「 蠍座の満月のマリアージュ ツインアメジスト 〜蠍座のルピカに見守られて〜」

 

          20180514_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そのふたりに出会った時、

私は、彼らのまだ見ぬ美しさを感じた。

 

 

人間が作った光と、人間が作ったお城は、

彼らの本当の美しさを隠していた。

 

 

まるで何か意図があるかのように、

彼らは、ひっそりと息をひそめて存在し、

私に見つけられると、ちょっと驚いたようだった。

 

 

あなたには、私たちが見えるの?といった具合に。

 

 

埃が付かないように、傷がつかないように、

彼らはガラスのお城に入れられ、守られていた。

 

 

あまり出会ったことのない不思議な色。

 

 

夕暮れが過ぎた空の色を、ほんの少しだけ溶け込ませたみたい。

 

 

今はまだ昼間だというのに、

ふたりはもう、

夜の星と月のことを考えているのかしら。。。。。。

 

 

水晶の言葉で、彼らに話しかける。

 

 

どれくらい、そのお城の中に住んでいるの?

 

 

最後に本物のお日さまの光を浴びたのはいつ?

 

 

私には、わかる。

 

 

あなたたちが、リリアの森の光を浴びたら、

それはそれは美しいと思うの。

 

 

あなたたちのことが、とても好き。

 

 

いらっしゃい、リリアの森に。

 

 

ガラスのお城はないけれど、

その代わり、とても素敵なことができるの。

 

 

一緒に、森の清らかな水で沐浴したり、

本物のお日さまの光を浴びたり、

緑の草むらに横になって、小鳥たちのさえずりを聞いたりできるのよ。

 

 

いっぱい楽しい時間を過ごして、

あなたたちがいつか、ご縁のある人のもとに旅立つ時が来たら、

ささやかだけれど、心をこめて、新しいおうちを作ってあげるわ。

 

 

クリスタルの宝箱っていうの。

 

 

 

 

 

どこかで、あなたたちとの出会いを待っている魂の家族。

 

 

一体どんな方かしら?

 

 

同じエネルギーのものは呼び寄せ合う。

 

 

だから、あなたたちと同じように、

これまで自分を守ってくれていたガラスのお城からそっと抜け出して、

愛しい人とともに、この世界の真の素晴らしさを、

思いっきり体験しようと決めた魂かもしれないわね。

 

 

さぁ、アメジストのお姫様と王子様、

馬車と御者の準備ができました。

 

 

どうぞ、こちらに。

 

 

 

 

 

ところで、おふたりはレムリアにご縁がありますか?

 

 

私は、あなたたちから、レムリアの波動を感じるのですけれど。。。。。。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

蠍座の満月。

 

 

それは、毎年、私の一番好きな季節にやってきます。

 

 

『蠍座の満月』は、私にとって、特別な思入れがある満月。

 

 

私がつむいでいる物語にまつわる、とある奇跡的な出来事が起こったのも、

蠍座の満月の夜でした。

 

 

今年の蠍座の満月と、

現在蠍座に滞在している幸運の星ルピカ(木星)からインスピレーションを受け

そのエネルギーでブレッシングした美しいツインアメジストです。

 

 

このアメジストは、光の加減によって色合いが変わるアメジストで、

ある場面では、落ち着いたシックな色合いに見え、

またある時には、うっとりするような気品のある色合いに見えます。

 

 

非常に透明度が高く、キラキラと輝き、

とりわけ、大自然の光の中で見る美しさは格別。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20180514_11.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。。。。。。

この写真では、ちょっと大人びた色合いに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_03.jpg

 

透明度が素晴らしく、ピカピカなボディ。

写真ではお伝えしきれませんが、

実物を見ると、結晶の中のヴァイオレット色の部分が、

たいへん繊細で美しいグラデーションになっているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_10.jpg

 

自然の光の中で見ると、思わず、ほうっと、ため息が出てしまうような麗しさ。。。。。。

透き通っていて、軽やかで、とびきり美しいのにチャーミング、

まるで妖精のようなエネルギーのアメジストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180512_01.jpg

