「 日が落ちて暗闇になる前のほの暗いブルー 」

 

 

 

虹色の月に開催したスペシャル遠隔グループセッション、
〜あなたの中にある「青の魔法」に出会う物語〜

 

 

8月中にギフトを発送できれば・・・と、
自分の中でひそかに予定を立てていたのですが、
ギフトを完成させるために必要なものが、
9月に入ってからではないと届かないとわかり、
8月の暑さと同じくらいの情熱で創造に集中していた私は、
ふっと一時休止することになり、思いがけない夏休みモードに。

 

 

でも、これもすべて天の調整。

 

 

たくさん時間ができたので、
ひと休みしながら今しか味わえないことを楽しみましょう、
と軽やかに気持ちを切り替えて、
セッションのエントリーの際に、それぞれの魂の家族たちが伝えてくれた、
「あなたが美しいと感じる青の色」に、再び目を通しました。

 

 

その中のひとつに、こんな青い色があります。

 

 

 

 

 

『日が落ちて暗闇になる前のほの暗いブルー』

 

 

 


私が最初にこの言葉を目にした時、

なんと繊細で情緒あふれる表現をされるのかと、
その素晴らしい感性に、心から感動しました。

 

 

そして、私の心の中に、その色が静かに広がり、
私には、そのブルーの空に、三日月が浮かんでいるのが見えました。

 

 


 

 


私自身も大好きな青の色。

 

 

森から遠く離れた北の国で、
その魂の家族が、夕暮れ時を過ぎた、ほの暗いブルーの空を見上げている頃、
私も風の匂いをかぎながら、同じ空を見上げているのかもしれない・・・・・

 

 

そんなことを想うと、不思議で、あたたかで、やさしい何かが、
私とその魂の家族をつないでいるのを感じるのです。

 

 

 

 


おひとりおひとりが、そっと分かち合ってくださった、
素敵な青の魔法。

 

 

その魔法を本当に愛しく想っているからこそ、
このセッションに参加してくださった魂の家族たちに贈る、
「守護天使が舞い降りてくるティーカップと青い魔法のお茶」を
大切に送り出したいと思っています。

 

 

だから、どうか、もう少しだけ、私に時間をくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others