「 大きな大きな星のクリスタル 」

 

         20170321_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

バースデーのスペシャルセッションに参加してくださった、
美しい星の女神のもとへ。。。。。

 

 

虹・虹・虹の、虹の星のクリスタルは、
レムリアの一番星。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 星霞のソウルメイトツイン 」

 

20170310_38.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の魂と強く呼び寄せ合うクリスタル、タントリックツイン。

 

 

そのタントリックツインの中に、

2つのクリスタルの大きさと高さがほぼ同じ、

「ソウルメイトツイン」と呼ばれる、非常にめずらしいクリスタルがあります。

 

 

私にとって、ソウルメイトツイン・クリスタルは、

眺めているだけで、言葉にならない歓喜があふれてくる、

特別なクリスタルです。

 

 

ある日、群れをなしてやって来た美しいタントリックツインたちの中に、

1組だけ、このソウルメイトツインがいました。

 

 

そのソウルメイトツインを見た瞬間、

私は、自分が大切にしている、宝物のアメジストのソウルメイトツインを思い出しました。

 

 

まるで、目の前に小さな分身が現れたかのよう。。。。。。

 

 

私は、不思議な思いにとらわれながら、そのソウルメイトツインを迎え入れました。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

それから数ヶ月の間、私は森の奥で、

たくさんの時間をそのソウルメイトツインを愛でながら過ごしました。

 

 

何か、これまで迎え入れたクリスタルとは異なる波動を感じ、

そのボディは、氷のように透明というよりも、

どこかシルバーがかっているように見えるのでした。

 

 

銀色の波動を放つクリスタル。。。。。。

 

 

その色が、私の肉体の目で見たものなのか、魂の目で見たものなのか、

はたまた、その両方が合わさって、そう見えるのか・・・・・

 

 

 

 

 

 

数日前のこと。

 

 

私は、そのソウルメイトツインをお披露目するにあたって、

どんな名前をつけてあげようかと思いをめぐらせていました。

 

 

白いインクルージョンがふわりと広がる、2人の内側の世界。

 

 

やわらかなそのインクルージョンは、霞のよう。。。。。。

 

 

そして、私は、このクリスタルから、星のエネルギーを感じていました。

 

 

その時、「霞」と「星」という言葉が溶け合って、

『星霞』・・・・『ほしがすみ』という言葉が降りてきました。

 

 

聞いたことのない言葉です。

 

 

それもそのはずでした。

 

 

たった今、受け取った言葉なのですから。。。。。

 

 

そのような言葉が実際に存在するのか調べてみましたが、

もちろん、ありませんでした。

 

 

私は、この素敵な響きの言葉に、自分で好きなように意味をつけることにしました。

 

 

その時、私の記憶の中に、

数年前に愛する人と一緒にいる時に見た、

美しい大きな流れ星のことが反射的に甦ってきました。

 

 

突如として、閃光のような光が空に現れたと思ったら、

目をみはるような尾を引いて、それは流れました。

 

 

その光と尾も印象的でしたが、

もうひとつはっきりと覚えているのは、

その流れ星が流れ落ちた時に、煙のようなものが見えたことでした。

 

 

ちょうど、花火が打ち上がったあとに、ふわっと煙が見える、

あのような感じです。

 

 

後に、それは、「流星痕(りゅうせいこん)」と呼ばれるものだと知りました。

 

 

流星痕は、時に、淡く発光することもあるそう。

 

 

それは、流れ星の発光物質が大気中に残って発光しているため、

とも言われているそうです。

 

 

流れ星とともに見えた、あの流星痕。

 

 

もしも、たくさんの大きな流星が夜空に降り注いだら、

空は、ふんわりと霞がかかったようになるのでしょうか。

 

 

私の中で、『星霞』とは、そのようなイメージなのです。

 

 

そして、それが淡く発光しているところは、

どんなにか幻想的な光景でしょう。

 

 

 

 

 

流れ星に乗って、地球にやってきたソウルメイト。

 

 

ふたりが通ってきた空の道には、『星霞』が、淡く美しく輝いていた。。。。。

 

 

そんなインスピレーションから、このふたりに、

『星霞のソウルメイトツイン 』という名前を授けてあげました。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170301_01.jpg

 

真っ白な世界の中で見ると、ほんのりと色づいて見えるボディ。

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_04.jpg

 

私には、銀色のエネルギーを放っているように見えるのですが、

あなたはどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_03.jpg

 

私が正面だと感じる向き。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ゆっくり一回りしてもらいますね。

 

 

 

 

 

 

 

20170310_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_06.jpg

 

横側から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_08.jpg

 

後姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_09.jpg

 

最初とは、別側からの横向き。

 

 

 

 

 

 

 

落ち着いた色の背景で。。。。。

 

 

 

 

 

 

20170310_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光の差し込む角度によっては、強く発光しているように見えて、

とても美しく輝くことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

20170310_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_19.jpg

 

左側のクリスタルの先端には、

グリーンがかった細かなインクルージョンが入っていて、

まるで星屑のよう。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_21.jpg

 

ふたりの中のあちらこちらで、小さな虹たちが踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_25.jpg

 

特に好きなのは、ふたりのちょうど真ん中に浮かぶ、

小さな小さな虹の群れです。

残念ながら、エンジェルフォトには、うまく写りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_23.jpg

