「 8月の月夜の森で。。。。。。満月のマリア様 」

 

       20190805_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ、くるくるとお天気が変わるのに、

夕暮れから夜になると、毎晩のように月が見えるリリアの森。

 

 

限りなく丸い形に近づいたその月を見た時、

美しい魂の家族のもとに行き先が決まった

マリア様のペンダントとアメジストを、

月の光にあててあげたいと思いました。

 

 

木々の葉から夜露がこぼれ落ちる音が響く

静かな夜の森。

 

 

天から授かったそのペンダントを、

月の光のもとに差し出した時のことです。

 

 

アイビーの葉の内側、

マリア様がいらっしゃる丸い部分が、

月の光を反射して、ひときわ鮮やかに輝くのを見て、

私は息をのみました。

 

 

「まるで満月のよう。。。。。。」

 

 

それは、あたかも、

満月の中で、マリア様が金色に輝いているかのようでした。

 

 

月の光は、どこまでもやさしく、

この森を、私を、

その手の中にあるペンダントとクリスタルを照らし、

私は、このひとときは、起こるべくして起こったのだと悟りました。

 

 

 

 

今夜は、満月。

 

 

そして、聖母被昇天の祝日。

 

 

天はどこまでも完璧で、祝福に満ち、

私たちは、永遠の愛の中にいるのだと教えてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others