 

授けてあげた名前は、

『蠍座の満月のマリアージュ ツインアメジスト 〜蠍座のルピカに見守られて〜』

 

 

 

 

 

 

 

ああ、このふたりが大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

どこも磨かれていない原石。

 

 

大きな結晶の方には、五角形のフェイスをしたイシスがあります。

 

 

そして、どちらの結晶にも、レムリアンリッジのような横線が入っています。

 

 

出会った瞬間からレムリアのエネルギーを感じるアメジストでしたので、

この竪琴を思わせる横線を見つけた時、

なんだかとてもうれしくなりました。

 

 

たいへん稀少な、惚れ惚れするほど美しいツインアメジスト。

 

 

大切にしてくださる方に。。。。。。。

 

 

 

 

 

*このクリスタルには遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

20180514_04.jpg

 

コレクション番号:LBC-0348

クリスタル名:蠍座の満月のマリアージュ ツインアメジスト

〜蠍座のルピカに見守られて〜
サイズ: 約5,0×2,4×1,4センチ

prix:49,000円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 宇宙の虹を宿した、ジュエルマロンのレインボー・ハーキマー・ダイヤモンド 」

 

         20180509_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から、一風変わった二面性を持つクリスタルが好きだ。

 

 

どこから見ても美しいクリスタルも大好きだけれど、

それと同じくらい、世間や一般論でいう『美』の枠組みから、

ちょっとユニークにはみ出したクリスタルに惹かれる。

 

 

時に、彼らの個性が、どんな高価な宝石より、私の心を捉えることがある。

 

 

彼らは、ただ、「これが私です」と言って輝いている。

 

 

だから、彼らの個性が、私の心を捉えるというより、

彼らのその在り方が、私の心を惹きつけるのかもしれない。

 

 

私が、「ユニークで好きだわ、この子」と思って迎え入れたそんなクリスタルたちは、

ある時、「このクリスタルの全部が好きです」と言ってくれる素敵な魂の家族が現れて、

ふわりと旅立っていく。

 

 

大勢の人に好かれることよりも、自分が自分で在ることを選ぶ。

 

 

あらあら、個性的なクリスタルの生き方は、

森の奥で自由に暮らしている誰かさんと同じだわと気づいた時、

クスクスと笑いがこみ上げてきて、

そのきらりと輝くハーキマーダイヤモンドを、

幸せな気持ちで雨上がりの森の光の中にかざしました。

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

レインボークリスタル宮殿に並ぶクリスタルたちの中から

そのハーキマーを手に取った時、

カウアイ島のエネルギーを感じました。

 

 

ちょうどその頃、私は、カウアイ島に思いをめぐらせており、

愛する人と一緒に見た、奇跡のダブルレインボーのことを思い出していました。

 

 

あの時、私の足は、カウアイ島の土に染まっていました。

 

 

自らの足で、その島の大地の上を歩いたからこそ見ることのできた、

夢のように美しい虹。

 

 

そのハーキマーに浮かぶ見事な虹と、

大地のエネルギーそのものである、わずかに付いた母岩のなごり。

 

 

その組み合わせは、あの時の私と、どこかつながるものがあるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

20180509_22.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。

とても存在感のある大きな結晶です。

単結晶としては、これまでご紹介してきたハーキマーダイヤモンドの中で

一番大きいかもしれません。

先端に見えるのが、母岩のなごり。

母岩のない、宝石のようにキラキラと輝くハーキマーも大好きですが、

質の高いハーキマーならではの波動の高さと、

しっかりと大地にグラウンディングするエネルギーの両方が合わさった

なんとも言えない魅力を持つハーキマーです。

 

 

 

 

 

 

20180509_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_04.jpg

 

 

 

 

 

 

このハーキマーダイヤモンドは、結晶の形が、

よく見られる一般的なハーキマーの形とは異なり、

見る角度によって、いろいろな姿に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

20180509_16.jpg

 

ハーキマーダイヤモンドの形としておなじみの、

ナチュラルなダブルターミネイテッド型に見えることもあれば、

 

