「 虹の騎士 」

 

         20180920_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

何年も前のある日、
扉をくぐって、たどり着いた先に、
ひとつのクリスタルがあった。

 

 

気づくと、私は、呼び寄せられるようにして、
そのクリスタルの前に立っていた。

 

 

私は、まじまじとその結晶を見つめた。

 

 

なんて不思議な姿をしているのだろう。

 

 

天に向かって伸びる結晶の先端に、
見たこともない形で、別の結晶がついている。

 

 

さらに、下方からは、また異なる結晶が伸びている。

 

 

 

 

 

 

20180920_09.jpg

 

 

 

 

 

それは、透き通るように美しく、

辺りをはらうような気品に満ちていて、
何か、並々ならぬものを感じた。

 

 

これは、人の手が作ったものではない。

 

 

きっと原石だ。

 

 

でも、こんなことが、はたして成し得るのか?

 

 

私の直感が言った。

 

 

成し得るのだ。

 

 

人の域を超えた何かなら。

 

 

 

 

 

私が、そのクリスタルの美しさに魅入っていると、
隣で愛する人が囁いた。

 

 

「このクリスタル、剣をたずさえた騎士に見える。」

 

 

私は、彼の感性に深く感動した。

 

 

言われてみれば、確かにそう見える。

 

 

 

 

 

 

20180920_07.jpg

 

 

 

 

 

 

最初に出会った時、
私は、このクリスタルは、自分のためのクリスタルだと確信した。

 

 

その時に、もう迎え入れることは決めていた。

 

 

私は、台座につけられたそのクリスタルを注意深く持つと、
自分の方に向けた。

 

 

その瞬間、私は思わず声を上げた。

 

 

その騎士の顔を覆っている鉄仮面のような平たい水晶に
信じられないような美しい虹が浮かんだのだ。

 

 

 

 

 

20180920_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20180920_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

その虹のきらめきが、私の魂の奥深くまで照らし出すのを感じ、
私は、その虹に釘づけになった。

 

 

感動のあまり泣きたいような思いにかられたが、
涙の代わりに私からこぼれたのは、喜びの微笑みだった。

 

 

ああ、なんて美しいのだろう。。。。。。。

 

 

 

 

その日の夜、私は、森の奥で、ひたすらこのクリスタルを眺めて過ごした。

 

 

何度見ても、その素晴らしさに胸を打たれた。

 

 

そして、もうずいぶん昔に、
こんなことを言われたのを思い出した。

 

 

 

 

あなたに、2つの存在が寄り添っているのが見えます。

 

 

ひとりは、女性的なエネルギーを持つ、美しいガイド。

 

 

もうひとりは、馬のエネルギーを持つガイドです。

 

 

馬?

 

 

ロマンチックな守護天使物語を期待していた私は、
突然、あなたについているのは、馬のようなガイドと言われて、
面食らった。

 

 

ちっともロマンチックじゃない。

 

 

続けて、その人は言った。

 

 

「そのガイドは、あなたを非常に強い力で守護しています。」

 

 

その時、言葉にできない、あたたかいものを感じた。

 

 

 

 

 

その後、たくさんのスピリチュアルな世界を旅し、
人生経験が、私にとって、本当に必要なものだけを残してくれた今となっては、
もう以前のように、オーラや過去世や守護天使の世界に、

とりつかれたように夢中になることはない。

 

 

この宇宙には、一貫した法則があり、
私の力は今にあると知っているだけで十分だ。

 

 

おもしろいことに、
その昔、「スピリチュアルな体験」を切望していた時には、
私の望んでいたようなことは、たいして起こらず、
逆に、もうそのような世界は存分に楽しんだから卒業したと思っている今の方が、
あれこれと摩訶不思議な体験をたくさんすることだ。

 

 

それは、まるで、家の前に、「スピリチュアルな体験、充分 間に合っています」

と看板を掲げてあるのに、
次から次へとファンタジックな贈り物が届くかのようだ。

 

 

 

 

 

静けさに包まれた夜の森で、
その水晶の騎士を眺めていた時、
私は、かつて、
「そのガイドは、あなたを非常に強い力で守護しています。」
と言われた時に感じたのと似たようなエネルギーを感じた。

