「 目に見えないけれど大きな愛をいつもありがとうございます 」

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

こんばんは、リリアさん。
少しご無沙汰をしておりました。
しばらく言葉が浮かんでこなかったのですが、今なら書けるかも、

と思ってお便りしています。
まずは、たくさんの素敵なお届けものをありがとうございました。
セルフヒールドのアメジストエレスチャルは、届いて、手に取った瞬間、
ああ、この子は私だわ。。。と思いました。
なんというか、片面がセルフヒールドで、その反対がとても綺麗に虹を反射して、
という、このクリスタルのありようが、

なんとなく自分の生き方と似ているような気がしたのです。
そして自分の全てを全肯定してくれてるように思えました。
とても美しくて、力強い素敵な子ですね。
お譲り頂いて本当にありがとうございます。

 


そして、もうひとつ、とても不思議な形をしたクリスタル。
私はリリアさんからお便りを頂くまでシェル型というのが思い浮かばず
「扇のようだ」と思っていました。
言われてみれば確かに!貝殻ですね!!
透明で美しく虹を浮かべるこの子はとても創造的な感じがします。

 


そして、薔薇の香り水は、ほんとうにとても良い香りですね。
マフラーに吹きかけてお出かけしたのですが、
ほのかにですがいつまでも良い香りがして首に巻くたび素敵な気分になります。
寒いと結晶化する、とお手紙に書かれていましたが、それがキラキラととても綺麗で、
使う分には無いほうが良いのかもしれませんが、しばらく眺めて楽しんだりしています。
大切に、でも(使用期限もあることですし)思い切り使わせて頂きますね。

 


振り返って考えて見ると、リリアさんがセルフヒールドのアメジストエレスチャルを
ご紹介してくださった頃からでしょうか。
自分の中でずっと声がするような、思いが消えずに繰り返すような、

そんな感じがしていました。
いま居るところがどれだけ楽しくて素敵でも、もう次に進むときなのだという、

確信に近い強い思い。
咲いている花を愛でるのではなくて、もう一度、種を植えて育てること。
もう後回しには出来ない、そんな気持ちに駆られて、

でも何もかも捨てて走り出すのではなくて、自分の心を「そうしよう」と決める。
リリアさんが以前のブログをクローズしたときって、こんな気持ちだったのかしら、
なんて想像してみたり。


うまく説明できてないかもしれませんが、そんな感じの自分の中の声が、
ようやくひと段落してお手紙を書けています。
いま「これ」という形になっていてお話できるようなものは無く、
日常一緒に生活している家族から見たら、何も変わっていないかもしれません(笑)
それでも新しく進むことに対するワクワクと少しの不安、

それを感じる自分を大いに楽しんでいます。


リリアさんの森にはもう春がきているのでしょうか。
こちらでは渡り鳥が戻ってきて、懐かしい鳴き声が聞こえてきています。


それでは、たくさんのお届けものをありがとうございました!
そしてそれ以上の、目に見えないけれど大きな愛をいつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 愛と純粋さを司る小さな銀色のマリア様とすみれ色のレインボーアメジスト *カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

        20190308_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀色のマリア様のブレスレットが森の奥から旅立った日、

それと入れ替わるようにしてやってきた、小さな小さな銀色のマリア様。

 

 

その純粋で美しいエネルギーとよく共鳴するクリスタルと一緒に、

ご縁のある方のもとへ送り出すことができたら。。。。。。

 

 

私の手が選んだのは、カウアイ島へ連れて行った私の宝物である

菫色をした透き通るアメジストでした。

 

 

 

 

 

 

 

20190308_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

『ピュア』という言葉は、このクリスタルのためにあるのかと思うような

透き通った結晶。

 

 

その色合いは、まさに「すみれ色」

 

 

 

 

 

 

 

20190308_06.jpg

 

天が届けてくれた「銀色のマリア様とすみれ」がキーワードの贈り物と一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_04.jpg

 

このアメジストは、側面からトップ部分にかけて

表面に美しい虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_03.jpg

 

私のキー・クリスタルでもある、「先端に虹が浮かぶクリスタル」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_05.jpg

 

ボディがとても透明なので、

裏側から見ても、虹が美しくきらめくのがはっきりと見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_07.jpg

 

どこか少女の面影を残した、愛らしくも美しいマリア様。

このマリア様は、「愛と純粋さ」を司っているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_10.jpg

 

このアメジストと一緒にいるのが本当によく似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_02.jpg

 

クリスタルの宝箱と並べて飾れば、そこが聖なる祭壇に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

真の純粋さとは、弱さではなく強さであること。

 

 

それはいつも愛の光を放ち、

あなたを内側から支えてくれていること。

 

 

きらめく虹は、あなたがあなたでいることへの、聖なる祝福。

 

 

このマリア様は言います。

 

 

「小さなことで、じゅうぶんです。

どれほど小さく見えても、そこには、確かに愛が宿っているのですから。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190308_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0353
クリスタル名:愛と純粋さを司る小さな銀色のマリア様とすみれ色のレインボーアメジスト

*カウアイスペシャルブレッシング*

サイズ(小さな銀色のマリア様): 約5,1×1,2×1,3センチ
サイズ(アメジスト): 約5,9×2,9×2,8センチ

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 


「 わたしの一部がもどってきたような、そんな満ちたきもちです 」

 

20180915_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

リリア様

 

こんにちは。***です。

 

先日、クリスタルが届きました。

クリスタル名:可憐なすみれの花と虹色の羽を宿した、小さなすみれの妖精の魔法石
です。

 

とてもきれいでかわいいクリスタルです。

やっぱり譲っていただいて本当によかったです。

 

わたしの一部がもどってきたような、そんな満ちたきもちです。

いろんな角度からゆっくりとながめていたら、すみれもみつかりました!

