「 すずらんの天使の魔法 〜虹色のメタモルフォーシス〜 」

 

        20200501_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今日は、すずらんの日。

 

 

前々から、5月1日になったらご紹介しようと、

楽しみに待っていたお品がありました。

 

 

それは、金色のすずらんの天使のペンダント。

 

 

 

 

 

20200501_02.jpg

 

愛らしい天使のまわりにあるのは、小さな小さなすずらんの花なのです。

「天使だけ」でも、「すずらんだけ」でも、キュートでかわいいのに、

『天使&すずらん』とは、なんと心ときめく組み合わせでしょう。

私の大好きなゴールドカラーというところもうれしいです。

ちなみに、この写真では、天使の頬や腕の部分にスレがあるように見えますが、

これは光の反射によるもので、実際は金色のきれいな状態です。

 

 

 

 

 

 

 

20200524_03.jpg

 

このスレのように見える部分は、光の加減によるもの。

 

 

 

 

 

 

 

20200501_03.jpg

 

こちらは裏面。

ここまで繊細なすずらんの彫刻は、たいへんめずらしく、

私と同じように、小さくて美しく細やかなものを愛する方には

たまらないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_01.jpg

 

金色のすずらんの天使のペンダントを身にまとったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

このすずらんの天使に組み合わせるクリスタルは何にしましょう・・・・と、

森の奥で思いをめぐらせました。

 

 

白系のクリスタルがよいのですが、すぐには候補が浮かびません。

 

 

そんな中で、「あの石。。。。。。」と思い出したクリスタルがありました。

 

 

 

 

 

今から10年近く前のことです。

 

 

私のもとに、とあるクリスタルが天から降る宝石のように

いくつも舞い降りてきたことがありました。

 

 

それは、私の宝物のクリスタルと呼び寄せ合うようにしてやってきました。

 

 

以前からそのクリスタルの存在は知っていましたが、

そのクリスタルたちは、あきらかに、これまで見てきたものと何かが違いました。

 

 

ひと言で言うと、素晴らしいエネルギーなのです。

 

 

ほんのひとときの間だけ、閉じられていた扉が開きました。

 

 

そして、その扉の向こうからやってきたそのクリスタルたちを

私は躊躇することなく迎え入れました。

 

 

「今だ」と感じたのです。

 

 

何か大切な瞬間に立ち会った時、まわりの状況に左右されず、

私はいつも自分の心に、自分の魂の声に従ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

やがて扉は閉じました。

 

 

扉が閉じても、私のもとには、美しいクリスタルたちが残りました。

 

 

今も時々、あの不思議な出来事のことを思い出しては、

あの時、自分の心に従った自分を抱きしめたくなるのです。

 

 

いつか、また・・・・・

そう思って自分の本当の気持ちを押し込めてしまったら、

「いつか」も、「また」も、永遠にこなかったでしょうから。

 

 

 

 

10年かけて、私はこのクリスタルと向き合ってきました。

 

 

非常にエネルギーの高い石ですが、

波動が高いというのは、波動が細やかで繊細なので、

共鳴していない場合には、透明すぎて見えない空気のようなものです。

 

 

あるけど、ない。

 

 

私は、この石は、魔法の杖のようなクリスタルだと思います。

(ある意味、どんな石もそうなのかもしれませんが)

 

 

あるいは、これからどんな形にも姿を変えられる、

(本当はとてもマジカルな)粘土の塊のような。

 

 

今ふと、『創造の石』という言葉が思い浮かびました。

 

 

この石が導く創造は、『持ち主の本質の部分と響き合う創造』です。

 

 

多かれ少なかれ、私たちは、数十年生きてきた中で、

世間や人様がつくり出した、

『幸せとはこういうこと』『豊かさとはこういうもの』という

既知の価値観に影響されています。

 

 

この石がまず最初に働きかけるのは、

「あなたにとって真の幸せとは?」

というような、壮大で、なおかつ、最も身近で大切な問いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

この森で、10年という歳月をともに過ごした

『女神リリアの変容の石 メタモルフォーシス』

 

 

自分でいうのも何ですが、とても美しい石に育ちました。

 

 

いくつかある石の中でも、一番小さなグループから

珠玉の1粒を拾い上げています。

 

 

どこか真珠の輝きを思わせる、

小さいからこそ美しく光る子です。

 

 

 

 

 

 

 

20200501_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200501_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20200501_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20200501_11.jpg

 

それはそれは美しい虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石は、響き合う方とは、とても強く呼び寄せ合い、

特に共鳴しない方とは、気づかないうちに目の前を通り過ぎて行く石です。

 

 

どこかレムリアンシードクリスタルとも似たものを感じます。

 

 

レムリアンシードクリスタルに惹かれる方は、

「レムリアンシードだったら、どの石でもいいわ」

という方はあまりいらっしゃらないはず。

 

 

