「 永遠の愛と、永遠の喜びという名の輪の中で 」

 

         20190726_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

アイビーに囲まれる金色のマリア様。

 

 

そのマリア様のペンダントを取り囲む、リリアの森の野生のアイビー。

 

 

ご縁のある方が迎えに来るその前に、どうしても見ておきたかった光景。

 

 

初々しく明るい黄緑色の葉は、やがて深い緑に変わる。

 

 

1年を通して美しい緑色であることから、『永遠』を象徴するアイビー。

 

 

形あるものは、いずれ変化するけれど、
私たちは永遠の存在であり、永遠の愛の中にいる。

 

 

私は、いつもそのことに気づいていたい。

 

 

そして、今この瞬間、自分にとって本当に大切なものに、
私の目と、私の心と、私の意識を向けていたい。

 

 

 


いつか、このペンダントを迎えに来る方が現れる。

 

 

その人は、一体どんな人だろう?

 

 

私には、わかる。

 

 

その人は、このマリア様のような人だ。

 

 

永遠の愛の中で、まばゆく金色に輝き、
薔薇の花と百合の花に祝福され、
美しく、凛として、
やさしさと、たおやかさと、真の強さが完璧な調和の中で融合している。

 

 

 


美しいものは、ただそれだけで美しい。

 

 

でも、それが、受け取り主の最も深い部分から発せられる輝きと共鳴する時、
そのきらめきは、世界を超え、宇宙を超え、すべてを光で満たしながら、
さらなる高みへと昇って行く。

 

 

また見たこともない場所を、新しい光で照らしながら。

 

 

私はその光が大好きだ。

 

 

私は、今ある光を愛しつつ、
さらなる物語へと続く扉を開けようとする人たちが大好きだ。

 

 

そんな人たちに出会うと、心が喜びで震える。

 

 

きっと、私たちは、永遠にその喜びの中にいるのだ。

 

 

永遠の愛と、永遠の喜びという名の輪の中で、
時に笑い、時に泣き、命を輝かせて生きる人たちの、
なんと美しいことだろう。

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others