「 レムリアンと一緒に星空を眺めたいと思います 」

 

20171106_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

『リリア様

 

 

こんばんは。
先ほど12のエッセンスのレムリアンクリスタル、受け取りました。
リリアさんがそうされたように、
私も思わず、手のひらですぐにコロコロしてしまいました!
虹は小さいとの事でしたが、見たところ、大きいような?気がします・・。
持ったときにあぁ、やっぱりこのクリスタルだったんだと思いました。
お迎えして本当に良かったです。
お手紙もありがとうございます。
あんなに丁寧にお手紙いただけるとは思わず・・。
凄くうれしかったです。
12月に12のエッセンスのレムリアン・・本当に12の数字ですね。
私も12と聞くと、星座を思い出します。
家は田舎なので、何もビルとか明かりが無いので、
星空がそれはそれは綺麗なんです。
冬は寒いですが、夜空は綺麗です。
レムリアンと一緒に星空を眺めたいと思います。

 


セッションの希望日ですが、仕事に行ってますので、
ゆっくりお受けしたいので年末になりますが、

***
***
***

でお願いできるでしょうか?

リリアさんの宝物のクリスタル、大切にしたいと思います。
ありがとうございました。』

 

 

 

 

 

*射手座の新月の前の晩、
私は、かなり早い時間にベッドに入りました。

 

 

エネルギーの高まりが、尋常ではなかったのです。

 

 

深く深く眠り、目が覚めました。

 

 

自分ではずいぶん長く眠ったつもりでしたが、
外の静けさと、カーテンの隙間が真っ暗であることから、
まだ夜であることがわかりました。

 

 

時計を見ると、夜の2時半。

 

 

もう一度眠ろうとしましたが、
すっきりと意識と体がリフレッシュして、
目もぱっちりです。

 

 

私は、必要なだけ眠ったのだと感じました。

 

 

そして、思いました。

 

 

数日前からずっと旅立ちのための準備をしてきた
12のエッセンスを持つ、レムリアンシードクリスタルの宝箱を
今から完成させて、今日、送り出しましょう。

 

 

私の星座である射手座の新月の日。

 

 

実に素晴らしい日だわ。

 

 

 

 


私が起きて最初にすることは、お茶をいれることです。

 

 

お湯をわかすためにキッチンへ向かおうと外に出た時、
思わず心の中で歓声を上げそうになりました。

 

 

しーんとした静けさの中で、
星々が宝石のようにきらめいていたからです。

 

 

夜の森は冷えます。

 

 

でも、そのあまりの美しさに、
私はしばらくの間、空を眺め続けました。

 

 

 


耳を澄ますと、星たちの輝く音が聞こえてきそうな満天の星空の下で、
あなたへおゆずりする
12のエッセンスを持つ、レムリアンシードクリスタルのための宝箱を作り、
クリスタルをそっと入れると、リボンを結びました。

 

 

すべての旅立ちの準備が整う頃、
窓の向こうに見える東の空が、ほんのりと明るくなり始めました。

 

 

私は、再び庭へと続くドアを開けて、外に出ました。

 

 

南よりの東の空に、ひときわ明るく輝く星が見えます。

 

 

木星です。

 

 

その右上には、青白く輝くヒキアナリアの姿が。。。。。

 

 

 


あなたが、このクリスタルを迎え入れたいと、
私に初めてメッセージをくださった時、
そこに記されたあなたのお誕生日を見て、
何とも言えない幸せに包まれたことを思い出しました。

 

 

「乙女座生まれ・・・・
ああ、レムリアのヒキアナリアの星の乙女だわ。。。。。」

 


レムリア、虹、ヒキアナリア、星の乙女。

 

 

私と愛する人が、乙女座の一等星スピカを意味する
『ヒキアナリア』と名付けられた空飛ぶ船に導かれてカウアイ島に旅立ち、
そこで奇跡のような体験をしてからというもの、
私とレムリアのヒキアナリアの星の乙女たちとの間に、
ひとつ、またひとつと、不思議な物語が紡がれ始めました。

 

 

それは、どれも喜びに満ち、
心躍るシンクロに彩られ、
宇宙の素晴らしい流れに乗っていることを教えてくれます。

 

 