「このレムリアンシード」「このメタモルフォーシス」というように、

「この石」というのが、まっすぐ心に入ってくる石。

 

 

いわば、『運命の石』なのです。

 

 

 

 

 

愛らしいすずらんの天使のペンダントに、この石を合わせるというところが、

なんとも私らしい。

 

 

きっと、天使やすずらんのエネルギーとともに生きることが、

その方にとって、一番自然なことなのでしょうね。

 

 

最後に、この石から、たった今受け取ったメッセージをお届けして

今日の物語のページを閉じたいと思います。

 

 

 

 

 

「ただ、受け入れてください。

本来のあなたを。。。。。。」

 

 

 

 

 

 

 

20200524_02.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200501

クリスタル名:すずらんの天使の魔法 〜虹色のメタモルフォーシス〜

サイズ: (金色のすずらんの天使)

バチカンを除く 約1,8×1,8×0,2センチ

※チェーンは付属しません

サイズ: (メタモルフォーシス)  直径約1,7センチ

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 


「 天から降る薔薇の雨。。。。。。春風に揺れる聖テレーズの薔薇のつぼみと薔薇色の星の守護水晶 」

 

       20200310_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の雨が降る森の奥から、

リジューの聖テレーズにまつわる、

美しい薔薇の贈り物をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_05.jpg

 

テレーズの象徴でもある薔薇をモチーフにしたペンダントヘッド。

ふっくらとした銀の薔薇のつぼみのまわりを、

小さな小さな20輪の銀の薔薇たちが取り囲んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

20200310_06.jpg

 

こちらは裏面。

天から降り注ぐ光とともに、

1輪の美しい薔薇が浮かび上がります。

一番外側に刻まれているのは、「幼きイエスの聖テレーズ」という

彼女の修道名。

この名を授かった時、長年の夢が叶い、どんなにうれしかったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

実は、このお品、ちょっとした秘密があるのです。

 

 

 

 

銀の薔薇のつぼみにそっと指を添えて、

静かに横にずらすと。。。。。。

 

 

 

 

 

 

20200310_07.jpg

 

このように動いて・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_08.jpg

 

薔薇のつぼみのふくらみの中に、何か大切なものをこっそり

しまえるようになっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_09.jpg

 

直径4ミリほどの小さなローズクォーツのビーズを入れてみました。

 

 

 

 

 

 

ここに入れられるもの。

 

 

それは、本当に小さな小さなものです。

 

 

このお品が、いつかどなたかのもとに受け継がれた時、

その方は、この薔薇のつぼみの中に、

どんなものを、どんな祈りとともに入れるのでしょうか。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20200310_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この銀の薔薇のつぼみと合わせたのは、

美しいスターローズクォーツ。

 

 

『薔薇色の美しい星』になったリジューの聖テレーズをイメージして

この石を選びました。

 

 

 

 

 

20190403_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_13.jpg

 

春のピンク色という表現がぴったりな

なんとも美しい薔薇色。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_09.jpg

 

女性性あふれるやさしい丸みを帯び、ふっくらとしていて、

銀の薔薇のつぼみに雰囲気がとてもよく似ているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_10.jpg

 

裏側は、フロスティに磨かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190403_15.jpg

 

スターローズクォーツの星はエンジェルフォトに写りにくいのですが、

3本の線が交差し、6条の美しい星が浮かび上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薔薇とつながりがあることから、リジューの聖テレーズのお品には

薔薇をモチーフにしたものがよく見られます。

 

 

よく知られているのは、胸に薔薇と十字架を抱く姿。

 

 

また、薔薇の花の形を象った物も多数存在します。

 

 

そんな中、今日ご紹介した銀の薔薇のつぼみのペンダントヘッドは、

10年ほど前に運命的な出会いをして迎え入れてからというもの、

ただの1度も同じお品に出会ったことがないという

たいへんめずらしいお品。

 

 

大輪に咲き誇る薔薇というのではなく、『蕾』というのが、

小さき道をひっそりと生きたテレーズらしい、

美しい聖なる贈り物です。

 

 

 

 

 

 

 

今日あなたが胸の中に咲かせる小さな小さな薔薇の花は、

いつの日か、ふっくらとやさしい、別の薔薇のつぼみをつけることでしょう。

 

 

小さな薔薇たちが、この世界にまたひとつ新しい薔薇を生み出し、

あなたの愛と喜びと感謝が、そのつぼみを育てていくのです。

 

 

あなたのハートの中に、今咲いている薔薇、そして今育ちつつ薔薇、

どちらも大切にしてください。

 

 

はじまりの季節。。。。。

 

 

心やさしいあなたに、

美しい薔薇の祝福の雨が降りそそぎますように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20200310_01.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200314

クリスタル名:春風に揺れる聖テレーズの薔薇のつぼみと

薔薇色の星の守護水晶

サイズ(銀の薔薇のつぼみのペンダントヘッド)