 

光を反射して白く見えている部分がいくつかあるのですが、

そこに虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

このソウルメイトツインを眺めていた時、あることに気づきました。

 

 

 

このクリスタルは、磨かれていない原石なのですが、

左のクリスタルに、小さなすべらかな三角形をしたフェイスがあります。

 

 

 

 

 

 

 

20170310_33.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、右側のクリスタルにも、同じように、三角形のフェイスがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_30.jpg

 

仲良く並ぶ、おそろいの三角形のフェイス。

 

 

 

 

 

 

 

「タントリックツインと三角形」は、

私が非常にメッセージ性を感じる組み合わせのひとつ。

 

 

これまで受け取ってきた特殊なエネルギーを放つタントリックツインの中には、

2つのクリスタルそれぞれに三角形の結晶がついたもの、

どちらにも三角形のレコードキーパーが刻まれたものなど、

『ツインをなす両方のクリスタルに、三角形のギフトを宿している』という

共通点がありました。

 

 

そのような意味でも、それぞれのクリスタルに三角形のフェイスを持つ

このソウルメイトツインの存在は、個人的にとても興味をひかれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_28.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_36.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_37.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_29.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_38.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりご紹介する機会のない、稀少なソウルメイトツイン・クリスタル。

 

 

 

星がお好きな方、とりわけ流れ星に惹かれる、「星の魂」に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170310_35.jpg

 

コレクション番号:LBC-0322
クリスタル名:〜星霞のソウルメイトツイン 〜
サイズ: 約4,7×2,4×2,2センチ
産地:Brazil

prix:27,777円

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 聖なるワンシーン。。。。。 うつくしい光に満ちた小さな聖家族 タントリックツイン&リトルエンジェル 」

 

       20170121_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、『聖なるワンシーン』というタイトルで綴ったクリスタル。

 

 

美しく融合したタントリックツインに、

私が「リトルエンジェル」と呼ぶ小さな結晶がついています。

 

 

透明感あふれるクリスタルでありながら、

同時に、どこかふんわりしたやさしさをまとった

不思議な存在感を放つクリスタル。

 

 

見る場所や、見る角度によって、

透明感が際立ったり、やわらかさが際立ったり、

このクリスタルの中には、聖なる夜の澄んだ空気と、春へと向かう今の季節が

溶け合っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_02.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_01.jpg

 

このクリスタルを眺めていると、なぜかとてもやさしい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_04.jpg

 

一番右側にちょこんとくっついているのが、リトルエンジェル。

愛らしいサイズで、本当にかわいらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

どの角度から見ても素敵で、正面と後姿というより、

どちらも正面に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_09.jpg

 

リトルエンジェルには、右上がりのタイムリンクがあります。

まるで、3人で紡ぐ幸せな未来への物語をそっと暗示しているよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_16.jpg

 

リトルエンジェルの根元には、みずみずしい虹の群れが、密やかにキラキラと輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170303_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前に少しお伝えした通り、もしもご希望があるならば、

2014年のノエルのスペシャルセッションで誕生した、

3人の天使とマリア様と幼子の宝箱にお入れしてクリスタルをお届けいたします。

 

 

その場合は、エントリーの際、備考欄に

「3人の天使とマリア様と幼子の宝箱」を希望される旨を

ひと言お書き添えください。

 

 

 

 

 

 

うつくしい光に満ちた、小さな聖家族のようなクリスタル。

 

 

マリア様のような心で、自分自身と大切な人たちを愛し、慈しみ、

この星でめぐり合えた奇跡と、ともに同じ時を重ねられる喜びと尊さを、

いつも感じていたい方に。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170121_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0303
クリスタル名:〜うつくしい光に満ちた小さな聖家族

タントリックツイン&リトルエンジェル〜
サイズ: 約4,2×2,2×1,3センチ
産地:Brazil

 

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

ご希望がある場合は、「3人の天使とマリア様と幼子の宝箱」

特にご希望がない場合は、ベーシックデザインの宝箱になります

 


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 

 


「 タントリックツイン&タントリックツイン 夢のようなマジカルレインボーが輝く、奇跡のダブルタントリックツイン 」

 

 

20170227_24.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せに寄り添い合う姿は、ソウルメイトそのもの。

 

 

 

不思議なほどに、『このクリスタルの魂』の存在を感じる、

美しく、そして、奇跡的なタントリックツイン。。。。。。

 

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_01.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_02.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_06.jpg

 

やさしく重なり合う姿が、見ていてなんとも心があたたかくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_05.jpg

 

後姿も素敵・・・・

こちら側から見ると、いわゆる、「正統派」のタントリックツインスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_03.jpg

 

どちらのクリスタルもとても透明で、

ふたりの魂が、いかにピュアであるかが伝わってきます。

このタントリックツインには、素晴らしく美しい虹が浮かぶのですが、

すでにほんのりと虹が見えていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_07.jpg

 

斜め横から見た姿も、大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このふたりには、驚くべき奇跡的なギフトが。

 

 

 

 

 

なんと、ふたりの間から、小さな小さなクリスタルが生まれているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_09.jpg

 

まるで、ふたりの子どものよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見つけただけでも、感激で胸がいっぱいだったのに、

