「 薔薇色に輝く美のローズクォーツとマリア様 」

 

        20200117_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世界で光のように輝く、『女性』という聖なる存在。

 

 

その女性性が持つ美のすべてを宿したような

素晴らしい薔薇色のローズクォーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191225_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、昨年のノエルにやってきたこちらのマリア様を

1度だけご紹介しようかと思っているのですが、

このローズクォーツと組み合わせようかと考えているのです。

 

 

もしも、「ぜひとも迎え入れたい」という方がいらっしゃったら、

その方に受け継いでいただき、

どなたも現れなかったら、

このまま私のもとで、一緒に同じ時を重ねていく。。。。。。

 

 

魂に響くような、とびきり美しいものを迎え入れると、人生が変わります。

 

 

それは、2つの銀河が溶け合うようなものだと私は思っています。

 

 

あなたという存在も、

その光を放つ存在も、

どちらもそれぞれに美しい。

 

 

お互いがお互いを見つめ、

愛と喜びの中で出会う時、

そこには、ひとりでは、あるいは、ひとつでは、

けっして生まれることのなかった、

新しい物語が生まれるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 虹の水晶の天使たち 」

 

      20200114_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 


「 少女のような純粋さと可憐さ。。。。。 透き通るすみれ色の魂を持つ聖母マリアの乙女へ 」

 

      202001010_02.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、マリア様のヴィジョンを見ました。

 

 

私の胸に宿った光は、

少しずつ少しずつ、

同じ光を持つものを呼び寄せ、

やがて、とびきり美しい、小さな贈り物となりました。

 

 

それは何年もかけてつむがれた物語です。

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191216_01.jpg

 

愛らしさと美しさが共存する小さなマリア様。。。。。

口元には、やさしい微笑みが浮かんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このマリア様と組み合わせるクリスタルは、

同じようなエネルギーを放つ小さくて美しいアメジストがよいと

直感で感じていました。

 

 

候補のアメジストが2つほどありましたが、

何か、もっとふさわしいアメジストがあるような気がして、

決定を思い留まっていたある日、

隣の部屋にある「クリスタルの間」で、

思いがけない出会いをします。

 

 

それは、素晴らしい透明度を持つ、透き通るアメジストでした。

 

 

もうすべてクリスタランでご紹介し終えたと思っていた

とあるアメジストの群れの中に、

まだ誰にもお見せすることなくひそやかに眠っていた子がいたのです。

 

 

これまでの流れでいくと、『すみれの妖精の魔法石』という名前を付けて

お披露目したであろうアメジスト。

 

 

その中でも極めて透明度が高く、

その姿は、すみれ色の小さな宝石のようでした。

 

 

 

 

 

 

202001010_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの透明感やヴァイオレットのグラデーションは、

落ち着いた色の背景の方が、よりはっきりと伝わります。

 

 

本当に美しい子なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_07.jpg

 

このあたりに、ほんのりと白くなっている部分があり、

それが妖精の羽のように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

202001010_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_16.jpg

 

実は、この部分には、淡い虹が浮かぶのです。

ご縁あって天使のリボンで結ばれた方は、

どうぞ見つけてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_10.jpg

 

結晶の内部が、

ヴァイオレットの非常に繊細なグラデーションになっているのが

おわかりになりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_04.jpg

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

202001010_09.jpg

 

透明度が極めて高いために、後にある菫の花がそっくりそのまま透けて、

まるで、すみれの花のクリスタルのようになっています。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_14.jpg

 

マリア様のペンダントと一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_02.jpg

 

私がヴィジョンの中で見た、

少女ように美しく可憐なマリア様をイメージしてつくった

クリスタルの宝箱。

 

 

 

 

 

 

このアメジストの美しさは、まるで奇跡のようです。

 

 

それは、この贈り物を受け取ることになる、

美しい魂そのもの。。。。。。

 

 

そして、ペンダントのマリア様も、宝箱のマリア様も、

きっと、純粋で可憐な、その方の美しい横顔そのものなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_02.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200110

クリスタル名:少女のような純粋さと可憐さ。。。。。

透き通るすみれ色の魂を持つ聖母マリアの乙女へ

サイズ(金色のマリア様のペンダント)

