「 虹色の年の虹色の月のソウルメイトの日に 」

 

20170722_03.jpg

 

 

 

 

 

ひとりでも幸せで、ひとりでも自由で、ひとりでも楽しい。

 

 

そんな、ひとりとひとりが出会って、ふたりになったら、
仲良く寄り添うふたつの魂に、天使の翼が生えて、
それまで知らなかった、新しい世界への扉が開くの。

 

 

 

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

 


「 思い出の虹 」

 

         

 

 

 

 

 

 

 

虹色の年の虹色の月のはじめ、
リリアの森にかかったダブルレインボーと、その隣で輝くお月様を見た時、
この光景をどこかで見たことがあるという、
デジャヴュにも似た、不思議な懐かしさを感じました。

 

 

記憶の彼方から甦ってきたのは、
5年前、愛する人と一緒に、初めてカウアイ島を訪れた時に見た、思い出の虹。

 

 

目の前から立ち昇る、魂まで届くような透き通る七色の虹の右には、
満月に向かって満ちる、半分を過ぎたお月様の姿が。

 

 

『虹』と『月』

 

 

私の魂の2つのキーワードの完璧な融合。

 

 

そして、それを、レムリアのエネルギーが満ちる念願の地で、
最愛の人と共に見ているという幸せ。。。。。

 

 

自分が喜びの中に溶けてしまいそうになりました。

 

 

いえ、本当に喜びの中に溶けて、

自分自身が喜びそのものになっていたのだと思います。

 

 

今日のエンジェルフォトは、その時に夢中でおさめた1枚。

 


あなたの心にも、美しい虹がかかりますように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 天使の祈り。。。。。 」

 

          20170622_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 星のマリア様 」

 

       20170530_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡的ないきさつを経て、私のもとにやってきた、美しいマリア様。。。。。

 

 

愛する人と一緒に、3つの星とつながる素晴らしい旅を終えて、
リリアの森に舞い戻った夜、
そのマリア様は、すでに森に舞い降りて、私を出迎えてくれました。

 

 

やわらかな微笑み、
やさしく広げられた両手、
その頭には、『星の冠』が・・・・・

 

 

それを見た時、
胸の中から、たくさんの綺羅星があふれ出すのを感じました。

 

 

そして、次の瞬間、私は、あるものを見つけて、息をのみました。

 

 

マリア様の足元に、『3つの星』が、あるではないですか。

 

 

 

 

 

20170530_02.jpg

 

 

 

 

 

 

ああ、マリア様、あなた様は、私のつむいでいる物語を、
すべてご存知なのですね。

 

 

私が、愛する人と、そして愛しい魂の家族たちとつむいでいる
星のまたたきのように静かで美しい、聖なる物語を。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 私の美学、そして、不思議なつながりで結ばれた魂の家族たち 」

 

20170521_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のはじめ、このクリスタランで、
2つのアメジストのタントリックツインをご紹介しました。

 

 

ひとつめは、LBC-0304
〜虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン〜

 

 

もうひとつは、LBC-0307
〜神々が生んだ奇跡のクリスタル アメジスト色のソウルメイト
ダブルウォーターイン 虹の女神と虹の男神〜
です。

 

 

私は、このアメジストをご紹介する時、
ご縁のある方と天使のリボンで結ばれたなら、
2016年2月に開催した
『 リリア&ダーリン スペシャル遠隔グループセッション アメジスト色のソウルメイト』
のエネルギーから生まれた、
アメジスト色のクリスタルの宝箱に入れて送り出してあげたいと思っていました。

 

 

さらに、もしも、その方にパートナーの方がいらっしゃるのなら、
私と愛する人の呼び名、「Lilia & Lilia Darling」になぞらえて、
Liliaの部分を、その方の名前に置き換え、
「***&***Darling」と手書きで書いたものをデザインに取り入れて
贈らせていただこうと考えていました。

 

 

ちょっとしたサプライズです。

 

 

最初にご紹介したアメジストのタントリックツインは、
私のよく知る魂の家族がエントリーしてくださり、
その方には、素敵なパートナーの方がいらっしゃったので、
私は、喜びいっぱいで、「***&***Darling」の***の部分に
その方のお名前をお入れして、宝箱をつくりました。

 

 

今日のエンジェルフォトに写っているのは、
完成した宝箱の上で、仲良く記念写真におさまる、
〜虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン〜の姿。

 

 

いつも思うのですが、
リリア・バービー・クリスタルのタントリックツイン&クリスタルの宝箱の
エンジェルフォトは、まるで結婚式の写真のようですね。

 

 

 

 

 

