「 これから一緒にいろんな経験をするのが楽しみです 」

 

         20170827_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170814_01.jpg

 

コレクションナンバー229の、愛らしいタントリックツインの旅立ちの前におさめた

記念のエンジェルフォト。

 

 

 

 

 

 

その時、ハート型に見えるふたりの姿からインスピレーションを感じて、

何気なく小さなハートのローズクォーツのペアをそばに置きました。

 

 

ハート型のタントリックツインと、ハート型のローズクォーツ、

一緒にいる光景が、なんともお似合いだったので、

ハートのローズクォーツのうちのひとつを、

このふたりと一緒に送り出してあげることに。

 

 

さて、どちらをプレゼントしましょうと、

2つのローズクォーツを手にとって選び始めたのですが、

どちらもかわいい上に、

2つがぴったりとくっついている姿があまりに幸せそうで、

この2人を離れ離れにすることなんて、とてもできそうにない、

それならば、2つとも一緒に・・・・・ということになりました。

 

 

 

 

 

 

20170827_18.jpg

 

ひとつは、ミルキーな印象で、もうひとつは、とても透明感があります。

実は、この2つのローズクォーツ、スターローズクォーツなのです。

そのどちらにも、小さな小さな虹が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170827_21.jpg

 

トリプルハートのスペシャルなセット。ラブがいっぱいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170827_17.jpg

 

ふたりが、新居である229の宝箱に入ろうとする直前、

レインボークリスタルの愛の天使、エンジェル・オブ・ローズクォーツが

祝福に来てくれました。

すべてを包み込むような愛の波動を放つ、

大きな大きなエンジェル・オブ・ローズクォーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170827_20.jpg

 

そのすぐそばで、2つのスターローズクォーツの天使も微笑んでいます。

 

 

 

 

 

 

このクリスタルと天使のリボンで結ばれた魂の家族は、

数年前から、この場所を訪れてくださり、

いつか自分とご縁のあるクリスタルに出逢えると良いなと思っていたそうです。

 

 

あっという間に運命のクリスタルに出逢う方もいらっしゃれば、

何年も胸の中で思いをあたため続けて、

ある日、「ああ、このクリスタル!」と感じるクリスタルに出逢う方もいらっしゃる。

 

 

クリスタルとの物語って、人それぞれ違っていて、

そのどれもが素敵だわと、心の底から思うのです。

 

 

クリスタルの受け取りのメッセージの最後に、

 

 

『遠い所にようこそという気持ちです。
これから一緒にいろんな経験をするのが楽しみです。」

 

 

と添えてくださった、白い王国に住む素敵な魂の家族。

 

 

遠隔個人セッションの日も決まり、また新しい物語が、

彼女と、そして、彼女のもとに行ったクリスタルと一緒に紡がれるのかと思うと

胸の中が、ふんわりとしたローズクォーツ色の喜びでいっぱいになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 ファンタジックなヴァイオレット色の輝き。。。。。。アメジストの妖精の不思議な魔法石 」

 

          20170826_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_02.jpg

 

それは、なんとも幻想的な妖精の石・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_01.jpg

 

白い結晶の上に、無数のアメジストの結晶たちが集い、

そのひとつひとつが、内側からヴァイオレット色の光を

発光しているかのように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_07.jpg

 

 

こうやって眺めていると、

まるで、アメジストの妖精たちが住む、美しいお城のよう。。。。。。

白い水晶に浮かぶ小さな結晶の点々は、

妖精王国の夜空で輝く、アメジスト座と同じ配置。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_17.jpg

 

光の加減によっては、ほんのりシックな色合いに見えたり・・・・・

この見た目の色の変化は、紫という色が持つ贈り物なのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_03.jpg

 

クリスタルの宝箱と一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_12.jpg

 

これは裏側から見たところなのですが、アメジストの結晶に光が透過して、

魔法の石のように幻想的に輝きます。

 

 

 

 

 

 

インスピレーションで受け取った名前は、

『アメジストの妖精の不思議な魔法石』

 

 

 

小さなアメジストの結晶の群れの中には、

よくよく見ると、七色の虹がキラリと輝く結晶も・・・・・

 

 

どうぞ探されてみてくださいね。

 