バチカン部分を除く: 約2,0×1,7×0,6センチ

*チェーンは付属いたしません

サイズ(スターローズクォーツ): 約3,3×2,9×2,2センチ

※クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 


「 少女のような純粋さと可憐さ。。。。。 透き通るすみれ色の魂を持つ聖母マリアの乙女へ 」

 

      202001010_02.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、マリア様のヴィジョンを見ました。

 

 

私の胸に宿った光は、

少しずつ少しずつ、

同じ光を持つものを呼び寄せ、

やがて、とびきり美しい、小さな贈り物となりました。

 

 

それは何年もかけてつむがれた物語です。

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191216_01.jpg

 

愛らしさと美しさが共存する小さなマリア様。。。。。

口元には、やさしい微笑みが浮かんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このマリア様と組み合わせるクリスタルは、

同じようなエネルギーを放つ小さくて美しいアメジストがよいと

直感で感じていました。

 

 

候補のアメジストが2つほどありましたが、

何か、もっとふさわしいアメジストがあるような気がして、

決定を思い留まっていたある日、

隣の部屋にある「クリスタルの間」で、

思いがけない出会いをします。

 

 

それは、素晴らしい透明度を持つ、透き通るアメジストでした。

 

 

もうすべてクリスタランでご紹介し終えたと思っていた

とあるアメジストの群れの中に、

まだ誰にもお見せすることなくひそやかに眠っていた子がいたのです。

 

 

これまでの流れでいくと、『すみれの妖精の魔法石』という名前を付けて

お披露目したであろうアメジスト。

 

 

その中でも極めて透明度が高く、

その姿は、すみれ色の小さな宝石のようでした。

 

 

 

 

 

 

202001010_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストの透明感やヴァイオレットのグラデーションは、

落ち着いた色の背景の方が、よりはっきりと伝わります。

 

 

本当に美しい子なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_07.jpg

 

このあたりに、ほんのりと白くなっている部分があり、

それが妖精の羽のように見えます。

 

 

 

 

 

 

 

202001010_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_16.jpg

 

実は、この部分には、淡い虹が浮かぶのです。

ご縁あって天使のリボンで結ばれた方は、

どうぞ見つけてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_10.jpg

 

結晶の内部が、

ヴァイオレットの非常に繊細なグラデーションになっているのが

おわかりになりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_04.jpg

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

202001010_09.jpg

 

透明度が極めて高いために、後にある菫の花がそっくりそのまま透けて、

まるで、すみれの花のクリスタルのようになっています。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_14.jpg

 

マリア様のペンダントと一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_02.jpg

 

私がヴィジョンの中で見た、

少女ように美しく可憐なマリア様をイメージしてつくった

クリスタルの宝箱。

 

 

 

 

 

 

このアメジストの美しさは、まるで奇跡のようです。

 

 

それは、この贈り物を受け取ることになる、

美しい魂そのもの。。。。。。

 

 

そして、ペンダントのマリア様も、宝箱のマリア様も、

きっと、純粋で可憐な、その方の美しい横顔そのものなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

202001010_02.jpg

 

クリスタル番号:LBC-200110

クリスタル名:少女のような純粋さと可憐さ。。。。。

透き通るすみれ色の魂を持つ聖母マリアの乙女へ

サイズ(金色のマリア様のペンダント)

バチカン部分を除く丸い部分: 約1,5×1,5×0,2センチ

サイズ(アメジスト):直径約2,2センチ

※チェーンは付属しません

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの輝く星に見守られて。。。。。。レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダント 」

 

        20191229_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レムリアのソウルメイトの結婚式で、
花嫁さんが胸元にまとう
小さな水晶の飾りをイメージして創ったペンダント。

 

 

式がはじまる前、ふたりだけの時間に
愛する人が永遠の愛を誓いながら、そっと付けてくれた。。。。。

 

 

あふれる光と、幸せな微笑み。

 

 

花嫁は、レムリアの薔薇の乙女。

 

 

彼女に縁のある美しい星は、小さなダイヤモンドとなって、
淡い薔薇色の水晶のそばで輝く。

 

 

それは、新しい物語のはじまり。

 

 

ひとりでつむぐ物語が、ふたりでつむぐ物語になった日。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 


「レムリアに咲く薔薇の色」からインスピレーションを得た
透き通る淡いピンク色のクリスタルは、モルガナイトです。

 

 

ごくごくまれに、この石の中で

レムリアとマリア様のエネルギーを溶け合わせたような

魂が震えてしまうほど美しいクリスタルに出会うことがあります。

 

 

それは、私にとって『奇跡』とも言えるような出会い。

 

 

その奇跡の一粒を使い、

石選びからデザインまでを私自身が手がけた、

オリジナルのペンダントになります。

 

 

モルガナイトの上にある小さな小さな宝石は、ダイヤモンド。

 


このペンダントを身にまとう方にご縁のある星の光、

そして、その方の魂のきらめきをイメージして配置してあります。

 