 

届く前から素敵なメッセージをクリスタランでいただいて、涙がこぼれました。

 

とどいた箱を一つあけるたびに菫の魔法が広がるようでうっとりしました。

(私がわすれてしまった以前のニックネーム覚えていてくださり、
ありがとうございます)

 

物語の続きは・・・この先の言葉は私の魔法の言葉になりそうです。

 

魔法の石と魔法の言葉をありがとうございました。

 

 

花冷えには少し早いですが・・お体大切におすごしください。

 

 

 

 

*あなたからいただいたこのお便りに、
どんなお返事を書こうかと思いながら森を歩いていたら、
森から家へと続く道に、野のすみれが7輪咲いているのを見つけました。

 

 

菫月である2月の最後の日に、
すみれの花、7つ分の愛をあなたに贈ります。

 

 

その愛の深さと大きさは、
人間界のものさしでは、はかれないけれど、
あなたなら、きっと、その愛に気づいてくださることでしょう。

 

 

魔法の石と魔法の言葉が、
あなたがつむぐ、美しいすみれ色の物語に、
やさしく寄り添ってくれますように。

 

 

一度思い出したら、
あなたは、いつでもその素敵な魔法を使うことができます。

 

 

あなたは、いつでも、幸せの中に戻ることができるのです。

 

 


フェアリーリリアとすみれの妖精たちより

 

 

 

 

 

 


「 ずっと止まっていた物語の続きは。。。。。。 」

 

20180915_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のある日、森の奥のポストを開けると、たくさんのお手紙が。

 

 

前の晩にご紹介した、
「プリマブェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。。
Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット」を
ぜひとも迎え入れたいというお便りです。

 

 

その中に、たったひとつだけ、別のクリスタルのエントリーがありました。

 

 

クリスタルの名前は、
「可憐なすみれの花と虹色の羽を宿した、小さなすみれの妖精の魔法石」

 

 

うれしい、うれしい。

 

 

みんなはこちらだけど、ひとりだけ別。

 

 

こういうの、昔から大好きです。

 

 

こんなに心に響くのは、みんなはこちらだけど、私はこれ、
というように意図したわけではなく、
それぞれがそれぞれの心の声を聞いて、
自然な結果そうなったから。

 

 

だから、
「Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット」
にエントリーしてくださった全員にありがとうを伝えたいですし、

「可憐なすみれの花と虹色の羽を宿した、小さなすみれの妖精の魔法石」
にエントリーしてくださった魂の家族にも、心からの感謝を捧げたいです。

 

 

小さなすみれの妖精の魔法石という言葉が目に飛び込んできた瞬間、
私は一気にフェアリーリリアに変身。

 

 

すみれの妖精たちが、またたく間に集まってきて、
「とうとうあのアメジストが!今日はお祝いよ!」と。。。。。。

 

 

みんなで顔を寄せ合うようにして、
フェアリーフレンドから届いたお便りを読みました。

 

 

 

『リリアさん お久しぶりです。

 

 

ふとリリアさんのクリスタルが気になり、
またのぞかせてもらったところ、
とっても素敵なクリスタルがたくさん紹介されていて
夢中になりました。

 

 

でも、そのなかで以前みたときと変わらない

かわいらしい紫色のクリスタルに再会して、、、

 

 

色んな理由をつけて先延ばしにしていたのですが、
やっぱり好きなので譲っていただきたいと思いました。

 

 

よろしくおねがいします。』

 

 

 


「あらまぁ、こちらこそ、よろしくおねがいいたします。」
と、すみれの妖精たちと一緒に、ペコリとお辞儀したい気分です。

 

 

フェアリーリリアのカレンダーでは、
2月は、菫月(すみれづき)。

 

 

なぜなら、リリアの森にすみれの花が咲き始めるのが、

毎年この時期だから。

 

 

 

 

 

クリスタルとつむぐ物語は、本当に人それぞれです。

 

 

『見た瞬間に、ひと目ぼれ』も、素敵ですし、
しばらく慣れ親しんだ世界を離れていて、ひさしぶりに戻って来た時に
『気になるあの子とまた再会』も同じくらい素敵。

 

 

私は、どちらも体験してきました。

 

 

私の宝物の中には、『見た瞬間に、ひと目ぼれ組』と、

 

 

『なんだか気になる。。。。でも、今はいいわ。
(しばらく時が経過。数日〜数年間)
でもやっぱり気になる。
あっ、まだ誰のところにも行かないでくれているわ。

こんなに気になるならお迎えしましょう組』がいます。

 

 

「しばらく時が経過」の過程では、
完全にそのクリスタルのことを忘れていることもありました。

 

 

でも、ふいに、ふわりと胸によぎるか、ある時、また出会うのです。

 

 

 


『色んな理由をつけて先延ばしにしていたけれど、やっぱり好き』

 

 

この「やっぱり好き」という彼女の言葉から、
菫色の光がきらきらと輝いているのが伝わってきて、
私は、すみれの妖精たちに向かって言いました。

 

 

「ずっと止まっていた物語の続きはこうよ。」

 

 

 


『美しい妖精の心を持つ、その人は、
とうとう自分の魔法の力を思い出しました。』

 

