「 全ては、ちゃんと必然で起こっているのですね 」

 

        20170601_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリア、連絡遅くなってごめんなさい。

 

 

心を静かに落ち着けて、お手紙を書きたかったのですが、
なかなかそういう時間を見つけられず、
到着してから少し時間が経ってしまいました。

 


先日、白い小箱に乗って、セレスタイトが私の家に来てくれました。
いつもなら絶対荷物が届かないような、朝の時間帯。
ちょうど仕事に出かけようとした時に届いたので、とてもびっくりしました。
妖精たちの、ちょっとしたいたずら心だったのでしょうか?

 

 

セレスタイトはとても丁寧に包まれていて、とても良い香りがしました。
やわらかくて優しい香りです。リリアのイメージにぴったり。
お手紙も、小箱も、全てがリリアらしくて、胸が高鳴りました。

 

 

セレスティアンブルーのリボンをほどくと、そこにはキラキラと輝く美しい妖精が。

 


実はセレスタイトを選ぶ前、ちょっと体調を崩してしまって、

声が全然出なくなっていました。
その時、ふと目に入ったセレスティアンブルーが、私を癒してくれるような気がして、
私の元に呼びたいと思ったのです。

 


でも、リリアがお手紙で、

私の誕生日とセレスタイトのつながりの秘密について教えてくれて、
私が頭で考えていた以上のご縁の深さに感動してしまいました。

 


全ては、ちゃんと必然で起こっているのですね。

 


リリアの事を知ったのは随分前だったのだけど、ここ数年は自然と離れていました。
でも、やっぱり私が好きなのはこういう場所なんだ、と思い出したのがきっかけで、
リリアのページを久しぶりに覗いたところ、セレスタイトに出会うことができました。

 


リリアのように、存在そのもので誰かの心を癒せる人になりたい。
そう思うようになりました。

 


それってきっと、リリアが自分らしく生きているから。
リリアが体現する、幸せで豊かな生き方そのものが、人の心を動かすのでしょう。

 


私ももっと自分らしく、ありのままを愛して、人生の豊かさを伝えられる人でいたい。
そんな可能性を見せてくれたリリアに感謝しています。

 


ありがとう。

 


遠隔セッションでリリアのエネルギーを感じられるのを楽しみにしています。』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

私のことを「リリア」と呼ぶ魂の家族は、あまりいないので、
そう呼ばれると、なんだかドキドキしてしまいます。

 

 

でも、私は、魂の家族たちが、私のことを、呼びたいように呼んでくれるのが好きです。

 

 

セレスタイト、妖精たちが、めずらしい時間に届けてくれたのですね。

 

 

「サプライズ、大成功!」と、楽しそうに笑い合っているフェアリーたちの姿が
目に浮かぶよう。

 

 

このお便りはもちろんのこと、
このクリスタルをエントリーしてくださった時のあなたのメッセージも
大切に読ませていただきました。

 

 

あなたのお便りを読んで、素直に、純粋に、うれしかったです。

 

 

まるで、ずっと旅していて、会っていなかった家族が、
ただいま、と言って、扉を開けて、家に帰ってきた時のような気持ち。

 

 

あなたがしてきた素敵な旅のこと、いっぱい聞きたいような気もするけれど、
今は、こうして、またあなたに会えたことが、ただただうれしい。。。。。

 

 

 

 

 

何かに夢中になって、いつしかそれから自然に離れて、
たくさん旅をして、この世界を探検して、笑って、泣いて、
ある時、ふと思い出した、懐かしい小道をたどって行ったら、
自分の大好きなものが、昔と変わらずに、そこにいた。

 


私たちは、常に変わり続けているけれど、同時に変わらない何かもあります。

 

 

それは、私たちの本質につながるものだと、私は思っています。

 

 

 

 

 

「リリアのように、存在そのもので誰かの心を癒せる人になりたい。」

 

「私ももっと自分らしく、ありのままを愛して、人生の豊かさを伝えられる人でいたい。」

 

 

 

 

 

あなたは、もう、そうなっていますよ。

 

 

あなたの中にいる、本当のあなたは、
いつも、存在そのもので、誰かの心を癒し、
自分らしく生き、ありのままを愛して、
この世界に、人生の豊かさを光のように振りまいているのです。

 

 

そして、あなたは、その本当の自分、真の自分と、
溶け合い、共鳴し、調和し始めました。

 

 

だから、再びここにたどり着いたのだと思います。

 

 

 

 


今日も、どこかで、あなたという存在に癒されている人がいます。

 

 