よくよく見ると・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_11.jpg

 

2つのクリスタルがぴったりとくっついています。

この小さなクリスタルは、タントリックツインではないですか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タントリックツインから、タントリックツインが生えている。

 

 

そのようなクリスタルに、私は生まれて初めて出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ここからは、落ち着いた色の背景でお見せしましょう。

 

 

 

まずは、ふたりのシルエットがよくわかるように、

ちょっと光にかざしてみますね。

 

 

 

 

 

 

 

20170227_12.jpg

 

こんな風に、ふたりが重なり合った様子がはっきりと見えるのは、

このクリスタルがとても透明だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_27.jpg

 

接合面に光が反射して、明るく輝いています。

この部分に虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_21.jpg

 

タントリックツイン&タントリックツイン。

このようなクリスタルがこの世に存在するとは・・・・・

最初は信じられないような思いでした。

でも、今なら信じられます。

なぜって、こうして、本当に自分のところへやってきてくれたのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_25.jpg

 

この子たちが、またとてもクリアーな美しい子たちなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_20.jpg

 

完璧な「タントリックツイン」の姿をしたふたりは、

ふたりの子どもたちのようにも、ふたりを見守る守護天使のようにも見えます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、小さな小さなタントリックツインを眺めていると、

今度は、こちらのふたりが主役に思えてきて・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_24.jpg

 

私には、大きなタントリックツインの船に乗って旅をする、

ソウルメイトの物語が見えてくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_13.jpg

 

大きなタントリックツインのひとつには、

肉眼でもはっきりとわかる、見事なレコードキーパーが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_14.jpg

 

実は、もうひとつのクリスタルの方にも、レコードキーパーがあるのです。

こちらも、ルーペを使わずに見ることができます。

男性性と女性性を感じさせる、それぞれのクリスタルにレコードキーパーが

あるだなんて、とても興味深いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_15.jpg

 

先程のレコードキーパーの近くには、とても小さな右上がりの、

未来へのタイムリンクがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_17.jpg

 

女性性を感じさせるクリスタルには、

左上がり、過去へとつながるタイムリンク。

過去も、未来も、そして、もちろん今も一緒・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_22.jpg

 

透き通るようなボディをのぞきこむと、

そこには、何か素晴らしい『虹の予感』が。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_23.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_26.jpg

 

後ろから見た時に、下の方に見えるこの虹も大好きです。

実物は、もっと大きくて、鮮やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このふたりの虹の真の美しさは、エンジェルフォトには写しきれません。

 

 

というのも、

ひとつのクリスタルが、もうひとつのクリスタルを包み込むようにして重なっているため

虹の浮かぶ接合面が、1面だけではなく、何面もあるのです。

 

 

人間の目の素晴らしいところは、そのいくつもの虹の面を、一度に見ることができること。

 

 

実物には遠く及びませんが、このクリスタルとつながって写したエンジェルフォトから、

なんとなく、その虹の雰囲気を感じ取っていただけるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170227_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、この虹を眺めていて、何かに似ていると思いました。

 

 

 

記憶をたどってみると、それは、愛する人と一緒にカウアイ島で見た、

幾筋もの滝でした。

 

 

 

虹の柱のようにも、虹の滝のようにも見える、このふたりの間に浮かぶ虹。。。。。。

 

 

 

 

 

 

そして、きっとあるはず・・・・

と思いながら探したら、やはり見つかりました。

 

 

小さな小さなタントリックツインにも、虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

タントリックツインにタントリックツインが存在しているという奇跡、

まるで夢を見ているかのような鮮やかで美しい虹、

それぞれのクリスタルに刻まれた深遠なレコートキーパー。。。。。。

 

 

 

このようなクリスタルは、ご縁のある方が出会うと、

「ああ、私のクリスタルだわ・・・・・」と、はっきりとわかります。

 

 

 

それは、もう、『魂でわかる』としか表現できないのです。

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170127_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0327
クリスタル名:〜タントリックツイン&タントリックツイン

夢のようなマジカルレインボーが輝く、奇跡のダブルタントリックツイン〜
サイズ: 約5,3×1,8×1,5センチ
産地:Brazil

prix:277,777円

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 


「 〜虹の尾を引くゲートウェイを持つ、クリスタルの星からやってきたタントリックツイン〜 」

 

 

          20170214_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「水晶ものがたり」に登場した、美しいソウルメイトのふたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_01.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_03.jpg

 

エンジェルリリアの手の上に置くと、このような感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_05.jpg

 

この向きで見ると、先端が2つあり、

タンリックツインであることがよくわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_06.jpg

 

私が正面と感じる角度から。

中央から上の部分は、透明度が素晴らしく、向こう側がくっきりと透けて見えます。

あまりに透明度が高く、ふたりがぴったりと結合しているため、

遠くから見ると、ひとつのクリスタルに見えるかもしれません。

下の方は、白くふわっとしていて、私は、このふんわりを見ていると、

幸せな春の日のやわらかな霞を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_07.jpg

 

後ろ側から。

こちらの雰囲気も、とても素敵です。

透明度が高いので、反対側のフェイスが光を反射し、それが透けて、

先端部分の一部が白く写っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_08.jpg

 