 

 

 

 

 

 

20180509_07.jpg

 

美しくカットされたダイヤモンドを思わせる「ジュエル型」に見えたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_20.jpg

 

はたまた、「マロン型」に見えることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何と言っても魅力的なのが、このハーキマーの中に浮かぶ虹。

 

 

結晶のサイズに対して、虹のサイズが非常に大きいのです。

 

 

大きすぎて、エンジェルフォトには、一度にすべての虹が写らないくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

20180509_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_09.jpg

 

その一部が写っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_11.jpg

 

鮮やかでクリアーな、私の大好きな虹。

全部で3つの大きな虹の部屋があり(部屋と呼びたくなるような広い虹なのです)

くるくると回すと、その虹たちが順番に姿を見せてくれて、感動します。

 

 

 

 

 

 

 

また、このハーキマーダイヤモンドのファセットの一部には、

ゲートウェイを思わせる「くぼみ」があります。

 

 

 

 

 

 

20180509_21.jpg

 

そのくぼみをエンジェルフォトにおさめようとしたら、

結晶の中の虹が幻想的に光っているのが見えました。

虹の面積が広いのが、なんとなく感じられるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_10.jpg

 

なんだか、ばっちりとその姿を写さない方が、

この子の本当の美しさが伝わるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_19.jpg

 

これは、私のお気に入りの1枚。

中に秘めている虹の素晴らしさが、その結晶が透明であるがゆえに、

伝わってきてしまう。。。。。

その虹は、どこか天界的で、宇宙的。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_23.jpg

 

ひとつ前のクリスタランに載せたのは、

このハーキマーに浮かぶ虹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180507_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このユニークなハーキマーダイヤモンドにどんな名前を授けてあげようか

しばらく考えていたのですが、

ある時には「ジュエル型」、またある時には「マロン型」に見える姿から、

もうそのまま、それを呼び名にしてあげましょうと、

『ジュエルマロン』という名前を付けてあげました。

 

 

個性的な名前に、素晴らしすぎる虹、

そして、それがハーキマーダイヤモンドだなんて、

ユニークで最高だわと思います。

 

 

この子のすべてを好きだとおっしゃってくださる方に。。。。。。。

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

ジュエルマロンちゃんと一緒に、宇宙を旅しましょう。

 

 

 

 

 

 

20180509_17.jpg

 

コレクション番号:LBC-0347

クリスタル名:〜宇宙の虹を宿した、

ジュエルマロンのレインボー・ハーキマー・ダイヤモンド 〜
サイズ: 約3,4×3,2×2,0センチ

産地:NewYork Herkimer
prix:77,777円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 


「 すみれ色のソウルメイトのための、小さな小さなすみれの妖精の香水瓶 」

 

         20180426_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのアメジストに出会った時、そのあまりの小ささに、思わず微笑みました。

 

 

呼び寄せられるように、その小さな結晶をそっと手にとり、

もっとよくその姿が見えるようにと、自分の目の前に持ってきた瞬間、

私の微笑みは、深い感動の表情へと変わりました。

 

 

なんともいえない淡いヴァイオレット色のグラデーションの結晶の上に、

ふたつ並んできらめく、小さな小さな結晶があったのです。

 

 

なんとこと・・・・・・

 

 

タントリックツインだわ。。。。。。

 

 

それまで、大きな結晶の上に、小さな結晶がひとつだけついているクリスタルは、

何度か見かけたことがありました。

 

 

そのタイプのクリスタルですら、とてもめずらしいのに、

この結晶の上にあるのは、『小さなツインの結晶』です。

 

 

それも、アメジストの結晶。。。。。。。

 

 

小さな小さなすみれ色のソウルメイトのふたりは、驚く私を見て、

クスクスと笑いながら、エネルギーで小さくお辞儀をしてくれたような気がしました。

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

母岩がほんのりと残った結晶は、

ところどころに、原石ならではの特有の風合いがあります。

 

 

人工的な研磨から生まれる輝きとは異なる、これらの特徴は、

自然界からの贈り物。

 