私は、このクリスタルと一緒に、美しい星空をたくさん眺めてきました。

 

 

これからは、あなたがそれをしてくださるのですね。

 

 

あなたと、そして、あなたの手のひらの上で、コロコロと幸せそうに転がるあの子と
虹の架け橋を渡ってつながる遠隔個人セッションの日を、
心から楽しみにしています。

 

 

素敵な素敵なひとときになりますように。。。。。

 

 

 

星空の綺麗なリリアの森から、

同じくらい星空の綺麗な王国に住むあなたへ
七色に輝くレムリアの愛をこめて

 

 

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 クリスタルが心の中で、しるべの星のように輝いてくれているのを感じています 」

 

〜クリスマスのスペシャルセッションにエントリーしてくださった

魂の家族からのメッセージ〜

 

 

 

『こんにちは、リリアさん。

今、リリアさんの森からのお届けものがきました。

 

 

とてもとても素晴らしい虹がうかぶ、神殿のクリスタルをありがとうございます。

 

 

そして、遅ればせながら銀のレムリアンシード・クリスタルのスフィアも

ありがとうございました。

 

 

銀のレムリアンの子は、ヒキアナリアの星の乙女と仲がよく

(これは他のクリスタル同士ではあまり思ったことの無い感覚なのですが)

一緒にいると何かしらコミュニケーションをとっているような気がしています。

 

 

ここ最近の日々を、どうやって言葉にしたものか、、、と考えてみたのですが、

うまくまとまりません。

 

 

とにかく、日々幸せに過ごしています(^^)

 

 

この水晶の神殿のクリスタルも、銀のレムリアンのスフィアも、

どちらも美しいだけでなくて品格というか、優雅さのようなものを感じました。

 

 

それが私の中にもあるのだとしたら、とても嬉しいし、

自分のそんなところにたくさん光をあてていきたいです。

 


クリスタルが心の中で、

しるべの星のように輝いてくれているのを感じています(^^)

 

 

ではクリスマスのセッションもよろしくお願いします!』

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

クリスマスのスペシャルセッションのエントリーとともに、

クリスタルのお受け取りのメッセージをありがとうございます。

 

 

これまで開催してきた、数々のスペシャルセッションのギフトクリスタル、

中には、ものすごくお待たせしているものもあるのですが、

時が満ちたと感じたものから、ひとつずつ大切に送り出しています。

 

 

こうして喜びいっぱいのお便りをいただくと、

ああ、やっぱりこのタイミングで完璧なのだわ、

ただ早くお届けすることだけを優先しなくて本当によかったと、

心から思います。

 

 

 

 

私は、ご縁のある方にクリスタルを届ける、今の自分のやり方が

とても気に入っています。

 

 

ひとつは、クリスタランで姿をお見せして

この子を迎え入れたい方はいらっしゃいますか?

と、ご紹介する方法。

 

 

もうひとつは、スペシャルセッションのギフトとして、

私が、「この方にこのクリスタルを贈りたい」

とインスピレーションを感じたものを、贈らせていただく方法。

 

 

少しずつ少しずつ、その方のことを知って、

単に直感だけではなく、その方の生き方や好きなもの、

これまでつむがれてきた物語、

今、この瞬間つむがれつつある物語、

そして、その背景、

そういったものに思いを馳せながらクリスタルを選ぶのは

私にとって、本当に心躍る時間なのです。

 

 

 

 

 

スペシャルセッションのギフトクリスタルは、

その多くが、クリスタランで姿をお見せしないまま、

ご縁のある方のもとに旅立っていきます。

 

 

あなたのもとに行った、

銀のレムリアンシード・クリスタルのスフィアや

虹の水晶の神殿のように。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

『クリスタルが心の中で、

しるべの星のように輝いてくれているのを感じています』

 

 

しるべの星、なんて素敵な言葉なのでしょう。

 

 

私の心の中にも、そんなクリスタルがあります。

 

 

今年のノエルの夜、

あなたのしるべの星と私のしるべの星が幸せに出会って、

またひとつ、綺羅星のように美しい物語が生まれることでしょう。

 

 

 

満天の星空が広がる森の奥から

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 


「 クリスタルから届く澄んだ声。。。。。。 」

 

