「 〜牡牛座の新月のタントリックツイン〜 」

 
     






2011年5月3日。

牡牛座の新月の日に出会った、かわいらしいタントリックツイン。

この子に出会ったとき、私の隣には、愛するダーリンがいました。

あれから1年。

12星座の旅をともに楽しんで、
また素敵な牡牛座の新月がやってきました。

今回のラ・リュンヌで、
牡牛座の新月とペアになるのは、
「ソウルメイト」をキーワードに持つ蠍座の満月。

このタントリックツインをご紹介するのに、
これほどぴったりなタイミングはないでしょう。







 クリスタルの宝箱と一緒に。。。。。
 レインボークリスタル宮殿のような白いお部屋に飾ると、
 このような感じに見えます。 









         はっとするようなインパクトはないけれど、
         どこまでもやさしい波動に包まれたふたり。
         このエネルギーに、私は惹かれたのです。




今回、ここでのお披露目のために、
このクリスタルを長い時間をかけて眺めていたとき、
あることに気づきました。



このタントリックツインは、自立するのです。



磨きがまったくかかっていない原石ですので、
どっしり安定して立つというわけではないのですが、
タントリックツインの原石で、自立するというのは、
私の中では、極めて稀少な存在。






    とても雰囲気のある、素敵な佇まい。。。。。








   こちらから見た姿も、好きなのです。
   まるで、大きなクリスタルが小さなクリスタルを、
   後ろから抱きしめているよう・・・・・









 ふたりが出会う面に、ふんわりとした虹が浮かびます。
 どちらかというと、やわらかい印象の虹なので、
 実際に見た方が、はっきりと見えると思います。






 後ろ側から見てみましょう。
 虹の浮かぶ場所、なんとなくおわかりになりますか?




正面から見た時、背の高いクリスタルの一番大きな面は、
ほんのわずかに1辺が存在するため、正確には六角形なのですが、
ほぼイシスに近い形をしています。

そのちょうど反対側にある面も、
よくよく見るとイシスの五角形になっていたりして、
小さいタントリックツインですが、
とても深遠なメッセージを内に秘めているのを感じます。


「自立する」という共通のキーワードにインスピレーションを感じ、
先日お披露目した、あの大きなレムリアンシードのタントリックツイン
ブレッシングしました。

いつの日か、ベストなタイミングで、
ご縁のある方と結ばれますように。。。。。








コレクション番号:LBC-0042
クリスタル名: 〜牡牛座の新月のタントリックツイン〜
産地:Brasil
サイズ: 約4,1×2,0×1,3センチ


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜








Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others