「 私が届けたいもの 」

 

        20190209_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。
Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット」
に、驚くほどたくさんの方からエントリーをいただき、ありがとうございました。

 

 

ご案内メールは、おゆずりできる方にのみ、送らせていただきましたが、
みなさまからいただいたメッセージは、
1通1通、森の奥で大切に読ませていただきました。

 

 

全員の方に共通していたのが、
「見た瞬間にインスピレーションを感じました」というもの。

 

 

クリスタルもブレスレットも、私自身がひと目見て惹かれるものを感じ、
迎え入れた宝物でしたので、とてもうれしく思いました。

 

 

天使のリボンで結ばれた方が、エントリーの際に添えてくださったメッセージの中にも
こんな言葉が。。。。。

 

 

『エンジェルフォトを見た瞬間、心は決まっていました。
一瞬で恋に落ちたかのような胸がトクトクするような感覚と、
「これだ」とはっきりわかった時の感覚がありました。』

 

 

きっと魂で、ハートで、何かを感じてくださったのですね。。。。。。

 

 

 

 

 

私は、この美しい贈り物から金星ヴィーナスのエネルギーを感じていました。

 

 

実は、エンジェルフォトを撮っている最中に、
カウアイ島で出会った、
金星ヴィーナスのエネルギーを宿したレムリアンシード・クリスタル
そばに置いて写真を撮ったくらいです。

 

 

それはクリスタランに載せるつもりではなく、
自分のために撮ったものでした。

 

 

Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレットが
ご縁のある方と天使のリボンで結ばれて、ひとしきりその感動にひたった後、
私は、ふと、その方の星座を思い出しました。

 

 

彼女は、金星ヴィーナスを守護星に持つ、天秤座の乙女。

 

 

その時、女神ヴィーナスとマリア様とその乙女のエネルギーが、
薔薇色と金色が溶け合う光の中で、ひとつになるのを感じました。

 

 

 


マリア様のブレスレットは、どのブレスレットも、
私が実際に身に着けていたものです。

 

 

ただ飾っておくのではなく、
どのお品も、身にまとって、その素晴らしさを愛でてきました。

 

 

リリアの森で暮らす、私の手首で揺れていたブレスレットたちが、
今は、魂の家族たちのもとで、それぞれ美しく輝いているかと思うと、
なんだかとても不思議な気がします。

 

 

いつか、マリア様のブレスレットを持つ魂の家族たちと
『マリア様のお茶会』をできたら素敵だわと、夢がふくらみます。

 

 

招待状には、
「あのマリア様のブレスレットをつけてきてください」
というメッセージ。

 

 

おいしいお茶をいただきながら、
ブレスレットのビーズをつむぐように、
それぞれの喜びの物語をつむいで、
帰りは、「また会いましょうね」と言って、
日々の暮らしに戻っていく。

 

 

時間が経つごとに、その時の思い出が、幸せに胸に染み込んで、
ブレスレットを眺めれば、心にやわらかな光が甦ってくる。

 

 

クリスタルを通して、美しい創造物を通じて、私が届けたいものは、
愛・喜び・感謝・祈り。。。。。。

 

 

あなたの心が、自分からあふれる光で満たされる、すべてのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others