 

 

 

 

 

 

 


「 ヒキアナリアの女神に見守られて。。。。。。レムリアの永遠のソウルメイトのための小さな神殿 *カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

        20190212_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島で出会った、

3つの小さなレムリアンシード・クリスタルから

最後のクリスタルをご紹介しましょう。

 

 

〜小さなレムリアの神殿より ヒキアナリア〜

 

 

しっかりと刻まれた無数のレムリアンリッジがきわめて美しく、

そのあまりのリッジの多さと見事さから、

光を浴びると、クリスタル全体が、ほのかに白みがかって見えるほど。

 

 

とても清らかなエネルギーを感じるレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_04.jpg

 

光に照らされて白く見える面が、

正面から見た時に中央に見える、一番大きなフェイスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_05.jpg

 

この大きなメインフェイスは、『7角形』をしています。

カウアイ島で出会った、3つの小さなレムリアンシード・クリスタル

そのすべてが、正面のメインフェイスが7角形をしているということに

私は後から気づきました。

実は、「3」という数字も、頻繁にシンクロが起きている数字なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_09.jpg

 

素晴らしいレムリアンリッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒキアナリアのレムリアンシード・クリスタルは、

青みがかった光も似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_14.jpg

 

さりげなく輝く、小さな虹。

 

 

 

 

 

 

 

私は、カウアイ島で3つのレムリアンシード・クリスタルの

小さな神殿に出会った時、

そのすべてに虹が浮かぶことを確認して迎え入れました。

 

 

森の奥に戻って、3つのクリスタルと再会した時、

他の2つのクリスタルは、探さなくても虹がすぐに見つかりましたが、

この「ヒキアナリアの神殿」だけは、見つけるのに時間がかかりました。

 

 

というのも、たくさんのレムリアンリッジが、

まるでこの神殿を守護するかのように刻まれているので、

「このあたりに虹がありそう」と思って、角度を変えると、

見えかかっていたそのかすかなきらめきは、

レムリアンリッジの向こうに、ふっと消えてしまうのです。

 

 

時間をかけて、このクリスタルと触れ合い、話しかけ、歩み寄り、

ようやくカウアイ島で見た虹を見つけた時は、

思わず「虹を見せてくれてありがとう」と、心の中でつぶやきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_15.jpg

 

クリスタルの下方、真ん中の部分に、

光を反射して輝く透明な層があります。

ここが虹の浮かぶ層です。

 

 

 

 

 

 

 

20190212_16.jpg

 

レムリアンリッジ越しなので、エンジェルフォトに写すのは、

これが精いっぱい。

この虹も、薄くて透き通っていて、まるで妖精の羽のようです。

 

 

 

 

 

 

このヒキアナリアの神殿は、

何かを長々と語りかけてくるクリスタルではありませんでした。

 

 

星が、夜空で物言わず、ただただ美しくきらめいているように、

このクリスタルは、ただそこに存在しているのです。

 

 

言葉というよりも、エネルギーで交流するクリスタル。

 

 

自分の存在を誰かに伝える時に、

強烈なインパクトを与えてアピールする必要などないのだと、

このクリスタルは教えてくれます。

 

 

相手の心になんとか入り込もうと、上手に話す必要も、

過剰に素敵にふるまう必要もありません。

 

 

あなたに本当にご縁のある人は、

無理にそんなことをしなくても、きっとあなたに気づいてくれます。

 

 

清らかで、それでいて、きらきらと輝く、スピカのようなあなたに。

 

 

 

 

 

私は、このクリスタルが大好きなのですが、

写真に撮ってみると、思ったほど「その素敵さ」が写らないことを、

少々残念に思っていました。

 

 

本物は、すごく美しいレムリアンシード・クリスタルなのだけど。。。。。。

 

 

静けさに満ちたそのエンジェルフォトを見た時、

ああ、でも、きっとこれがこのクリスタルの望む写真なのだと思いました。

 

 

だから、これだけ撮れれば、もう十分。

 

 

そう思って撮影を終わりにしようとした時のことです。

 

 

ふと、「このクリスタルを、底からのぞいてみたい」という衝動にかられました。

 

 

どうしてそんなことを思ったのか、自分でもわかりません。

 

 

ヒキアナリアの小さな神殿をやさしく横にし、

そっとその中をのぞき込んだ時、

私は、そこに広がる不思議な光景に息をのみました。

 

 

まるで、クリスタルとクリスタルが、口づけをしているように見えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ふたりの向こうに見える景色は、

私にとって、レムリアの夕焼け空、

カウアイ島で見た、夕暮れの空そのものでした。

 

 

 

 

 

 

20190212_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまらないほどの懐かしさと愛しさがこみ上げてきて、

私は、時の経つのも忘れて、その光景に見とれました。

 

 

そして、そこに広がる光景を見て、

このクリスタルが大切に守っていたものを知りました。

 

 

聖なる無数のレムリアンリッジで守られたその神殿の中には、

ヒキアナリアの女神によって守護された、

美しいソウルメイトのふたりの永遠の愛があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく時間が経つと、私は、その完璧さにあらためて感動しました。

 

 

このレムリアンシード・クリスタルは、底が磨かれています。

 

 

それによって、表面がすべらかになり、中をのぞくことができる。

 

 

だからこそ、私は、このクリスタルの内側に秘められたギフトに

気づくことができたのです。

 

 

 

 

 

 

