「 レインボーアメジスト ダブルターミネイテッド 〜はにかむ淡いすみれの妖精石〜 」

 

        20190404_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの磨かれた先端を持つダブルターミネイテッドのクリスタルは、

とても大きなエネルギーを秘めたクリスタル。

 

 

それがどんな結晶のダブルターミネイテッドかによって、

こんなにも放たれるエネルギーが変わるのかと

感心させられるようなアメジストが私のもとにいます。

 

 

この子を外向的か内向的かで言ったら、間違いなく「内向的」

 

 

世の中では、積極的なこと、外に出て行くこと、目立つことは、

どちらかというと「よいこと」とされる傾向があり、

逆に、内にこもったり、控え目だったり、目立たないことは、

チャンスをのがしているとか、そのままではもったいないとか、

もう少し行動的に生きた方がよいのでは?など、

悪いことではないけれど、「少々改善の余地あり」と捉えられがちです。

 

 

私は、全然そんなことはないと思います。

 

 

それは持って生まれた素晴らしい資質。

 

 

無理して変える必要などありません。

 

 

この世界は、調和でできていて、

外向的な人と内向的な人がいて、

その中で、外向的な人もたまには内向的になったり、

内向的な人が、時には外向的になったりすることで、

上手にバランスをとっているのです。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

20190404_01.jpg

 

とても存在感のある大きさ。

ほんのりと淡いヴァイオレット色は、

見る場所や光の加減で、さまざまにその表情を変えます。

このアメジストは、とてもたくさんの虹が入っているので、

虹の浮かぶ層に光が反射し、白い背景で見ると、ふわっと見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_10.jpg

 

2つのポイント部分を持つ、ダブルターミネイテッドの形に磨かれた姿。

お色がやさしいので、高い波動を放ちつつも、

どこか妖精のような雰囲気を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_11.jpg

 

ふわりとした春の霞のような部分と、透き通るクリアな部分が共存した結晶。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_02.jpg

 

どころどころで見え隠れする、はっとするような透明な世界。

本当に美しいです。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190404_05.jpg

 

このアメジストには、数えきれないほどたくさんの虹が入っています。

それは、まさにフェアリーの羽。

妖精たちによると、このアメジストは、「妖精石」なのだそうです。

それが本当なのかどうかは、受け取った方に、

夢見るような淡いヴァイオレット色の世界の中で軽やかに舞う虹を見て、

決めていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眺めれば眺めるほど、新しい美しさが見えてくるクリスタル。

 

 

自然の光の中で見ると、一番このアメジストの素晴らしさがよくわかります。

 

 

はにかむ淡いすみれの妖精のようなアメジスト。

 

 

「自分らしさ」というものは、頑張ってまわりの誰かに伝えようとしなくても、

あなたが「ああ、私はこれでいいのだわ」と、

自分の内で輝く、たくさんの小さな虹を抱きしめてあげた時、

自然な形で、あふれ出てくるものかもしれません。

 

 

ご縁を感じてくださった方へ。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20190404_09.jpg

 

 

コレクション番号:LBC-0380
クリスタル名:レインボーアメジスト ダブルターミネイテッド

〜はにかむ淡いすみれの妖精石〜
サイズ: 約7,5×3,5×2,2センチ

prix:44,444円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

        



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others