          20171106_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私の宝物のクリスタルが、
またひとつ素敵な魂の家族と天使のリボンで結ばれました。

 

 

タントリックツインを探していらっしゃる時に、
この場所にたどり着いてくださったという、
はじめましての魂の家族。

 

 

レムリアの魂の家族たちは、初めて出会うのに、どこか懐かしく、
私は、いつも心の中で、「はじめまして、そして、おひさしぶりです」と
挨拶します。

 

 

『とても素晴らしいエネルギーのクリスタルを見て、
いつかお迎え出来るクリスタルに出会えたらと思っておりました。

 

 

このレムリアンクリスタルは、アップした時から気になっていました。

 

 

毎日お迎えされて無いかチェックしてました。』

 

 

 

なんと、毎日、このレムリアンシードクリスタルに
会いに来てくださっていたのですね。

 

 

ありがとうございます。

 

 

御守りとしてのクリスタルを探されているうち、
このクリスタルが気になって仕方がなくなったそうです。

 

 

気になって仕方がない。。。。。。

 

 

それは、そのクリスタルからのメッセージを、
あなたの心と魂が、しっかりと感じているということ。

 

 

たとえ、『クリスタル語』がわからなくても、
私たちは、自分にご縁のあるクリスタルから届く澄んだ声を、
きちんと感じられるようになっているのです。

 

 

 

 

私も、気になって気になって、あれこれ頭では考えてみるけれど、
やっぱり気になって・・・・

 

 

そして、ついにお迎えしたというクリスタルがたくさんあります。

 

 

それは、今でも、私の宝物で、そのクリスタルを見るたびに、
ああ、あの時、自分の気持ちを大切にして、本当によかった

と心の底から思うのです。

 

 

 


この、〜小さな虹がきらめく12のエッセンスを持つレムリアンシードクリスタル〜
素晴らしいレムリアンシード・クリスタルですよ。

 

 

あなたにこのクリスタルを託せるのが、
虹色の年である2017年で、とてもうれしい・・・・・

 

 

2017年は、私にとっても、クリスタルにとっても、特別な年。

 

 

祝福に満ちた12月の森の奥で、
心をこめてこのクリスタルの旅支度をし、
ベストなタイミングで送り出します。

 

 

どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

 

 

 

小鳥たちが楽しそうに庭の赤い実をついばんでいる森の奥から

レムリアの愛をこめて

 

 

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

          


「 リリアさん、そしてリリアさんのクリスタルは、いつも私の希望でした 」

 

         20171201_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

11月の半ば、森の奥に舞い込んだ1通の便りを読んで、
私の胸は、懐かしさでいっぱいになりました。

 


『親愛なるリリアさんへ

本当にお久しぶりですが、直接接点がもてなかったこれまでの期間も、
心はいつもともにありました。』

 

 

という文章で始まるその手紙は、
もう何年も前のある期間、とても濃密なひとときを過ごした魂の家族から届いた、
〜レムリアンシード・クリスタル 小さな虹の神殿〜
と名付けたクリスタルを迎え入れたいという長い長いメッセージでした。

 

 

直接的で濃密な時間を過ごした時が過ぎ、
セッションに参加したり、
クリスタルを迎え入れたりすることがなくなってからも、
私は、時々、彼女のことを思い出していました。

 

 

人と人との出会いの不思議さ、尊さ、
素晴らしい物語を一緒に紡いでくださったことへの感謝、
そして、その方が今日も幸せでありますように。。。。と願う
小さな祈りのような想いが、いつもそこにはありました。

 

 

私と出会ってくださったすべての魂の家族たちに、
言葉をかけ、手紙を書くことは到底できませんが、
「想うこと」「祈ること」はできます。

 

 

それは、私の大好きなことでした。

 

 

例え、その方が、もう、とうの昔に私の世界を卒業され、
私のことなど、すっかり思い出すことがなくなっていたとしても、
かつて、素晴らしい物語を一緒につむいでくれた魂の家族を想う時、
私の胸の中には、ひだまりのようなあたたかな愛がどこまでも広がり、
口元には、微笑みが浮かぶのでした。

 

 

 

 


彼女がていねに綴ってくださったお便りを読み終えた時、
私のふたつの瞳は、涙でいっぱいでした。

 

 