 

 

私の方は、まったく気づいていないのに、
その存在は、私が気づいていようと気づいてなかろうと、
変わらず私を見守っている。

 

 

それが、あまりにも当たり前に、

自分の皮膚の一部のように、やさしく私をくるんでいるので、

日頃は、それが「何か」だなんて意識していない、

そんな感覚だ。

 

 

でも、自分の感覚を研ぎ澄ませれば、

それが、「自分を自分だと思っている物質的なもの」ではないことは、

なんとなく感じられる。

 

 

 

 

 

その後、私は何度か、
この水晶の騎士は、私の知る誰かなのかもしれないと考えて、
一生懸命に、その顔をのぞきこんで、確かめようとしたことがある。

 

 

でも、彼の顔は、いつも美しい虹に覆われていて、わからない。

 

 

 

愛しい私のナイト(騎士)は、誰なのだろう?

 


私の愛する人。

 

 

馬のエネルギーのガイド。

 

 

大いなる宇宙。

 

 

私自身の中にあるエネルギーの象徴。

 

 

 

そのどれかかもしれないし、その全部かもしれない。

 

 

 

 

 

私は、その水晶に、愛をこめて『虹の騎士』と名前をつけた。

 

 

透き通る水晶の剣(つるぎ)は、戦うためではなく、
自分自身のエネルギーを集中させるためにある。

 

 

彼は、宇宙に忠誠を誓い、
誇り高く、凛として、
どんな状況でも、そこから真の自分を見つけ出す。

 

 

彼は、何も言わず、何も語らず、
ただ真っ直ぐに前を向いている。

 

 

己の道で輝く、美しい星を見つめて。

 

 

 

 

 

20180920_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの満月とヒキアナリア 」

 

        20171026_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じられないほど美しい、大きなダブルの虹を宿した
レムリアンシードクリスタルのスフィア『レムリアの満月』

 


そのそばで輝くのは、『星のクリスタル ヒキアナリア』

 

 

これは、ヒキアナリアのクリスタルが、
ご縁のある方と天使のリボンで結ばれる、

わずか十数時間前の光景です。

 

 

その姿を見た私は、魂が震えるのを感じました。

 

 

それほど、神々しく、神聖で、えも言われぬ美しさに満ちていたのです。

 

 

その透明感、その輝き、その虹。。。。。。

 

 

あの時も、2つのクリスタルを見て、
「似ている・・・・」と思いましたが、
まさか、これほど同じようなエッセンスを持ち、
お互いが共鳴し合っていたなんて・・・・・

 

 

私は、クリスタルの星図に登場した3つの星のクリスタル、
ホクレア、ヒキアナリア、ルピカから、
ずっとレムリアのエネルギーを感じていました。

 

 

ああ、まだ、はっきりとはわかりませんが、
たった今、何かが紐解かれ始めたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 光のレムリアンシード・クリスタル 〜受け継がれていく聖なる灯〜 」

 

   20170611_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって、特別な存在であり続ける、2つのレムリアンシード・クリスタルがある。

 

 

ひとつは、レムリアと同じように、水の底に沈んでしまった、
幻のオリジナル鉱山から掘り出されたレムリアンシード・クリスタル。

 

 

もうひとつは、そのまばゆいばかりの姿からインスピレーションを得て
『光のレムリアンシード』と私が名付けた、レムリアンシード・クリスタルだ。

 

 

レインボークリスタル宮殿に並ぶ、光のレムリアンシードの中で、
最大にして、最強の光を放つレムリアンシード・クリスタルは、
私が初めて愛する人とカウアイ島に向けて旅立つ直前に、
私のもとに届けられた。

 

 

光のレムリアンシードは、小ぶりなものがほとんどで、
大きさのあるものには、めったに出会うことがない。

 

 

しかも、クリスタルは、大きくなればなるほど
その成長の過程で、内容物を取り込む可能性が高くなるため、
大きいものにめぐりあっても、インクルージョンを含んで、
やわらかな印象になっていたり、
はたまた、非常に個性的なクリスタルになっていることが多い。

 

 

