「 ソウルメイトと出会って、人生をともにするように。。。。。。 」

 

       20190828_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、幼子を抱く、とても美しいマリア様が
ご縁のある方のもとに旅立って行ったように、

 

 

いずれ、このマリア様も、
「運命の方」に、受け継いでいただきたいと思っています。

 

 

それは、今決めたことではなくて、
このマリア様に出会い、迎え入れた時に感じたこと。

 

 

もし、その時が来たなら、
このマリア様にふさわしい、
素晴らしい『聖なる灯』のクリスタルと一緒に。。。。。。

 

 

真に美しいものが放つ存在感、
そして、その影響力というものは計り知れません。

 

 

でも、きっと、私のもとから何かを受け継いでくださる方々というのは、
何か特別なパワーを求めているのではなく、

 

 

ただただ、その素晴らしさに共感し、
その美しいものが発するエッセンスが、
自身の内なる聖なるエネルギーと響き合い、

 

 

ソウルメイトと出会って、自然に人生をともにするように、
そのお品を愛と喜びの中で受け入れて、
寄り添い合いながら生きていく。。。。。

 

 

そんな風に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 幾千年もの時を超えて。。。。。。」

 

          201908026_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひしと抱き合っている、
とてもめずらしい姿をしたツインクリスタルのふたり。

 

 

よく見ると、ただ単にくっついているのではなく、
大きなクリスタルが、小さなクリスタルを抱き込むように結晶しているのがわかります。

 

 

それは、まるで幾千年もの時を超えて再会したふたりの
その出会いの瞬間をクリスタルにしたかのよう。

 

 

ふたりのボディには、透き通る小さな水晶が数えきれないほど存在し、
光を浴びてキラキラと輝きます。

 

 

それを眺めていると、ふたりの魂からほとばしる喜びが、
そのまま水晶となって結晶化したのでは・・・・・
なんて思ってしまいます。

 

 

ふたりが、お互いを想う、愛の深さは、
ぴったり同じ。。。。。。

 

 

私と呼び寄せ合うクリスタルたちは、
「鉱物」というよりも、むしろ人間のよう。

 

 

彼らは、言葉は発しません。

 

 

でも、そのたたずまい、そのエネルギーは、
ご縁のある方に向かって、まっすぐに届くのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 美しいあなたへ。。。。。。 」

 

      201908022_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しいものは、何度も見ても美しい。

 

 

そして、美しいものは、何度身に着けても、心が喜びで満たされる。

 

 

 

 

今日、この聖なるお品を迎え入れてくださる魂の家族から、
森の奥にお便りが舞い込んだ。

 

 

紡ぐ言葉は、その人を表す。

 

 

たとえ、それが、小さな伝言でも。

 

 

 

 

 

「まるでマリア様のような方。。。。。。」

 

 

言葉の間から伝わるエネルギーを感じながら、そう思った。

 

 

 

 


数日前に出来上がった宝箱。

 

 

そこに入れば、そのお品は、正式に『旅立ちの時』を迎えたことを意味する。

 

 

だから私は、宝箱に入るその前に、そっとその姿を写した。

 

 

 

 

 

今日のエンジェルフォトは、たったひとりのために。

 

 

このペンダントとクリスタルを迎え入れることを決めてくださった、
健気で、心やさしく、魂にマリア様の光を宿した、
美しいあなたへ贈ります。

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

あなたのような方に、この大切な宝物を受け継いでいただけて、
私は本当に幸せです。

 

 

 

 

 

 


「 8月の月夜の森で。。。。。。満月のマリア様 」

 

       20190805_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ、くるくるとお天気が変わるのに、

夕暮れから夜になると、毎晩のように月が見えるリリアの森。

 

 

限りなく丸い形に近づいたその月を見た時、

美しい魂の家族のもとに行き先が決まった

マリア様のペンダントとアメジストを、

月の光にあててあげたいと思いました。

 

 