私が初めてそれに気づいた時、ふたりの向こうの空は夕焼け色をしていました。

 

 

やがてそれは、ほのかな薔薇色になり、次にアメジスト色になり、

少しずつ少しずつナイトブルーの色が濃さを増す頃、

水平線の向こうから、ヒキアナリアが昇りはじめるでしょう。

 

 

そして、その星の下で、ふたりは、語り合うでしょう。

 

 

 

 

過去を。

 

 

今を。

 

 

そして、未来を。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190212_17.jpg

 

コレクション番号:LBC-0352
クリスタル名:〜ヒキアナリアの女神に見守られて。。。。。。

レムリアの永遠のソウルメイトのための小さな神殿

*カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 約5,8×3,1×3,0センチ

産地:Brazil

prix:49,000円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 〜レムリアの喜びの女神の夢見石〜 小さなレムリアの神殿より 喜びの星ホクレア ダブルイシス&レインボー&レムリアンリッジ *カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

        20190211_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島の旅の中で出会ったクリスタル。

 

 

レムリアの美の女神の美しき変容

小さなレムリアの神殿より 金星ヴィーナス

ダウ&レインボー&レムリアンリッジ *カウアイスペシャルブレッシング*

と一緒に迎え入れた、3つのレムリアンシード・クリスタルのうちのひとつです。

 

 

とても透明でありながら、

ふわっとしたやさしさを漂わせたレムリアンシード・クリスタル。

 

 

私が感じるに、湖の底に沈んだ、

幻のオリジナル鉱山のレムリアンシード・クリスタルだと思います。

 

 

磨かれたレムリアンシード・クリスタルが放つ、光のような透明な姿も大好きですが、

原石や、原石の部分が残るレムリアンシード・クリスタルは、

私にとって、特別な存在。

 

 

レムリアの叡智が宿っていると言われるレムリアンリッジは、

磨いてしまっては、手で触れて感じることはできないからです。

 

 

自分にご縁のあるレムリアンシード・クリスタルのレムリアンリッジをなぞる時、

私は、故郷に帰って来た時に感じるような懐かしさを感じます。

 

 

それは、いつも変わらず、私をやさしく迎えてくれます。

 

 

 

 

 

金星ヴィーナス、ホクレア、そしてこれからご紹介する予定のヒキアナリアの

「3つの小さな神殿」のうち、

最も隠されたもの、秘められたものの多さを感じるのが、

このホクレアの小さな神殿です。

 

 

3つの中で、一番愛らしい姿をしているのですが、

私の想像を超える『深遠な何か』を宿しているレムリアンシード・クリスタルだと

私の直感がささやくのです。

 

 

 

 

 

 

 

20190211_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_10.jpg

 

竪琴に張られた、たくさんの弦を思わせる見事なレムリアンリッジ。

底が磨かれているので、美しい姿で立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_08.jpg

 

 

 

 

 

 

実物は、写真よりも、ずっと透明感があります。

 

 

 

 

 

 

 

20190211_07.jpg

 

中には鮮やかな虹が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_06.jpg

 

 

 

 

 

 

虹は、他にもいくつか入っており、

妖精の羽のような、淡い淡い虹が浮かぶ、

とてもファンタジックな透き通った虹もあります。

 

 

 

 

 

 

20190211_04.jpg

 

こちらは後姿。

この姿を見た時に、はっとしました。

ファセットのバランスの良さ。。。。。

お気づきの方はいらっしゃいますでしょうか。

三角形のフェイスの両隣が、五角形のイシスになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190211_05.jpg

 

なんとダブルイシスのレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、今朝、とても印象的な夢を見ました。

 

 

私が森の奥のポストを開けると、
このレムリアンシード・クリスタルを迎え入れたいという手紙が、
7通届いているという不思議な夢です。

 

 

(現実の世界では、私はまだこのクリスタルを紹介していませんし、

下書きすらしていません)

 

 

手紙を開けてみると、その7通は、すべて同じ魂の家族からの手紙で、
1通1通に、とても長いメッセージが綴られているのです。

 

 

そのメッセージをじっくり読もうとしたところで、目が覚めました。

 

 

その内容が何であったのか、私は覚えていませんが、
おそらく、このクリスタルを迎え入れてくださるであろう魂の家族と私は、
見えない世界で、たくさんのやりとりをしているのだと思います。

 

 

 

 

この不思議な夢を見たことから、

私は、このクリスタルに『レムリアの喜びの女神の夢見石』

という名前を授けてあげることにしました。

 

 

 

 

 

そして、夢の中に出てきた「7つの手紙」

 


「7」は、虹の数字であり、私がこよなく愛するナンバー。

 

 

今、魂の家族たちとの間で、

「7」にまつわる、さまざまなシンクロが起きています。

 

 

そうえいば、このレムリアンシード・クリスタルの正面に見える一番大きなファセットは、
『7角形』です。

 

 

 

 

 

 

カウアイ島の旅で受け取った、
たいへん稀少なレムリアンリッジの残るレムリアンシード・クリスタル。

 

 

このクリスタルの持ち主は、レムリアの虹の乙女であり、
月の女神に非常に深いご縁がある方。

 

 

あなたは、夢の中で、もう私と出会っているのでしょうか。

 

 

いつの日か、私の夢とあなたの夢が、つながり、重なり、

ともに美しいレムリアの物語をつむげますように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20190211_02.jpg

 