 

自然界や妖精、大地のエネルギーがお好きな方に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170826_15.jpg

 

コレクション番号:LBC-0328
クリスタル名:〜ファンタジックなヴァイオレット色の輝き。。。。。。

アメジストの妖精の不思議な魔法石〜
サイズ: 約5,6×3,9×2,7センチ
prix:27,777円

〜竪琴を奏でる天使〜の宝箱にお入れしてお届けいたします。


>> このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 


「 光のレムリアンシード・クリスタル ホクレアの守護を受けて輝く、美しき虹の女神のための聖なる灯 ダブルイシス&レインボー 」

 

        20170824_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体どんな方のもとに行くのかしらと、長い間思い続けている、

光のレムリアンシード・クリスタルがあります。

 

 

そのクリスタルと出会ったのは、

今から4年半前の、2013年2月22日のことでした。

 

 

それは、私が『ソウルメイトの日』と呼び、

過去数年にわたって愛する人と一緒にソウルメイトツインのスペシャルセッションを

開催してきた日。

 

 

もちろんその日の夜も、ソウルメイトツインのセッションが控えていました。

 

 

同じエネルギーが呼び寄せ合ったのでしょうか、

その時、私の前に現れ、強く惹きつけられた光のレムリアンシードクリスタルは2つ。

 

 

まるでソウルメイトのように共鳴している

美しい光のレムリアンシード・クリスタルのペアで、

何よりも印象に残ったのは、姿とエネルギーが、それぞれに異なり

ひとつは男性的、もうひとつは女性的だったことでした。

 

 

私のところにやってくるクリスタルたちは、

どれも男性性・女性性の両方のエネルギーを宿し、

それが非常に美しくバランスしているのですが、

そのペアは、「こちらのクリスタルが、男性的なエネルギーを象徴し、

こちらのクリスタルは女性的なエネルギーを象徴している」と

はっきり感じました。

 

 

それは、どちらがより良いとか、より価値があるというものではなく、

どちらも、それぞれに素晴らしいのです。

 

 

男性的なエネルギーを感じる、すらりと細長い姿をしたクリスタルは、

驚くほどの透明度と輝きを持ち、

そこからは、圧倒的な存在感と、フォーカスする力、明晰さ、などを感じました。

 

 

それに対し、女性的なエネルギーを感じる、もうひとつのクリスタルは、

どこかやわらかさを漂わせており、同じポイント型のクリスタルなのに、

こうもエネルギーが違うのかと感嘆するほど。

 

 

透明でありながら、それはどこかやさしげで、

例えて言うなら、彼女の内に存在する柔和なエネルギーが、見えないヴェールとなって、

あえてその輝きをひそやかなものにさせているような・・・・

 

 

男性性を感じさせるクリスタルが放つ輝きが、太陽の光ならば、

こちらは澄み切った夜空で輝く月の光のよう。。。。。。

 

 

その後、男性性を感じさせる光のレムリアンシードクリスタルは、

あっという間に、ご縁のある方と天使のリボンで結ばれて旅立って行きました。

 

 

女性性を感じさせる光のレムリアンシードクリスタルは、

私のもとに残り、たくさんのレムリアの物語をともに紡ぎながら、

今もなお、レインボークリスタル宮殿で美しく輝き続けています。

 

 

少し前から、私は、この聖なる灯が、

まるで何かを伝えるかのように、

これまでとは違う不思議なエネルギーを放つのを感じていました。

 

 

そこで、『クリスタルの間』に飾ってあったこの灯を、

自分の部屋に連れてきて、そばに置き、

手にとっては眺めるという毎日を送っていました。

 

 

今となっては、それが今月の何日のことだったのか、もう覚えていませんが、

その日、私は、またこの灯を光にかざして見ていました。

 

 

幾度も感動してきた見事な虹。

 

 

その虹にうっとりと魅入りながら、ゆっくりと聖なる灯を回していくと、

いつも見える、あるものが目に入りました。

 

 

それは、小さな小さな内包物で、

その聖なる灯に初めて出会った時、私はすぐにそれを見つけました。

 

 

全体があまりにも透明なので、透明ではないものがあると

どんなに小さくても、自然に目が吸い寄せられてしまうのです。

 