バチカン部分を除く丸い部分: 約1,5×1,5×0,2センチ

サイズ(アメジスト):直径約2,2センチ

※チェーンは付属しません

prix:77,777円

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 お箱もお品物もとても素晴らしくて毎日眺めて過ごしております 」

 

       20191122_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

リリア 様

 

 

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

ご連絡が大変遅くなってしまいましたが
イエス様のメダイと薔薇色のローズクォーツ
無事に手元に届いております。
お箱もお品物もとても素晴らしくて毎日眺めて
過ごしております。

 

 

イエス様のメダイはリボンを付けたままで居るのがいいと感じていて、
星のローズクォーツは
握っていると胸の辺りがホッコリと暖かくなるように感じます。
素敵なご縁をありがとうございます。

 

 

あと、遠隔セッションの希望日時につきまして

 


***
***
***

 

 

で、ご都合のよろしい時にお願い出来たらと
思います。
宜しくお願い致します。

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

「この贈り物のためのクリスタルの宝箱をつくりたい」

という私の願いを、一緒に叶えてくださってありがとうございます。

 

 

今のところ、この宝箱をお持ちなのは、あなただけ。。。。。。

 

 

自然な流れで、クリスマスの日に送り出すことになったのは、
まぎれもなく、天からの祝福なのだと思います。

 

 

そして、遠隔個人セッションのお日にち、
きっとあなたのバースデーになると感じていました。

 

 

あなたの星座、山羊座で木星が輝く、
最高のバースデーセッション!

 

 

私の魂の家族たちは、どの方も、
タイミングやチャンスを抱きしめるのが上手です。

 

 

(私はチャンスをつかむというより、
抱きしめるという表現が好きです)

 

 

今がその時だという、その美しい感覚。

 

 

それは、魂で感じるもの。

 

 

 

 

イエスさまの聖なるお品、私の長年の宝物でした。

 

 

あなたに受け継いでいただけて、本当にうれしい。

 

 

うれしすぎて涙が出そうです。

 

 

イエス様もマリア様も、あなたの家族。

 

 

魂と響き合う贈り物は、
これからはじまるあなたの物語を、
この上なくやさしい光で照らすことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


「 2020年の幕開けで、美しいギフトが届き感動です… 」

 

20191221_05.jpg       

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

リリアさま

 

 

こんにちは。

あけましておめでとうございます。

 


新年早々に、マリア様のペンダントトップとクリスタルをありがとうございました!

 

 

 

2020年の幕開けで、美しいギフトが届き感動です…

 

この子たちと一緒に、愛と喜び溢れる一年にしたいなとおもいました…

 

 

 

リリアさん、いつも素晴らしいメッセージに感謝します〜。

 

温かくしてお過ごしくださいね。

 

 

 

 

 

*12月最後の日曜日、

森の奥のポストに舞い込んだ手紙には、こんな言葉が。

 

 

「リリアさん、こんにちは!

やっとやっと、マリア様をお迎えする準備が出来ました。

私もマリア様のように、温かく慈悲深い女性になります…」

 

 

ていねいに重ねてきた月日が幸せに降り積もり、

あなたにとって、最高のタイミングがやってきたのですね。

 

 

こちらこそ、その美しい瞬間に立ち会わせてくださって、

ありがとうございます。

 

 

そして、あなた様もマリア様の聖なる乙女でいらしたとは!

 

 

これからはじまる物語が、

たくさんの愛と喜びに満ちあふれた素晴らしいものとなりますように。

 

 

どうぞ素敵な1年を!

 

 

森の奥より薔薇色の愛をこめて

リリア

 

 

 

 

 

 


「 今年もありがとうございました 」

 

         20191231_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 


今年最後のエンジェルフォトは、
ノエルに届いたマリア様の祝福より、
ユリの花を持つ、銀のマリア様。

 

 

マリア様によると、
これはLilia Mariaの姿なのだそう。

 

 

私の名前のLiliaは、ラテン語でユリを意味する
「lilium」に由来します。

 

 

子どもの頃から、

ラテン語に不思議なほどの懐かしさを感じてきましたので、
それを知った時、

遠い昔から届けられた

大切な贈り物を受け取ったような気持ちになりました。

 

 

 