 

 

 

 

 

 

20191229_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_11.jpg

 

レムリアンシードクリスタルのソウルメイトツインの上で。

波長が似ているのでしょうか、とても居心地が良さそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_15.jpg

 

 

 

 

 

 

この透き通るような薔薇色は、白い背景で見ると、

光と一体化して、その色味まで透けてしまいます。

 

 

落ち着いた色の背景でお見せする方が、

その透明度や輝き、幸せに染まる花嫁さんのピンク色の頬のような

やさしく、ほのかな薔薇色がよくわかるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

20191229_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_20.jpg

 

まるでレムリアの海が光を反射して、

きらきらと輝いているよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_21.jpg

 

『魔法』というのは、私の世界のキーワード。

このペンダントにも、もちろん魔法が宿っています。

それは、レムリアの愛と喜びの魔法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_07.jpg

 

 

 

 

 

 


美しいクリスタルというものは、ただ飾っておくだけでも素敵ですが、
それを身に着け、常に肌に触れるということは、
人とクリスタルとの間に、はかりしれないエネルギーの交流が生まれると

私は思っています。

 

 

だからこそ、真の自分にふさわしいもの、

身にまとうたびに、自分の内側から美しい光があふれてくるものを、

この体に触れさせてあげると、私は心に決めています。

 

 

 

 

 

 

 

20191223_01.jpg

 

 

 

 

 

 

このペンダントのキーワードは、

『薔薇色に染まる、新しい物語のはじまり』

 

 

レムリアの星に見守られながら、

愛に向かって心をふわりと開き、

この世界にある喜びを、ハートいっぱいに受け取ると決めた

レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダントです。

 

 

 

 

*こちらのお品には、遠隔個人セッションが付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191229_07.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191229

クリスタル名:レムリアの輝く星に見守られて。。。。。。
レムリアの薔薇の花嫁のためのペンダント

サイズ: 約0,8×0,6×0,6センチ(モルガナイトの部分)

※ペンダントの枠・バチカン部分は18金です。
18金のチェーンをお付けいたします

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 魂に鳴り響く、聖母マリアの薔薇の鐘。。。。。。薔薇色の水晶とともに 」

 

20191221_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

『聖なる鐘』

 

 

それは、私が初めてマリア様のスペシャル遠隔グループセッションを

開催することを決めた時に、天から贈られた思い出の品です。

 

 

それから数年か過ぎた頃、小さな贈り物を受け取りました。

 

 

それは、小さな鐘をモチーフにした、聖なるギフトでした。

 

 

2012年10月のことだと、私のカイエに記されています。

 

 

なんとなく、ノエルの季節にご紹介したいと思いながら、

気がつけば、いつの間にか7年の月日が流れました。

 

 

祝福に満ちたシンクロに導かれ、

私は、『聖なる鐘』をひさしぶりにじっくりと眺め、

チリンとその音が鳴るのを聞きました。

 

 

そして、この小さな贈り物のことを思い出したのです。

 

 

7年という歳月は、

私にその贈り物を入れるのにぴったりな宝箱を創る時間をくれました。

 

 

大切な誰かにそっと届けたい、小さくて美しい贈り物です。

 

 

 

 

        

 

 

20191218_01.jpg

 

思い出の聖なる鐘と、小さな鐘にまつわる贈り物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191221_10.jpg

 

わかりますでしょうか?

上部にある、まるで天使の羽のように見える部分の間に、

ひそやかに十字架が隠れています。

 

 

 

 

 

 

裏返すと。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191221_12.jpg

 

鐘の中にはマリア様が。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191221_07.jpg

 

身にまとうとこのようなイメージです。

他の方には、小さな鐘のペンダントに見えますが、

その裏には、実はマリア様がおられる。

自分だけが知っているマリア様。。。。。。

誰が見てもはっきりわかるマリア様のお品も素敵ですが、

私は、このような小さな秘密のお品に、とても心惹かれます。

 

 

 

 

 

 

 

この小さなペンダントに合わせるクリスタルを考えていた時のこと。

 

 

いくつかの候補のクリスタルをそばに置いたのち、

私は、ローズクォーツがよいのではないかと直感で感じました。

 

 

そして、後日、こんな発見をします。

 

 

 

 

 

 

20191221_13.jpg

 

鐘を鳴らす時に中で揺れる部分の両脇に、

繊細な2輪の薔薇の花があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191221_01.jpg

 

私が選んだのは、透き通る淡い薔薇色のローズクォーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191221_04.jpg

 

中では、愛らしい小さな虹が輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

20191221_14.jpg

 

ひそやかなクロスと、葉までが表現された可憐な2輪の薔薇の花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191221_08.jpg

 

それは、魂に鳴り響く、聖母マリアの薔薇の鐘。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

心やさしい薔薇色のハートを持つあなたに、

そっと届けてあげたい聖なる贈り物です。

 