 

私は、最初にそれを見つけた時と同じように、

指の先で、そこをこすりました。

 

 

当時、何かがクリスタルの表面に付いていて、

そっとこすれば、それが取れるのではないかと思ったのです。

 

 

それを思い出して、私は微笑みました。

 

 

あらまぁ、あれからもう4年半も経つのに、

まだ同じことをしているわ・・・・・

 

 

小さな小さな点のような内包物。

 

 

聖なる灯を傾けてみると、確かにそれは、クリスタルの内側に存在していました。

 

 

 

 

 

これは、何を意味しているのかしら?

 

 

 

 

 

物事の意味というものは、何か決まったものがあるのではなく、

自分で自由に決められることを、私は知っていました。

 

 

それでも、自分というものを越えた、

もっと大きな見えない存在からのサインのようなものを、

私は人生の中でたくさん受け取ってきました。

 

 

とりわけ、それは、クリスタルの中に、そっと隠されていました。

 

 

 

 

 

 

それにしても、すごいわ。

 

 

クリスタルの表面に限りなく近いのに、

この内包物は、外側ではなく、内側にあるのね。

 

 

とても小さい。

 

 

でも、私の目は、なぜかあなたに引き寄せられる。

 

 

小さなオレンジ色のその輝きに。。。。。。

 

 

心の中で、そう言った時、

私の真上で、ひとつの星が鮮やかに輝いたような気がしました。

 

 

そして、今の今まで、どうして気づかなかったのかと思いました。

 

 

ホクレア。。。。。。

 

 

魂の家族たちにその星の色のことを伝える時に、

言葉を綴っている自分の姿が、どこからともなく甦ってきました。

 

 

『やさしいオレンジ色に輝くその星の色は、

私にとって、レムリアの夕焼けの色です。』

 

 

 

 

 

 

自分の手のひらの中で、聖なる灯が、この上なくやさしく輝くのを感じました。

 

 

「やっと気づいてくれたのですね。。。。。。」

 

 

そんな風に言っているような気がしました。

 

 

もともと美しいクリスタルでしたが、それからというもの、

眺めているだけで、涙があふれてくるような

なんとも言えない清らかな輝きを放つようになりました。

 

 

私が、小さな小さなレムリアの夕焼け色の贈り物に気づいた時、

この灯は、本当の意味で『灯った』のかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_03.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・・・

この聖なる輝き。

レムリアの女神にふさわしい清らかさと美しさ。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_06.jpg

 

この聖なる灯は、虹の灯でもあるので、中にある虹の浮かぶ層に光が反射して

一見透明度がわからないのですが、実はとても澄んだクリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_13.jpg

 

この角度から見ると、先程の向きよりも、透明度の高さがよくわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_15.jpg

 

大きな五角形のフェイス・・・イシス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_16.jpg

 

そして、もうひとつ、すぐにはそれと気づかないような密やかなイシスがあります。

私は、そんなイシスのことを『隠れイシス』と呼んでいます。

イシスが2つ。

つまり、ダブルイシスの聖なる灯です。

 

 

 

 

 

この『隠れイシス』を正面にして、ある角度から光が当たると、

そこに、素晴らしく美しい虹がかかります。

 

 

この虹は、エンジェルフォトでは、全部が写りません。

 

 

その虹の色合いの見事さも、虹のアーチの完璧さも、写真には写りきらず、

以前の私は、それをとても残念に思ったものです。

 

 

しかし、ある時から、

これは、このクリスタルの意志なのだと思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_11.jpg

 

隠れイシスの向こうに浮かぶ虹。

虹のすべては写真には写らず、

中央部分と、わずかに右の端の一部だけが写っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別の角度からのぞき込むと、この虹が3つに見え、

トリプルレインボーが浮かび上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_12.jpg

 

トリプルのうち、2つが写っていますね。

右の方にある白く反射している部分にも同じように虹が浮かびます。

3つの虹が重なって浮かび上がる光景・・・・・

それは、夢のように幻想的な光景なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_09.jpg

 

原石なので、どこも磨かれていません。

それなのに、底面すら美しい。

あちらこちらに、虹の花が咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、初めてこのクリスタルに出会った時に見つけた