空想にふけるのが大好きな私は、
時々、心の中で時空の旅をしては、
わけもなく惹かれる場所や時代に遊びに行きます。

 

 

ある時は、ラテン語で語りながら真理について探求し、
ある時は、中世の聖堂で祈りを捧げ、
ある時は、朝日が照らす、石畳みの道を歩く。

 

 

緑あふれる森の中で花や草の香りを胸いっぱいに吸い込み、
レムリアのさざ波の音に耳を傾け、
星や月から光を集めて水晶の明かりを灯す。

 

 

 

そんな時、
「どこかの時代で、あなたとも会っていたのかしら?」
と思います。

 

 

 

 

 

この小さくて、ささやかな場所で、
愛を見つけ、喜びを見つけてくださった、

感性豊かなあなたに、
心からの感謝を捧げます。

 

 

今年もありがとうございました。

 

 

どうぞよいお年をお迎えください。

 

 


*追伸*

 

年明けにニューイヤーのスペシャルセッションのご案内をします。

幸せな香りがする小さなギフト付きです。

 

 

リリア

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの輝く星に見守られて。。。。。。レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダント 」

 

        20191229_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レムリアのソウルメイトの結婚式で、
花嫁さんが胸元にまとう
小さな水晶の飾りをイメージして創ったペンダント。

 

 

式がはじまる前、ふたりだけの時間に
愛する人が永遠の愛を誓いながら、そっと付けてくれた。。。。。

 

 

あふれる光と、幸せな微笑み。

 

 

花嫁は、レムリアの薔薇の乙女。

 

 

彼女に縁のある美しい星は、小さなダイヤモンドとなって、
淡い薔薇色の水晶のそばで輝く。

 

 

それは、新しい物語のはじまり。

 

 

ひとりでつむぐ物語が、ふたりでつむぐ物語になった日。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 


「レムリアに咲く薔薇の色」からインスピレーションを得た
透き通る淡いピンク色のクリスタルは、モルガナイトです。

 

 

ごくごくまれに、この石の中で

レムリアとマリア様のエネルギーを溶け合わせたような

魂が震えてしまうほど美しいクリスタルに出会うことがあります。

 

 

それは、私にとって『奇跡』とも言えるような出会い。

 

 

その奇跡の一粒を使い、

石選びからデザインまでを私自身が手がけた、

オリジナルのペンダントになります。

 

 

モルガナイトの上にある小さな小さな宝石は、ダイヤモンド。

 


このペンダントを身にまとう方にご縁のある星の光、

そして、その方の魂のきらめきをイメージして配置してあります。

 

 

 

 

 

 

 

20191229_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_11.jpg

 

レムリアンシードクリスタルのソウルメイトツインの上で。

波長が似ているのでしょうか、とても居心地が良さそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_15.jpg

 

 

 

 

 

 

この透き通るような薔薇色は、白い背景で見ると、

光と一体化して、その色味まで透けてしまいます。

 

 

落ち着いた色の背景でお見せする方が、

その透明度や輝き、幸せに染まる花嫁さんのピンク色の頬のような

やさしく、ほのかな薔薇色がよくわかるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

20191229_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_20.jpg

 

まるでレムリアの海が光を反射して、

きらきらと輝いているよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_21.jpg

 

『魔法』というのは、私の世界のキーワード。

このペンダントにも、もちろん魔法が宿っています。

それは、レムリアの愛と喜びの魔法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_07.jpg

 

 

 

 

 

 


美しいクリスタルというものは、ただ飾っておくだけでも素敵ですが、
それを身に着け、常に肌に触れるということは、
人とクリスタルとの間に、はかりしれないエネルギーの交流が生まれると

私は思っています。

 

 

だからこそ、真の自分にふさわしいもの、

身にまとうたびに、自分の内側から美しい光があふれてくるものを、

この体に触れさせてあげると、私は心に決めています。

 

 

 

 

 

 

 

20191223_01.jpg

 

 

 

 

 

 

このペンダントのキーワードは、

『薔薇色に染まる、新しい物語のはじまり』

 

 

レムリアの星に見守られながら、

愛に向かって心をふわりと開き、

この世界にある喜びを、ハートいっぱいに受け取ると決めた

レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダントです。

 

 

 

 

*こちらのお品には、遠隔個人セッションが付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_07.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191229