 

たぶん、このアメジストに惹かれる方は、

本当の意味で、自然を愛している人だと思うのです。

 

 

きれいなお花だけではなく、

根っこにも同じような愛を注げる人。

 

 

フロスティで、すりガラスを思わせるその結晶は、

光の加減で、ふんわりと見えたり、

ところどころから光が透過して、

時折、神秘的に見えたり・・・・・

 

 

風合いのある、母岩のなごりを残す下の結晶とは対照的に、

上にいる、小さな小さなタントリックツインのふたりは、

宝石のような美しさ。

 

 

このコントラストが、お互いの魅力を引き立てあっているのかもしれません。

 

 

本当にかわいらしいサイズなので、

フェアリーリリアの手にいる姿をどうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

20180426_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_20.jpg

 

ふわっとしたヴァイオレットのグラデーションが、とても美しいアメジストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_21.jpg

 

下の部分に、母岩のなごりが残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_06.jpg

 

このすみれの妖精の香水瓶は、蓋の部分がタントリックツインになっています。

フロスティな下の結晶とは異なり、タントリックツインの結晶は、

表面がすべすべしていて、とても透明感があります。

私は、このアメジストのタントリックツインのふたりの中には、

きっと虹があると感じていました。

結晶自体が大変小さいため、すぐには見つけられませんでしたが、

探したところ、やはりありました。

写真には写らないような小さな虹。

いつか、持ち主の方にも見つけていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_11.jpg

 

これは、ふたりを、少し斜めから見たところです。

正面から写すと、光の加減でツインのそれぞれ結晶の形がわかりずらいのですが、

両方とも、おそろいの三角形のフェイスが、同じ側に向いてあり、

その姿は、まさに寄り添い合う、相思相愛のソウルメイトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_10.jpg

 

私が大好きなのが、ソウルメイトのふたりの先端が、

美しいヴァイオレット色に染まっていること。

この繊細な色合い、きっと神様にしかつくり出せないわ、

なんて思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180426_19.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような姿のアメジストのタントリックツインは、

きっと『奇跡』なのだと思います。

 

 

小さくて、美しいものを愛する方、

「すみれ」「アメジスト」「ソウルメイト」などのキーワードに惹かれる方に。

 

 

このクリスタルは、すみれ色のリボンで結ばれたふたりへの

すみれの妖精たちからの贈り物なのかもしれません。

 

 

とても稀少なアメジストになります。

 

 

大切にしてくださる方へ。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20180426_04.jpg

 

コレクション番号:LBC-0350

クリスタル名:〜すみれ色のソウルメイトのための、

小さな小さなすみれの妖精の香水瓶〜
サイズ: 約3,0×1,2×1,2センチ
prix:49,000円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 あふれ出すアバンダンス。。。。。美と豊かさのマリア様 〜虹の神殿&金色のマリア様のブレスレット&金色のマリア様のペンダント〜 」

 

      20180408_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「豊かさのマリア様」からインスピレーションを受けて

『美と豊かさ』をテーマにした、美しいマリア様のセットが生まれました。

 

 

クリスタル、ブレスレット、ペンダント。

 

 

どれも、私の宝物から直感で選んだお品たちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_03.jpg

 

素晴らしい透明度を持つ、この水晶の神殿は、

出会った瞬間から、アバンダンス、豊かさのエネルギーを

はっきりと感じたクリスタルです。

ほんのりとわずかにゴールド味を帯びた結晶から放たれるのは、

まさに「金の波動」

たいへん輝きの強い水晶で、このクリスタルを眺めていると、

豊かさというものは、こうして常に光を放っているのだと感じずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

20180408_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20180408_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには中央付近からトップに向かって、

花びらの形のような大きな虹が入っており、

その虹は、無限にあふれ続ける美と豊かさの象徴だそう。

 

くっきりとした鮮やかな虹は、その大きさゆえに、

エンジェルフォトには、すべてが一度に写りません。

 

 

 

 

 

 

20180408_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_24.jpg

 

