話したくなるような物語です。

 

 

1年以上、胸の中でひとりで愛でていた

『もうひとつのマリア様の物語』を、

このセッションを通して、

ご縁のあるみなさまと分かち合いたいと思います。

 

 

 

 

 

このセッションでは、全員の方に

手づくりのささやかなギフトを贈らせていただく予定なのですが、

今の時点で候補が2つあります。

 

それが、どちらになるのかは、

セッション当日に生まれるエネルギーで決まるでしょう。

 

 

 

 

私は、自分のセッションのことを、『魂の旅』だと思っています。

 

 

あなたがどこにいたとしても、

私があなたにつながり、あなたが私につながりたいと思ったら、

私たちは、魂で旅をともにできる。

 

 

そう信じています。

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

【 旅のしおり 】

 

 

・Lilia Mariaの世界にようこそ

 

 

・もうひとつのマリア様の物語をあなたに

 

 

・聖なる夏の夜

 

 

 

 

【 贈り物 】

 

 

〜全員の方に〜
マリア様のカード、 または、マリア様にまつわる小さな本
(当日のセッションのエネルギーによって、どちらになるのかが決まります)

 

 

〜ギフトクリスタル付きコース〜
上記の贈り物に加えて、クリスタルを贈らせていただくコースです。
今のあなたにぴったりのクリスタルを直感でお選びし、
セッションの最中にブレッシングさせていただきます。
オリジナルのマリア様のクリスタルの宝箱にお入れしてのお届けとなります。

 

 

〜*満席となりました*〜

スペシャル遠隔グループセッション

〜Lilia Maria もうひとつのマリア様の物語 2018〜  

 

 

 

 

 

 


「 星のように、天使のように。。。。。。リリア&ダーリン 5月のシークレットスペシャル遠隔グループセッション 2017 より クリスタルの宝箱 」

 

        20180731_08.jpg     

 

 

 

 

 

 

 

 

5月は、私たちふたりの大好きな季節。

 

 

虹色の年の5月に、

緑の香りがする風に吹かれながら訪れた旅先で、

素敵な魂の家族たちと、虹の架け橋を渡ってつながりました。

 

 

このセッションのギフトクリスタル付きコースは、

「星のエネルギーを感じるクリスタル」

「天使のエネルギーを感じるクリスタル」

どちらかお好きな方を選んでエントリーしていただくというスタイル。

 

 

お申込みの際に添えてくださったお便りには、

心あたたまるメッセージとともに、

 

 

「いつもの流れならば星のクリスタルなのですが、

今回は天使にします」

 

 

「星のクリスタルが希望です」

 

 

「もちろん天使の方で参加いたします」

 

 

「どちらも素敵・・・・・

でも、今の私には、やっぱり星です」

 

 

 

みなさん、それぞれに、自分のインスピレーションを信じて

参加されるコースを決めてくださった様子。

 

 

この時生まれた、愛と喜びに満ちた新しい創造のエネルギーは、

7ヶ月後、クリスタルの宝箱となって、私のもとに舞い降りました。

 

 

 

 

 

 

20180731_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180730_03.jpg

 

これは、私が自分用に創った宝箱。

「Lilia」と名前が刻まれているところに、

そのクリスタルを受け取る魂の家族の名前が書かれています。

 

 

 

 

 

 

夢のように素晴らしい虹が浮かぶ、星のレインボークリスタル。

 

 

たくさんの物語を秘めた、神秘的な星の魂の家族たちのクリスタル。

 

 

夜空に輝く一等星のようなハーキマーダイヤモンド。

 

 

愛らしくも美しい天使のローズクォーツ。

 

 

きらきらと七色の光を放つ天使のアメジスト。

 

 

この方には、このクリスタルを・・・・と直感で選んだ虹の水晶たちは、

あの日の幸せな波動をふわりと宿して、宝箱の中に入り、

森の奥を旅立って行きました。

 

 

 

 

 

一番早い方は、今年の1月、

最後の方は、今年の6月。

 

 

ひとつのセッションで、

すべてのギフトクリスタルを送り出すまでに数ヶ月も差が出るというのは、

めずらしいケースなのですが、

きっと受け取る方にとって、完璧なタイミングだったのでしょう。

 

 

 

 

その後、何人かの魂の家族が、

別のセッションにお申込みされる時に、

メッセージを送ってくださいました。

 

 

それを読むと、魂の家族たちの感性の豊かさ、

自分が受け取っている恵みや幸せに気づくことのできる力に

心から感動します。

 

 

そして、クリスタルを迎え入れることで、

また新しい物語が生まれていることにも。。。。。。。

 

 

 

 

ここは、魂のどこかに、水晶と同じきらめきを持つ人々が集まる場所。

 

 

ご縁あって、天使のリボンで結ばれたクリスタルが、

星のように、天使のように、

あなたを見守ってくれますように。。。。。

 

 

 

 

 

20180731_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others