コレクション番号:LBC-0351
クリスタル名:〜レムリアの喜びの女神の夢見石〜

小さなレムリアの神殿より 喜びの星ホクレア

ダブルイシス&レインボー&レムリアンリッジ *カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 約5,1×2,5×2,6センチ

産地:Brazil

prix:49,000円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。。 Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット 」

 

        20190207_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

今年の2月は、とても不思議な月。

 

 

ある日のリリアの森は、雪の国。

 

 

その数日後は、春の国。

 

 

 

 

以前から、時が満ちたらご紹介しようと思っていたクリスタルがあります。

 

 

それは、まるでマリア様か天使が結晶化したかのような、

やわらかく透き通った波動を放つ、薔薇色のクリスタル。

 

 

長い間、私は、そのクリスタルと同じくらいの美しさを持つ、

同じ種類のクリスタルを探していました。

 

 

なぜなら、それは私の私物のクリスタルなので、

ご縁のある魂の家族に届けるために、

もうひとつ迎え入れることができたらと思っていたのです。

 

 

天界からやってきたかのような薔薇色をしているのに、

それは、ローズクォーツではないというのも、また魅力でした。

 

 

ところが、いつまで経ってもそれは現れません。

 

 

ある時、いっそのこと、一度、このクリスタル自体をご紹介してみようかしらと思いました。

 

 

その時感じたのは、このクリスタルは、私のもとにいる『何か』と

ペアになるということでした。

 

 

私は、宝物を入れてある宝箱をのぞきこんでは、これかしら?と

クリスタルの隣に置いてみるのですが、

これだわ!というものが見つかりません。

 

 

 

 

 

やがて、新しい年が明け、2番目の月がやってきました。

 

 

真っ白な雪に覆われた森が、

プリマヴェーラの女神の魔法で一瞬にして春になったかと思うような日、

森の奥で降りそそぐ日の光を浴びながら、そのクリスタルを愛でていた時に、

突如としてインスピレーションが降りてきました。

 

 

あのマリア様のブレスレット。。。。。。

 

 

それは、もうかなり昔に迎え入れた、マリア様のブレスレットでした。

 

 

ある時、私は、いくつかのマリア様のブレスレットを次々に受け取りました。

 

 

それは、私の愛するシェル(貝)のビーズをつむいでつくられたブレスレットで、

金色のマリア様と銀色のマリア様のブレスレットがあり、

どれも雰囲気がとてもよく似ていました。

 

 

その中に、ただひとつだけ、

透き通るようなビーズをつむいでつくられたブレスレットがありました。

 

 

他の金色のマリア様のブレスレットは、マリア様の部分が、

イエローがかったゴールドをしているのですが、

その透明なビーズのマリア様だけは、

ほのかに薔薇色を感じる、ピンクゴールドのような色合いをしていました。

 

 

また、他のマリア様が、まっすぐに横を向いていらっしゃるのに対して、

このピンクゴールドのマリア様は、

そっと目を閉じ、うつむくように佇んでおられるのです。

 

 

その様子は、たおやかで美しく、まるで花のよう。。。。。。

 

 

まっすぐに横を向いているマリア様からは、凛とした真の強さを感じ、

このマリア様からは、やさしさ、受容、慈愛、といった、

女性的なエネルギーを感じました。

 

 

『すべてを愛で受けとめる』

 

 

愛に受けとめられた時、どんなものも、また光に戻っていくのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

*     *    *

 

 

 

 

 

20190207_20.jpg

 

 

 

 

 

 

ふわっとしていながら、同時に透き通っているという

夢みるようなクリスタル。

 

 

 

私のクリスタルには、その特徴を持つものが多くありますが、

このクリスタルは、その魅力を最大に持つ結晶のひとつといえるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_18.jpg

 

ある角度から見ると、ジェリーのように、「ぷるん」としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_19.jpg

 

このクリスタルに授けてあげた名前は、

『Lilia Mariaの薔薇色のクリスタル』

クリスタルについては、迎え入れてくださった方に、

お手紙でお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『Lilia Mariaの薔薇色のクリスタル』には、素晴らしい虹がたくさんたくさん宿っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_13.jpg

 

この写真は、虹がわかりやすく写るように、少し暗めに写しています。

クリスタルの色ではなく、虹の入り方をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_14.jpg

 

このクリスタルのちょうど真ん中には、何かのメッセージを伝えるかのように、

ひときわ鮮やかな虹がきらめきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_24.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_05.jpg

 

ブレスレットは、手首につけるとこのような感じ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_06.jpg

 

花のように、そっとうつむく、マリア様。。。。。。

透明なビーズは、遠い昔のフランスのガラスビーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_16.jpg

 

これまで送り出してきた金色のマリア様のブレスレットと比べると、

このマリア様だけ、ほのかにピンク味を帯びたゴールドをしています。

 

 

 

 

 

 

実は、このマリア様のブレスレット、

私が初めて愛する人とカウアイ島を訪れた時に、

手首につけていたブレスレットなのです。

 

 

 

 

 

 

このクリスタルとマリア様のブレスレットの組み合わせがひらめいた時、

私には、「あの宝箱に入れたい」という、

とてもはっきりしたヴィジョンが浮かびました。

 

 

2016年のマリア様のスペシャルセッションのエネルギーから誕生した、

「〜愛の調べ〜 聖母マリアと天使たち」の宝箱です。

 

 

 

 

 

 

 

20190207_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルの波動を季節で表すならば、「春」

 

 

キーワードのひとつは、

 

 

「女性性を愛おしむ」

 