レムリアの夕焼け色の小さな小さな贈り物。

 

 

 

どこにあるかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

20170824_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_19.jpg

 

ここにあります。

本当にオレンジ色をした小さな小さな内包物で、

それはまさに、ホクレア色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_20.jpg

 

この角度から見ると・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_21.jpg

 

ここに隠れイシスがあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_22.jpg

 

ここに、虹のアーチがかかり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_23.jpg

 

隠れイシスの下に、ホクレアが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_07.jpg

 

たくさんのレインボーがきらめく、虹の灯。

左の方に、ホクレアが写っているのが見えますね。

暗がりの中では、このように落ちついた色に見えていますが、

光の中で見ると、実際は、とても透明であることがわかります。

それは、ちょうど光を浴びて輝く、ステンドグラスのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_17.jpg

 

ハワイ語で『喜びの星』の意味を持つホクレア。

この聖なる灯の中に宿っているホクレアのそばには、

透き通るような美しいゴールド色の内包物が寄り添っています。

それは、ホクレアから立ち昇っているようにも、

また別の角度から見ると、ホクレアを包み込んでいるようにも見えます。

 

 

 

 

 

 

私にとって、ゴールド色の結晶や内包物は、『豊かさ』の象徴です。

 

 

この聖なる灯のホクレアとゴールド色の内包物を見ていて思いました。

 

 

多くの人々は、豊かさが自分のもとにやってくれば、幸せになれる、

喜びの状態でいられる、と思っています。

 

 

そして、なんとか豊かさを引き寄せようと頑張っています。

 

 

でも、きっとそうではないのです。

 

 

『喜びがあるところに、豊かさがある』のです。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

4年半という月日が経って、

私は、ようやく、このクリスタルの真の姿を見ることができました。

 

 

この聖なる灯は、ホクレアにご縁のある、

レムリアの虹の魂の家族のためのクリスタルです。

 

 

その方は、月にもつながりがあります。

 

 

そして、自分にとっての喜びを幸せに追い求めつつ、

さらなる豊かさを受け取る準備ができたレムリアの女神です。

 

 

『喜びの星』をその内に宿した、稀有な聖なる灯。

 

 

 

 

 

 

 

20170824_08.jpg

 

この虹が・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_03.jpg

 

この光あふれる聖なる灯に浮かぶところを想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

そのセッションの中で、

私の宝物である、大きな光のレムリアンシード・クリスタルの聖なる灯で、

ブレッシングをさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170824_06.jpg

 

コレクション番号:LBC-0102
クリスタル名:〜光のレムリアンシード・クリスタル

ホクレアの守護を受けて輝く、美しき虹の女神のための聖なる灯

ダブルイシス&レインボー〜
サイズ: 約5.0×4.4×5.2センチ
産地:Colombia
prix:177,777円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

〜竪琴を奏でる天使〜の宝箱にお入れしてお届けいたします。


>> このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 夏の午後のお昼寝 」

 

20170819_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなやさしいエンジェルブルー色のクリスタルを、

手の中にそっと隠して眠れば、

青の天使がどこからともなく降りてきて、

幸せな夢が見られそう。

 

 

開け放った窓から、

透き通った風が入り込んでは、また出て行く

リリアの森の、夏の午後のお昼寝。

 

 

 

 

 

 

 


「 ハーキマーダイヤモンド 」

 

          20170816_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドではないのに、その名前を与えられた。

 

 

本物のダイヤモンドの精たちは、

「あなたは、私たちの仲間じゃないのに・・・・」と邪険にするどころか、

こう言っただろう。

 

 

「あなたのような素晴らしい水晶の精に、

私たちの名前をつけてもらえて光栄です。」

 

 

 

 

 

 

 


「 天使の翼を羽ばたかせて、白い王国へ。。。。。。 」

 

        20170814_01.jpg     

 

 

 

 

 

 

 

私の大好きなハートの形をしたタントリックツイン。

 

 

きっと迎え入れたいという方が、

すぐに現れるのではないかしら・・・という予感通り、

素敵な魂の家族と天使のリボンで結ばれて、

リリアの森から遠く遠く離れた王国に旅立つことに。。。。。。

 