その人は、必ずしも、「私を癒してくれてありがとう」と、
言葉であなたに伝えるとは限らないので、
あなたはそれに気づかないかもしれません。

 

 

また、あなたの存在に癒されているのは、必ずしも「人」とは限りません。

 

 

この世界、この星、この宇宙にいる、たくさんの存在たちに耳をすませた時、
あなたは、自分に降り注ぐ、たくさんの愛を、たくさんの感謝を、
感じることができるでしょう。

 

 

 

 

あなたは、あなたで、いいのです。

 

 

あなたは、あなただから、いいのです。

 

 

 


セッションの前でも、セッションの最中でも、セッションの後でも、
いつでもかまいません。

 

 

自分をそっと抱きしめて、こう言ってあげてください。

 

 

「あなたが、あなたでいてくれて、ありがとう。」

 

 

それは、本当のあなたから、今のあなたへの贈り物です。

 

 

そして、私も、同じ言葉を、あなたに贈ります。

 

 


森の奥から愛をこめて
リリア・バービー

 

 

 

 

 


「 包みをあけてゆくたび、本当に大切な宝物を送り出してくださったのだということをひしひしと感じました 」

 

        20170716_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『こんばんは、リリアさん。
あらためて、すみれ色の魔法の杖が届きましたので、ご連絡させていただきます。
この子を譲ってくださって本当にありがとうございます。

 


届いたときに、

可愛らしいというよりむしろ上品なすみれの宝箱がすみれ色のリボンで結ばれていて、
クリスタルを包むすみれ色の布もとても高貴な感じで、
包みをあけてゆくたび、本当に大切な宝物を送り出してくださったのだということを
ひしひしと感じました。

 

 

ひと目見て、とても静かなクリスタルだと思いました。
浮かぶ虹の色合いがなんとも不思議で、

魔法が生まれる時ってこんな色なんだろうなあと、
くるくる回しながら眺めています。

 

 

私のお城にはクリスタルたちの場所があるのですが、この子はそこではなくて、
私の側でしばらくは居てもらおうと思っています。
魔法使いはいつも杖を持っているものだし、今はそれが自然な気がするのです。

 

 

さて、遠隔セッションの日程なのですが

 

 

***
***
***

 

 

の中のどこかでいかがでしょうか?

 

 

ではよろしくお願いします!』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

お先に、レムリアのセッションのエントリーをありがとうございます。

 

 

そして、すみれの妖精の姫君の魔法の杖、
無事にあなたのもとに届いたのですね。

 

 

ひと月もの間、やさしい気持ちで待ってくださって、
本当にありがとうございました。

 

 

この子を、私のもとから送り出す時、
どうしても、すみれの宝箱に入れて旅立たせてあげたいと思いました。

 

 

それは、宝箱のサイズからデザインまで、
すべて一から創造を始めることを意味していました。

 

 

今あるいくつかの宝箱は、どれも小さすぎましたし、
その昔、一度、妖精の魔法の杖を送り出す時に作った細長い宝箱は、
いくらなんでも、この子には大きすぎました。

 

 

現在は、これまで開催してきた、たくさんのスペシャルセッションのギフトが
この世界に生まれ出る順番待ちをしている状態なので、
今からそんなことをしていたら・・・・と、一瞬迷いましたが、
こんな時は、自分の直感を大切にするのが一番です。

 

 

この魔法の杖を入れるにふさわしい、
最高に素敵なすみれの宝箱をつくるわ、と心に決めました。

 

 

そう決めてデザインを考え始めたものの、
絵柄のイメージが何種類かは浮かんでくるのですが、
どれもしっくりこず・・・・・・

 

 

そうこうしている間に、1週間が経ち、2週間が経ち、3週間が経ち・・・・・

 


毎日毎日、心の中は美しいすみれ色の宝箱のことでいっぱいなのに、

まだ、何ひとつ形になっていません。

 

 

私の顔は、時々、ものすごく真剣な表情になりましたが、
たいていの場合は、笑っていました。

 

 

人間界の最大の楽しみは、
何でも一瞬で叶ってしまう魔法を使うことではなく、
その過程を楽しむことだと知っていたからです。

 

 

 

 

そして、『本物の魔法』が降りてくる瞬間がやってきました。

 

 

インスピレーションがあふれて、体が勝手に動き出す。。。。。

 

 

ああ、そうそう、私が好きなのは、こんな感じ。

 

 

ここをこうして、今度はこっちを・・・・・

 

 

あなたへの贈り物を作っている時間、すべてが楽しかったです。

 

 

