「 リリアさんからのお手紙とこの光のレムリアンシード・クリスタルは、私の一生の聖なる宝物です 」

 

         

        20170618_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリア様

 

 


リリアさん、こんにちは。

 

 

美しい光のレムリアンシード・クリスタルが無事に届きました。

 

 

6月24日のかに座の新月に届けてくださいましたことも、とても感謝しています。

 

 

 

 

白いお箱を開けたとたん
リリアさんのどこまでも美しく繊細で清らかなエネルギーが
お手紙 封筒 文字 リボン 香りなどすべてに込められていて
バラ色の至福のひとときを過ごすことができましたし、それは今も続いています。。。。

 

 

お手紙に書かれていたことにも心から感動し涙が溢れました。。。。

 

 

本当に 私が心から惹かれるものを リリアさんの直感で感じてくださっていることが
私の魂のことを本当に知ってくださっていることが、とても嬉しかったです。。。

 

 


『天使』『レムリア』『マリア様』
この3つは、私の魂に本当になくてはならない大切な存在です。。

 

 


マリア様という名前もまだ知らない
私が生まれる前から 母のもとへ来てくれた優しいマリア様の像が幼い頃から大好きで
不思議な安心感を覚えていました。

 

 

レムリアは レ・ム・リ・アという音から

愛と優しさに満ちた調和と豊かさと喜び溢れるエネルギーを感じ、
私の大好きな愛する世界です。

 

 

天使たちは もう私の大親友です。

 

 

毎日のように届けてくれる素敵なシンクロに

天使たちの優しい愛やチャーミングな可愛さを感じ、
彼らとふれあっているととても幸せな気持ちになります。

 

 


リリアさんからのお手紙とこの光のレムリアンシード・クリスタルは、

私の一生の聖なる宝物です。

 

 

この子を手のひらにそっと置いて
この子の純粋で繊細な美しさや輝きにただただ幸せに浸っています。。。。

 

 

本当に素敵な贈り物をありがとうございました。

 

 

遠隔個人セッションのお日にちは***はいかがでしょうか?

 

 

何時でもリリアさんのご都合のよろしいお時間で大丈夫です。

 

 

楽しみにしております。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

心から愛と感謝をこめて

***』

 

 

 


*あなたからのこのお便りを読んで、心から感じたことがあります。

 

 

それは、自分と本当にご縁のある魂の家族とは、必ず出会えるようになっていること。

 

 

そして、私のクリスタルを受け取ることになっている方は、
最高のタイミングで、それを迎え入れてくださるということです。

 

 

私は、常にそれを感じていますが、こんな素敵なお便りを読むと、
ああ、やはりそうなんだわ、それでいいのだわと、なんともいえない幸せに包まれます。

 

 

遠隔個人セッション、私の大好きな虹色の月である、7月のご希望ですね。

 

 

7月は、私にとって、『レムリアの月』。

 

 

しかも、今年は、2017年の「虹色の年」なので、
10年に一度の『虹色の年の虹色の月』に、
あなたの光のレムリアンシード・クリスタルの聖なる灯に、
私の宝物である、あの大きな光のレムリアンシード・クリスタルで
ブレッシングの儀式をするということになります。

 

 

きっとこれは、偶然ではないのでしょう。

 

 

ここから先は、とても言語化できそうにないので、
遠隔個人セッションの中で、エネルギーでお伝えしますね。

 

 

あなたと虹の架け橋を渡ってつながる聖なるひとときを、心から楽しみにしています。

 

 


〜追伸〜

 


いつかあなたにマリア様のエネルギーが宿ったクリスタルを
受け継いでいただくことができたら・・・と思いました。

 

 

その願いが、天使たちの祝福の中で、幸せに叶いますように。。。。。。

 

 

 

やわらかな霧雨が降る森の奥からレムリアの愛をこめて
リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others