今度は、少し斜めから。

どの角度から見ても、絵になるふたり。。。。

そして、このふたりには、とある、たいへん興味深いギフトがあるのです。

 

 

 

 

 

 

それは、『ゲートウェイ』

 

 

 

 

ゲートウェイとは、クリスタルの表面にある、
三角形、六角形などの、結晶状をしたくぼみのことです。

くっきりとスタンプを押したようにくぼんだものや、
すり鉢状、階段状にくぼんだものもあります。

 

 

このゲートウェイを持つクリスタルは、
私が非常に強く惹かれるクリスタルのひとつ。

 

 

 

gatewayの意味は、「入り口」

クリスタルに刻まれたこのゲートウェイが表しているのは、

「新しい世界、新しい次元への入り口」や、
「隠された情報につながるための扉」であると言われています。

 

 

 

 

そのゲートウェイがある場所が、とても素敵で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

20170214_24.jpg

 

正面から見た時の、この位置にあります。

つまり、ふたりを見るたびに、このゲートウェイが目に入るということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_09.jpg

 

斜めから見ると、この位置。

くぼんでいるのか、なんとなくおわかりになるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

そして、なんと・・・・

 

 

 

 

 

 

このタントリックツインには、ゲートウェイがもうひとつ存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_11.jpg

 

こちらの白く見える6角形もゲートウェイなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_10.jpg

 

ゲートウェイが2つもあるという、なんとも稀な

『ダブルゲートウェイのタントリックツイン』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_12.jpg

 

正面に見えるゲートウェイ。

美しい6角形です。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_13.jpg

 

2つ目のゲートウェイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのゲートウェイは、不思議なゲートウェイで・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_14.jpg

 

ゲートウェイからつながるように、結晶がついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_15.jpg

 

しかも、虹が浮かんでいます。

この部分は、一見欠けているように見えますが、実はそうではなく、

わずかに盛り上がっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今度は、落ち着いた色の背景で、ふたりをお見せいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_19.jpg

 

1つ目のゲートウェイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_23.jpg

 

2つ目のゲートウェイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_21.jpg

 

私には、このゲートウェイが、

まるで虹の尾を引きながら、夜空で輝いている、美しい彗星のように見えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちにご縁のある魂に出会うために、

遠い遠いクリスタルの星から、人間界にやってきた、

水晶のソウルメイトのふたり。

 

 

私は、このふたりから、たくさんの秘められたメッセージと物語を感じます。

 

 

それは、きっと、このふたりにご縁のある魂が、

2つの深遠なゲートウェイに、そっと指で触れた時、

虹色の尾を引く彗星が、その方のハートの中に現れてメッセージを告げ、

新しい世界に続く神聖な扉へと、いざなってくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_20.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170214_06.jpg

 

コレクション番号:LBC-0312
クリスタル名:〜虹の尾を引くゲートウェイを持つ、

クリスタルの星からやってきたタントリックツイン〜
サイズ: 約5,9×2,5×2,1センチ
産地:Brazil

prix:44,444円

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 神々が生んだ奇跡のクリスタル アメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン 虹の女神と虹の男神 」

 

        20170204_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の誕生日を境に、

私の中のクリスタルエネルギーが以前にも増して活発になり、
それと共鳴するように、次々にエネルギーの高いクリスタルたちがやってきました。

 

 

その後、いくつかのタントリックツインが群れをなして、私のもとにやってきたのですが、
その中に、とびぬけて美しく稀少なアメジストのタントリックツインが2つありました。

 

 

ひとつだけでも奇跡の出会いなのに、2つ同時にやってくるだなんて・・・・・

 


私は感動に胸を震わせながら、その出会いを天に感謝しました。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

先日お披露目した、小さな方のアメジストのタントリックツインが、

美しくも愛らしい「天使的なエネルギーを持つアメジストのタントリックツイン」

であるとすれば、
こちらは、神々しく、凛としたエネルギーを放つ、

「女神と男神のアメジストのタントリックツイン」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_01.jpg

 

すでに天使のリボンで結ばれた、もうひとつのアメジスト色のタントリックツインと並んで。
こうして見ると、大きさの違いがよくわかりますね。

その堂々たる姿は、圧巻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_04.jpg

 

ふたつのクリスタルを一緒に手に持つと、このような感じ・・・・・

高さがあるだけでなく、結晶自体がとても大きいので、重みもあり、

存在感という言葉を通り越して、ある種の神々しい迫力さえ感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_03.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。。。。。。

お気づきになりましたでしょうか?

