「 リジューの聖テレーズ 」

 

         20200310_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リジューの聖テレーズと呼ばれる聖人がおられます。

 

 

私がマリア様と同じくらいとても惹かれる美しい魂です。

 

 

19世紀のフランス、ノルマンディー地方にあるアランソンで、
深い信仰心を持つ両親のもとに生まれたテレーズ。

 

 

その生い立ちゆえ、
彼女は幼い頃から修道女になりたいという願いを抱いていました。

 

 

14才の時、庭で父親に自分の想いを切々と語り、
彼はテレーズの想いを受け入れるも、
神父に断られてしまいます。

 

 

その理由は、若すぎるというものでした。

 

 

その後も、願い、断られ、願い、受け入れられず、
それでも、テレーズの想いは変わりませんでした。

 

 

15才になった時、ようやくテレーズの願いが叶えられます。

 

 

翌年、16才で着衣式を迎えたテレーズの胸の中は、
神への愛であふれていました。

 

 

彼女の生き方、在り方は、
特別、目立つものではありませんでした。

 

 

「私には、偉大な聖人たちのような行いはとてもできない。
そのかわり、すべてを神にゆだねて、幼子のようにこの道を歩もう。」

 

 

『小さき道』をただひたすらに実践した、小さな花のようなテレーズは、
わずか24才にして天に召されます。

 

 

その後出版された自叙伝により、
テレーズの名前と生き方は、世界中に広まりました。

 

 

神の教えは、厳しいもの、難解なもの、恐るべきものではなく、
やさしく、わかりやすく、親しみやすい、あたたかなもの。

 

 

親が子を想うように、神は、私たちを想っておられる。。。。。

 

 

神のみもとに旅立つ直前、
テレーズは、こんな言葉を残しています。

 

 

「私は天から薔薇の雨を降らせましょう。」

 

 

 

 

 

 

*次回は、リジューの聖テレーズにまつわるお品とクリスタルをご紹介いたします

 

 

 

 

20200310_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2020.03.10 Tuesday
  • -


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others