「 〜虹の妖精が住む、小さな神殿〜 」

 
     





「神殿」が、好きです。

大きくて荘厳な神殿も、
小さくてひそやかな神殿も・・・・・

どちらも、そこは宇宙につながっていると思うから。






 レインボークリスタル宮殿の「神殿たち」は、
 どんなに小さくても、
 なぜか見る者を惹きつける、「特別な光」を放っています。








 透明な聖域の中で、美しく交錯するインクルージョン。








 その中を、七色に光り輝きながら横切る、虹の彗星。









      神殿を通り抜けてきた光が、そこにひとすじの道を創り出す・・・・・





「妖精の羽根」と、私が呼ぶ虹があります。

それは、薄く、繊細で、透き通るような虹のこと。

ほんの少し眺める位置を変えるだけで、
その虹は、あっという間に姿を消してしまいます。

ついさっきまで、確かにそこに見えたのに。。。。。。

でも、目に見えなくなってしまっただけで、
ちゃんとそこにあるのです。

クリスタルを手に持って、回しながら、

「妖精さん、妖精さん、もう一度姿を見せてくださいな。」

そう言うと、
かすかな羽ばたきが、どこからか伝わってきて、
また、ちらりと虹が見えます。




もしもあなたが、この神殿に入る招待状を受け取ったら、
この中に住んでいる妖精に、
「どうか姿を見せてください」
と、そっとお願いしてみてください。

私がその虹を、「妖精の羽根」と呼んだその訳が、
きっとおわかりになることでしょう。

鮮明な物質化は、到底出来そうもありませんが、
このクリスタルとの出会いを待っている美しい魂のために、
妖精さんが、ほんの少しだけ、羽根を見せてくれましたよ。。。。。









ベストなタイミングで、ご縁のある方と結ばれますように・・・・・







コレクション番号:LBC-0039
クリスタル名: 〜虹の妖精が住む、小さな神殿〜
サイズ: 約3,5×2,9×1,9センチ


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜








Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others