 

 

 

このギフトは、「ペンダント&クリスタルのみ」か、

「〜マリア様と薔薇の祝福〜をテーマにした遠隔個人セッション付き」

どちらかお好きな方をお選びいただけます。

 

 

エントリーの際は、どちらをご希望かをお書き添えください。

 

 

 

 

 

 

20191221_05.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191221

クリスタル名:魂に鳴り響く、聖母マリアの薔薇の鐘。。。。。。

薔薇色の水晶とともに

サイズ(聖母マリアの薔薇の鐘のペンダント): 約1,2×1,5×0,2センチ

サイズ(ローズクォーツ): 約2,3×1,9×1,8センチ

※チェーンは付属しません

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 銀のエンジェルちゃんとエンジェルブルー色のお守り石 」

 

     20191217_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前にその姿をお見せした、愛らしい銀色の天使のペンダント。

 

 

その名も、『銀のエンジェルちゃん』

 

 

クリスタランでご紹介中の「ひとつぶタイプ」のクリスタルたちと

順番にお見合いすること数回。

 

 

どのクリスタルとも相性が良さそうでしたが、

大切にしまってあったクリスタルの箱をひさしぶりに取り出すと・・・・・

 

 

私のとても好きなクリスタルが、ひとつだけ残っているのを発見しました。

 

 

きっとこの子が似合うわ!

 

 

そして、ふたりは仲良く並ぶことに。

 

 

私と同じように、このふたりの組み合わせが大好きという方、

これは、あなたのための贈り物です。

 

 

 

 

 

 

20191205_01.jpg

 

キュートな銀のエンジェルちゃん。

ハートの中にいる天使って、なんと絵になるのでしょう。

ほっぺたや腕など、盛り上がった部分にごくわずかなスレが見られますが、

もともとのサイズが小さいため、あまり目立ちません。

私はむしろ、この部分が愛おしくて、なんといいますか、

お顔にホイップクリームがついた天使のような可愛らしさを感じます。

(この表現、わかってくださる方、いらっしゃいますでしょうか?)

 

 

 

 

 

 

 

20191215_02.jpg

 

身に着けるとこのようなイメージ。

胸元に天使。。。。。。

毎日が楽しくなりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191217_07.jpg

 

エンジェルブルー色のお守り石と一緒に。

 

 

 

 

 

 

 

このふたりには、明るい光がよく似合います。

 

 

どうぞ、ご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191217_01.jpg

 

コロンとした、丸みを帯びた形に磨かれています。

手の中にやさしくなじみ、その時に感じるほっとした気持ちは、

守護天使に守られているような感覚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191217_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191217_03.jpg

 

やわらかくカーブを描く巻き毛や、細やかな背中の羽根など、

本当に繊細な彫りの天使です。

 

 

 

 

 

 

このギフトは、「ペンダント&クリスタルのみ」か、

「銀色の守護天使が舞い降りてくる遠隔個人セッション付き」

どちらかお好きな方をお選びいただけます。

 

 

エントリーの際は、どちらをご希望かをお書き添えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191217_03.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191217

クリスタル名:銀のエンジェルちゃんとエンジェルブルー色のお守り石

サイズ(銀色の天使のペンダント): 約1,7×1,9×0,2センチ

サイズ(エンジェルブルーのお守り石): 約2,4×2,2×1,5センチ

※チェーンは付属しません

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

   


「 瑠璃色の空から金色の軌跡を描いて。。。。。。守護天使が舞い降りてくるラピスラズリ 」

 

        20191118_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くから、ノエルの鈴の音が聞こえてくる今の季節、

森の空気は、どこまでも透明に、そして清らかに澄み渡り、

夜空の星々は、天使たちの祝福を受けたように、

この上なく美しくきらめき始めます。

 

 

そんな夜空を思い起こさせるラピスラズリは、

多感だった私の少女時代のお守りのような石でした。

 

 

「この石には、こんなパワーがあります」

という、どんな壮大な言葉よりも、

私には、ただただその美しさが、何よりの癒しであり、励ましでした。

 

 

この石を眺め、この石に触れていると、

それまで悩んでいたことが、だんだんと小さくなっていき、

その代わりに、なんて美しいのかしらという深い感動が、

私を満たすのです。

 

 

幸せな時に手にすれば、その幸せは、何倍にもふくらむのでした。

 

 

たくさんの勇気とたくさんの愛を、この石から受け取りました。

 

 

だから、大人になった今でも、

この石は、私にとって、心の中の引き出しの

とても特別な場所にしまわれている石です。

 

 

そして、特別だからこそ、

これ!と感じて迎え入れることが少ないクリスタルなのかもしれません。

 

 

ゴールドの天使が刻まれた、小さなラピスラズリは、

私が一番最後に迎え入れたラピスラズリ。

 

 