木々の葉から夜露がこぼれ落ちる音が響く

静かな夜の森。

 

 

天から授かったそのペンダントを、

月の光のもとに差し出した時のことです。

 

 

アイビーの葉の内側、

マリア様がいらっしゃる丸い部分が、

月の光を反射して、ひときわ鮮やかに輝くのを見て、

私は息をのみました。

 

 

「まるで満月のよう。。。。。。」

 

 

それは、あたかも、

満月の中で、マリア様が金色に輝いているかのようでした。

 

 

月の光は、どこまでもやさしく、

この森を、私を、

その手の中にあるペンダントとクリスタルを照らし、

私は、このひとときは、起こるべくして起こったのだと悟りました。

 

 

 

 

今夜は、満月。

 

 

そして、聖母被昇天の祝日。

 

 

天はどこまでも完璧で、祝福に満ち、

私たちは、永遠の愛の中にいるのだと教えてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 


「 私のお気に入りのその子は。。。。。。。 」

 

201908012_02.jpg       

 

 

 

 

 

 

 

 

私のお気に入りのその子は、
今日も幸せそうに、誰かを待っている。

 

 

「誰を待っているの?」

 

 

答えるかわりに、透き通った青い結晶が、森の光を浴びてやさしく輝いた。

 

 

ああ、あなたと同じ美しさを、その魂に持つ人ね。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 永遠の愛と、永遠の喜びという名の輪の中で 」

 

         20190726_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

アイビーに囲まれる金色のマリア様。

 

 

そのマリア様のペンダントを取り囲む、リリアの森の野生のアイビー。

 

 

ご縁のある方が迎えに来るその前に、どうしても見ておきたかった光景。

 

 

初々しく明るい黄緑色の葉は、やがて深い緑に変わる。

 

 

1年を通して美しい緑色であることから、『永遠』を象徴するアイビー。

 

 

形あるものは、いずれ変化するけれど、
私たちは永遠の存在であり、永遠の愛の中にいる。

 

 

私は、いつもそのことに気づいていたい。

 

 

そして、今この瞬間、自分にとって本当に大切なものに、
私の目と、私の心と、私の意識を向けていたい。

 

 

 


いつか、このペンダントを迎えに来る方が現れる。

 

 

その人は、一体どんな人だろう?

 

 

私には、わかる。

 

 

その人は、このマリア様のような人だ。

 

 

永遠の愛の中で、まばゆく金色に輝き、
薔薇の花と百合の花に祝福され、
美しく、凛として、
やさしさと、たおやかさと、真の強さが完璧な調和の中で融合している。

 

 

 


美しいものは、ただそれだけで美しい。

 

 

でも、それが、受け取り主の最も深い部分から発せられる輝きと共鳴する時、
そのきらめきは、世界を超え、宇宙を超え、すべてを光で満たしながら、
さらなる高みへと昇って行く。

 

 

また見たこともない場所を、新しい光で照らしながら。

 

 

私はその光が大好きだ。

 

 

私は、今ある光を愛しつつ、
さらなる物語へと続く扉を開けようとする人たちが大好きだ。

 

 

そんな人たちに出会うと、心が喜びで震える。

 

 

きっと、私たちは、永遠にその喜びの中にいるのだ。

 

 

永遠の愛と、永遠の喜びという名の輪の中で、
時に笑い、時に泣き、命を輝かせて生きる人たちの、
なんと美しいことだろう。

 

 

 

 

 

 


「 Sweet dreams..... 」

 

       20190628_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


「 天使に包まれてるような… 」

 

 

        20190620_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

*スペシャル遠隔グループセッション
〜あなたの中にある『青の魔法』に出会う物語〜

に参加される魂の家族からのメッセージ*

 

 

 

リリアさん、お久しぶりです!
前回、アメジストのツインクリスタルとのご縁をありがとうございました。
私もお茶が大好きなんです。お茶を好きになった歳が19の時でした。
それから今もお茶を愛し続けておりまして。
前世に関係してるのかと思ったくらいお茶が好きで。
お茶の香り、キレイなグリーン色。幸せな気持ちにさせてくれます。
美しいと感じる青色は、神秘な洞窟や、海です。

 

 

今回、申し込んだのは、リリアさんのお茶が気になり。
毎日、リリアさんのカップで大好きなお茶を飲んだら。
優しく穏やかな気持ちになるのかなと思いました。天使に包まれてるような…
是非、体験したいなと。
今からワクワクしております!