 

「女性としての心のうるおいを大切にする」

 

 

そこから生まれるのは、春を迎えたかのような喜び。。。。。。

 

 

 

 

マリア様にご縁のある、美しき薔薇の乙女に捧げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190207_04.jpg

 

コレクション番号:LBC-0356
クリスタル名:薔薇色に輝くプリマヴェーラのマリア様のご加護を受けて。。。。。

Lilia Mariaの薔薇色のクリスタルとピンクゴールドのマリア様のブレスレット

サイズ(クリスタル): 約5,9×4,2×2,7センチ

サイズ(ブレスレット):手首回り約15センチ


*「〜愛の調べ〜 聖母マリアと天使たち」

のクリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします


〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 


「 あなたを満たす虹色の愛。。。。。星の乙女のための守護水晶より 〜ヒキアナリアの星の乙女の守護水晶〜*カウアイスペシャルブレッシング* 」

 

       20190205_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カウアイ島に連れて行った、このクリスタルと対になるクリスタル。

 

 

「ホクレアの星の乙女の守護水晶」と「ヒキアナリアの星の乙女の守護水晶」は、

どちらも同じくらい透明度が高く、虹が見事で、

まるで双子の姉妹のよう。。。。。。

 

 

こちらは、「ヒキアナリアの星の乙女の守護水晶」です。

 

 

2つの星は、いつまでも私にとって特別な星。

 

 

ご縁のある方に見つけてもらえますように。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_04.jpg

 

丸みを帯びたボディは、手の中でやわらかになじみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_02.jpg

 

水晶自体がとても透明で輝きが強いので、そこに虹が浮かぶと、

ため息が出るような美しい姿を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、あなたの内側にある虹色の愛。。。。。。

 

 

どんなに素晴らしいものも、あなたが気づいてあげないと

あなたには、「ない」ように見えます。

 

 

この美しい虹を宿したクリスタルを手に取って、

そこに浮かぶ虹を見つめ、感嘆の声を上げる時、

あなたは、自分の中に、七色にきらめく至高の愛があることを思い出すでしょう。

 

 

人は、自分の中に、それがあるからこそ、それに惹かれるのです。

 

 

 

 

 

この「ヒキアナリアの星の乙女の守護水晶」は、

カウアイ島の月の女神の祝福を受けたクリスタルでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

20181203_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルと呼び寄せ合う方は、

乙女座の一等星スピカにご縁があり、

なおかつレムリアの月の女神につながりのある方。

 

 

きっと、ひと目見た瞬間、魂でわかるはずです。

 

 

 

自分のためのクリスタルだと。

 

 

 

どうぞ、その手で、この星の守護水晶を受け取ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190205_01.jpg

 

コレクション番号:LBC-0354
クリスタル名:〜あなたを満たす虹色の愛。。。。。

星の乙女のための守護水晶より 〜ヒキアナリアの星の乙女の守護水晶〜

*カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 約2,9×2,1×1,8センチ

prix:49,000円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 虹の星雲をくぐって、星の海原の向こうで レインボー・レムリアンシード・クリスタル 〜レムリアの乙女座の満月〜 *カウアイスペシャルブレッシング*」

 

         20190201_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒキアナリアの祝福を感じながら、

カウアイ島の旅の物語のエネルギーが宿った、

レムリアンシード・クリスタルのスフィアをご紹介しましょう。

 

 

この旅に、私は、3つのレムリアンシード・クリスタルのスフィアを、

森から連れて行きました。

 

 

大きさが似ている大きな2つは、

それぞれ、ホクレアとヒキアナリアを想いながら選んだクリスタルでした。

 

 

旅から戻り、ヒキアナリアのスフィアを手にして眺めていた時のことです。

 

 

とても透き通ったインスピレーションが降りてきました。

 

 

そのクリスタルは、

『レムリアの乙女座の満月』を象徴するレムリアンシード・クリスタルである、

というのです。

 

 

それは、まるでクリスタルが語りかけてきたかのような

ふわりとしたやさしいエネルギーでした。

 

 

 

 

 

 

対のようになっている2つのレムリアンシード・クリスタルのスフィアは、

どちらも、私が迎え入れてきたレムリアンシード・クリスタルのスフィアの中では

大きさがあり、とても透明度が高く、

見事な虹を宿しているという共通する特徴があります。

 

 

虹が大きすぎて、うまく写真に写らず、

実物の方が遥かに素晴らしいということも。。。。。。

 

 

このクリスタルの持ち主である方は、おそらく私と同じように、

「自分の目で見る、自分の心で感じる」ということを、

とても大切にする方ではないかと思います。

 

 

このレムリアンシード・クリスタルの最大の贈り物は、

本物を受け取った時に、その方に贈られることでしょう。

 

 

いつか、このレムリアンシード・クリスタルの真の持ち主である

レムリアのヒキアナリアの乙女に会ってみたい、

そう思います。

 

 

そして、一緒に、このクリスタルをのぞきこみ、

遠い昔、時を忘れて語り合った時のように、

この世界の素晴らしさを、出会えたことの喜びを、

思う存分、分かち合いたい。。。。。。

 

 

そんなことを、どこか春を感じる2月の森の奥で、幸せに夢見るのです。

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 

 

 

 

20190201_13.jpg

 

