「 〜ベツレヘムの星〜 」


     







女神たちのお茶会で、素敵な魂の家族がプレゼントしてくださった、
美しいお花のアレンジメント。

その中に、初めて見るお花がありました。

6つの花弁が印象的な、白い小さな花。

そのお花を見た時、まるで星のようだわ・・・・と思いました。



アレンジメントを受け取った時、
使ったお花を書いた紙を一緒に渡してくださったので、
森の奥に戻ると、さっそくそのお花について調べてみました。

お花の名前は、オー二ソガラム。

英名では「ベツレヘムの星」というそうです。

そこには、こんな伝説が。。。。。



キリストがベツレヘムで誕生して間もなく、
東の国に、それまで見たこともない星が現れました。

東方の三賢者は、それを見て、ユダヤ人の王が誕生したことを知り、
その星を目指して、旅に出ました。

三賢者たちが、星に導かれ、旅を続けていくと、
あるところで星の動きがぴたりと止まりました。

光り輝くその星の真下に、マリアに抱かれたキリストがいたと言います。

三賢者たちが、それを確認すると、
星はまるで役目を終えたかのように細かく砕け、
流れ星のようにきらめきながら地面に降りそそぎました。

地面に落ちた星のかけらたちは、見る間に可憐な花に姿を変えた・・・・

それが、このオー二ソガラム、別名ベツレヘムの星と呼ばれる花だということです。



キリストの誕生を知らせ、三賢者たちを導いた、美しい「ベツレヘムの星」

私たちがよく知るクリスマスツリーの一番上には、大きな星が飾られています。

それは、この「ベツレヘムの星」を表しているのです。



初めて見た時に、星のようだと感じたこのお花が、
本当に「星」にまつわる伝説を持つ花だったなんて・・・・・

しかも、ちょうど、クリスマスのスペシャルセッションについて
考えているところでしたので、その共時性にびっくりしてしまいました。



魂の家族が、このお花を贈ってくださったこと、
お花屋さんが、使ったお花を紙に書いて添えてくださったこと、
インスピレーションを感じて、このお花について調べてみたこと。

たくさんの要素が重なって、
こうしてこれまで知らなかったことに気づくことができ、
またひとつ、美しい贈り物を受け取ったような気持ちになりました。



オー二ソガラムの花言葉は、『純粋』

白く可憐なその姿に、ぴったりの花言葉ですね。。。。。

 

 


 


「清楚で可憐なすずらんの天使たち 〜Fete du Muguet〜 」

    
                 
         



今日は、5月1日。

フランスで、Fete du Muguet (すずらん祭り)が開かれる日です。

レインボークリスタル宮殿は、
朝から、清楚で可憐なすずらんの香りでいっぱい。。。。。

大好きな5月が、この香りに包まれながら始まるなんて、
本当に幸せです。

さあ、今から魔法ですずらんの天使に変身して、
あなたのもとに、ブーケを届けにいきましょう。

ドレスの色は、真っ白いすずらん色。

頭には、すずらんの花で作ったかわいい花冠をのせて。

清楚、という言葉がそのままお花になったような、
透明感に満ちたあの香りがしたら、
きっとあなたのすぐそばまで来ていますよ。







          

「チューリップの天使」

 
         





かわいらしいリリアピンクのチューリップ。

その初々しい、やわらかそうな花びらの重なりを見ていると、
思わずそっとキスしたくなります。

もしもこのチューリップが天使だったら、
一体どんな天使なのでしょう?

もともとは、真っ白い純白の天使で、
愛する人のキスを受けたとたん、
恋する乙女が頬を染めるように、
みるみるうちに淡いピンク色に染まった・・・・・

そんな物語が浮かんできそう。


チューリップの花言葉は、

「永遠の愛情」
「魅惑」
「美しい瞳」


春風の中でやさしくほほ笑む、
その天使の美しい瞳をのぞきこんだら、

いつまでも変わらぬ永遠の愛が、
あなたを光のように包みこむことでしょう。






1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others