「 深い紫と青の世界 〜光の中で〜 」

 

       20181006_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

天使と小鳥がつくり出す、深い紫と青の世界。

 

 

こちらは、光の中で。

 

 

美しいものは、どんなところで見ても美しいのですね。

 

 

 

 

 

 

 

20181006_01.jpg

 

天使と鳥が立体的になっているので、

繊細なのに目を引く、不思議な存在感を醸し出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20181006_02.jpg

 

光があたると、深みのある色合いに、どこか透明感が感じられて、

まるで、教会のステンドグラスに光が差した時のような、

神聖で美しい世界が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 深い紫と青の世界。。。。。。 」

 

        20181005_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

その『色』にひと目ぼれして迎え入れたペンダントは、
遠い昔のフランスから。

 

 

鳥をやさしく手に抱く天使の、
わずかに見える背中の羽が愛らしい。

 

 

深みのあるヴァイオレットとブルーの
なんとも言えない繊細なグラデーションに
何度眺めてもうっとりしてしまう。

 

 

華やかな音楽が聞こえてきそうな豪華絢爛な芸術品もあるけれど、
この丸い円の中にある天使と鳥の世界は、どこまでも静寂に満ちていて、
澄み切った青空の日だけでなく、
今日のようなしっとりした日もよく似合う。

 

 

実は、このヴァイオレットとブルーの色合いに
ぴったりなクリスタルがやってきたら、
セットにしてご紹介したいと思っているのです。

 

 

そう思ってから、早数年。

 

 

まだクリスタルは現れていないけれど、
待つ時間も幸せです。

 

 

それにしても、まわりは金色の枠で、

その中は、深い紫と青という対比の、

なんと美しいこと。

 

 

このペンダントに惹かれる人は、
心のどこかに、こんな色のひそやかで静かな世界を
持っている方なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 星のように、天使のように。。。。。。リリア&ダーリン 5月のシークレットスペシャル遠隔グループセッション 2017 より クリスタルの宝箱 」

 

        20180731_08.jpg     

 

 

 

 

 

 

 

 

5月は、私たちふたりの大好きな季節。

 

 

虹色の年の5月に、

緑の香りがする風に吹かれながら訪れた旅先で、

素敵な魂の家族たちと、虹の架け橋を渡ってつながりました。

 

 

このセッションのギフトクリスタル付きコースは、

「星のエネルギーを感じるクリスタル」

「天使のエネルギーを感じるクリスタル」

どちらかお好きな方を選んでエントリーしていただくというスタイル。

 

 

お申込みの際に添えてくださったお便りには、

心あたたまるメッセージとともに、

 

 

「いつもの流れならば星のクリスタルなのですが、

今回は天使にします」

 

 

「星のクリスタルが希望です」

 

 

「もちろん天使の方で参加いたします」

 

 

「どちらも素敵・・・・・

でも、今の私には、やっぱり星です」

 

 

 

みなさん、それぞれに、自分のインスピレーションを信じて

参加されるコースを決めてくださった様子。

 

 

この時生まれた、愛と喜びに満ちた新しい創造のエネルギーは、

7ヶ月後、クリスタルの宝箱となって、私のもとに舞い降りました。

 

 

 

 

 

 

20180731_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180730_03.jpg

 

これは、私が自分用に創った宝箱。

「Lilia」と名前が刻まれているところに、

そのクリスタルを受け取る魂の家族の名前が書かれています。

 

 

 

 

 

 

夢のように素晴らしい虹が浮かぶ、星のレインボークリスタル。

 

 

たくさんの物語を秘めた、神秘的な星の魂の家族たちのクリスタル。

 

 

夜空に輝く一等星のようなハーキマーダイヤモンド。

 

 

愛らしくも美しい天使のローズクォーツ。

 

 

きらきらと七色の光を放つ天使のアメジスト。

 

 

この方には、このクリスタルを・・・・と直感で選んだ虹の水晶たちは、

あの日の幸せな波動をふわりと宿して、宝箱の中に入り、

森の奥を旅立って行きました。

 

 

 

 

 

一番早い方は、今年の1月、

最後の方は、今年の6月。

 

 

ひとつのセッションで、

すべてのギフトクリスタルを送り出すまでに数ヶ月も差が出るというのは、

めずらしいケースなのですが、

きっと受け取る方にとって、完璧なタイミングだったのでしょう。

 

 

 

 

その後、何人かの魂の家族が、

別のセッションにお申込みされる時に、

メッセージを送ってくださいました。

 

 

それを読むと、魂の家族たちの感性の豊かさ、

自分が受け取っている恵みや幸せに気づくことのできる力に

心から感動します。

 

 

そして、クリスタルを迎え入れることで、

また新しい物語が生まれていることにも。。。。。。。

 

 

 

 