 

 


*こんにちは、リリアです。

 

 

あなたのお名前を見た瞬間、
あのアメジストのツインクリスタルと、
あのふたりがあなたのもとに行くまでに紡がれた
素晴らしい物語のことを思い出しました。

 

 

こちらこそ、素敵な出会いと、あたたかな交流をありがとうございます。

 

 

『前世に関係してるのかと思ったくらいお茶が好き』

 

 

あらまぁ、なんと心に響く言葉でしょう。

 

 

お茶の天使に、愛の弓矢で、
やさしくハートを射抜かれたような気持ちになりました。

 

 

神秘のエネルギーをまとう洞窟や海。

 

 

この星に存在する「美しい青」ですね。

 

 

そして、ここからは内緒の話なのですが、
実はあのティーカップには秘密の名前があって、その名も
『守護天使が降りてくるティーカップ』なのですよ。

 

 

それが本当かどうかは、
どうぞ、実物を手にされて、お茶を飲んだ時に感じてみてくださいね。

 

 

私もあなたと同じくらい、
このセッションに心を躍らせています。

 

 

あなた色のブルーが、あなたの世界に美しいひとしずくを落とし、
そこから、無限の幸せが広がりますように。

 

 

6月の森の奥から
エンジェルブルー色の愛をこめて

リリア
 

 

 

 

 


「 〜天使の休息〜 2つのブルー レインボーセレスタイト 」

 

         20190605_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

セレスタイトの石言葉をご存知ですか?

 

 

それは、『休息』。

 

 

なんと、このクリスタルにふさわしい石言葉なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

私の魂と呼び寄せ合うセレスタイトは、主にふたつあり、

ひとつは、美しい青い結晶を持つもの、

もうひとつは、白とブルーのバランスがきれいな水色のものです。

 

 

こちらのセレスタイトは、後者。

 

 

エンジェリックなその姿と、やさしい癒しの波動から授けてあげた名は、

「天使の休息」

 

 

 

 

 

 

20190605_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190605_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190605_06.jpg

 

ある角度から見ると、片方は、透明感のあるブルー、

もう片方は、ほんのひとしずくのミルクを混ぜたような、

やわらかなミルキーブルー色をしています。

2つのヴァイオレットならぬ、『2つのブルー』ですね。

もしかして、ソウルメイトの仲良しの天使が、ずっと一緒にいたくて、

神様にお願いして、ひとつのクリスタルにしてもらったのかも、

なんて思ってしまう、愛らしいセレスタイトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190605_05.jpg

 

このような感じで、キラキラと虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190605_07.jpg

 

光の加減によっては、とても美しいブルーに輝くことも。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190605_03.jpg

 

ふわふわ、うっとり、すやすや。。。。。

心も体も魂も、今は、ゆっくりお休みの時間。。。。。。

目覚めたら、きっとまた、天使の心が戻ってくることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

水色が大好きな、やさしい心を持つ、地上のエンジェルさんに。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190605_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0512
クリスタル名:〜天使の休息〜 2つのブルー レインボーセレスタイト
サイズ: 約2,7×2,1×1,6センチ

prix:22,222円

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 


「 *カウアイスペシャルブレッシング* あふれる愛、満ち満ちる喜び 夢のような虹が輝く、すみれ色のレインボー・レムリアンシード・クリスタル 」

 

