「 いつもの日々の物語 」

 

 

薔薇の香りの中で、新しい年がはじまりました。

 

 

森には、すみれの花がたくさん。

 

 

昨年やってきたローズマリーの苗も元気いっぱい。

 

 

満天の星空は、光あふれる青空に変わり、
水晶のように透き通った空気に包まれたリリアの森に、
小鳥たちのさえずりが響き渡る。

 

 

おろしたての手帖に書き込まれた、いくつかの心躍る予定。

 

 

他は、まだ真っ白。

 

 

遠くの国へ旅するのと同じくらい、
この森で紡がれる、『いつもの日々の物語』が好き。

 

 

それに気づけたことが、私の人生最大の喜びのひとつです。

 

 

 

 

 

 


「 マリア様がつないでくださるご縁。。。。。。 」

 

          20180408_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

マリア様がつないでくださるご縁が、
また新しい物語を私にプレゼントしてくれました。

 

 

私の大好きなこのマリア様が、
とても素敵な魂の家族と天使のリボンで結ばれたのです。

 

 

初めてお迎えするリリア・バービー・クリスタルなのだそう。

 

 

なんとうれしいことでしょう。

 

 

オーストラリアをご旅行中だという魂の家族。

 

 

南半球は、今、夏真っ盛りですよね。

 

 

海の向こうで、彼女の笑顔がキラキラと輝いているのが伝わってきて、
私の心も、ほんわか、きらきら。。。。。

 

 

天使たちもくるくると回りながら、彼女の頬に祝福のキスを。

 

 

体は離れているのに、心はこんなに近い。

 

 

魂の家族って、本当に素敵です。

 

 

この地球には、美しい場所、そして、素晴らしい人々がたくさん存在します。

 

 

どうぞ楽しい旅を!

 

 

 

 

 


「 月のよう、星のよう、薔薇のよう 」

 

       20181225_06.jpg

 

 

 

 

 

 

ノエルの日にご紹介した、
「ヤドリギに囲まれた金色のマリア様と、
カウアイ島のエネルギーが宿ったレインボーブルームーンストーンの宝箱」に
たくさんのエントリーをいただき、ありがとうございました。

 

 

森の奥のポストを開けると、びっくりするほどのお申し込みが。。。。。。

 

 

ノエルの日は、愛する人と過ごすために、
朝、この宝箱を紹介して、すぐに出かけたのですが、
最初にエントリーしてくださった方は、
アップしてすぐ、朝の7時頃に、即、お申し込みをしてくださった様子。

 

 

なんだかもう感激で胸がいっぱいで。。。。。。

 

 

他の方々からのメッセージも、すべて読ませていただきました。

 

 

このマリア様とレインボーブルームーンストーンと宝箱に
美しいものを感じてくださって、本当にありがとうございます。

 

 

自分が美しいと感じるものを、

同じように美しいと感じる方々と出会えたことの喜び。

 

 

私の魂の家族たちは、みんな月のよう、星のよう、薔薇のよう。

 

 

宇宙から見たら、私の魂の家族たちは、満天の星空のように、

あるいは、満開の薔薇の花園のように見えるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 


「999」

 

 

このダイアリーは、記事を書くごとに番号がつきます。

 

 

今日は、9月9日。

 

 

記事ナンバーは、偶然にも「999」

 

 

「9」は私にとって、『最高』を意味する数字です。

 

 

それにしても、999回もダイアリーを綴ったなんて、
自分でもびっくりしてしまいます。

 

 

すでにクローズした以前のダイアリーと合わせると、
1800近く。

 

 

これをまとめるだけで、何冊も本ができそう。

 

 

 

9月9日は、たくさんの奇跡が起こって、
それは、どれも『最高』にふさわしい贈り物でした。

 

 

いつも思うのですが、何か素晴らしいものに出会う時、
ただそれだけが単独で存在して、突然私の前に現れるのではなくて、
それを私のもとに届けてくれる人、それを私に教えてくれる人が必ずいます。

 

 

みんなみんな、人がつないでくれるご縁。

 

 

今日起こった奇跡を思い出す時、
私は、その素晴らしい贈り物と一緒に、
その人たちのあたたかさを思い出すでしょう。

 

 

一の位、十の位、百の位を経て、

ダイアリーの数は、千の位へ。

 

 

私の心も、次の次元へ。

 

 

 

 

 

 

 


「 天使が結んでくれた、幸せの青いリボン 」

 

          20180819_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

爽やかな風とともに、森の奥に舞い込んだ1通のメッセージ。

 

 

そこには、私の大好きな、あのブルーのクリスタルを迎え入れたいと。。。。。.

 

 

お名前に見覚えが。

 

 

なんと今から8年近く前に、
一緒に交流を楽しんでくださっていた魂の家族のひとり。

 

 

私の世界からは、だいぶ離れていたけれど、先日水晶が欲しくなり、
ふと私のことを思い出して、再びここにたどり着いてくださったそう。

 

 

このクリスタルに縁を感じてくださったエピソードがまた素敵で、
その方の感性の豊かさに、そして軽やかさに、心が洗われるような気がした。

 

 

ご自身のお名前に、『青』の文字の贈り物を持つ、その方。

 

 

素晴らしい人が、あなたを迎えに来たわよ、
と、青の結晶を手のひらで包んで声をかける。

 

 

今日の森の空は、まるでこのクリスタルのよう。

 

 

天使が結んでくれた、幸せの青いリボン。

 

 

魂の家族たちとつむぐ物語は、

どれもこの森で咲く花のように、

清らかで、美しく、そして愛おしい。

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others