「 やさしい手が。。。。。。 」

 

20181020_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空とふわふわの雲の間に見え隠れする
日に日に満ちていく昼間の白い月を眺めながら、
森を歩きます。

 

 

私の手のひらの中には、透き通る薔薇色の聖なる灯。

 

 

時が満ちた時、その灯は、私の手から、誰かの手へ。。。。。。

 

 

その手が、一体どなたの手なのかは、まだわかりませんが、
ひとつだけ、はっきりと感じることがあります。

 

 

きっとやさしい手が迎えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 マリア様と透き通る薔薇色の聖なる灯 」

 

          20181010_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


「 透き通る薔薇色の聖なる灯 」

 

          20180929_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の紡ぐ物語の中で、重要なキークリスタルのひとつとなっている
『クリスタルの聖なる灯』

 

 

ここ数日、なぜか、この聖なる灯が気になって、
そばに置いては眺めていました。

 

 

それは、透き通るように美しい、淡い薔薇色をした聖なる灯で、
ゆらめく炎の一瞬の姿を見事にとらえたような、
幻想的な形をしています。

 

 

薔薇色と言えば、ローズクォーツがよく知られていますが、
この水晶は、ローズクォーツではありません。

 

 

その非常に細やかで高いエネルギーは、
ローズクォーツの放つ、体感しやすい愛の波動とは、
また異なるものです。

 

 

このレムリアの聖なる灯を構成する5つの聖なる灯のうち、
真ん中にある淡い薔薇色の聖なる灯が、
この聖なる灯と同じ水晶です。

 

 

女神リリアの石でもある、その薔薇色の水晶のキーワードは、
『変容』

 

 

もっと正確に表現するならば、
『愛と喜びの変容』でしょう。

 

 

この水晶は、とても静かでいて、
同時に大いなる力を秘めたクリスタルです。

 

 

見える人には見える不思議なクリスタルとでも言いましょうか。

 

 

この石のエネルギーと共鳴しないと、
たとえ目の前にあっても気づかないと思うのです。

 

 

自らを鼓舞させ、奮い立たせるようなクリスタルがあるとすれば、
このクリスタルは、その真逆、
「静寂」「澄み渡った湖」といったキーワードが浮かんでくるクリスタル。

 

 

湖面が波立っていては、どれだけ夜空で星が輝いていても、
それがきれいに湖面に映ることはありません。

 

 

この時の、湖面というのは、
私たちの心の状態とも言えると思います。

 

 

まばゆく輝く星があり、(それはあなたのことです)
それが、澄み切った心を通して、内に外に表現される時、
それは、この上なく美しくまたたくのではないでしょうか。

 

 

 

 

私は、この透き通る薔薇色の聖なる灯の中に、銀河を感じます。

 

 

光を反射して光る、たゆとう白い帯のような部分には、
よく見ると虹が浮かびます。

 

 

静かだけれど、持つべき人が持つと、
根底から何かが変わってしまうそんなクリスタル。

 

 

それは、まったくの別人になるわけではなく、
少しずつ少しずつ、でも確実に確実に、
その人本来の姿に戻っていく。

 

 

クリスタルが勝手にその人を変えてしまうのではなく、
「もう小さなこだわりなど軽やかに手放して、もっと自由に生きよう。

それこそが私の真の喜びだ」と気づいた魂が、
自らの意志で、己を解放することを選択するのです。

 

 

 


この聖なる灯の淡い薔薇色は、
なんと言ってよいのか、とてもニュートラルなピンク色で、
性別を超越した、人という存在への限りない慈愛のような
そんなやわらかな色合いをしています。

 

 

インスピレーションを感じた方、いらっしゃいますか?

 

 

 

 

『聖なる灯』は、その人の中にある光の象徴。

 

 

その手に、この灯を受け取る日が来た時、

私たちは、ずっと探し求めていた『光』が、

実は、一番近くにあったことを、喜びの中で知るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 いつも心にマリア様を。。。。。。 」

 

          20180917_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ご紹介した、「小さな銀色のマリア様のペンダントトップ」

 

 

身にまとうと、このような感じです。

 

 

 


いつも心にマリア様を。

 

 

ただ胸の中でそう思うだけでも素敵だけれど、
自分の胸の近くに、本当にマリア様がいてくださる。

 

 

小さなお気に入りが、
毎日の何気ない日々の中に運んできてくれる幸せ。。。。。。。

 

 

 

 

アメジストの祈りの塔の前で、
銀のマリア様のペンダントと、
銀のマリア様のブレスレットをつけてはじまる新しい朝。

 

 

白と銀色がやさしく混ざり合う世界を眺めながら、
一体どんな方のもとで、その物語はつむがれるのかと、
そっと思いを馳せました。

 

 

 

 

 

20180906_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 魔法にかけられて。。。。。。 」

 

         20180915_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今年の春、
「小さくて美しいもの」というテーマでご紹介しようと思っていた、
小さなすみれの妖精のアメジスト。

 

 

不思議な魅力満載のその子を、
春の光の中で、

心躍らせながらフェアリーフォトにおさめてみると。。。。。。

 

 

???

 

 

!?!?!?

 

 

これまで撮ってきたたくさんのクリスタルの中でも、
写すのが、ものすごくむずかしい・・・・・

 

 

あまりの実物との違いに、何度も写真と本物を見比べて、
うう〜ん、残念ながら、これはお蔵入りだわと、
紹介は見送られることに・・・・・

 

 

この1枚は、長時間の撮影の後、
きっぱりと紹介をあきらめ、
また、いつか、時が満ちたらね。。。。。と思いながら写した
最後の1枚。

 

 

もう太陽がだいぶ移動して、
窓から入る光が、ずいぶん少なくなっているけれど、
この時おさめた写真の中では、
これが一番実物に近いような気がします。

 

 

小さくて、まぁるい、キャンディーのようなその子は、
淡いヴァイオレットのボディの中に、
ふわっと深いヴァイオレットに染まる部分があって、
その様子が、まるで、すみれの妖精がかけた魔法のように見えるのです。

 

 

魔法にかけられているから、写真にうまく写らないのかしら?

 

 

でも、運命の人なら、

あなたに何かを感じて、迎えに来てくれるかもね。

 

 

なんて思いながら、

美しいその子を、今日も森の奥で眺めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others