20190604_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真に美しいものは、こんなにも純粋に、真っ直ぐに私に喜びを届けてくれるのかと
驚嘆するような、ひときわ素晴らしいレムリアンシード・クリスタル。

 

 

昨年のカウアイ島の旅に連れて行き、虹の祝福を受けた、

遠きレムリアの記憶を宿したクリスタルです。

 

 

実は、「すみれ色のレムリアンシード・クリスタル」というタイトルで

先日クリスタランに載せたのが、このレムリアンシード・クリスタル。

 

 

飛び抜けた透明度を持つ、透き通るその結晶の中には、

圧倒的とも言える、見事な虹が輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

「すみれ色のレムリアンシード・クリスタル」とは、

結晶自体がすみれ色をしているという意味ではなく、

時に、すみれ色に見えることがあるという、

非常に不思議な現象から名付けられました。

 

 

その後も、このクリスタルと対話を繰り返し、幾度も森の奥で眺めるうちに、

その淡く神秘的なヴァイオレット色は、

このレムリアンシード・クリスタルの中に入っている『虹』が

生み出しているのではないかと思うようになりました。

 

 

このクリスタルを包む光の角度や種類、光の状態など、

何かさまざまな条件が重なった時にのみ、

そのような色合いに見えるのかもしれませんが、

私の直感では、このクリスタルの真の持ち主であるレムリアの乙女には、

いつかその姿を見せてくれるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

20190527_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このレムリアンシード・クリスタルは、

喜びの星ホクレア(アークトゥルス)のエネルギーでブレッシングしたいと思い、

森の奥からカウアイに連れて行ったクリスタル。

 

 

美しい月夜の晩、このレムリアンシード・クリスタルと一緒に月の光を浴びたことは、

私の一生の思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190604_02.jpg

 

ため息の出るような透明度。

レムリアの澄んだ水を思わせる純粋無垢な結晶を眺めていると、

心がどこまでも透き通っていくよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190604_03.jpg

 

クリスタルに浮かぶ虹をいくつも見てきましたが、

このレムリアンシード・クリスタルの虹の美しさを

一体何と表現したらよいのでしょう。

きっと言葉はいらないのでしょうね。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

このレムリアンシード・クリスタルには、

まだまだ秘められている物語がたくさんあるような気がします。

 

 

私がこれまで出会ってきたレムリアンシード・クリスタルの中でも、

謎めいているというか、

今、私に見えている扉、その奥に続く見えない扉が、

いくつもあるのを感じるのです。

 

 

エネルギー自体は、とてもオープンなので、

その2面性もまた興味深いです。

 

 

 

 

 

例えば、人でも物でも場所でも、

それ自体は同じなのに、それに関わる人によって、

そこから受け取るものは、さまざまに変わるということが多々あります。

 

 

真に自分の魂と響き合うものと出会った時、

私たちは、一生懸命に何かを感じよう、頑張って何かを受け取ろうとしなくても、

ごくごく自然に、そこからあふれるほど多くのものを受け取ります。

 

 

それは、愛であり、喜びであり、たくさんの叡智であり、

あなたの中に、もともとあり、

あなたの中から引き出されるのを待っていたエッセンスたちです。

 

 

 

 

 

 

時が満ちた時、

このレムリアンシード・クリスタルを、

どんな方が、どんな想いで、迎え入れてくださるのでしょうか。

 

 

月と星は、その瞬間を微笑みながら見守り、

大いなる存在は、あなたの中にある虹と、このクリスタルの中にある虹が、

それはそれは美しく重なり合ってきらめくのを眺めながら、

また新しい世界を、この宇宙に創造するのだと思います。

 

 

 

 

 

*このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

20190604_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0507
クリスタル名:*カウアイスペシャルブレッシング*

あふれる愛、満ち満ちる喜び 夢のような虹が輝く、

すみれ色のレインボー・レムリアンシード・クリスタル
サイズ: 直径約4,7センチ

prix:477,777円(遠隔個人セッションを含む)

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others