このクリスタルは、正面から見ると、
ふたつのクリスタルの大きさと高さがほほ同じ、ソウルメイトツインの姿をしています。

ソウルメイトツインは、タントリックツインの中でも、ごくごくわずかしか存在しない、
たいへんめずらしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストのタントリックツインは、

その絶妙な色合いをエンジェルフォトにおさめるのがとてもむずかしく、
なぜか、全体が同じようなアメジスト色に写ってしまったり、

実際よりもヴァイオレットが暗めのお色に写ってしまうのですが、
実物は、淡い淡いヴァイオレット色のボディに、

ところどころほんのりと濃いヴァイオレットが入った
非常に美しい色合いのアメジストになります。

 


私と同じ感性を持つ方なら、きっとひと目見て、魅了されることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_07.jpg

 

この雰囲気が実物に近いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_23.jpg

 

どの角度から見ても素敵な美しいふたり。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い背景でエンジェルフォトを写すと、ふわっとした雰囲気に写ります。

 

 

それは、透明なボディのあちらこちらに、ミストのように白くなった部分があるのと、
透明度が高いがゆえに、まわりの色を写し込んでいるためです。

 

 

実物は、もっとクリアーで、

透き通るようなふたりを感じていただくことができます。
 

 

 

 

 

 

 

20170204_10.jpg

 

中央から上に行くに従って透明度が高くなっているふたりのボディ。
特に女性性を感じさせる、わずかに小さい方のクリスタルは、
先端部分が素晴らしい透明度をしています。
まるで彼女の魂の純粋さを象徴しているよう。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_13.jpg

 

私は、後ろから見たふたりも大好きです。
男性性を感じさせる大きな方のクリスタルが、
小さなクリスタルをしっかりと抱き寄せているように見え、
『真の愛のサポート』を感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_14.jpg

 

別の角度から。
喜びの中で、抱擁をしているようなふたり。。。。。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_16.jpg

 

ふたりの間に浮かぶ虹、見えますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストのタントリックツインには、

いろいろな場所にたくさんの虹が入っています。

 


間違いなく『虹のソウルメイト』のふたりです。

 

 

 

 

 

 

 

その虹が、どれも素晴らしいのですが、
エンジェルフォトに写せたのは、ほんの少しのみ。

 

 

 

 

 

 

 

20170204_15.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたりの間(中央部分)に入っている虹、大きな方のクリスタルに入った虹、

どれも麗しく見とれてしまうのですが、私がとりわけ好きなのが、

女性性を感じさせる小さなクリスタルのフェイス部分に入った虹です。

 

 

 

 

 

 

 

これが、どうしてもエンジェルフォトに写らず、
もうこれで撮れなかったら、いさぎよくあきらめて、

言葉だけで説明しましょうと思い、
最後にエンジェルフォトを写したところ、
なんとか少しだけ写りました。

 

 

 

 

 

 

 

20170204_25.jpg

 

この虹が、鮮やかで透明で、本当に綺麗なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

写したいのに写らない。

 

 

このような時には、必ず何か意味があるのです。

 

 

私がお見せしたい虹は、きっと女神と男神の聖なる力によって、

守護されているのでしょう。

 

 

ですから、私は、彼らの思いを尊重します。

 

 

そう心の中で思った時、どこからともなく、「ありがとう。。。。。」

という声が聞こえてきたような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

 

ここまでお伝えしただけでも、

十分すぎるほど、このふたりの素晴らしさを感じていただけたかと思いますが、

最後に、この贈り物を。。。。。。

 

 

このアメジストのタントリックツインは、稀少な『水入り』なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_20.jpg

 

丸い輪で囲んだ部分に、気泡が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_17.jpg

 

気泡の場所、おわかりになりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_18.jpg

 

ここにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、はっきりと確認できたのは、この水の小部屋のみだったのですが、
その他にも、水の小部屋があるような気がする・・・・

と直感で感じて探してみたところ、やはりありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_27.jpg

 

左の丸で囲んだ付近に、もうひとつの水の小部屋があります。
なんとこのクリスタルも、 「ダブルウォーターイン」だったのですね。
こちらのタントリックツインは、女性性を感じさせる小さな方のクリスタルに、
水の小部屋が2つ存在します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_26.jpg

 

いつまでも、2人一緒に愛の物語を紡いで。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170204_24.jpg

 

神々の波動を感じる、アメジストのソウルメイトツイン。

素晴らしい無数の虹を、自らの成長の過程で誕生させ続ける彼らは、

虹の女神と虹の男神でもあるのでしょう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉より先に、出会えたことへの喜びが、涙になってあふれ出てくる・・・・・

そんな類まれなるクリスタルです。

 

 

私と私の愛する人と同じように、

『アメジスト』 『ソウルメイト』 『虹』 『水』をキーワードに持つ方、
そして、とりわけ『女神』をご自身のキーワードに持つ、美しき魂に。。。。。。

 

 

 

 

*このクリスタルには、リリア&ダーリンの遠隔個人セッションがつきます。

 


ご希望により、対面個人セッションに変更することも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

20170204_10.jpg

 

コレクション番号:LBC-0307
クリスタル名:〜神々が生んだ奇跡のクリスタル アメジスト色のソウルメイト

ダブルウォーターイン 虹の女神と虹の男神〜
サイズ: 約6,6×3,9×2,2センチ

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 


「 記憶の中のレムリア アメジスト色の海 」

 

20170114_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、私の記憶の中のレムリアにある、アメジスト色の海。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_02.jpg

 

私は、きっとこんな風に、

その海の水を、この手にすくい上げたに違いありません。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_12.jpg

 

えもいわれぬ、繊細な色合い。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_13.jpg

 

まるで氷のような、その結晶・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光に透かすと。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_04.jpg

 

なんだかこの世のものではないような、「超越した美」を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジスト色の海は、小さな虹があちらこちらで輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_11.jpg

 

今、探しただけでも、これだけ見つかりました。
まだまだあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_09.jpg