このエンジェルフォトでは、虹の色が写っているのは一部分ですが、

実際には、このあたりにひとつの大きな虹が入っています。

実物を見ると、思わず声が出てしまうような見事な虹です。

 

 

 

 

 

 

 

20180408_25.jpg

 

金色の波動を放つクリスタルには、金色のマリア様のブレスレットを・・・・・

私の大好きな天然の貝からできた小さなビーズをつむいでつくられています。

これまでご紹介してきたマリア様のブレスレットは、

手首まわりが、14センチ位のものが多いのですが、

こちらのブレスレットは、約16センチです。

長い時を経て、なんとも美しい風合いに変わっています。

 

 

 

 

当初、このマリア様のセットは、

クリスタルとブレスレットの2点セットを考えていました。

 

 

しかし、エンジェルフォトを撮っている最中に、

ふと、あるお品のことが心に浮かびました。

 

 

それは、今から何年も前に私のもとにやってきた、

金色のマリア様のペンダントトップ。

 

 

これまで、たくさんのマリア様に出会ってきましたが、

そのマリア様を見た時、その横顔から漂う、何とも言えない美しさと気品に

ああ、私がイメージするマリア様とは、このようなマリア様なのだわ・・・・・

と思ったことを、今でも鮮明に覚えています。

 

 

 

 

 

 

20180408_23.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このマリア様は、不思議なマリア様で、

光の加減によって、凛として見えたり、微笑みを浮かべているように見えたり、

表情が、さまざまに変わります。

 

 

ある時は、気高く、ある時は、やさしく。。。。。。

 

 

それは、このマリア様を受け継いでくださる魂の家族のエッセンス

そのものなのかもしれません。

 

 

いつか、このマリア様のエネルギーと共鳴する素晴らしいクリスタルとともに、

送り出してあげたい・・・・

そう思いながら、5年半近くもの時が経ちました。

 

 

これまで、どんなクリスタルと一緒にエンジェルフォトを撮っても、

その表情を、うまく写真におさめることのできなかった、このマリア様。

 

 

虹の神殿のクリスタルのそばに置き、

最初に出会った時に、一瞬にして私の心をとらえた、

あの時と同じ美しい横顔で佇むマリア様が、写真に写ったのを見た時、

時が満ちたのを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

20180408_19.jpg

 

直径約2,5センチ。

これまでお譲りしてきた、マリア様のペンダントトップより、

存在感のある大きさです。

時がつくり上げたその表情は、世界でただひとつだけのもの。

きっと、この世界のどこかに、

このマリア様と同じエッセンスを持つ方がいらっしゃるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180408_15.jpg

 

ブレスレットとペンダントをそっと身に着け、

水晶の神殿の中をのぞきこめば、そこには、虹色の銀河が見えます。

 

 

 

 

「私のもとに降り注いでいる美と豊かさに、
いつも気づいていられますように・・・・・」

 

 

 

そう、小さく祈りを捧げて、今日という一日をはじめましょう。

 

 

その時、あなたは、この世界の真の美しさと豊かさに気づき、

あなたのハートの真ん中から、

この虹色の銀河と同じ七色の輝きが溢れて出していることを知るでしょう。

 

 

 

 

 

※このマリア様のセットには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

20180408_18.jpg

 

コレクション番号:LBC-0339
クリスタル名:〜あふれ出すアバンダンス。。。。。美と豊かさのマリア様

〜虹の神殿&金色のマリア様のブレスレット&金色のマリア様のペンダント〜
サイズ(クリスタル): 約4,4×4,1×3,2センチ

サイズ(ブレスレット): 手首回り約16センチ

サイズ(ペンダントトップ): 直径約2,5センチ(バチカン部分を除く)
prix:77,777円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 スイートヴァイオレットの妖精からの贈り物 レインボーアメジストエレスチャル 〜虹の魔法を宿した菫色の水晶の花びら〜 」

 

         20180312_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

リリアの森に、野生のすみれの花が咲き始める2月を、

私は、『菫月』と呼んでいます。

 

 

その菫月に、すみれの妖精たちから、次々と素敵な贈り物が届きました。

 

