「 薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。。 Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット 」

 

        20190207_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今年の2月は、とても不思議な月。

 

 

ある日のリリアの森は、雪の国。

 

 

その数日後は、春の国。

 

 

 

 

以前から、時が満ちたらご紹介しようと思っていたクリスタルがあります。

 

 

それは、まるでマリア様か天使が結晶化したかのような、

やわらかく透き通った波動を放つ、薔薇色のクリスタル。

 

 

長い間、私は、そのクリスタルと同じくらいの美しさを持つ、

同じ種類のクリスタルを探していました。

 

 

なぜなら、それは私の私物のクリスタルなので、

ご縁のある魂の家族に届けるために、

もうひとつ迎え入れることができたらと思っていたのです。

 

 

天界からやってきたかのような薔薇色をしているのに、

それは、ローズクォーツではないというのも、また魅力でした。

 

 

ところが、いつまで経ってもそれは現れません。

 

 

ある時、いっそのこと、一度、このクリスタル自体をご紹介してみようかしらと思いました。

 

 

その時感じたのは、このクリスタルは、私のもとにいる『何か』と

ペアになるということでした。

 

 

私は、宝物を入れてある宝箱をのぞきこんでは、これかしら?と

クリスタルの隣に置いてみるのですが、

これだわ!というものが見つかりません。

 

 

 

 

 

やがて、新しい年が明け、2番目の月がやってきました。

 

 

真っ白な雪に覆われた森が、

プリマヴェーラの女神の魔法で一瞬にして春になったかと思うような日、

森の奥で降りそそぐ日の光を浴びながら、そのクリスタルを愛でていた時に、

突如としてインスピレーションが降りてきました。

 

 

あのマリア様のブレスレット。。。。。。

 

 

それは、もうかなり昔に迎え入れた、マリア様のブレスレットでした。

 

 

ある時、私は、いくつかのマリア様のブレスレットを次々に受け取りました。

 

 

それは、私の愛するシェル(貝)のビーズをつむいでつくられたブレスレットで、

金色のマリア様と銀色のマリア様のブレスレットがあり、

どれも雰囲気がとてもよく似ていました。

 

 

その中に、ただひとつだけ、

透き通るようなビーズをつむいでつくられたブレスレットがありました。

 

 

他の金色のマリア様のブレスレットは、マリア様の部分が、

イエローがかったゴールドをしているのですが、

その透明なビーズのマリア様だけは、

ほのかに薔薇色を感じる、ピンクゴールドのような色合いをしていました。

 

 

また、他のマリア様が、まっすぐに横を向いていらっしゃるのに対して、

このピンクゴールドのマリア様は、

そっと目を閉じ、うつむくように佇んでおられるのです。

 

 

その様子は、たおやかで美しく、まるで花のよう。。。。。。

 

 

まっすぐに横を向いているマリア様からは、凛とした真の強さを感じ、

このマリア様からは、やさしさ、受容、慈愛、といった、

女性的なエネルギーを感じました。

 

 

『すべてを愛で受けとめる』

 

 

愛に受けとめられた時、どんなものも、また光に戻っていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

20190207_20.jpg

 

 

 

 

 

 

ふわっとしていながら、同時に透き通っているという

夢みるようなクリスタル。

 

 

 

私のクリスタルには、その特徴を持つものが多くありますが、

このクリスタルは、その魅力を最大に持つ結晶のひとつといえるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_18.jpg

 

ある角度から見ると、ジェリーのように、「ぷるん」としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_19.jpg

 

このクリスタルに授けてあげた名前は、

『Lilia Mariaの薔薇色のクリスタル』

クリスタルについては、迎え入れてくださった方に、

お手紙でお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Lilia Mariaの薔薇色のクリスタル』には、素晴らしい虹がたくさんたくさん宿っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_13.jpg

 

この写真は、虹がわかりやすく写るように、少し暗めに写しています。

クリスタルの色ではなく、虹の入り方をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_14.jpg

 

このクリスタルのちょうど真ん中には、何かのメッセージを伝えるかのように、

ひときわ鮮やかな虹がきらめきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_24.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_05.jpg

 

ブレスレットは、手首につけるとこのような感じ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_06.jpg

 

花のように、そっとうつむく、マリア様。。。。。。

透明なビーズは、遠い昔のフランスのガラスビーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_16.jpg

 

これまで送り出してきた金色のマリア様のブレスレットと比べると、

このマリア様だけ、ほのかにピンク味を帯びたゴールドをしています。

 

 

 

 

 

 

実は、このマリア様のブレスレット、

私が初めて愛する人とカウアイ島を訪れた時に、

手首につけていたブレスレットなのです。

 

 

 

 

 

 

このクリスタルとマリア様のブレスレットの組み合わせがひらめいた時、

私には、「あの宝箱に入れたい」という、

とてもはっきりしたヴィジョンが浮かびました。

 

 

2016年のマリア様のスペシャルセッションのエネルギーから誕生した、

「〜愛の調べ〜 聖母マリアと天使たち」の宝箱です。

 

 

 

 

 

 

 

20190207_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルの波動を季節で表すならば、「春」

 

 

キーワードのひとつは、

 

 

「女性性を愛おしむ」

 

 

「女性としての心のうるおいを大切にする」

 

 

そこから生まれるのは、春を迎えたかのような喜び。。。。。。

 

 

 

 

マリア様にご縁のある、美しき薔薇の乙女に捧げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_04.jpg

 

コレクション番号:LBC-0356
クリスタル名:薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。

Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット

サイズ(クリスタル): 約5,9×4,2×2,7センチ

サイズ(ブレスレット):手首回り約15センチ


*「〜愛の調べ〜 聖母マリアと天使たち」

のクリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others