 

落ち着いた色の背景で。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_08.jpg

 

レムリアのアメジスト色の海が、そのまま結晶になったかのような美しさ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170201_10.jpg

 

淡いお色の部分は、限りなく透明に近いヴァイオレット色。
私が、「氷のような・・・・」と表現したその透明感と繊細さ、
少しでも伝わりますでしょうか。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手に持ってみると、驚くほど軽く、

その軽さは、どこか現実離れしていて、

今は、自分の手の中にあるけれど、

明日になったら、消えてしまうのではと思うほど。。。。。。

 

 

そして、レムリアの世界に、戻っていくのではないかと。。。。。。

 

 

 

でも、明日が来ても、そのまた次の日が来ても、

このアメジスト色の海は、消えません。

 

 

なぜなら、その結晶は、

あなたに大切な記憶を思い出してもらうために、

やってきたから。。。。。。

 

 

おとぎ話などではなく、

かつてあなたが、確かにその場所に存在し、その場所で生き、

その時あなたの中で輝いていた『レムリアの愛』は、

今もあなたの内にあるということ。

 

 

そして、いつ、どんなところにいても、

その愛をあふれさせることができること。

 

 

そう、どこまでも広がる、あの海のように。。。。。

 

 

あなたの愛に洗われて、

すべてのものたちは浄化され、

再び、息を吹き返す。。。。。

 

 

本来の姿を取り戻した命たちの、なんと美しいことよ。

 

 

 

 

 

 

 

*      *     *

 

 

 

 

 

 

 

眺めているだけで、魂が透き通っていくようなクリスタルです。

 

 

同時に、たくさんの「レムリアの鍵」が結晶化した、

非常に深遠なクリスタル。

 

 

その封印を解くキーは、

「このクリスタルに直接触れること」だそうです。

 

 

 

 

 

 

遠い昔、私と一緒にこの海を眺めてくれた、
私の大切な友である、レムリアの女神へ、

幾千年の愛をこめて。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170114_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0306
クリスタル名:〜記憶の中のレムリア アメジスト色の海〜
サイズ:8,9×7,9×1,0センチ

※大きさがあるため、クリスタルの宝箱には入りませんが、

大切にお包みしてお届けいたします。

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン 」

 

         20170106_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虹色の年である2017年、最初のクリスタランを飾った、

美しいアメジスト色のソウルメイト。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_05.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が出会ってきたタントリックツインたちは、

こちら側が正面、つまり、こちらが「お顔」と感じる向きがあるのですが、
このタントリックツインは、めずらしいことに、

どちらから見ても、それぞれに素敵なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_03.jpg

 

これは、1枚目のエンジェルフォトとは、反対側。

すみれ色のクリスタルのお城の前に立つふたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

その透明感とヴァイオレットの繊細なグラデーションは、
エンジェルフォトには写しきれません。
 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_01.jpg

 

このアメジストのタントリックツインを眺めていると、
私は、ずっと昔に天使のリボンで結ばれた『天空のタントリックツイン』を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_14.jpg

 

そして、私たちの大切な宝物、カウアイ島で一緒にダブルレインボーを見た

99番のタントリックツインのふたりにも、どこか似ているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の愛する人に、このアメジストのタントリックツインを見せてあげた時、

「本当にきれいだね。。。。。」と言いながら、何度も光の中で眺めていました。

 

 

そして、ダーリンが何気なく、平らなところにこのふたりを置くと、

なんと、原石でまったく磨かれていないにもかかわらず、自立したのです。

 

 

 

 

 

 

 

20170119_19.jpg

 

こちら側の向きで置くと、わずかに右に傾きますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_12.jpg

 

こちら側を正面にして置くと、天に向かってまっすぐに立ちます。

原石で自立するタントリックツインは、まずお目にかかれません。

 

 

 

 

 

 

お次は、虹について。

 

 

このふたりの中には、キラキラと輝く、たくさんの小さな虹が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_15.jpg

 

特にお気に入りなのが、ふたりのちょうど真ん中に入っている、この虹。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このふたりの素晴らしい贈り物が、

『遠い昔の水』を、その内部にたたえていること。

 

 

 

 

 

 

 

20170119_27.jpg

 

このあたりに、水の小部屋があって、小さな小さな気泡が動くのが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_24.jpg

 

今度は、反対側です。
ここにも、同じような場所に、別の水の小部屋があります。
つまり、このタントリックツインは、

背の高い方のクリスタル、背の低い方のクリスタル、
その両方にそれぞれ水の小部屋を持っているという、

非常にめずらしいタントリックツインなのです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_22.jpg

 

こちらの水の小部屋は、気泡がたいへん大きく、
クリスタルを傾けると気泡が移動するのがはっきりと見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_29.jpg

 

今、この位置にある気泡が・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170119_30.jpg

 

左の丸で囲んだあたりまで、ころころと水の小部屋の中を動きます。

移動距離が長いので、眺めているのが本当に楽しく、

一体何度、このタントリックツインを手に取って、動かしたことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

20170119_04.jpg

 

実物は、エンジェルフォトをはるかに超える美しさ・・・・・

 

 

 

 

 

 

