「 カウアイ島からやってきた薔薇色のおひめさま 」

 

         20181216_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島で、大きな大きなタントリックツインを

愛する人がバースデープレゼントとして贈ってくれた時、
私は、ひとつのローズクォーツに出会いました。

 

 

ひと目見た瞬間、惹かれるものを感じました。

 

 

なんて美しく、そして愛らしい子。。。。。。

 

 

夢見るような薔薇色をしたその子は、
贈られたばかりの大きなタントリックツインをそのまま小さくしたかのような
おおらかなポイント型に磨かれていました。

 

 

そっと手に取ると、私の胸の中は、喜びでいっぱいに。。。。。。

 

 

そのローズクォーツの先端で、虹がきらきらと輝いたのです。

 

 

よく見ると、先端だけではなく、
その子の中には、いくつもの虹が浮かぶのでした。

 

 

どんな時も自分のインスピレーションを信じる私。

 

 

もちろん、その子を連れて帰りました。

 

 

その日の夜、早速迎え入れたクリスタルを滞在先の部屋に飾り、
愛する人とそれを眺めながら、「本当に素晴らしいね」と・・・・・・

 

 

大きな大きな白いタントリックツインの前に置かれた薔薇色のおひめさまは、
まるでふたりの娘のよう。。。。。。

 

 

森の奥で、あの時と同じように、タントリックツインの前にその子を置くと、

一緒に浴びた月の光が、一緒に見上げた虹の輝きが、時を超えて甦るのを感じて、

薔薇色の幸せが、ゆっくりとやさしく、私を満たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 カウアイの旅のエネルギーが宿ったクリスタルたち 」

 

         20181215_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

カウアイの旅のエネルギーが宿ったクリスタルたちを、

これから少しずつご紹介する予定です。

 

 

どの子からお披露目しようかと、ひとつずつ手にとっていたら、

クリスタルたちが「みんなそろってご挨拶」とばかりに、集まってくれました。

 

 

(一部ここに写っていないクリスタルもあります。

また、特におゆずりする予定のない、私のプライベートクリスタルも写っています)

 

 

冬の森は、太陽があっという間に部屋を通り過ぎてしまう上、

低い位置を通る太陽が、揺れる木々の葉の間を通り抜け、

1秒ごとに光の加減が変わります。

 

 

そのため、1枚写真を撮るたびにエンジェルフォトの色合いが変わることも多々あります。

 

 

夕焼けのようにオレンジ色に写ったと思ったら、

これは氷の国で撮った写真ですか?と思いたくなるような、

青みが強調された写真になったり・・・・・

 

 

でも、これが自然の中で、自然を感じながら暮らすということだと思っています。

 

 

いつもこのシーズンになると、「ああ、またこの季節がやってきたわ。」と

冬の極みの訪れを、暦や手帳ではなく、自分の目で、自分の体で感じるのです。

 

 

1日のうちでエンジェルフォトが撮れる時間はわずかなので、

ご紹介はゆっくりペースになるかもしれません。

 

 

インスピレーションで思い浮かんだクリスタルの名前を書いておきますので、

どれがどの子かしらと、楽しみながら想像してみてください。

 

 

(Lilia)と書き添えてあるのは、現時点では私のプライベート・クリスタルですが、

もし、このタイミングで、「ぜひお迎えしたい!」と思う方がいらっしゃるのなら

おゆずりしてもよいかなと考えているクリスタルです。

 

 

〜星を愛するあなたへ〜

 

 

今、早起きすると(4時から5時くらい)、

東の空に、金星がとても明るく輝いています。

 

 

金星の右上できらめいている青白い星が乙女座の一等星スピカ、ヒキアナリア、

そして、金星から、左上の方にずっと視線を上げていくと、

とてもやさしい夕焼け色に輝いているのが、アークトゥルス、ホクレアです。

 

 

日本では、まず先にホクレアが昇り、

それを追いかけるようにヒキアナリアが昇ってきます。

 

 

ハワイでは、2つの星は一緒に昇りはじめます。

 

 

以前お伝えした通り、

ホクレア(アークトゥルス)は、ヒキアナリア(スピカ)の方向に向かって、
1秒間に140キロメートルという速さで移動しており、

 

 

 およそ5万年後、
ホクレアは、ヒキアナリアのすぐ隣にまでやってきて、
2つの星は、仲良く並んで夜空に輝くことになります。

 

 

そんなことに想いを馳せながら、星を見上げてみるのも素敵ですね。

 

 

今見ることのできる、

金星とホクレアとヒキアナリア、3つの星のコラボレーションは、

とても美しいです。

 

 

そして、私のところにやってくるクリスタルたちは、

星や星座といった自然の大きなサイクルが差し示すサインと

いつも静かに、ひそやかに共鳴しているようです。

 

 

 

 

レインボー・レムリアンシード・クリスタル レムリアの小さな神殿

〜喜びの星ホクレアの神殿〜

 

 

レインボー・レムリアンシード・クリスタル レムリアの小さな神殿

〜金星ヴィーナスの神殿〜

 

 

レインボー・レムリアンシード・クリスタル レムリアの小さな神殿

〜青き乙女の星ヒキアナリアの神殿〜

 

 

レインボー・クリスタル・タントリックツイン

〜七色の虹の扉をくぐる喜びのソウルメイト〜

 

 

レインボー・レムリアンシード・クリスタル スフィア 〜ホクレア〜

 

 

レインボー・レムリアンシード・クリスタル スフィア 〜ヒキアナリア〜

 

 

星の乙女のための守護水晶より 〜ホクレアの星の乙女〜

 

 

星の乙女のための守護水晶より  〜ヒキアナリアの星の乙女〜

 

 

レインボー・アメジスト 〜カウアイの虹の女神のアメジスト〜(Lilia)

 

 

青き月の乙女のためのクリスタル レインボーブルームーンストーン(Lilia)

 

 

青き月の乙女のためのクリスタル レインボーブルームーンストーン

 

 

 レインボー・ツインアメジスト 〜ウォーターイン&パストタイムリンク〜

 

 

レインボー・レムリアンシード・クリスタル 〜七色の虹の月を宿した小さなスフィア〜 

 

 

 

 

 

 


「 銀色のブルームーンストーンのリング 」

 

      20181120_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

長い長い眠りから覚めた、美しい青を湛えたその指輪。

 

 

目覚めさせてくれたのは。。。。。。

 

 

その物語は、またいつか。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 やさしい手が。。。。。。 」

 

20181020_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青空とふわふわの雲の間に見え隠れする
日に日に満ちていく昼間の白い月を眺めながら、
森を歩きます。

 

 

私の手のひらの中には、透き通る薔薇色の聖なる灯。

 

 

時が満ちた時、その灯は、私の手から、誰かの手へ。。。。。。

 

 

その手が、一体どなたの手なのかは、まだわかりませんが、
ひとつだけ、はっきりと感じることがあります。

 

 

きっとやさしい手が迎えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 マリア様と透き通る薔薇色の聖なる灯 」

 

          20181010_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others