「 すずらんの天使の魔法 〜虹色のメタモルフォーシス〜 」

 

        20200501_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今日は、すずらんの日。

 

 

前々から、5月1日になったらご紹介しようと、

楽しみに待っていたお品がありました。

 

 

それは、金色のすずらんの天使のペンダント。

 

 

 

 

 

20200501_02.jpg

 

愛らしい天使のまわりにあるのは、小さな小さなすずらんの花なのです。

「天使だけ」でも、「すずらんだけ」でも、キュートでかわいいのに、

『天使&すずらん』とは、なんと心ときめく組み合わせでしょう。

私の大好きなゴールドカラーというところもうれしいです。

ちなみに、この写真では、天使の頬や腕の部分にスレがあるように見えますが、

これは光の反射によるもので、実際は金色のきれいな状態です。

 

 

 

 

 

 

 

20200524_03.jpg

 

このスレのように見える部分は、光の加減によるもの。

 

 

 

 

 

 

 

20200501_03.jpg

 

こちらは裏面。

ここまで繊細なすずらんの彫刻は、たいへんめずらしく、

私と同じように、小さくて美しく細やかなものを愛する方には

たまらないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_01.jpg

 

金色のすずらんの天使のペンダントを身にまとったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

このすずらんの天使に組み合わせるクリスタルは何にしましょう・・・・と、

森の奥で思いをめぐらせました。

 

 

白系のクリスタルがよいのですが、すぐには候補が浮かびません。

 

 

そんな中で、「あの石。。。。。。」と思い出したクリスタルがありました。

 

 

 

 

 

今から10年近く前のことです。

 

 

私のもとに、とあるクリスタルが天から降る宝石のように

いくつも舞い降りてきたことがありました。

 

 

それは、私の宝物のクリスタルと呼び寄せ合うようにしてやってきました。

 

 

以前からそのクリスタルの存在は知っていましたが、

そのクリスタルたちは、あきらかに、これまで見てきたものと何かが違いました。

 

 

ひと言で言うと、素晴らしいエネルギーなのです。

 

 

ほんのひとときの間だけ、閉じられていた扉が開きました。

 

 

そして、その扉の向こうからやってきたそのクリスタルたちを

私は躊躇することなく迎え入れました。

 

 

「今だ」と感じたのです。

 

 

何か大切な瞬間に立ち会った時、まわりの状況に左右されず、

私はいつも自分の心に、自分の魂の声に従ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

やがて扉は閉じました。

 

 

扉が閉じても、私のもとには、美しいクリスタルたちが残りました。

 

 

今も時々、あの不思議な出来事のことを思い出しては、

あの時、自分の心に従った自分を抱きしめたくなるのです。

 

 

いつか、また・・・・・

そう思って自分の本当の気持ちを押し込めてしまったら、

「いつか」も、「また」も、永遠にこなかったでしょうから。

 

 

 

 

10年かけて、私はこのクリスタルと向き合ってきました。

 

 

非常にエネルギーの高い石ですが、

波動が高いというのは、波動が細やかで繊細なので、

共鳴していない場合には、透明すぎて見えない空気のようなものです。

 

 

あるけど、ない。

 

 

私は、この石は、魔法の杖のようなクリスタルだと思います。

(ある意味、どんな石もそうなのかもしれませんが)

 

 

あるいは、これからどんな形にも姿を変えられる、

(本当はとてもマジカルな)粘土の塊のような。

 

 

今ふと、『創造の石』という言葉が思い浮かびました。

 

 

この石が導く創造は、『持ち主の本質の部分と響き合う創造』です。

 

 

多かれ少なかれ、私たちは、数十年生きてきた中で、

世間や人様がつくり出した、

『幸せとはこういうこと』『豊かさとはこういうもの』という

既知の価値観に影響されています。

 

 

この石がまず最初に働きかけるのは、

「あなたにとって真の幸せとは?」

というような、壮大で、なおかつ、最も身近で大切な問いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

この森で、10年という歳月をともに過ごした

『女神リリアの変容の石 メタモルフォーシス』

 

 

自分でいうのも何ですが、とても美しい石に育ちました。

 

 

いくつかある石の中でも、一番小さなグループから

珠玉の1粒を拾い上げています。

 

 

どこか真珠の輝きを思わせる、

小さいからこそ美しく光る子です。

 

 

 

 

 

 

 

20200501_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200501_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200501_11.jpg

 

それはそれは美しい虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石は、響き合う方とは、とても強く呼び寄せ合い、

特に共鳴しない方とは、気づかないうちに目の前を通り過ぎて行く石です。

 

 

どこかレムリアンシードクリスタルとも似たものを感じます。

 

 

レムリアンシードクリスタルに惹かれる方は、

「レムリアンシードだったら、どの石でもいいわ」

という方はあまりいらっしゃらないはず。

 

 

「このレムリアンシード」「このメタモルフォーシス」というように、

「この石」というのが、まっすぐ心に入ってくる石。

 

 

いわば、『運命の石』なのです。

 

 

 

 

 

愛らしいすずらんの天使のペンダントに、この石を合わせるというところが、

なんとも私らしい。

 

 

きっと、天使やすずらんのエネルギーとともに生きることが、

その方にとって、一番自然なことなのでしょうね。

 

 

最後に、この石から、たった今受け取ったメッセージをお届けして

今日の物語のページを閉じたいと思います。

 

 

 

 

 

「ただ、受け入れてください。

本来のあなたを。。。。。。」

 

 

 

 

 

 

 

20200524_02.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200501

クリスタル名:すずらんの天使の魔法 〜虹色のメタモルフォーシス〜

サイズ: (金色のすずらんの天使)

バチカンを除く 約1,8×1,8×0,2センチ

※チェーンは付属しません

サイズ: (メタモルフォーシス)  直径約1,7センチ

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others