「 美しいあなたへ贈るお茶 」

 

       20180617_01.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

10年近くもの間、胸の中で大切にあたため続けてきた

『美しさ』にまつわるセッション。

 

 

「リリア・バービー スペシャル遠隔グループセッション
自分の中にある美しさを迎えに行く旅

〜花のようにふんわりと、クリスタルのように透き通って〜  2018 」

と名付けたセッションで、

私が最初のテーマとして選んだのは、〜美しい体〜でした。

 

 

私にとって、美しさとは、健やかさ。

 

 

体が、あるがままに自然体であること。

 

 

それは、大いなる流れに乗るような安心感と心地よさを

私たちにもたらしてくれます。

 

 

この森で暮らす月日が長くなるごとに、

私は、以前にも増して、植物や野生の動物たちが持つ美しさに

深く感銘を受けるようになりました。

 

 

この世界には、さまざまな美しさがありますが、

「私は、私」と、その人が自分を受容している時にあふれ出る美しさが

大好きです。

 

 

理想の美を追い求める素晴らしさも、

ありのままの自分を受け入れる喜びも、

私はどちらも体験してきました。

 

 

どこにもいない誰かになるのはやめて、

「ああ、これが私なんだ」と、自分のあらゆる個性が微笑ましく思えた時、

まるで封印がとけたかのように、私は自由になりました。

 

 

そんな私のもとにやってくる人たちは、

私と同じように、心のどこかで、自分というかけがえのない存在を愛し、

ちゃんと自分を慈しんであげられる人です。

 

 

その人たちと一緒に、私はほんのひととき旅に出ます。

 

 

その魂の旅で、それぞれの人たちが、物語と宝物を持ち帰ります。

 

 

宝物は、もしかしたら、すぐに気づくものではないかもしれません。

 

 

でも、それは、小さな種のように、その人の内側に蒔かれ、

やがて、芽を出します。

 

 

私も『贈り物』を渡すことがあります。

 

 

それは、愛と喜びと感謝からできています。

 

 

時々、魂の家族のことが大好きすぎて、

想いばかりが、とめどなくあふれ出してしまい、

それを形にするまでに何年もかかることがあります。

 

 

みんな、「それがリリアさんだよね」と言って、笑ってくれます。

 

 

私は幸せ者です。

 

 

 

*     *     *

 

 

 

「リリア・バービー スペシャル遠隔グループセッション
自分の中にある美しさを迎えに行く旅

〜花のようにふんわりと、クリスタルのように透き通って〜  2018

〜美しい体〜」より

 

 

この旅を一緒に楽しんでくださった魂の家族たちにお贈りしたギフトティー。

 

 

 

 

 

 

20180617_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションは、愛する人と訪れた旅先で。

 

 

私は、森の奥から、このお茶の葉を大切に抱えて持って行きました。

 

 

そして、セッションの最中に、ダーリンと一緒に、

このお茶をふたりで持って、ブレッシングしたのです。

 

 

それは、なんとも楽しく、幸せな時間でした。

 

 

 

 

 

 

20180617_05.jpg

 

【小さな秘密 その1】

これは、後ろ側から、こっそり見たところです。

金色のインクで、Liliaと書かれているタグがついていますね。

これは、私が自分用に作ったもの。

実際は、そのお茶を受け取る魂の家族のお名前を手書きで入れたタグが

それぞれについています。

あなたのことを想いながら、このお茶をおつくりしましたという、しるしです。

 

 

 

 

 

 

 

20180617_04.jpg

 

 

 

 

 

 

【小さな秘密 その2】

 

 

 

このやわらかなグリーンのお茶の中には、

愛らしい小さなピンクの薔薇の花びらが、1枚入っています。

 

 

もちろん、お茶としてお飲みいただけます。

 

 

もしも、お茶を淹れる時に、このピンクの薔薇の花びらにあたったのなら、

その日は、薔薇の妖精とつながれる日。

 

 

フェアリーリリアと薔薇の妖精が、あなたのもとに遊びに行きますので、

心の中で一緒におしゃべりを楽しみましょう。

 

 

 

 

 

20180617_06.jpg

 

 

      

 

 

 

 

 


「 今日のお茶 」

 

          20180616_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこで売っているのですか?と聞かれたら、
どこにも売っていないのよと答える。

 

 

どこで作っているのですか?と聞かれたら、
そうね・・・・どこかの森の奥かしら?