あなたが、このクリスタルを迎え入れたいとメッセージをくださってから、
夢中で創造を楽しんだ、長いようで、あっという間のひと月も、
受け取ったあなたが綴ってくださったこのお便りを読む時も、
こうやってお返事を書いている時間も、
暦を眺めて、対面セッションの日を選んでいるひとときも、
私は、ずっとずっと喜びの中にいました。

 

 

 

 

この贈り物は、あなたと、私と、すみれの妖精たちの『本物の魔法』から
生まれたのです。

 

 

素敵な素敵な魔法のエッセンスを届けてくださって、ありがとう。

 

 

すみれの宝箱に綴ってあるフランス語は、
「このクリスタルは、あなたとすみれ色の妖精のリボンで結ばれました」
という言葉です。

 

 

その言葉を、そっとささやきながら、この宝箱にすみれ色のリボンをかけて、
森の奥から送り出した日を、私は一生忘れないでしょう。

 

 

 

遠隔個人セッションの日、とても特別な日ですよ。

 

 

七色の光がきらめく魔法の杖を一振りし、
背中の羽根を可憐に羽ばたかせて舞い上がれば、
これまで知らなかった、秘密の扉が開く。

 

 

ようこそ妖精の国へ!

 

 

 

森の奥からすみれ色の愛をこめて
フェアリー・リリアとすみれの妖精たちより

 

 

 

 

 

 


「 リリアさんからのお手紙とこの光のレムリアンシード・クリスタルは、私の一生の聖なる宝物です 」

 

         

        20170618_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリア様

 

 


リリアさん、こんにちは。

 

 

美しい光のレムリアンシード・クリスタルが無事に届きました。

 

 

6月24日のかに座の新月に届けてくださいましたことも、とても感謝しています。

 

 

 

 

白いお箱を開けたとたん
リリアさんのどこまでも美しく繊細で清らかなエネルギーが
お手紙 封筒 文字 リボン 香りなどすべてに込められていて
バラ色の至福のひとときを過ごすことができましたし、それは今も続いています。。。。

 

 

お手紙に書かれていたことにも心から感動し涙が溢れました。。。。

 

 

本当に 私が心から惹かれるものを リリアさんの直感で感じてくださっていることが
私の魂のことを本当に知ってくださっていることが、とても嬉しかったです。。。

 

 


『天使』『レムリア』『マリア様』
この3つは、私の魂に本当になくてはならない大切な存在です。。

 

 


マリア様という名前もまだ知らない
私が生まれる前から 母のもとへ来てくれた優しいマリア様の像が幼い頃から大好きで
不思議な安心感を覚えていました。

 

 

レムリアは レ・ム・リ・アという音から

愛と優しさに満ちた調和と豊かさと喜び溢れるエネルギーを感じ、
私の大好きな愛する世界です。

 

 

天使たちは もう私の大親友です。

 

 

毎日のように届けてくれる素敵なシンクロに

天使たちの優しい愛やチャーミングな可愛さを感じ、
彼らとふれあっているととても幸せな気持ちになります。

 

 


リリアさんからのお手紙とこの光のレムリアンシード・クリスタルは、

私の一生の聖なる宝物です。

 

 

この子を手のひらにそっと置いて
この子の純粋で繊細な美しさや輝きにただただ幸せに浸っています。。。。

 

 

本当に素敵な贈り物をありがとうございました。

 

 

遠隔個人セッションのお日にちは***はいかがでしょうか?

 

 

何時でもリリアさんのご都合のよろしいお時間で大丈夫です。

 

 

楽しみにしております。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

心から愛と感謝をこめて

***』

 

 

 


*あなたからのこのお便りを読んで、心から感じたことがあります。

 

 

それは、自分と本当にご縁のある魂の家族とは、必ず出会えるようになっていること。

 

 

そして、私のクリスタルを受け取ることになっている方は、
最高のタイミングで、それを迎え入れてくださるということです。

 

 

私は、常にそれを感じていますが、こんな素敵なお便りを読むと、
ああ、やはりそうなんだわ、それでいいのだわと、なんともいえない幸せに包まれます。

 

 

遠隔個人セッション、私の大好きな虹色の月である、7月のご希望ですね。

 

 

7月は、私にとって、『レムリアの月』。

 

 

しかも、今年は、2017年の「虹色の年」なので、
10年に一度の『虹色の年の虹色の月』に、
あなたの光のレムリアンシード・クリスタルの聖なる灯に、
私の宝物である、あの大きな光のレムリアンシード・クリスタルで
ブレッシングの儀式をするということになります。

 

 

きっとこれは、偶然ではないのでしょう。

 

 