 

思わず笑みがこぼれてしまうような愛らしい贈り物から、

奇跡的ないきさつを経て届いた麗しい贈り物まで・・・・・

 

 

それらを受け取った時、

私は、菫の妖精たちとの深いつながりを感じて、

心の中に、春の光が差し込んだかのような気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_24.jpg

 

こちらは、昔のフランスで作られた小さな花瓶。

手描きの菫の絵が、なんとも愛らしく、

ところどころに、金色の装飾が、品よく施されています。

 

 

 

これを受け取った時、私は、

「小さいもの」「すみれ」「金色」「白」という

大好きな組み合わせに、

それだけで、もううれしくてたまらなかったのですが、

よく見ると、大好きなものが、もうひとつ。。。。。

 

 

 

 

 

 

20180312_08.jpg

 

こちらは、裏側です。

金色に輝くものが、なんのお花か、わかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_09.jpg

 

なんと薔薇の花なのです。

 

 

 

 

 

実は、このところずっと薔薇の妖精たちと一緒に

美しいものの創造を楽しんでいたので、

「すみれと薔薇」というのは、まさに今の私のキーワード。

 

 

その完璧なシンクロにびっくり。

 

 

 

この小さな花瓶を眺めながら、

私は、すみれや薔薇の妖精、

その他のたくさんのお花の妖精たちの存在を感じました。

 

 

そして、彼女たちから、ふわりとメッセージを受け取ったような気がしました。

 

 

「ぜひ、この花瓶に、本物のお花を飾ってね。」

 

 

日々の暮らしの中で、お花を飾ること、それを愛でること、

それは、誰もが使える、素敵な魔法です。

 

 

 

 

 

大きな花瓶だと、たくさんのお花が必要だけれど、

こんな小さな花瓶ならば、ほんの1輪のお花でも十分。

 

 

そして、すみれや薔薇の絵が描かれているので、

お花を飾っていない時でも、

お花の妖精たちの存在を思い出すことができます。

 

 

 

 

 

 

 

20180312_10.jpg

 

花瓶に入れたスイートピーは、わずか1本。

この1本についている、ふわふわの2輪のお花に、

小さな白い花、シモツケの妖精が寄り添って、

あっという間に、素敵な魔法がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

スイートヴァイオレットの花が咲いた3月。

 

 

すみれの妖精が届けてくれた小さなこの花瓶を眺めていたら、

この花瓶に、何かぴったりなクリスタルを組み合わせて、

スイートヴァイオレットの妖精の贈り物のセットを作りたいと思いました。

 

 

組み合わせるのは、この花瓶と同じように、小さなクリスタル。

 

 

 

早速、お隣の部屋にある「クリスタルの間」に行って、

アメジストの群れを見て回りました。

 

 

どれもきれいなのですが、なんだかしっくりきません。

 

 

いくつかのアメジストを手に取った後、

私の心の中にあるのは、『スイートヴァイオレットの花の色』

をした水晶なのだと気づきました。

 

 

そのような色をしたアメジストは、ないことはないのですが、

少々サイズが大きすぎました。

 

 

まぁ、今、無理に選ぶことはないわ。

 

 

いつか、ぴったりなクリスタルがやってくるかもしれないし・・・・・

 

 

そんなことを思いながら、

リボンのかかった箱を横に置き、

その下にあった箱の蓋を、何気なく開けた時でした。

 

 

ああ!と、思いました。

 

 

私の目線の先には、ひとつの水晶がありました。

 

 

それは、今から何年も前に出会った、

素晴らしく美しい、小さなアメジストエレスチャルで、

ひと目見た瞬間に心惹かれた思い出の水晶でした。

 

 

それまで見たこともない、不思議な形に磨かれており、

私は、その子から目が離せませんでした。

 

 

なんだかとても気になる。

 

 

小さな宝石のようなその子には、とても素敵なprixがつけられていましたが、

クリスタルとの出会いは、一期一会。

 

 

とにかく、その水晶が好きという、ただそれだけの思いで

私はその子を森に連れて帰りました。

 