ラピスラズリは、品質がさまざまで、

グレードによって見た目がかなり異なります。

 

 

高いグレードを持つものほど、深く美しい瑠璃色をしています。

 

 

私がこの子に出会った時、小さいながらも圧倒的な美しさを持つその色に、

ひと目で心を惹かれました。

 

 

このラピスラズリには、金色の天使の姿が刻まれています。

 

 

そして、天使の右横には、金色に輝いている部分があります。

 

 

その様子が、まるで、守護天使が金色の光を振りまきながら

舞い降りてきたように見えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191006_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_03.jpg

 

金色に輝く天使が舞い降りてきた軌跡、

おわかりになりますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_05.jpg

 

素晴らしく美しい瑠璃色。

 

 

 

 

 

 

 

20191118_06.jpg

 

キラキラと金色の粉が輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

この『守護天使が舞い降りてくるラピスラズリ』は、

自分自身が天使に守られるという側面だけでなく、

「見守り」、「見守られること」

その両方の大切さに気付かせてくれる石。

 

 

だって、あなたも誰かの守護天使なのだもの。

 

 

あなたがやさしい目で、誰かを、何かを見つめる時、

あなたは、その存在の守護天使になっているのですよ。

 

 

 

 

 

 

もしも時間旅行ができて、

あの頃の少女時代の自分をこっそりのぞくことができたなら、

そっと机の上に置いてきてあげたい石です。

 

 

 

 

だいじょうぶ。

 

 

すべては順調よ。

 

 

いつもあなたを見守っているわ。

 

 

安心して今を楽しんでね。

 

 

 

 

 

 

 

*このクリスタルは、

「クリスタルのみ」、「守護天使が舞い降りてくる遠隔個人セッション付き」

どちらかお好きな方をお選びいただけます。

 

 

エントリーの際に、どちらをご希望されるかをお書き添えください。

 

 

 

 

 

 

 

20191118_01.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191118
クリスタル名:瑠璃色の空から金色の軌跡を描いて。。。。。。

守護天使が舞い降りてくるラピスラズリ
サイズ: 約2,4××2,0×1,5センチ

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 


「 ふたりはいつでも一緒。。。。小さな小さな虹のたまご&水色のリトルエンジェル 」

 

       20190410_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートがキュンとするような、可愛い可愛いふたりをご紹介します。

 

 

その子は、私が今まで迎え入れてきた中で、

おそらく一番小さなたまご型のクリスタル。

 

 

思わず笑みが浮かぶようなキュートなボディをそっと拾い上げ、

その中で光るやさしい虹を見つけた時に胸の中に広がった幸せな気持ちを

今でもはっきりと覚えています。

 

 

そして、その子は私のもとにやってくることになりました。

 

 

今からずいぶん昔のことです。

 

 

それでは、今日の『クリスタルの物語』をはじめましょう。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

20190410_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_04.jpg

 

クリスタルの宝箱の上に、ちんまりと載る様子が、

なんとも愛らしい。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_05.jpg

 

このクリスタルは、上部が天使のようなふわっとしたホワイトで、

下の部分が透き通っています。

やわらかでやさしいエネルギーは、この子が持って生まれたものなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_13.jpg

 

その中に浮かぶ美しい虹。

下の透明な部分の虹はわかりやすく写っていますが、

上の部分のエンジェルホワイト色の世界の中にも虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

20190410_11.jpg

 

虹がはっきりと見える側から、くるっと反対側に回した時の姿も好きです。

よく見ると、クリスタルの下の部分が、

ふわりと虹色に染まっているのがおわかりになりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_09.jpg

 

とてもマジカルなエネルギーを感じる虹。。。。。。

きっと素敵な魔法が宿っているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

実は、この小さな虹のたまごをご紹介しようと思った時、

何かとセットにしてあげたいと直感で感じました。

 

 

それは、何か同じように小さくて愛らしいもので、

ふたつを並べた時に、一緒にいるのがぴったりなもの。

 

 

そして、何気なく、

数日前に「クリスタルの間」から連れてきた、

小さな水色の天使をそばに置いてみました。

 

 

その水色の天使は、私のお気に入りの子で、

この子も、クリスタランで紹介したいけれど、この子ひとりだけではなく、

何かと一緒に。。。。。と思っていた子でした。

 

 

小さな虹のたまごの隣に置いてみると、

あらまぁ、びっくり。

 

 

ふたりがものすごく調和するのです。

 

 

どうやら、水色の天使は、この小さな虹色のたまごのことが大好きなよう。

 

 

そして、虹色のたまごも、水色の天使にぴったりと寄り添われて幸せそう。

 

 

これはもう、ふたりをずっと一緒にしてあげましょうと、

ふたりは、この先も仲良く暮らすことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

20190410_02.jpg

 

水色にほんのり白が混ざった、この色がたまらなく好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_03.jpg

 

この水色の天使は、たまご型ではないのに、

なんとなくたまご型に似た形に磨かれています。

ころんとして、本当にかわいいです。

 