言葉を愛し、
時には、言葉を超えたものでつながり合う私と魂の家族との間には、
いつの間にか、言葉から伝わるもの、言葉の合間から伝わるもの、
その両方を感じ取ることのできる魔法が生まれていました。

 

 

運命のクリスタルと出会い、必ず迎え入れると心に決め、
そのクリスタルを思い続けること、4年と9か月。

 

 

喜びにあふれている時、幸せでいっぱいの時、
私たちは、いとも簡単に、前向きで希望に満ちた状態でいられます。

 

 

でも、『真の創造者』とは、いついかなる時でも、
自分にとって、本当に大切なものを見続けられるかなのです。

 

 

 

 

 

私のクリスタルたちは、

 

 

なんて素敵なのだろう、なんて美しいのだろうという、
純粋な愛をクリスタルに感じてくださる方、

 

 

そして、本当の自分を受け入れる時を迎えた、
勇気ある真の創造者のためのクリスタルです。

 

 

 

 

 

あなたが、そのどちらか、
あるいは、その両方のエッセンスを持っていたなら、
あなたにご縁のあるクリスタルは、
あなたに「言葉を超えたもの」で、ひそやかに話しかけてくるでしょう。

 

 

 


彼女の長い手紙は、こんな言葉で締めくくられていました。

 

 

『リリアさん、そしてリリアさんのクリスタルは、いつも私の希望でした。』

 

 

ありがとう。

 

 

あなたが、私に素敵な何かを感じてくださる時、
あなたは、私を通して、本当のあなたにつながっているのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 感謝の気持ちでいっぱいです 」

 

         20170701_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

LBC-0334のクリスタルを迎え入れてくださった

魂の家族からのお便り

 

 

『リリアさま。

 

 

クリスタルが届きました。

 

 

とっても綺麗なクリスタル 透明感があって……
まるで 澄んだ氷の様

 

 

エメラルドグリーンとエンジェルピンクの光☆も
言葉では 言えない輝きです。

 

 

波動の高さを感じます。
そして、
波動の高いリリアさまも感じます。

 

 

心のこもった マリアさまのお箱
愛のこもった リリアさまの手紙
箱を開けた瞬間から リリアさまの波動に包まれ
少し疲れている私を癒して下さいました。

 

 

清らかで 愛の波動☆ を受け
幸せを感じながら……
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

ありがとうございます。。。。。』

 

 

 

 

 

 

*このクリスタルの虹、言葉にできないほど美しいでしょう?

 

 

もしも、このクリスタルの虹が、

目で見た時と同じようにそっくりそのままエンジェルフォトに写っていたら、

あるいは、実物をお見せして、その夢のようなきらめきを目にしたなら、

きっとたくさんの方が、ぜひ受け取りたいと手をあげてくださって

あっという間に旅立って行っていたと思うのです。

 

 

それも、もちろん素敵だけれど、そうはならなかったのは、

このクリスタルに宿っている「目では見えないもの」に気づくことができる、

そんな魂を、このクリスタルは、静かに待っていたのではないかと・・・・・

 

 

3人の天使とマリア様と幼子の宝箱に、

このエンジェリックな守護天使のクリスタルを入れて、

ご縁のある方に送り出す。。。。。

 

 

それは、私の夢でした。

 

 

その夢は今、幸せに叶いました。

 

 

こちらこそ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

本当にありがとう。

 

 

遠隔個人セッション、

第一希望のお日にちがおすすめです。

 

 

この日は、星が動く、とても重要な日なのです。

 

 

あなたがそれを知っていて、この日を希望されたのか、

それとも、何も知らずにインスピレーションで選ばれたのかはわかりませんが、

いずれにせよ、とても素晴らしい流れに乗っていると思います。

 

 

また、今、『マリア様』に関する美しいサインが、次から次へと届いています。

 

 

このタイミングでのセッション、きっと偶然ではないのでしょうね。

 

 

それでは、エメラルドグリーンとエンジェルピンク色の光の中で

幸せな天使のひとときを過ごしましょう。

 

 

あなたと一緒に素敵な時間を分かち合いたいというエンジェルたちが、

真っ白な翼をはためかせて、もうたくさん降りてきていますよ。

 

 

森の奥から天使の愛をこめて

エンジェルリリアより

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others