 

なんだか気になる・・・・・

 

 

そんな、説明のできない「何か」を感じてクリスタルを迎え入れたことが

私には、何度もありました。

 

 

やがて、時が満ち、

どうしてそのクリスタルに惹かれたのかが、美しい物語とともに紐解かれる時、

私はいつも、この宇宙の完璧さに心打たれたものです。

 

 

 

「不思議な形」だと思っていたそのアメジストエレスチャルが、

「スイートヴァイオレットの花びらの形」だと気づいたその時、

私は、ああ、そういうことだったのね・・・・と、深く頷きました。

 

 

この子だわ。

 

 

うれしさがこみ上げるのと同時に、

どうしましょう・・・・とも思いました。

 

 

私が開けた箱、

そのアメジストエレスチャルが入っていた箱は、

私のプライベートクリスタル、

つまり、自分の宝物のクリスタルを入れておくための箱だったからです。

 

 

でも、この子以外考えられない。

 

 

直感に従って、一度だけご紹介してみましょう。

 

 

どなたのもとにも行かなかったら、

この子は、私と一緒にいる運命なのでしょう。

 

 

もしも、ご縁のある方とすみれ色の妖精のリボンで結ばれたのなら、

それが運命。

 

 

どちらになったとしても、

それは、素敵な物語につながっているにちがいありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_05.jpg

 

フェアリーリリアの手の中で。。。。。。

本当に小さな結晶なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_20.jpg

 

その姿は、スイートヴァイオレットの花びらと同じ形。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_22.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_18.jpg

 

うっとりするような繊細なヴァイオレット色の濃淡のグラデーション。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_15.jpg

 

それは、まるで、小さな宝石・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_23.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_16.jpg

 

裏側から見たところです。

光の加減によって、赤みが強く見えたり、青みが強く見えたり、

落ち着いた光の中で見せてくれたのは、なんとも高貴なヴァイオレット色。

 

 

 

 

 

 

アメジストエレスチャルは、女神リリアの石。

 

 

だからでしょうか、

この小さなスイートヴァイオレット色の水晶の花びらは、

妖精らしい可憐さの中に、どこか女神的な凛とした美しさを

秘めているような気がします。

 

 

 

 

 

 

その色合いは、まさに夢のよう。

 

 

とりわけ、光の中にかざした時の見事さは、言葉にできません。

 

 

それは、もう、ただただ感じるものなのです。

 

 

 

 

 

 

 

20180312_21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

その菫色の水晶の花びらの中には、

私のクリスタルのキーワードでもある、

あの贈り物が。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_12.jpg

 

七色にきらめく、美しい虹。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_13.jpg

 

妖精の魔法の石って、本当にあるのだわと感じずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって、特別なクリスタルである、アメジストエレスチャル。

 

 

リリア・バービー・クリスタルのアメジストエレスチャルをお持ちの方は、

ほんのわずかだと思います。

 

 

 

私は、自分が心から素晴らしいと思うクリスタルしか迎え入れませんし、

とりわけこの水晶に関しては、

本当に強いインスピレーションを感じた時にしかご紹介しないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180312_19.jpg

 

 

 

 

 

 

小さくて美しいものを愛する方。

 

 

自分の中にある、妖精的なエネルギーを抱きしめ、

スイートヴァイオレットの妖精のように、可憐に軽やかに生きて行こうと決めた方。

 

 

そして、何よりも、

このクリスタルが、大好きだとハートで感じてくださった方に。。。。。

 

 

 

 

このクリスタルには、フェアリーリリアの遠隔個人セッションが付きます。

 

 

 

 

 

20180312_15.jpg

 

コレクション番号:LBC-0337
クリスタル名:〜スイートヴァイオレットの妖精からの贈り物

レインボーアメジストエレスチャル 〜虹の魔法を宿した菫色の水晶の花びら〜
サイズ(アメジストエレスチャル): 約2,3×1,2×1,0センチ

サイズ(すみれと薔薇の小さな花瓶): 約10×4,5×4,5センチ
prix:277,777円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others