「 エンジェルリリアの手 」


       


以前からずっと「何か素敵な方法がないかしら?」と、
思っていることがありました。


それは、ここを訪れてくださる魂の家族たちに、
リリア・バービー・クリスタルの大きさを
もっとわかりやすく直感的にお伝えすること。


物の大きさを伝える方法のひとつに、
「手と一緒に写真を撮る」というものがあります。


人間の大人の手は、男性と女性で大きさは若干違いますが、
身長のように、人によって何十センチも差があるというわけではないので、
物の大きさを判断するのに、とてもよいのです。


そのため、「クリスタルを手のひらの上にのせているエンジェルフォトを・・・」と
過去に幾度かチャレンジしてみたこともあるのですが、
なかなか思い通りにいきませんでした。


リリア・バービー・クリスタルをご紹介する時に、
「クリスタルの宝箱の上で・・・・」というおなじみのエンジェルフォトと言葉が
出てくるのを、あなたもよくご存じだと思います。


これには理由があって、
ひとつめは、自分の創造したクリスタルの宝箱とクリスタルが一緒にいる光景が
純粋に大好きだという気持ちから。


もうひとつは、
私の魂の家族たちは、クリスタルのギフト付のスペシャルセッションに参加されたり、
すでに、リリア・バービー・クリスタルをお迎えしてくださっている方がとても多いので、
ご自分の「クリスタルの宝箱」と、クリスタランのエンジェルフォトを見比べることで、
なんとなくクリスタルの大きさを想像していただけると思ったからです。


でも、私の中には、
常に、「何かもっと自分らしくて素敵な方法がないかしら?」
という思いがありました。


そして、愛に満ちた宇宙が、とうとうその願いを叶えてくれたのです。



 

 20141206_02.jpg





その手に出会った時、なんと繊細でやさしい手なのかと思いました。


次に、この手にクリスタルをのせたら、きっと素晴らしいに違いないという
心躍るインスピレーションが降りてきました。


私はドキドキしながらその手を見つめ、思いました。


大きさはどうかしら?


人間の女性の手と、同じくらいだとよいのだけれど・・・


その手を持ち上げ、私は、自分の手をそっと重ねてみました。




すると、なんと。。。。。


その手は、私の手とぴったり同じ大きさだったのです。



心の底から言葉にならない喜びがあふれてきて、
私はただただ感動するしかありませんでした。

 

その白く美しい手に、私は「エンジェルリリアの手」という名前をつけました。


私の本物の手は、「リリア・バービーの手」で、
こちらは、私の天使的エネルギーが物質世界で形になった、
「エンジェルリリアの手」です。

 

エンジェルリリアの手を受け取ったその夜は、素晴らしい月夜でした。


私がもっとも惹かれる、満月になる直前の、輝きが最高潮に達した月です。


その月を森の奥で眺めていたら、
エンジェルリリアの手を、月の光でブレッシングしてあげたいと思いました。


月明かりの下に、その白い手を持って立った時、
私には、エンジェルリリアのふたつの手が、
天から地上に向かって降り注ぐ美しい月の光を、
やさしく受けとめているように見えました。



宇宙がプレゼントしてくれた、エンジェルリリアの手。


これから、リリア・バービー・クリスタルをのせて、
ここを訪れるみなさまに、
この世界できらめく、たくさんのクリスタルの素晴らしさを届けてくれることでしょう。

 

 

 

「 リリアの森をイメージして・・・・ 」

 
     








リリア&ダーリンの対面個人セッションを受けに来てくださった魂の家族が、
素敵なお花をプレゼントしてくれました。

聞けば、「リリアの森」をイメージしてアレンジメントしてもらったお花なのだそう。

「白とグリーンを基調にして」ということだけ伝えて、
あとはおまかせにしたそうです。

私の大好きなふんわりとしたやさしい色味の白いバラ。

5月のリリアの森からそのまま摘み取ったかのような
さまざまな色合いの緑たち。

かわいらしいホワイト色のカラーが2輪添えられているのを見つけて
うれしいシンクロニシティを感じました。

今まさに、私の家のまわりを流れている水の小道では、
美しい白いカラーがたくさん咲いているのです。

そして、白とグリーンのお花たちで表現されたリリアの森の中に、
小さな小さなピンク色のお花が。。。。。

まるで、森の奥で、5月の美しい緑にうっとりと見とれている私みたい・・・・

魂の家族の愛がこもった、麗しいお花たち。

セッションの間、ずっと私たち3人を見守ってくれて、
今は、レインボークリスタル宮殿の窓辺で、
あの時の幸せな余韻を、そっと届け続けてくれています。







 


「 真の自分にふさわしい物を迎え入れる 」

 
     





「古くなったエネルギーを手放すと、
新しい何かがやってくる。

だから、今のあなたにとって、もう必要のないものを、
手放しましょう。」

これは、スピリチュアルな世界だけに限らず、
いろいろな分野で広く言われている言葉です。

振り返ってみると、確かに、私はこれまでの人生の中で、
「ある日突然、無性に何かを手放したくなり、
その後に、新しいものがやってくる」
ということを、数え切れないほど経験してきました。