ここから先は、とても言語化できそうにないので、
遠隔個人セッションの中で、エネルギーでお伝えしますね。

 

 

あなたと虹の架け橋を渡ってつながる聖なるひとときを、心から楽しみにしています。

 

 


〜追伸〜

 


いつかあなたにマリア様のエネルギーが宿ったクリスタルを
受け継いでいただくことができたら・・・と思いました。

 

 

その願いが、天使たちの祝福の中で、幸せに叶いますように。。。。。。

 

 

 

やわらかな霧雨が降る森の奥からレムリアの愛をこめて
リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 


「 この子を身に付けると、自信や勇気が湧いてくるようです 」

 

       20170501_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリアさん、すずらんのペンダント、昨日無事届き、
今、朝一人でワクワクドキドキしながら箱を開けました。

 

 

ペンダントは想像していたのより大きくて、存在感があり、
そして美しいです。

 

 

マーブル模様の優しい白の色合いや、
ころんとした形が愛らしくかわいらしくて、
でもそこからきらっと凛とした輝きが顔をのぞかせて・・・。

 

 

ゴールドのバチカンのデザインも繊細で美しくて好きです。

 

 

リリアさんらしい美しいペンダントですね。

 

 

バランスの良さにうっとりします。

 

 

お便りを読んで、一年間リリアさんのもとで、
リリアさんのペンダントと一緒に過ごした幸せなこの子を譲り受けることができて、
幸せなことだなあと思いました。

 

 

また、楽しみにしていた宝箱も、やっぱりすずらんの絵がとても素敵で、
眺めてしまいます。

 

 

リリアさんもご存じのとおり、私の大好きなすずらん、
そして大好きなリリアさんが作ってくださった・・・
それをこうして受け取ることができるとは、
セッションの時には思いもしませんでした。

 

 

でも、長い時間をかけて、やってきてくれたのですね・・・。

 

 

この子を身に付けると、自信や勇気が湧いてくるようです。

 

 

本当に素敵なものを作ってくださって、どうもありがとうございます。

 

 

愛らしくてかわいいこの子を大切にします。

 

 

 

さて、セッションですが、
***、***、***、いずれかはいかがでしょうか。

 

 

私もすずらんのペンダントをつけて、すずらんの妖精になって参加します。

 

 

とても楽しみです。

 

 

よろしくお願いします。』

 

 

 

 

 


*こんにちは、リリアです。

 

 

すずらんのペンダントのお受け取りのメッセージをありがとうございました。

 

 

通常は、クリスタルのお受け取りのお便りにお返事を差し上げて、
その後にセッション・・・という流れが多いのですが、
今回は、ちょっと趣向を変えて、セッション後に小さなメッセージを
送らせていただこうと思いつき、このお便りを大切にとっておきました。

 

 

すずらんの妖精に変身したあなたとのセッション、
本当に素晴らしいひとときでしたよ。

 

 

3年前の5月に、
あなたがすずらんの妖精のスペシャルグループセッションに参加してくださった時、
私には、あなたが、エネルギーセッションのみのコースでエントリーされたのが
不思議でたまりませんでした。

 

 

きっとギフト付きのコースでエントリーされるものだと思っていたからです。

 

 

すずらんを愛するあなたに、素敵なすずらんの宝箱をつくって、
すずらんにまつわるクリスタルを中にお入れして・・・と、
イマジネーションの世界であれこれと想像しては楽しんでいましたので、
意外な展開にちょっぴり驚きを感じつつも、
これも、すべては完璧なのだわ、と思ったのを
つい昨日のことのようにはっきりと覚えています。

 

 

物語に、予想外の展開はつきもの。

 

 

それどころか、予想外の展開こそ、
人生という名の壮大なストーリーの醍醐味なのだと、
私は、いつからか思うようになりました。

 

 

いつだって、予想外の展開から、私の想像をはるかに超える
素晴らしいことが起こってきましたから。

 

 

最後の最後まで私の手元に残り、
私のすずらんのペンダントと仲良く並んでいたあのペンダントが、
こうして、あなたのもとに行くまでの、その過程を思うと、
なんだか言葉にならない思いで、胸がいっぱいになります。

 

 

それは、3年という月日をかけてつむいだ物語なのです。

 

 

 

 


私は、時が満ちるのを待つ人です。

 

 

でも、ただ待つだけではありません。

 

 

その時が来たならば、
勇気を出して、「今だわ!」と飛び立つ魂です。

 

 

きっと、あなたも私と同じエッセンスを持つ魂。

 

 

だからこそ、あのペンダントは、あなたのもとに行ったのだと思います。

 