ここは、魂のどこかに、水晶と同じきらめきを持つ人々が集まる場所。

 

 

ご縁あって、天使のリボンで結ばれたクリスタルが、

星のように、天使のように、

あなたを見守ってくれますように。。。。。

 

 

 

 

 

20180731_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 


「 美しいあなたへ贈るお茶 」

 

       20180617_01.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

10年近くもの間、胸の中で大切にあたため続けてきた

『美しさ』にまつわるセッション。

 

 

「リリア・バービー スペシャル遠隔グループセッション
自分の中にある美しさを迎えに行く旅

〜花のようにふんわりと、クリスタルのように透き通って〜  2018 」

と名付けたセッションで、

私が最初のテーマとして選んだのは、〜美しい体〜でした。

 

 

私にとって、美しさとは、健やかさ。

 

 

体が、あるがままに自然体であること。

 

 

それは、大いなる流れに乗るような安心感と心地よさを

私たちにもたらしてくれます。

 

 

この森で暮らす月日が長くなるごとに、

私は、以前にも増して、植物や野生の動物たちが持つ美しさに

深く感銘を受けるようになりました。

 

 

この世界には、さまざまな美しさがありますが、

「私は、私」と、その人が自分を受容している時にあふれ出る美しさが

大好きです。

 

 

理想の美を追い求める素晴らしさも、

ありのままの自分を受け入れる喜びも、

私はどちらも体験してきました。

 

 

どこにもいない誰かになるのはやめて、

「ああ、これが私なんだ」と、自分のあらゆる個性が微笑ましく思えた時、

まるで封印がとけたかのように、私は自由になりました。

 

 

そんな私のもとにやってくる人たちは、

私と同じように、心のどこかで、自分というかけがえのない存在を愛し、

ちゃんと自分を慈しんであげられる人です。

 

 

その人たちと一緒に、私はほんのひととき旅に出ます。

 

 

その魂の旅で、それぞれの人たちが、物語と宝物を持ち帰ります。

 

 

宝物は、もしかしたら、すぐに気づくものではないかもしれません。

 

 

でも、それは、小さな種のように、その人の内側に蒔かれ、

やがて、芽を出します。

 

 

私も『贈り物』を渡すことがあります。

 

 

それは、愛と喜びと感謝からできています。

 

 

時々、魂の家族のことが大好きすぎて、

想いばかりが、とめどなくあふれ出してしまい、

それを形にするまでに何年もかかることがあります。

 

 

みんな、「それがリリアさんだよね」と言って、笑ってくれます。

 

 

私は幸せ者です。

 

 

 

*     *     *

 

 

 

「リリア・バービー スペシャル遠隔グループセッション
自分の中にある美しさを迎えに行く旅

〜花のようにふんわりと、クリスタルのように透き通って〜  2018

〜美しい体〜」より

 

 

この旅を一緒に楽しんでくださった魂の家族たちにお贈りしたギフトティー。

 

 

 

 

 

 

20180617_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションは、愛する人と訪れた旅先で。

 

 

私は、森の奥から、このお茶の葉を大切に抱えて持って行きました。

 

 

そして、セッションの最中に、ダーリンと一緒に、

このお茶をふたりで持って、ブレッシングしたのです。

 

 

それは、なんとも楽しく、幸せな時間でした。

 

 

 

 

 

 

20180617_05.jpg

 

【小さな秘密 その1】

これは、後ろ側から、こっそり見たところです。

金色のインクで、Liliaと書かれているタグがついていますね。

これは、私が自分用に作ったもの。

実際は、そのお茶を受け取る魂の家族のお名前を手書きで入れたタグが

それぞれについています。

あなたのことを想いながら、このお茶をおつくりしましたという、しるしです。

 

 

 

 

 

 

 

20180617_04.jpg

 

 

 

 

 

 

【小さな秘密 その2】

 

 

 

このやわらかなグリーンのお茶の中には、

愛らしい小さなピンクの薔薇の花びらが、1枚入っています。

 

 

もちろん、お茶としてお飲みいただけます。

 

 

もしも、お茶を淹れる時に、このピンクの薔薇の花びらにあたったのなら、

その日は、薔薇の妖精とつながれる日。

 

 

フェアリーリリアと薔薇の妖精が、あなたのもとに遊びに行きますので、

心の中で一緒におしゃべりを楽しみましょう。

 

 

 

 

 

20180617_06.jpg

 

 

      

 

 

 

 

 


「 今日、生まれたもの 」

 

         20180612_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「待つ時間も楽しいです」

 

 

「お好きなだけ時間をかけてくださいね」

 

 

私の創造を支えてくださるのは、
どこまでもやさしい魂の家族たちの愛。

 

 

新しいものが誕生した時は、
いつも心の中で、
そのセッションに参加してくださった

全員のことを思います。

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others