「 そして、次の物語へ。。。。。。 」

 

 

2017年も、たくさんの喜びの物語が生まれました。

 

 

どれも、かけがえのない物語です。

 

 

その中には、確かにあなたがいます。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

そんな幾多の物語の中でも、
特別な想いとともにつむがれた物語があります。

 

 

バースデーのスペシャル遠隔グループセッション
〜10年間ありがとう〜です。

 

 

「想い」は、今にもあふれ出しそうなくらいなのに、
いざこのセッションのことをお知らせしようとすると、
多くの言葉は出ませんでした。

 

 

私は思いました。

 

 

ああ、そうなのね。

 

 

これは、言葉を超えた世界でつむがれる物語なのだわ。

 

 

その時、私には心に決めていることがありました。

 

 

「10年間ありがとう」その感謝の気持ちを、
目に見えて、手で触れられる贈り物にして、
このセッションに参加してくださる魂の家族たち全員に
贈らせていただきましょう。

 

 

でも、それは、今は秘密。

 

 

私は秘密が大好きなのです。

 

 

 

 


そして、同じ波動によって呼び寄せ合った魂の家族たちから届いた、
「お誕生日おめでとう」のメッセージ。

 

 

みんな、私がギフトクリスタル以外の「何か」を贈ろうと思っていることなど、
何にも知りません。

 

 

そこには、ただただ、「大好きな人の誕生日をお祝いしたい」
という純粋な愛だけが、
どこまでも美しい光を放ちながら輝いていました。

 

 

 

 

 

 

なんとなく、ずっと心の中で思っていることがありました。

 

 

虹色の年、2017年という素敵な年に、
自分の最初の本が出せたら。。。。。。

 

 

願いは、叶うのですね。

 

 

小さくて、ささやかで、思わず微笑んでしまうほど私らしいその本は、
値段のつかない本、値段のつけられない本、本屋さんに並ばない本です。

 

 

私が自分の手でつくる本は、時間がかかるので、
たくさんはつくれません。

 

 

でも、それでよいのです。

 

 

それだから、いいのです。

 

 

この本の表紙をひらき、
やがて現れる、金色のインクで手書きされた受け取り主の名前。

 

 

それは、

「私は、あなたのことを思いながら、この本をつくりました。」

というしるしです。

 

 

 

 

 

きっと、私と私の世界は、
見える人には見えて、見えない人には見えないのだと思うのです。

 

 

そういうのって、いいなぁと、この本をそっと撫でながら思いました。

 

 

これからも、私は、森の精霊が守護する緑の扉の向こうで、
幸せに生きていきます。

 

 

過去をやさしく抱きしめ、

今を喜びとともに生き、

未来を幸せに夢見る。

 

 

それが私の生き方です。

 

 

 

 


さて、今度は、どんな魔法を使いましょうか。。。。。

 

 

ほんのりと漂う薔薇の香りに包まれて、
そんなことを思っていたら、
森の奥の家にある、古い木でできたポストに、
誰かからの手紙が、コトリと音をたてて届きました。

 

 

私のふたつの瞳は、星のようにきらめき、
胸の中は、素敵な予感でいっぱいです。

 

 

「エンジェルリリア〜。」

 

 

あら、誰かが呼んでいます。

 

 

「約束の10年が来たから、君を迎えに来たよ。」

 

 

「ついに来たわね。ああ、本当にあっという間だったわ。」

 

 

「君が交流したいって言っていた、その魂の家族たちとはどうだった?
ちゃんと会えた?楽しい時が過ごせたかい?」

 

 

「もちろんよ。
私たちは、めぐり会う運命だったのよ。」

 

 

「それは何より。」

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 


もう間もなく、虹色の年の扉が閉じようとしています。

 

 

扉が閉じ終わった時、
この世界の光満ちる場所で、別の扉が静かに開くでしょう。

 

 

草花の扉、本の扉、水晶の扉・・・・・

 

 

そして、その向こうで、
新しい物語がはじまることでしょう。

 

 

 

 


もしも、あなたが、
過去をやさしく抱きしめ、
今を喜びとともに生き、
未来を幸せに夢見ていたなら・・・・・・

 

 

人間の姿をした、その不思議な天使に、
またどこかで出会えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others