私とダーリンと同じように、

『アメジスト』 『ソウルメイト』 『虹』  『水』をキーワードに持つ方で、

このふたりを大切に大切にしてくださる方に。。。。。

 

 

 

 

 

*このクリスタルには、リリア&ダーリンの遠隔個人セッションがつきます。

 

 

ご希望により、対面個人セッションに変更することもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170106_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0304
クリスタル名:〜虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン〜
サイズ: 約5,1×3,0×2,4センチ

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 


「 不思議な魔法石 フェアリーキャッスル 〜妖精のお城〜 」

 

        20170108_01.jpg    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで妖精たちの棲むお城のよう。。。。。

 

 

初めて見た時にそう感じたことから、 
Fairy Castle フェアリーキャッスル〜妖精のお城〜と名付けたアメジスト。

 

 

このお城には、小さな淡いヴァイオレット色の妖精たちがたくさん棲んでいて、
私は、このお城を訪れるたびに、妖精たちに中を案内してもらいます。

 

 

 

 

 

 

暗い場所で見た時と、光あふれる場所で見た時の印象がかなり異なる
なんとも不思議なクリスタル。

 

 

暗い場所で見ると、『鉱物的』

 

 

明るい場所で見ると、『隠された秘密の力が、今にも発動しそうな魔法石』

 

 

見る角度によって、まったく別のクリスタルに見えるのです。

 

 

大げさではなく、本当に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

ある時は、妖精のお城、
ある時は、母岩や砂のようなものがあちらこちらについている、大地の石、
そして、ある時は、虹のアメジストドルフィン。。。。。。

 

 

「二面性」どころか、「多面性」を持つクリスタルといえましょう。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、落ち着いた光の中で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_12.jpg

 

そのアメジストは、そっと息をひそめているよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、光の中で手に持ってみると・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_05.jpg

 

この美しさ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、やわらかな光が差し込む室内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くるりと向きを変えると・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_03.jpg

 

このようにまったく別の表情を見ることができます。
母岩がしっかりと残るボディ。
クリスタルって、本当に大地から生まれるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_04.jpg

 

ほのかに珊瑚色がかった母岩は、とてもあたたかみを感じます。

この母岩の中には、光を浴びてキラキラと輝く銀色の鉱物が混じっていて、

それが、フェアリーの羽からこぼれ落ちる『妖精の魔法の粉』のように見えるのです。

この摩訶不思議なクリスタルを見ていると、

もしかしたら、本当にそうなのかもしれない・・・・

そんな風に思えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161122_19.jpg

 

エンジェルリリアの手の上で・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_08.jpg

 

幻想的って、きっとこのようなことを言うのです。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの内部には、たくさんの虹が入っています。

 

 

そのどれもが、私がイメージする「妖精の国の虹」です。

 

 

ひと目見てわかるはっきりとした鮮やかな虹というよりも、
ほのかな、でも、確かな虹。

 

 

たとえて言うならば、霧にけむる湖の奥底から湧き出る虹のような。。。。。

 

 

ほのかなもの、ひそやかなものは、
時に、どんな鮮明なものよりも、私たちから想像力を引き出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

私が特に好きな虹があるのですが、その虹は幾度チャレンジしても、
エンジェルフォトには写りませんでした。
 

 

妖精たちがこう言っています。

 

 

「フェアリーリリア、それは受け取ってからのお楽しみよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_16.jpg

 

このあたりに浮かぶので、受け取られたら、どうぞ探してみてくださいね。
きっと、「これだわ!」と思うはずです。

 

 

 

 

 

 

 

それではここで、このお城のお気に入りの場所をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_09.jpg

 

私が「水晶のお花の塔」と名付けた不思議な結晶群。 
アメジストの先端に、透明な水晶が、まるでお花のようについています。
あるいは、紫色のアメジストの上に水晶の蓋をつけたような。。。。。
そんなことを考えていたら、たった今、もうひとつ別の名前を思いつきました。

 

 

 

 

 


「妖精たちの香水瓶」
 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの不思議な魅力は、まだまだたくさんありますが、
最後にもうひとつだけ。

 

 

ある角度から見ると、 『アメジスト色のイルカ』が見えるのです。

 

 

 

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

     ・

 

 

 

 

 

20170108_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにも見えましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_17.jpg

 

ここにいます。
ちゃんと胸ビレまであって、まるでアメジスト色の海から、

ジャンプしようとしている瞬間のよう。
このエンジェルフォトでは、ぼんやりとしかわかりませんが、
実物を見ると、目のあたりが、ちゃんと黒っぽくなっているのですよ。
そして、このアメジストドルフィンの中には、小さな虹が入っています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_08.jpg

 

このお話の続きは、どうぞあなたと妖精たちとの間でつむいでくださいね。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170108_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0305
クリスタル名:不思議な魔法石 フェアリーキャッスル 〜妖精のお城〜
サイズ: 約6,4×4,3×3,8センチ
産地:India

*大きさがあるためクリスタルの宝箱には入りませんが、

大切にお包みしてお届けいたします

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 


「 kauaiスペシャルブレッシング! ダブルレインボーの祝福 七色に輝く永遠の愛の中で結ばれる、虹のソウルメイト」

 

        20161223_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レインボークリスタル宮殿には、私が『伝説のタントリックツイン』と呼ぶ、