 

 

 

 

 

 

20190410_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_08.jpg

 

ふたりを一緒に並べてみました。

本当に可愛いです。。。。。。

もうこれ以上の説明はいりません。

『そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました』

まるでおとぎ話を見ているかのような愛らしいふたりです。

 

 

 

 

 

 

 

小さいものには、小さいからこそ人を幸せにしてしまう、

不思議な魔法が宿っている気がします。

 

 

小さくて、美しくて、そして、可愛いものが好きな方に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190410_08.jpg

 

コレクション番号:LBC-0382
クリスタル名:ふたりはいつでも一緒。。。。

小さな小さな虹のたまご&水色のリトルエンジェル
サイズ(小さな虹のたまご): 約2,1×1,5×1,5センチ

サイズ(小さな水色の天使): 約2,3×1,6×1,5センチ


*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 


「 虹色の羽を持つ豊かさの妖精が宿る、小さな菫色のたまご 」

 

20190408_08.jpg     

 

 

 

 

 

 

小さくて、美しいものを愛し、

自分の内にある「豊かさのエッセンス」を大切に育てたいあなたへ

 

 

このアメジストと出会ったのは、2012年8月8日のことでした。

 

 

「8」は、リリアナンバーでは、『無限の豊かさ』を表す数字です。

 

 

忘れもしない、この日、

その後、とても大きな豊かさにつながることになる出来事の

記念すべき最初の1歩を踏み出した日でした。

 

 

その時の記録が、今も私の手元に残っています。

 

 

ひさしぶりにそれを見て、

私は、この小さなアメジストのことを思い出したのでした。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

20190408_12.jpg

 

白い背景で写真を撮ると、

なぜか実物よりもグレーがかって写ってしまうので、

このフォトでは、大きさだけ参考にされてくださいね。

なんと愛らしいサイズでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_01.jpg

 

透明度がとても高く、澄み切った結晶。

このアメジストからは、「清らかさ」を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_04.jpg

 

透き通る結晶は、楚々とした菫色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_07.jpg

 

まるで、たった今、天からこぼれ落ちてきた、「豊かさの雫」のような姿。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_09.jpg

 

その中には、妖精の羽のような虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_10.jpg

 

くるりと入っているので、写真に写るのはほんの一部だけ。

個人的に、このアメジストに入っている虹が大好きです。

私が「妖精の羽のような」と表現するその虹の可憐さを、

いつか、このアメジストを受け継いでくださった方と分かち合えることを

楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに大きく見えるものも、たくさんの小さなものの集まりでできています。

 

 

もしも、あなたが、「大きな豊かさ」を受け取りたいならば、

日々の暮らしの中に存在する、「小さな豊かさ」を大切にしてください。

 

 

このアメジストの中に宿っている妖精は言います。

 

 

「親鳥がたまごをあたためるように、

あなたが今受け取っている豊かさを愛おしんでね。」

 

 

あなたが願う豊かさというものは、受け取って初めて幸せになれるものではなく、

それに想いを馳せたり、それが近づいてくるのを感じる時間も、

すべて「豊か」なのだと思います。

 

 

このアメジストは、見るたびに、触れるたびに、

あなたにそれを思い出させてくれることでしょう。

 

 

ご縁を感じてくださった方に。。。。。。。 

 

 

 

 

 

 

 

20190408_08.jpg

 

コレクション番号:LBC-0388
クリスタル名:虹色の羽を持つ豊かさの妖精が宿る、小さな菫色のたまご
サイズ: 約2,7×2,0×2,0センチ

産地:Brazil

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と妖精のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 

 


「 ヒキアナリアの女神に見守られて。。。。。。レムリアの永遠のソウルメイトのための小さな神殿 *カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

        20190212_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島で出会った、

3つの小さなレムリアンシード・クリスタルから

最後のクリスタルをご紹介しましょう。

 

 

〜小さなレムリアの神殿より ヒキアナリア〜

 

 

しっかりと刻まれた無数のレムリアンリッジがきわめて美しく、

そのあまりのリッジの多さと見事さから、

光を浴びると、クリスタル全体が、ほのかに白みがかって見えるほど。

 

 

とても清らかなエネルギーを感じるレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_04.jpg

 

光に照らされて白く見える面が、

正面から見た時に中央に見える、一番大きなフェイスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_05.jpg

 

この大きなメインフェイスは、『7角形』をしています。

カウアイ島で出会った、3つの小さなレムリアンシード・クリスタル

そのすべてが、正面のメインフェイスが7角形をしているということに

私は後から気づきました。

実は、「3」という数字も、頻繁にシンクロが起きている数字なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_09.jpg

 

素晴らしいレムリアンリッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒキアナリアのレムリアンシード・クリスタルは、

青みがかった光も似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_14.jpg

 

さりげなく輝く、小さな虹。

 