しかし、ある時、
自分には、とても興味深い、「もうひとつの別のパターン」
があることに気づきました。

それは、

「自分の目の前に、素晴らしいものが現れ、
それを喜びとともに迎え入れると、
人生がさらに素晴らしく変わっていく。」

というものです。

新しい何かを手に入れたくて、「頑張って何かを手放す」のではなく、

「自分の前に、魂が喜びに震えるような素晴らしいものがやってきて、
それを幸せに迎え入れると、
いつの間にか、そのエネルギーと共鳴しない古いものたちが、
ごくごく自然に離れていき、
気がつくと、より輝きに満ちた人生を楽しんでいる」

ということが、
頻繁に起こっていることに気づいたのです。

その過程が、いわゆる世間で言われていることとは、
「逆の順番」だったために、
私は、そのことを、とてもおもしろいと感じていました。



天秤座の新月の日。

前日に起こった素敵な奇跡の余韻に浸りながら、
夜に行われるセッションに向けての準備を楽しんでいる時に、
その「素晴らしいもの」は、私の目の前に現れました。

それは、私の魂の本質と、天秤座と牡牛座のキーワードが
すべて溶け込んだようなとても美しいクリスタルでした。

見た瞬間、インスピレーションを感じました。

そして、こうした出会いの時に、いつも感じてきた、
独特の高揚感に包まれました。

私は、直感的に、それが宇宙から自分への贈り物だと感じました。

もっと正確に表現するなら、
「新しいステージに入った自分への贈り物」です。




大きな素晴らしい変化の前に、私の目の前に現れるものは、
いつも、素晴らしく美しく、
そして、多くの場合、
それには、素晴らしいエンジェルマネーが付けられていました。

昔の私は、そんな時、その贈り物を、
ただひたすら、憧れの眼差しで見つめることしかできませんでした。

自分が受け取れるなんて、考えもつかなかったからです。

でも、ある時、私は自分の中からわき上がる強烈な思いに目覚めました。

「これを受け取りたい!
そして、自分のすべてで、その素晴らしさを味わいたい!」

受け取れない理由を、あれこれ並べたてるのではなく、
自分の思いを素直に宇宙に伝えたその時から、
私の人生は変わり始めました。



あなたが、自分の「個性」を愛し、
この人生を、さらなる喜びで彩りながら生きていこうと決めた時、
宇宙は、これからあなたの中で目覚め、
あなたの中で花開こうとしているエネルギーにぴったりなものを、
素晴らしい贈り物として、目の前に差し出してくれます。

それを何の迷いもなく受け取れることもあれば、
いろいろな思いが飛び交って、躊躇してしまうこともあるでしょう。



今日のダイアリーのタイトルは、

「今の自分にふさわしい物を迎え入れる」

ではなく、

「真の自分にふさわしい物を迎え入れる」

です。



この世界には、たくさんの「もの」があります。

その中のどれが、「真の自分」に、ふさわしいのか。

あなたの魂は、その答えを、
必ずや知っていることでしょう。。。。。






「 光の道 」


   
 
かつて、スピリチュアルな学びの旅に出ていた頃、
私の最大の関心事のひとつは、「愛と怖れ」だった。

その言葉は、いろいろな書物に、たびたび登場した。

私は、自分自身に、よくこんなことを問いかけた。

「私は愛を選ぶのか、それとも怖れを選ぶのか?」

ある時、気づきが訪れた。

私が何かに怖れを感じるのは、
おそらく、そのそばに、
自分にとって、とても大切な「何か」があるからだ。

それをこうして教えてくれている「怖れ」とは
もしかしたら、悪いものでも何でもなく、
ほんの少し見方を変えれば、

私の知っている愛とは、また違った形の愛、
と言えるのかもしれない。

それに気づいた時、
私は、怖れを手放そうとするのをやめた。

怖れと格闘して、
愛を選ばねば、と頑張ることもやめた。

もう今の私は、
「私は愛を選ぶのか、それとも怖れを選ぶのか?」
と、問いかけることさえない。

怖れすら、この両腕にやさしく抱きしめて、
今日も私は、光の道を歩いていく。              



                     リリア・バービー 
            

            
       


「リリア・ナンバー」


          



「11」 「111」 「1111」

はじまり。
新しい創造。
新しい扉が開く。



「22」 「222」 「2222」

ソウルメイト ・ ソウルファミリー。



「33」 「333」 「3333」

大いなる共同創造。
マリア様。



「44」 「444」 「4444」

天使たち。



「55」 「555」 「5555」

変化 ・ 変容。
自分の信念やインスピレーションを信頼し、軽やかに進む。



「66」 「666」 「6666」

愛 ・ 喜び ・ 美 ・ 調和。



「77」 「777」 「7777」

虹色の祝福。



「88」 「888」 「8888」

たくさんの幸せ。
ご縁の広がり。ご縁の深まり。
豊かさ。
無限・インフィニティ。



「99」 「999」 「999」

最高。



「0」

ワンネス。



〜*全数字に共通するメッセージ*〜


「あなたは素晴らしい」

「すべてはうまくいっている」

 


 


 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others