「 フェアリーリリアの薔薇のクリーム 」

 

         20181101_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

虹色の年である、

2017年の私のバースデースペシャル遠隔グループセッションのギフトとして誕生した

『フェアリーリリアの薔薇のクリーム』

 

 

その贈り物は、フェアリーリリアと薔薇の妖精たち、

そして、私の誕生日を祝ってくださった、

どこまでもピュアな魂の家族たちの愛から生まれました。

 

 

その物語は、この贈り物と一緒にお届けした、

私の手づくりの小さな本に書かれています。

 

 

 

 

 

 

20181101_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薔薇のクリームも、そのクリームを入れる箱も、

小さくてささやかな本も、

森の奥で、ひとつひとつ、心をこめて作りました。

 

 

 

とても時間がかかったけれど、

私は、自分が本当に好きなものを、自分が本当に好きな人のために作るのが、

大好きなのです。

 

 

その贈り物のことを、目を輝かせて、一生懸命に語る私のことを、

私の愛する人は、隣で、うんうんと、やさしく頷きながら聞いてくれました。

 

 

私は、なんて素敵な人たちに囲まれて生きているのだろうと、

魂まで薔薇色に染まりそうです。

 

 

 

 

 

 

20181101_08.jpg

 

『フェアリーリリアの薔薇のクリームの宝箱』

リリアの森のたくさんの植物たちが創り出す、

自然界の美・調和・祝福にインスピレーションを受けて。。。。。。

 

 

 

 

 

この森に暮らしていると、どこを見回しても花や木や草があります。

 

 

 

 

同じように、この宝箱も、どこから見ても、植物が見えるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

20181101_04.jpg

 

薔薇のクリームということで、一番目に入る正面は、2輪の薔薇の花を。

私のキーワード「ツイン」の薔薇になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20181101_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20181101_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20181101_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20181101_02.jpg

 

妖精たちが届けてくれた小さな小さなスプーン。

「フェアリーリリア、

あなたが使っているクリームの瓶にぴったりだと思って。」

その言葉の通り、そばに置いてみると、

最初から一緒だったかのようにしっくりとなじみ、驚きました。

妖精たちって、こんなことが本当に得意なのです。

 

 

 

 

 

 

20181101_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

誕生月が訪れ、秋が深まる頃、

私は森の奥で、妖精たちと一緒に、この薔薇のクリームを作ります。

 

 

そっと蓋を開けると、ふわりと薔薇の香りが漂い、

心をときめかせながら、小さなスプーンで、クリームをひとすくいします。

 

 

両手をやさしくこすり合わせながらのばすと、

みるみるうちに、かぐわしい薔薇の香りが広がり、

それはまるで魔法のよう。

 

 

ゆっくと深呼吸をしながら、自分の体を愛しむように、

薔薇のクリームをなじませます。

 

 

朝つければ、薔薇色の朝になり、

昼つければ、薔薇色の昼になり、

夜つければ、薔薇色の夜になります。

 

 

フェアリーリリアと薔薇の妖精たちは、

今日も物語の中で生きています。

 

 

もしも、その物語を信じることができたら、

いつか、あなたのもとにも、

うっとりするような香り立つ薔薇色の贈り物が届く日が、

やってくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others