クリスタル名:レムリアの輝く星に見守られて。。。。。。
レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダント

サイズ: 約0,8×0,6×0,6センチ(モルガナイトの部分)

※ペンダントの枠・バチカン部分は18金です。
18金のチェーンをお付けいたします

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 Joyeux Noel! 2019 」

 

        20191225_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

Lilia Mariaへ・・・・と、
マリア様が届けてくださった、
今年ノエルの贈り物。

 

 

見事な装飾に縁取られた、

美しいマリア様です。

 

 

この形、何かに似ているわ。。。。。と思ったら、

なんとそれは、私の紋章でした。

 

 

ジョワイユ ノエル!

 

 

どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 花嫁は、レムリアの薔薇の乙女 」

 

         20191223_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

レムリアのソウルメイトの結婚式で、
花嫁さんが胸元にまとう
小さな水晶の飾りをイメージして創ったペンダント。

 

 

式がはじまる前、ふたりだけの時間に
愛する人が永遠の愛を誓いながら、そっと付けてくれた。。。。。

 

 

あふれる光と、幸せな微笑み。

 

 

花嫁は、レムリアの薔薇の乙女。

 

 

彼女に縁のある美しい星は、小さなダイヤモンドとなって、
淡い薔薇色の水晶のそばで輝く。

 

 

それは、新しい物語のはじまり。

 

 

ひとりでつむぐ物語が、ふたりでつむぐ物語になった日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 静けさのマリア様と静寂の湖の青き水晶 」

 

       20191218_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その銀色のマリア様は、不思議な静けさをたたえています。

 

 

そっと目を閉じ、ご自分にとって本当に大切なものを

心の中で感じていらっしゃるのかもしれません。

 

 

少女には出せない、

これまでつむいだたくさんの物語からにじみ出る美しさというものが、

このマリア様からは静かにあふれているような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

20191222_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_07.jpg

 

裏面。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_04.jpg

 

その日の気分で、どちらの面を表にするか決めてもよいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_16.jpg

 

このマリア様のために選んだのは、

天使と一緒にしまわれていた、小さなセレスタイト。

この石は、光の加減によって、

この写真のようにブルーグレーのような色合いに見えることもあれば、

青みを帯びた光の中では、青みが強調されて、また異なるブルーの色に見える

二面性を持ったクリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_08.jpg

 

ほんのりとミルキーがかった、やわらかなブルー。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191222_14.jpg

 

もちろん、光の中で見ても素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191218_01.jpg

 

それでも、太陽が森の木々の間に移動し、

部屋の中が、しんと静まり返ったその時、

青い水晶が、静寂の湖のような色になり、

そのそばで、マリア様が、得も言われぬ美しさで佇んでいらっしゃる。。。。。。

その一瞬は、私にとって、忘れられないワンシーンとなりました。

それは、私がこの2つの贈り物が生み出す静けさとつながれたからこそ、

見ることができた光景なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

たくさんの新しいものが、次から次へと現れるこの世界。

 

 

その中で、あなたが本当に喜びを感じるものを見つけ出すためには、

こんな静けさが、時には必要なのかもしれません。

 

 

青き水晶を手に持ち、

胸元につけたマリア様のように、そっと目を閉じてみましょう。

 

 

ざわめいていた心は、静寂の湖のように静かになり、

マリア様のような穏やかさと物事をやさしい目で眺める気持ちが

あなたの中に舞い戻ってくることでしょう。

 

 

 

 

 

このギフトは、「ペンダント&クリスタルのみ」か、

「〜静けさのマリア様と静寂の湖〜をテーマにした遠隔個人セッション付き」

どちらかお好きな方をお選びいただけます。

 

 

エントリーの際は、どちらをご希望かをお書き添えください。

 

 

 

 

 

 

20191218_01.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191222

クリスタル名:静けさのマリア様と静寂の湖の青き水晶

サイズ(銀色のマリア様のペンダント)

バチカン部分を除く: 約2,3×1,5×0,2センチ

サイズ(セレスタイト): 約2,6×1,9×1,8センチ

※チェーンは付属しません

prix:27,777円(ペンダント&クリスタルのみ)

prix:49,000円(遠隔個人セッション付き)

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others