 

そこは、冬になると、たくさんの雪の天使たちが舞うところ。

 

 

実は、このタントリックツインをクリスタランで紹介する時、

『ふたりのボディの白い部分に光が反射すると、

まるで一面の銀世界にお日さまがあたって、

キラキラときらめいているように見えます』

と、このふたりを見るたびに感じていることを書こうとしたのですが、

今は真夏なので、その言葉を心の中にそっとしまっておくことにしたのです。

 

 

ご縁ある魂の家族から、

このふたりを迎え入れたいというお便りが森に届いた時、

そこに記されていた、白い王国の住所を見て、

なんともいえず、幸せな気持ちになりました。

 

 

白い王国は、まだまだ夏真っ盛りだけれど、

時計の針の天使とカレンダーの天使が、ゆっくりと季節をめぐらせて、

このふたりが、魂の家族と一緒に真っ白な雪を眺める時がくるのかと思うと、

なんだか胸がきゅんとなります。

 

 

229の番号が刻まれたクリスタルの宝箱は、ふたりのための新居。

 

 

これまでふたりとレインボークリスタル宮殿で過ごしてきた懐かしい日々と、

これから新しい場所で魂の家族とつむいでいく美しい物語、

その両方に思いを馳せながら、心をこめてつくりました。

 

 

 

 

「エンジェルリリア、今まで本当にありがとう。

私たち、この森であなたと一緒に過ごせて、本当に幸せだったわ。」

 

 

ああ〜、だめだめ、今、その挨拶をされたら、泣いてしまうわ。

 

 

もちろん、喜びいっぱいの、うれし涙よ。

 

 

さぁ、お世話になったクリスタルたちに順番に会いに行ったら、

ゆっくりゆっくり旅支度をしましょう。

 

 

そして、時が満ちたら、天使の翼を羽ばたかせて、

素敵な魂の家族が待つ、白い王国へ。。。。。。

 

 

 

 

 

 


「 驚きと感激で胸がいっぱいです 」

 

         20170811_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

『リリアさま、こんばんは。

 

 

あふれ続ける愛と喜びと豊かさ。。。。。
ゴールドの星を宿した、小さな小さなレムリアのソウルメイトツイン
ウィンドウ&レインボー

 

 

ありがとうございます!
驚きと感激で胸がいっぱいです。

 

 

なにからお伝えしましょう。

 

 

まずは、素敵なお手紙の書き出しが
ローズマリー…
実は私が一番好きな香りなんです。
霧雨にやさしく弾かれるさわやかな甘さが
ふっと香ってくるようでうれしくなりました。

 

 

すべてがエクリュの色合いで
清らかでやさしくつつまれた
クリスタルの宝箱はとても素敵です。

 

 

天使たちに見守られながら
…というか
どうも付き添ってきてくれた(笑)みたいでした。

 

 

数日前、森のなかから
旅立ちの準備中である様子を
読ませていただいたときから
楽しそうなクスクスと笑い声がきこえてきてたんです。

 

 

私の手のひらのなかでは


『ようこそ!いらっしゃい』


私が言ったような気もしますし
クリスタルからの声かけのようにも感じました。

 

 

目を閉じていても
きらきらと明るい光がさします。
扉が開き、なかから、
懐かしいやさしい笑顔で迎えられたような
すこしはずかしくて、
うれしい気持ちになりました。

 

 

そんな対面のときでした。

 

 

ちいさくても
意外にもずっしりと重みがあり
しっかりと寄り添う姿
惚れぼれしてしまいますね。

 

 

リリアさん、ダーリンさま、おふたりの
ハワイ・カウアイ島でのきらめき
アクアマリンまでもプレゼントしてくださり、
とても感激しています。

 

 

たいせつに
たくさん
ふれあっていきたいと思います。』

 

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

あなたのお便りを読んで、
まるで一緒にクリスタルの宝箱を開けているような気持ちになりました。

 

 

レムリアの愛が、きらきらと輝くような、素敵なお便りをありがとうございます。

 

 

クリスタルというものは、どれもそれぞれに尊いオンリーワンの存在ですが、
私にとって、水の底に沈んだオリジナル鉱山のレムリアンシード、
それも、タントリックツインとソウルメイトツインというのは、
言葉では言い表せないほど、特別な存在なのです。