 

 

 

 

 

 

私は、カウアイ島で3つのレムリアンシード・クリスタルの

小さな神殿に出会った時、

そのすべてに虹が浮かぶことを確認して迎え入れました。

 

 

森の奥に戻って、3つのクリスタルと再会した時、

他の2つのクリスタルは、探さなくても虹がすぐに見つかりましたが、

この「ヒキアナリアの神殿」だけは、見つけるのに時間がかかりました。

 

 

というのも、たくさんのレムリアンリッジが、

まるでこの神殿を守護するかのように刻まれているので、

「このあたりに虹がありそう」と思って、角度を変えると、

見えかかっていたそのかすかなきらめきは、

レムリアンリッジの向こうに、ふっと消えてしまうのです。

 

 

時間をかけて、このクリスタルと触れ合い、話しかけ、歩み寄り、

ようやくカウアイ島で見た虹を見つけた時は、

思わず「虹を見せてくれてありがとう」と、心の中でつぶやきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_15.jpg

 

クリスタルの下方、真ん中の部分に、

光を反射して輝く透明な層があります。

ここが虹の浮かぶ層です。

 

 

 

 

 

 

 

20190212_16.jpg

 

レムリアンリッジ越しなので、エンジェルフォトに写すのは、

これが精いっぱい。

この虹も、薄くて透き通っていて、まるで妖精の羽のようです。

 

 

 

 

 

 

このヒキアナリアの神殿は、

何かを長々と語りかけてくるクリスタルではありませんでした。

 

 

星が、夜空で物言わず、ただただ美しくきらめいているように、

このクリスタルは、ただそこに存在しているのです。

 

 

言葉というよりも、エネルギーで交流するクリスタル。

 

 

自分の存在を誰かに伝える時に、

強烈なインパクトを与えてアピールする必要などないのだと、

このクリスタルは教えてくれます。

 

 

相手の心になんとか入り込もうと、上手に話す必要も、

過剰に素敵にふるまう必要もありません。

 

 

あなたに本当にご縁のある人は、

無理にそんなことをしなくても、きっとあなたに気づいてくれます。

 

 

清らかで、それでいて、きらきらと輝く、スピカのようなあなたに。

 

 

 

 

 

私は、このクリスタルが大好きなのですが、

写真に撮ってみると、思ったほど「その素敵さ」が写らないことを、

少々残念に思っていました。

 

 

本物は、すごく美しいレムリアンシード・クリスタルなのだけど。。。。。。

 

 

静けさに満ちたそのエンジェルフォトを見た時、

ああ、でも、きっとこれがこのクリスタルの望む写真なのだと思いました。

 

 

だから、これだけ撮れれば、もう十分。

 

 

そう思って撮影を終わりにしようとした時のことです。

 

 

ふと、「このクリスタルを、底からのぞいてみたい」という衝動にかられました。

 

 

どうしてそんなことを思ったのか、自分でもわかりません。

 

 

ヒキアナリアの小さな神殿をやさしく横にし、

そっとその中をのぞき込んだ時、

私は、そこに広がる不思議な光景に息をのみました。

 

 

まるで、クリスタルとクリスタルが、口づけをしているように見えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ふたりの向こうに見える景色は、

私にとって、レムリアの夕焼け空、

カウアイ島で見た、夕暮れの空そのものでした。

 

 

 

 

 

 

20190212_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまらないほどの懐かしさと愛しさがこみ上げてきて、

私は、時の経つのも忘れて、その光景に見とれました。

 

 

そして、そこに広がる光景を見て、

このクリスタルが大切に守っていたものを知りました。

 

 

聖なる無数のレムリアンリッジで守られたその神殿の中には、

ヒキアナリアの女神によって守護された、

美しいソウルメイトのふたりの永遠の愛があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく時間が経つと、私は、その完璧さにあらためて感動しました。

 

 

このレムリアンシード・クリスタルは、底が磨かれています。

 

 

それによって、表面がすべらかになり、中をのぞくことができる。

 

 

だからこそ、私は、このクリスタルの内側に秘められたギフトに

気づくことができたのです。

 

 

 

 

 

 

私が初めてそれに気づいた時、ふたりの向こうの空は夕焼け色をしていました。

 

 

やがてそれは、ほのかな薔薇色になり、次にアメジスト色になり、

少しずつ少しずつナイトブルーの色が濃さを増す頃、

水平線の向こうから、ヒキアナリアが昇りはじめるでしょう。

 

 

そして、その星の下で、ふたりは、語り合うでしょう。

 

 

 

 

過去を。

 

 

今を。

 

 

そして、未来を。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_17.jpg

 

コレクション番号:LBC-0352
クリスタル名:〜ヒキアナリアの女神に見守られて。。。。。。

レムリアの永遠のソウルメイトのための小さな神殿

*カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 約5,8×3,1×3,0センチ

産地:Brazil

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others