 

 

どうやったら手に入れることができるのですか?と聞かれたら。。。。。。。

 


あなたが、自分の中にある美しさに気づいて、
それをやさしく抱きしめる準備ができたら。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 今日、生まれたもの 」

 

         20180612_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「待つ時間も楽しいです」

 

 

「お好きなだけ時間をかけてくださいね」

 

 

私の創造を支えてくださるのは、
どこまでもやさしい魂の家族たちの愛。

 

 

新しいものが誕生した時は、
いつも心の中で、
そのセッションに参加してくださった

全員のことを思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 風に揺れるセージ 」

 

           20180608_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてを終えて、いつもの日常が戻ってきた。

 

 

新しいこと、初めての体験、
それは、心躍る素敵なことであるのと同時に、
普段は使わない部分をうんと使うので、
一生懸命に走った後のような、心地よい疲れと達成感がある。

 

 

だから、いつものもの、おなじみのものが、心と体に染み入る。

 

 

リリアの森の光、空気、水、大地がはぐくんだ緑の寝床で、

私は自分を取り戻す。

 

 

この世界には、素晴らしい場所がたくさんあるけれど、
私にとっての聖地は、やはりこの森なのだと思う。

 

 

いつもの日常に戻ったら、やりたいことがあれこれあって、

それはどれも、私が本当に楽しみたいことなのだけど、
ひとまずそれは天に預けて、今は、自分に休息を与えてあげよう。

 

 

気づけば、庭はいつの間にか、初夏の気配。。。。。

 

 

透き通った森の風に、青紫色のセージが揺れているのを見ていると、
呼吸がどこまでもゆっくりになって、
私もあんな風に、宇宙の風に身を任せればいいのね、なんて思えてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 たとえて言うならば。。。。。 」

 

 

 

たとえて言うならば、
少しずつ少しずつ、自分の一部が新しい世界に移行して、
もうじき完全に移行し終わるという感じ。

 

 

左手の人差し指のほんの先が、これまでの世界にいて、
その指先は、私がこれまでいた世界の人たちの指先と、
かすかに触れ合っている。

 

 

私は消えてなくなるわけではなくて、
どこかまた、新しい別の世界に出現するのだと思うと楽しい。

 

 

こんな自由を、これまで感じたことがなかった。

 

 

その自由を感じた時、私がずっと探していたのは、これなのだと思った。

 

 

ユニークな自分の呼び名をずっと愛してきたけれど、
なんだかもう、名前なんていらなくて、
森を渡る風になったような気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 家族3人幸せに暮らしています 」

 

         20180523_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

リリア&ダーリン シークレットスペシャル遠隔グループセッション

〜レムリアと3つの星〜 2018

に、参加してくださる魂の家族より

 

 

 

〜メッセージ〜

 

 

 

 

『リリアさんのセッションを受けるのは数年ぶりです。

 


独身の頃、リリアさんとダーリンさんの様な幸せに憧れてセッションを受けていました。

 


今ではお陰様で、子供にも恵まれ家族3人幸せに暮らしています。

 


3カ月前に中古の家を購入しました。

 


家の中が浄化し幸せな空間になる様に、今回クリスタルのギフト付きコースに

申し込みました。

 


素敵なクリスタルとの出会いを楽しみにしています。』

 

 

 

 

 

*わぁぁぁ〜!!!!(←あなたのお便りを読んだ時の私の心の中は、

本当にこんな感じでした)

 

 

もう、うれしくて、なつかしくて、喜びの涙がとまりません。。。。。。

 

 

ご名字は変わっていらっしゃるけれど、ニックネームを見てすぐに気づきましたよ。

 

 

なんとおひさしぶりなのでしょう。

 

 

私がこんなにも感動したのは、

このお便りから、今のあなたの幸せが伝わってきたからです。

 

 

あなたが私のセッションに頻繁に参加してくださったのは、

2009年頃だったと記憶しています。

 

 

今から、9年も前のことなのですね。

 

 

あなたの純粋さ、ひたむきさ、素敵なパートナーとの出会いを夢見る気持ち。

 

 

まるで、ダーリンと出会う前の自分を見ているようで、

本当に愛おしかったです。

 

 

いつも、心の中で、あなたに話しかけていました。

 

 

「だいじょうぶ。

いつかきっと素敵な人が現れるわ。

宇宙はすべてを知っていて、

完璧なタイミングでその人と出会わせてくれるのよ。」

 

 

あなたと最後に虹の架け橋を渡ってセッションでつながったのは、

確か、今から6年前の2012年に開催した、

双子座の新月と射手座の満月のセッションでした。

 