 

 

この小さな小さなレムリアのソウルメイトツイン・クリスタルも、またしかり。

 

 

ですから、このふたりにとって、真にご縁のある方に受け継いでいただくことができて
本当に幸せです。

 

 

2012年のカウアイ島への旅で、

レムリアンブルーの透き通るようなアクアマリンを迎え入れた時、
その小さなかけらのひとつが、

まさか、あなたのもとへ行くとは思ってもみませんでした。

 

 

なぜって、私たちは、まだ今世では、物質的に出会っていなかったからです。

 

 

でも、あなたと私は、この星のどこかに存在していて、
魂は、やがて訪れる再会の時を待っていたのですね。

 

 

今はすでに昔のダイアリーをクローズしているため、
最初のカウアイ島の旅の出来事の全部を言葉でお伝えすることはできませんが、
その喜びのエネルギーは、すべてこの小さなアクアマリンに宿っています。

 

 

野生のイルカたちと一緒に泳いだエネルギーや、
レムリアにつながる聖なる神殿のエネルギー、
そして、この虹と月のエネルギーも。。。。。

 

 

 

 

 

 

 


この虹を見た時、私と愛する人は、アクアマリンと一緒にいました

 

 

 

 

 

 

遠隔個人セッションのご希望日もお知らせくださって、ありがとうございます。

 

 

今後、幻のオリジナル鉱山のタントリックツイン、あるいはソウルメイトツインを
迎え入れてくださったレムリアの魂の家族の個人セッションは、
私の宝物である、あの同じ幻のオリジナル鉱山からやってきた、

大きな大きなレムリアンシード・クリスタルのタントリックツインとともに

セッションを行います。

 

 

とはいっても、魂の家族たちにおゆずりする、

幻のオリジナル鉱山のタントリックツインとソウルメイトツインというのは
ごくごくわずかですので、

今回のセッションは、

この大きなレムリアンシード・クリスタルのタントリックツインの波動を

個人の方に向けてお送りする、大変貴重な機会になるかと思います。

 

 

どうぞ、その素晴らしいレムリアのソウルメイトの愛のエネルギーを

感じてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

201507012_02.jpg

 

 

 

 

 

それでは、セッションの日に、虹の架け橋を渡ってお会いしましょう。

 

 

ここからはじまるあなたの新しい物語が、
たくさんの愛と喜びに満ちた、素晴らしいものとなりますように。。。。。

 

 


水晶の扉の奥で暮らす、レムリアの虹の王女
リリア・バービー

 

 

 

 

 

 


「 スペシャル遠隔グループセッション 〜Lilia Mariaと聖母マリア様の愛〜 」

 

        20170806_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、こよなく愛している、秘密の教会と修道院があります。

 

 

その存在は、私以外、誰も知りません。

 

 

なぜなら、それは、リリアの森のレインボークリスタル宮殿の一角にあるからです。

 

 

この小さな教会にふさわしい贈り物を、

宇宙が、ひとつ、またひとつとプレゼントしてくれて、

それらを喜びとともに受け取っていくうちに、

そこは、いつしか、

世界のどこを探しても、ここだけにしか存在しない、

ひそやかで美しい聖域になりました。

 

 

その祭壇には、幼子をそっと胸に抱く、この上ないほど美しいマリア様がいて、

聖なる灯が、いつもあたりに清らかな光を投げかけています。

 

 

少し前から、この祭壇のそばで佇みながら、

今年のマリア様のスペシャルセッションのテーマについて考えていました。

 

 

やがて、水瓶に静かに注がれ続けた水があふれ出るように

インスピレーションが降りてきて受け取ったタイトルは、

〜Lilia Mariaと聖母マリア様の愛〜

 

 

 

 

 

『Lilia Maria』というのは、少し前に、直感で受け取った呼び名。

 

 

なんでも、私の中のマリア様的なエネルギーを表す名前らしいのです。

 

 

「リリア・マリア」と声に出して言うと、

なんとも不思議な響きがこだまするので、自分ではとても気に入っています。

 

 

 

 

 

そして、マリア様的なエネルギーというものは、私だけではなく、

あらゆる魂に内包されている、愛のエッセンスだと私は思っています。

 

 

やさしく、あたたかく、慈愛に満ちた愛のエネルギー。

 

 

私はマリア様から、

『何か大切なものを、長い目で見守ること』

というキーワードも感じています。

 

 

その「何か大切なもの」には、自分自身のことも含まれます。

 

 

あなたは、最近、誰かに、何かに、やさしくしていますか?