見事というしかない、素晴らしく大きな虹。

この「レムリアの乙女座の満月」の虹は、

その大部分が、ピンクとエメラルドグリーンの色合いをしています。

この組み合わせは、私の大好きなクリスタルの虹の色なのです。

端の方の虹は、もう少し色合いに富んでいて、

こちらもとても好きな虹の色。

実物は、この写真よりも、ずっと美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_10.jpg

 

このレムリアンシード・クリスタルには、

細やかな気泡のような、不思議な内包物が見られます。

それは、まるで銀河に浮かぶ無数の星屑のよう。。。。。。

その光景からインスピレーションを受けて、私がつけた名前は、

『星の海原』

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_08.jpg

 

虹とのコラボレーションが、これまた美しいのです。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_07.jpg

 

この星の海原は、ある角度から見ると、

まっすぐにスフィアの中心を貫いているように見えます。

これを見て、私は、強いデジャヴを感じました。

どこかで見たことがある。。。。。。

思い出したのは、とあるレムリアンシード・クリスタルのこと。

そういえば、あのクリスタルを受け継いでくださったのも、

ヒキアナリアの銀の星の乙女でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

このレムリアンシード・クリスタルは、

大きな虹を正面にして見た時も素晴らしいですが、

どの角度から見ても、それぞれに魅力的な姿を見せてくれます。

 

 

とりわけ虹の見え方は、魔法が宿っているとでも言えばよいのでしょうか、

とても「マジカル」です。

 

 

 

 

 

 

 

20190201_06.jpg

 

持ち主の内側では、こんな虹のエネルギーがやさしくたゆといながら、

時が満ちるのを待っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_05.jpg

 

幻想的な一瞬をとらえて。。。。。。

一番大きく見える虹の色は、青白く輝くスピカ色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_02.jpg

 

エンジェルリリアの手の上で。。。。。。

このレムリアンシード・クリスタルのため息の出るような透明度、

伝わりますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_03.jpg

 

乙女の名にふさわしい、純粋無垢なその姿。

本当にピュアで清らかなレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乙女座生まれの方、月星座が乙女座の方、

あるいは、特に乙女座ではないけれど、このクリスタルにとても惹かれるという方、

物語性を感じる、とびきり美しいレインボー・レムリアンシード・クリスタルのスフィアです。

 

 

本物をご覧になって、どうぞ、その美麗な姿に感動されてください。

 

 

このレムリアンシード・クリスタルのひそやかなキーワードのひとつは、

『再会』です。

 

 

虹の星雲をくぐって、星の海原の向こうで、

あなたは誰と再会するのでしょう。

 

 

私との再会、

愛しいあの人との再会、

本当のあなた自身との再会。。。。。。

 

 

そのどれかかもしれませんし、その全部かもしれません。

 

 

乙女座の満月は、その再会の時を、

空からそっと照らしてくれようとしているのでしょうか。

 

 

カウアイ島の祝福と旅の物語のエネルギーが宿った、

美しく、どこまでもやさしい、スペシャルなレムリアンシード・クリスタルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190201_03.jpg

 

コレクション番号:LBC-0357
クリスタル名:〜虹の星雲をくぐって、星の海原の向こうで

レインボー・レムリアンシード・クリスタル 〜レムリアの乙女座の満月〜

*カウアイスペシャルブレッシング*〜
サイズ: 直径約4,9センチ

prix:177,777円

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 魂から呼ばれるクリスタルです 」 

 

 

          20180520_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月も半ばを過ぎた頃、森の奥に1通のお便りが届きました。

 

 

それは、遠隔個人セッション付きのクリスタルを迎え入れてくださった魂の家族からの、
セッションの希望日を伝えるメッセージでした。

 

 

そこには、受け取ったクリスタルがどれほど美しかったか、
それを実際に目にして、手にして、どれだけ感動したかが、
とても丁寧な言葉で綴られており、それを読んだ私は、
まるで自分がそのクリスタルを受け取ったかのように喜びを感じ、
心の底から感動しました。

 

 

私はクリスタルを送り出した側なのに、
こんな風に、クリスタルを受け取った魂の家族と自分との境がなくなり、
喜びの中で溶け合っているような感覚になることが、たびたびあります。

 

 

ひと言ひと言を大切に受け取り、希望のセッションの日にちに目を通した後、
私は、そこで終わると思っていた文章が、まだ続いていることに気づきました。

 

 

「こんな所でこんな質問はどうかと思ったのですが、
リリアさんにご連絡出来るときが無いと思い、思い切ってお話します。」

 

 

一体何かしら?

 

 

そう思いながら読み進めていくと、
それは、昨年の5月のクリスタランに載せた、とあるクリスタルについてでした。

 

 

そのクリスタルの名は、
「美しきレムリアの虹の姫君のためのアメジストエレスチャル
トリプルイシス&レインボー&ウォーターイン」

 

 

これまで私が出会ってきたアメジストエレスチャルの中で、最も稀少性が高く、
私がひそかに「奇跡のアメジストエレスチャル」と呼んでいるクリスタルです。

 

 

このクリスタルは、もともと私個人のクリスタルでしたが、
ある時、直感で、いずれ私を通してご縁のある方のもとに行くことになると感じました。

 

 

私があの日、5月の森でエンジェルフォトを撮り、
そのクリスタルのことを夢中でクリスタランに綴ったのも
どこかでそれを予感していたからでした。

 

 

 

 

 

 

メッセージの中に、そのクリスタルの名前を見つけた瞬間、
私は、ついにその時が来たと思いました。

 

 

まだすべての内容を確認したわけではないのに、
そう感じたのです。

 

 