大きな大きなタントリックツインがあります。

 

 

今から何年も前に、そのクリスタルを迎え入れた後、

私のもとに、まるで、そのタントリックツインの「小さな分身」のような

クリスタルがやってきました。

 

 

その姿形や、かもし出す雰囲気、そして波動が、
私と愛する人の宝物である、あの大きなタントリックツインに、

とてもよく似ているのです。
 

 

その小さな分身のタントリックツインは、
それから常に、大きな大きな伝説のタントリックツインの隣に置かれ、
いつか受け取れる方が現れたら・・・・・と、心の中で思いながら、

森の奥で大切に育んできました。

 

 

「育む」というのは、不思議な表現かもしれませんが、
私にとって、クリスタルは、自分の子どものような存在なのです。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_04.jpg

 

完璧なバランスと美しいハーモニー。
タントリックツインの中のタントリックツインと呼びたくなるような、
素晴らしい姿をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_05.jpg

 

この角度から見ると、
それぞれのクリスタルの三角形型をしたフェイスが正面を向いて仲良く並び、
本当にぴったりと寄り添い合うソウルメイトのよう。。。。。
 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_18.jpg

 

トップや側面などは、原石のままで、底だけが磨かれています。
そのため、このような美しい形で立つのです。
置くだけで、そこが神聖なサンクチュアリになるようなクリスタル。。。。。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_15.jpg

 

どの角度から見ても、タントリックツインであることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_13.jpg

 

エンジェルフォトには、なかなか写らないのですが、
このタントリックツインの中には、やさしい虹が、ところどころにふんわりと浮かびます。

白く光って見えるのは、虹の層。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、姿だけではなく、この特徴も、伝説のタントリックツインと共通しています。

 


それは、ファセットに浮かぶ、レコードキーパー。

 

 

 

 

 

 

 

20161223_06.jpg

 

しかも、ひとつだけではありません。

じっと目を凝らしてよく見てみると、大きな三角形のレコードキーパーのまわりに、
小さな三角形のレコードキーパーが点在しているのがわかりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

このタントリックツインは、とても特別なエッセンスを秘めている、
パーソナルなクリスタルだと、出会った時から感じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日のこと。

 

 

私は、はっきりと刻まれた大きなレコードキーパーをもっとよく見ようと、
朝の光の中で、このタントリックツインを眺めていました。
 

 

すると、光を受けて、そこにある何かが、うっすらと浮かび上がったのです。

 

 

思わず、驚きの声を上げてしまいました。

 

 

 

 

 

 

20161223_07.jpg

 

なんとそこには、数え切れないほどたくさんのレコードキーパーが
そのフェイス一面を覆いつくすように、びっしりと刻まれていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_09.jpg

 

あまりに小さくて密集しているので、普通に見ていては、わからなかったのですが、
間違いなく、レコードキーパーです。
しかも、このフェイスだけではなく、いろいろな面に確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

完璧なバランス、美しいハーモニー、やわらかな虹、
そして、これほどたくさんのレコードキーパー。

 

 

フォトジェニックなふたりは、

今まで、私のエンジェルフォトに幾度も登場してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

20161223_19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_20.jpg

 

一番後ろにいる、とびきり大きなクリスタルは、「エンジェルオブローズクォーツ」
その向かって右隣は、「薔薇色の天使のスターローズクォーツ」
深いヴァイオレット色の世界に鮮やかな虹が浮かぶ「アメジスト 虹の女神の大神殿」
そして、今、このエンジェルフォトを眺めていて、気づきました。
透明度が高いので、光と一体化していますが、タントリックツインの少し後ろの右側、
半分だけ姿が見えているのが、レムリアンシード・クリスタルの「ホクレア」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_02.jpg

 

「薔薇と天使」も似合うので、
いつもは、私のプライベートクリスタルのタントリックツインが飾られている場所に、
特別に置かれたこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

20161223_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月にカウアイ島に行くことが決まり、

森の奥から連れて行くクリスタルを選ぶ時、
私は、真っ先にこのタントリックツインを連れていきたいと直感で感じました。

 

 

私たちの分身のようなクリスタル。

 

 

その旅で体験するすべてを、このふたりと分かち合いたいと思ったのです。

 

 

 

 

 

 

20161223_22.jpg

 

アメジストの船と一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161002_01.jpg

 

ふたりを取り囲むのは、美しいプルメリアの妖精たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161107_02.jpg

 

聖なる神殿にて。
ともに旅をしたクリスタルたちと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161107_01.jpg

 

神聖なマナが宿った石の上で、

レムリアの風に吹かれて。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161011_01.jpg

 

そして、奇跡のダブルレインボーの祝福。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161011_02.jpg

 

何度思い出しても、胸がいっぱいになります。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこれ以上の説明は、必要ありません。

 

 

魂で、「私のクリスタル」だと感じ、

大切に大切にしてくださる方に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20161223_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0099
クリスタル名:〜kauaiスペシャルブレッシング! ダブルレインボーの祝福
七色に輝く永遠の愛の中で結ばれる、虹のソウルメイト〜
サイズ: 約9,5×6,0×5,4センチ
産地:Brazil

※このクリスタルには、リリア&ダーリンの遠隔個人セッションがつきます。

 

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others