 

 

何よりも、自分自身をいたわっていますか?

 

 

本当のやさしさとは、一体何でしょう?。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170806_23.jpg

 

 

 

 

 

このマリア様のように、自分自身をやさしく抱きしめてあげてください。

 

 

そして、この幼子のように、大いなる愛にゆったりと身をゆだねてください。

 

 

 

 

 

 

マリア様がお好きな方はもちろんのこと、
なぜかはわからけれど、マリア様が気になっていらっしゃる・・・という方も、
この機会に、どうぞ「マリア様の世界」を感じていただけましたら幸いです。

 

 

 

 

かつて、子どもだったあなたに。

 

 

今も、自分の内側で微笑む、

ピュアなエネルギーを感じているあなたに。

 

 

いっぱいの好奇心を胸に、

瞳をきらきらさせて、この世界を眺めていた、無邪気で小さなあの子を、

一緒に迎えに行きませんか?

 

 

その「あの子」の存在を、そっと抱きしめてあげることができた時、

私たちは、誰もが、マリア様になっていると思うのです。

 

 

小さくても、明るい、あたたかな光が、

このセッションを通して、宇宙のどこかを照らしてくれたなら・・・・・

 

 

そんなささやかな祈りをこめて。。。。。。。

 

 

Lilia Maria

 

 

〜*満席となりました*〜

スペシャル遠隔グループセッション 〜Lilia Mariaと聖母マリア様の愛〜

>>セッションのお申込みはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 すべてのキーワードに私が反応しています 」

 

        20170805_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

〜*クリスタルのエントリーの際に添えてくださったメッセージより*〜

 

 


『はじめまして。

 

 

少しまえ、たまたまこちらの森の存在を知りました。

 

 

このクリスタルを見つけて、『ちいさくて』『レムリアで』『ソウルメイト、ツイン』
『金色の星』『豊かさ』『虹』すべてのキーワードに私が反応しています。

 

 

もちろん、魂なのでしょうし、そしてなにより、不思議となぜか手のひらがとくに、
このクリスタルを包みたい…と語っています。

 

 

ご縁がつながりましたら、ありがたいです。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリア・バービーです。

 

 

レムリアの懐かしい魂の家族が、
またひとり、ここにたどり着いてくださったことを、
とてもうれしく思います。

 

 

あなたが伝えてくださったメッセージを森の奥で読んだ時、
幸せで、やさしくて、あたたかい気持ちが、胸いっぱいにあふれてきました。

 

 

今、ちょうど、このふたりのための、
「No,228」の番号が刻まれたクリスタルの宝箱が完成したところです。

 

 

あと数日かけて、旅立ちの準備を整え、
ベストなタイミングで、あなたのもとに舞い降りますので、
どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

 

 

森の奥からレムリアの愛をこめて
リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

 


「 銀色のマリア様のブレスレットと小さなレインボーアメジストの祈りの塔 」

 

        20170804_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉ではなく、心の奥から湧き出す、何かもっと別のものを通して、

ご縁のある方のもとに届けたい。。。。。

 

 

そんな気持ちになる、聖なるお品。

 

 

「何かもっと別のもの」

 

 

それは『祈り』という表現が、一番近い気がします。

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_04.jpg

 

このブレスレットとアメジストのためにつくった

新しい『マリア様の宝箱』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170804_06.jpg

 

コレクション番号:LBC-0330
クリスタル名:〜銀色のマリア様のブレスレットと

小さなレインボーアメジストの祈りの塔〜
サイズ:アメジスト 約3,0×2,0 ×1,8センチ
ブレスレット:内径 約15センチ


*「冠を戴くマリア様のクリスタルの宝箱」に
お入れしてお届けいたします。

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others