2つのアメジストたちが、一体どなたと天使のリボンで結ばれるのか、
私はドキドキしながら展開を見守りました。

 

 

というのも、その方にパートナーの方がいらっしゃるのかどうか、
それによって、「***&***Darling」という言葉を
宝箱にお入れするのか、しないのかが決まるのです。

 

 

 

 

 

ひとつめのアメジストのタントリックツインが天使のリボンで結ばれてから
しばらくして、ふたつめのタントリックツインも、
ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました。

 

 

こちらのアメジストのタントリックツインを迎え入れてくださった魂の家族は、
ご子息がいらっしゃることは知っていましたが、
パートナーの方の存在については、まったく聞いたことがありませんでした。

 

 

 

 

 

誰かと交流する時、私は、その方のプライベートを大切にしてあげたいので、
こちらから、個人的なことについてお尋ねすることは、控えるようにしています。

 

 

その方のプライバシーを尊重する。

 

 

それは、マナーやエチケットというよりも、私にとっての美学のようなもの。

 

 

そして、何年もそんなスタンスを貫いて、私が自分の人生経験を通して学んだことは、
目の前にいる方、あるいは、今つながってくださる方の素晴らしさを感じるために、
必ずしも、個人的なことのすべてを知る必要はないという、大きな気づきでした。

 

 

ですから、知り合って何年も経ってから初めて、
その方のとてもプライベートな一面を知るということが、けっこうあります。

 

 

つい先日も、おひとりで人生を幸せに生きていらっしゃると長年思っていた方が、
実は、あたたかな家庭をお持ちの方だと知って、びっくりしたことがありました。

 

 

こういうのって、楽しくて、素敵だなと思うのです。

 

 

 

 

2つめのアメジストのタントリックツインを迎え入れたいとエントリーしてくださった
魂の家族と私は、もう9年近くも、愛と喜びに満ちた美しい物語を一緒に紡いできました。

 

 

その方に、パートナーの方がいらっしゃるのか、いらっしゃらないのか、
それは、私たちが交流を育む上で、どうしても知らなくてはいけないことでは

ありませんでした。

 

 

私は彼女の素晴らしさを楽しみ、彼女は、私のユニークさを楽しむ。

 

 

そんな交流の、なんと軽やかで自由なこと!

 

 

 

 

 


その魂の家族から、あのアメジストのエントリーが、森の奥に届いた時、
私は、心の底からうれしく思いました。

 

 

と同時に、「さて、クリスタルの宝箱にお入れする言葉は、どうしましょう。」
と思いました。

 

 

そんなことを思いつつも、
彼女が添えてくださったメッセージにゆっくりと目を通し始めました。

 

 

 

 

 


『アメジストのタントリックツインのことを知り・・・

 

 

読み進む程に強く惹きつけられました。

 

 

私のダーリンのことが何度も思い浮かび、
私たち2人のクリスタルだと感じました。

 

 

もしかして、
私のダーリンのことをリリアさんにお話ししたことは、
なかったかもしれませんが・・・

 

 

私のダーリンは、
とても純粋で、
私のことをとても大切に思ってくれていて、
いつもさり気なく、ベストな方法で、私のすることをサポートしてくれます。

 

 

今回ご紹介いただいたタントリックツインを
2人で大切にしたいです。』

 

 

 

 

それを読んで、私がどれほど驚き、そして喜びを感じたことか。

 

 

これまで、私は、たくさんのご縁ある魂の家族たちと交流し、
その中で、『言葉では説明できないような、不思議なつながり』を感じる出来事を、
数多く体験してきました。

 

 

それはもう、内容もタイミングも完璧で、
どう考えても、見えない世界でやりとりをしているとしか思えないのです。

 

 

深い深い感動に包まれ、メッセージを読み終えた私の目には、
うっすらと喜びの涙が浮かんでいました。

 

 

 

 

 


私の胸の中には、「私とあなた」という宇宙に1冊だけのタイトルの本が、
魂の家族の数だけ存在します。

 

 

そこに書かれた内容は、私が、その方から無理に聞き出したことではなく、
交流を重ねて行く過程で、その方が、ご自分から教えてくれたことです。

 

 

そして、その合間、合間に、
私たちの間に起こった素晴らしい出来事、分かち合った喜びが書かれています。

 

 

 

 


私とその魂の家族の本に、またひとつ、新しいページが加わりました。

 

 

彼女を見守る、心やさしいソウルメイトのパートナーのことを思い浮かべながら、
私は、胸の中の本を開いて、そっとそのことを書き綴り、
数日後、おふたりの呼び名を刻んだアメジスト色の宝箱に入れられた、
タントリックツインのアメジストは、森の奥から幸せに旅立っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others