私は、大切なクリスタルをゆっくりと静かに眺めるように、
そのメッセージに目を通していきました。

 

 

このクリスタルがとても好きで、
ダイアリーの記事を見ては毎日素敵だなと拝見してくださっていること、
虹の高貴な姫君そのものだと思うこと、
そして、日に日に想いが募ってきたこと。。。。。

 

 

『こんな所で失礼かなと思ったのですが、虹のお姫様をお迎えする事は出来ますか?
リリアさんの宝物だと思いますし、とても素晴らしいお姫様だと思うのですが、
凄く凄くお迎えしたい気持ちもありまして、心から惹かれております。
最後に失礼な質問になってしまいましたが、お迎えできるなら、ぜひお願いします!』

 

 

水晶のように透き通った純粋で美しいエネルギーが、
私の胸の中に光のようにまっすぐに届き、
気づけば、私の目にうっすらと涙が浮かんでいました。

 

 

 

 


私は、このクリスタルは、数あるリリア・バービー・クリスタルの中でも
最も受け取るのが難しいクリスタルだと思っていました。

 

 

難しいというのは、ちょっと語弊がある表現なのかもしれませんが、
私がクリスタルを迎え入れたりセッションでつながる時によく使うキーワード、
『ご縁とタイミングとお互いの自由意思』
この3つが完璧に合う必要があります。

 

 

ご縁・・・・宇宙が用意してくれているので何も心配いりません。

 

 

タイミング・・・・これも宇宙が用意してくれます。

その時が来れば自然に呼び寄せ合うので
頑張ってコントロールする必要はありません。

 

 

お互いの自由意思・・・・相手がどうしたいのか、あなたがどうしたいのかという
それぞれの自由意思です。
大いにあなたに関係しています。
相手のことはどうにもできませんが、
自分がどうしたいのか、自分はどうするのかということを、
あなたは100%コントロールできます。

 

 


このクリスタルで、一番重要なのは、
この「あなたはどうしたいのか、どうするのか」という部分です。

 

 

もちろん、それは、どのクリスタルにも、どんな出来事にも言えるのですが、

このクリスタルは、極めてエネルギーが高く、

真の持ち主のテーマの一番深いところに光をあてるクリスタルであるため、

中途半端な気持ちでは、とても共鳴できないと思いました。

 

 

逆に、真の持ち主が、自分にとって本当に大切なものに真っ直ぐにフォーカスすると、

それまで何をしても開かなかった固い扉が開き、

そこから光の筋が漏れるようなイメージです。

 

 

 

 


 

このクリスタルの隠れたキーワードのひとつは、「制限からの自由」。

 

 

「制限がなくなったら、自由になれる」ではなく、
『私は自由でいることを選択する、だから制限を軽やかに飛び超える』
そんな感覚です。

 

 

もうひとつ別の言い方をするならば、
『私は本来の私でいることを選択する、だから制限を軽やかに飛び超える』

 

 

このクリスタルを受け取る過程の中で、
真の持ち主は、愛、喜び、自由、豊かさ・・・・
あらゆる種類の恵みと祝福を享受するでしょう。

 

 

せき止められていた水門が、開け放たれたかのごとく・・・・・

 

 

それは、クリスタルが何か特別なことを起こすのではなく、
すべてその人が選択した結果です。

 

 

クリスタルを迎え入れて、何かがよい方向に変わったという人たちに、

私はいつも言います。

 

 

 

『クリスタルが何かを変えたのではないの。

あなたが変わったのよ。

あなたが本来のあなたに戻ったの。

自由で、軽やかで、喜びあふれる、真の自分自身にね。』

 

 

 

 

 

 

自分がどうしたいのか、自分はどうするのかということを、
あれこれ長々と考える必要はありません。

 

 

もちろん、考えるのを楽しむということもできますが、
考えなくても、自然に体が動きます。

 

 

私が、自分にとって大切な場面でいつも体験してきた、
『インスピレーションが自分を突き動かす』

 

 

きっと彼女も、自分の内側から抑えきれない何かが湧き上がってきて、
私にメッセージをくださったのだと思います。

 

 

 

 

 


運命のクリスタルとは、あなたがずっと探していた人なのかもしれません。

 

 

あなたがずっと探していた、本当のあなたの「エッセンス」が、
唯一無二の結晶という形をとって、あなたの前に現れるのです。

 

 

それを受け取るまでの過程は、それはそれは美しい物語です。

 

 

 


時間をかけて、彼女に返信のメッセージを綴り、
金星の女神と木星の女神と月の女神と一緒に、
森の奥で、そのアメジストエレスチャルに入った水を眺めていた日、
彼女から、そのクリスタルを迎え入れたいという正式なエントリーが届きました。

 

 

マリア様にご縁があり、レムリアの魂の家族でもある彼女は、
スピカを守護星にして生まれた、ヒキアナリアの星の乙女。

 

 

このクリスタルを、
昨年の私のバースデー旅行のカウアイ島の旅に連れて行ったことは、
私と愛する人しか知らないはずなのに、
まるで、どこかでそれを感じていたとしか思えない言葉の数々に、

ああ、やはりこの方のもとに行く運命だったのだと思いました。

 

 

 

 


彼女が伝えてくれた言葉が、今も私の中で響いています。

 

 

それは、レムリアンシード・クリスタルのレムリアンリッジを、

そっとなぞった時のように、透き通る音色で私の心に届きます。

 

 

「魂から呼ばれるクリスタルです」

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others