 

 

 

 

世界にたった一つだけ、「2017年5月1日」の日付が刻まれた宝箱に入って
森の奥から旅立って行ったすずらんのペンダント。

 

 

絵柄は、他のすずらんの宝箱たちとそっくりなのに、日付だけが違うのは、

そこに、あなたならではの輝きに彩られた、別の物語があるから。

 

 

すずらんとあなたへの愛が結晶になった小さなペンダント、

いつまでも、あなたの胸元で、幸せに輝き続けますように。。。。。。

 

 


 

フェアリーリリアとすずらんの妖精たちより

 

 

 

 

 

 

 


「 なんだか前からずっと一緒にいるような気がしています 」

 

20170502_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリアさん
このたびは、素敵なクリスタルさんと出会わせてくださり、
本当にありがとうございました。

 

無事に受け取りました。ご連絡が遅くなり、すみません。

 

 

 

なんというか...本当にすごく透明なんですね!

 

リリアさんは、どうやってあの素晴らしいエンジェルフォトを撮ったのだろう、
と思います。

 

 

あ、でも、今クリスタルさんがクスクス笑いながら教えてくれました。
(まだぴったりの名前が浮かびませんので、今はクリスタルさんと呼びますね)

 

 

それはそれは、リリア姫はいろんな顔をしながら、楽しそうに撮ってくれました、って。

 

 

まだ私たち、ご対面してからゆっくりと話す時間を持てずにいるのですが、
なんだか前からずっと一緒にいるような気がしています。不思議ですね。

 


リリアさん、これからも素敵な日々をお過ごしください。

 

 

私もこれからの毎日をますます楽しく軽やかに過ごしていこうと思います。』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

お受け取りのメッセージをありがとうございました。

 

 

クリスタルの受け取りのご連絡は、
特にされない方もたくさんいらっしゃいますので、
どうぞお気になさらないでくださいね。

 

 

私の大好きな、あの美しいクリスタルを受け継いでくださり、
本当にありがとうございます。

 

 

あのクリスタルは、それはもう夢を見ているような透明度で、
私はあの子を手に取って眺めていると、
自分の魂がどこまでも透き通っていくのを感じます。

 

 

そして、このクリスタルと、ずっと一緒にいるような気がされているとのこと。

 

 

それは、不思議であるのと同時に、とても自然なことなのです。

 

 

なぜかというと、
あなたがインスピレーションを感じて迎え入れたクリスタルというものは、
あなたの魂の本質、あなたの内側にあるエッセンスの結晶だからです。

 

 

このクリスタルをエントリーされた時、

 

『何度も何度も、このクリスタルを受け取ってもいいのだろうかと、
自分の中で確認しました。』


と、メッセージの中で伝えてくださいましたよね。

 

 

 

私のクリスタルは、人によっては、受け取るのに、とても勇気がいることがあります。

 

 

いい意味で、ちょっぴりこわい時もあります。

 

 

それは、自分の素晴らしさを認めること、
自分のオンリーワンの輝きに対して、全身全霊の「イエス」を言うことを
意味するからです。

 

 

世の中には、何となく自分を満たしてくれるものがたくさんあります。

 

 

それらは、どれも気軽に手に入り、受け取る時に特別な勇気などいりません。

 

 

でも、自分の魂と真に共鳴するものを迎え入れる時は、
あふれんばかりの喜びに満たされるか、
聖なる静けさに包まれるか、
ものすごく勇気を必要とするかのどれかです。

 

 

私は、それを全部経験してきました。

 

 

それを全部経験して、あらゆる感情を味わって、
時に、迷い、悩み、
心の中で飛び交う、いくつもの声の中から、
自分の魂がささやく小さな声を大切にすく上げ続けて、
そして、今の私がいます。

 

 

 


自分の魂と真に共鳴するクリスタルと出会う時・・・・・・

 

 

それは、魂がさらなる素晴らしき変化・変容の時を迎えたことを告げる
宇宙からの祝福のサインなのだと私は思っています。

 

 

自分の中に確かに存在し、解き放つ時を迎えたエネルギー、
それを象徴するようなクリスタルが、目の前に現れるのです。

 

 

私は、いつも喜びとともに、それを受け取ってきました。

 

 

あなたも、それを受け取ったのですね。

 

 

 


ますます楽しく軽やかに生きるあなたと私は、
お互いの人生が、またどこかで、幸せに交差することでしょう。

 

 

その時、私たちの間には、
あのクリスタルに浮かぶ、鮮やかな虹のような新しい光が、
美しい音を響かせながら、生まれることでしょう。

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others