大きさもあって、透明なクリスタルというのは、
純粋でありたいというクリスタル自身の意志の力、
成長してきた環境、
そして、気の遠くなるような時間の積み重ねが
奇跡のように調和して生まれた、この星からの尊い贈り物なのだ。

 

 

 

 

 

そのレムリアンシード・クリスタルを最初に手にした時、
私は、自分の手の上に『光がのっている』のを見た。

 

 

私の手のひらの上で、光が『結晶化』していた。

 

 

現実には、そんなことはありえない。

 

 

でも、思わずそう思ってしまうほどの圧倒的な光を、
そのクリスタルは放っていた。

 

 

 

 


のちに、そのレムリアンシード・クリスタルが、
私のつむぐ物語の中でも、深遠なキー・クリスタルとなっている
『聖なる灯』のひとつであることに気づく。

 

 

レインボークリスタル宮殿で輝く、『大きな聖なる灯』たちが、
自分と同じエッセンスを持つクリスタルを呼び寄せるように、
この虹の光を生み出す、巨大な聖なる灯もまた、
レムリアの光の乙女たちのもとへ行く、美しい聖なる灯を呼び寄せる。

 

 

そして、時が満ちた時、乙女は現れ、
小さな聖なる灯たちは、キャンドルサービスのように、その光を受け継いで、
旅立ってゆく。

 

 

 

 

 

その灯は、今日もどこかで、静かに輝いていることだろう。

 

 

 

 

 

 

 

20170611_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの満月 」

 

   20170516_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルに変身したリリア&ダーリンが眺めているのは、
『レムリアの満月』と名付けた、
美しすぎるレムリアンシード・クリスタルのスフィア。

 

 

あの幻のオリジナル鉱山から掘り出されたレムリアンシードで、
私の魂が、間違いなく本物のレムリアンシードだと感じて
迎え入れてきたクリスタルの中で、最も大きなスフィアです。

 

 

その透明度、その虹。

 

 

美しいものを説明するのに、言葉はいらないと感じるのは、こんな時。

 

 

私は、このレムリアンシードを迎え入れた時、泣きました。

 

 

 

 

 

あまりに美しくて。

 

 

あまりに幸せで。。。。

 

 

あまりにありがたくて。。。。。。

 

 

 

 

それはもう、自分のすべてが、
レムリアの愛の中に溶けてしまったかのようでした。

 

 

 

 

 

 


「 天が届けてくれたアメジストのソウルメイトツイン 」

 

         20170124_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の大切な宝物。

 

 

今からずっと昔に、天が届けてくれた、原石のアメジストのソウルメイト。

 

 

初めて見た時、そのあまりの美しさと完璧なバランスに、
このようなクリスタルが本当にこの世界に存在するのかと、
信じられないような思いでした。

 

 

大きな大きなふたりは、ずっしりと私の手のひらの上にのって、
その幸せな重みが、それが夢ではないことを私に教えてくれました。

 

 

 

 

 

同じ高さ、同じ大きさ、同じ形・・・・・

 

 

タントリックツインの中でも、特に稀少だと言われている、
『ソウルメイトツイン』のふたり。

 

 

私が愛をこめて「一体型」と呼ぶ、
ツインなのに、まるでひとつのクリスタルのように見える、
とてもめずらしい姿をしています。

 

 

踊るように広がるヴァイオレットの濃淡は、
この星で出会い、ともに物語をつむげることへの愛と感謝と喜び・・・・・

 

 

ふたりは、たくさんの水の小部屋を、その内に宿し、
鮮やかな虹が、数えきれないくらい、かかっています。

 

 

虹の国に住んでいるのではなく、
おふたり自身が、虹そのものなのですね。。。。。

 

 

アメジストのお姫様とアメジストの王子様は、
ふたりで一緒に成長するうちに、
水のお姫様と水の王子様になり、
虹のお姫様と虹の王子様になりました。

 

 

 

 

一体どうしたら、そんなに素晴らしいクリスタルになれるのですか?

 

 

と誰かが聞いたら、きっとふたりは、笑いながら答えるでしょう。

 

 

「特別なことは、なにも。。。。。
ただただ、ふたりで一緒にいることが、楽しくてたまらないだけです。」

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others