 

今ちょうど、月が満ちている所なのですが、

1週間後の5月29日は、射手座の満月、

そして、6月14日は、双子座の満月です。

(ちなみに、双子座の新月が起こる時刻は、エンジェリックな数字が並ぶ 4:44)

 

 

なんだか、お月様と星座と天使たちが、

きらきらと輝く光で、私たちを祝福してくれているようでうれしいです。

 

 

3か月前に、おうちを購入されたとのこと。

 

 

私は、昔から家が大好きです。

 

 

それは、『暮らす』ということの原点。

 

 

私たちを雨風から守り、

時にあたたかく、時に涼しく、

人生の多くの時間を過ごす場所。

 

 

どこかに出かけていくことを、

どんなに小さなものでも旅だと思うなら、

家とは、帰ってくる場所であり、

同時に、私たちを送り出す場所でもある。

 

 

そして、何よりも、「物語が生まれる場所」だと思っています。

 

 

日常という名の物語を、やさしい色の幸せで彩ることができたら、

これほど素敵なことはありません。

 

 

実は今、私のクリスタルエネルギーの磁力のようなものが、

とても強まっています。

 

 

時々、このような状態になるのですが、

こんな時って、とにかく、素晴らしいクリスタルと呼び寄せ合うのです。

 

 

どんなクリスタルがやってくるのか、楽しみですね!

 

 

それでは、セッションの夜に、

ダーリンと一緒に、新しいご名字になったあなたのお名前をお呼びして

虹の架け橋をおかけします。

 

 

あなたのハートに、私たちのその声が届きますように。

 

 

新しく家族に加わった、あなたのかわいいエンジェルちゃんにも

どうぞよろしく!

 

 

 

森の奥から愛をこめて

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

 


「 美しきレムリアの虹の姫君のためのアメジストエレスチャル 〜トリプルイシス&レインボー&ウォーターイン〜 」

 

        20180520_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世界には、『奇跡というものが、目に見える形に結晶化した』

としか表現できないようなクリスタルがある。

 

 

そんなクリスタルたちは、一種独特の、何か特別な波動をまとっている。

 

 

この世界に存在する、すべてのものは特別なのだから、

本当は特別という言葉は当てはまらないのかもしれないけれど、

それでも、特別という言葉を使いたくなる。

 

 

愛しいあの人に、「あなたは私にとって、特別な存在です」

と言いたくなるように。。。。。。。

 

 

 

 

 

時々、森の奥で、

私の人生をより素晴らしく味わい深いものにしてくれた

スペシャルなクリスタルたちを手に取って眺める。

 

 

そのたびに、自分の内側から、

輝くばかりの愛や喜びがあふれてくるのを感じる。

 

 

そして、自分は、こんな喜びを味わうために、生まれてきたのだと思う。

 

 

 

 

 

自分の本質や魂に関わる、『運命のクリスタル』を迎え入れる時、

そこには、いつも、美しい物語がある。

 

 

私の愛する人は、その物語を私から聞くのが大好きだ。

 

 

私と一緒に、胸を躍らせながらその物語を聞き、

最後は決まって、

「ああ、リリア、素晴らしいよ。

君は本当にクリスタルと物語を紡ぐために、この星に生まれてきたんだね」

と言う。

 

 

私は、幸せに目を潤ませながら「そうなのよ」と答える。

 

 

 

 

 

 

私が紡いできた物語の中でも、

とりわけ印象深い場面に登場するクリスタルがある。

 

 

レムリアンシード・クリスタルと、アメジストエレスチャルだ。

 

 

自分の魂と共鳴するクリスタルに出会った時、

次なる次元へと続く新しい扉が開くように、

流れるように物語が展開していく。

 

 

それは、まるで、

全宇宙が一体となって、その物語を一緒に楽しんでくれているような

そんな感覚だ。

 

 

私は、愛の流れに乗り、ほとばしる喜びに身を任せ、

全身全霊で、今この瞬間を謳歌する。

 

 

 

 

 

 

 

そのアメジストエレスチャルと出会った時もそうだった。

 

 

そして、その後に紡がれた物語から、

そのアメジストエレスチャルは、私を経由して、

しかるべき真の持ち主のもとに行くクリスタルであることを知った。

 

 

美しさというものは、各々が感じるもので、画一的に定義できるものではない。

 

 

それでも、見た者の魂を奥底から目覚めさせるような、

ある種の神々しささえ感じるものが、この世界には存在する。

 

 

私にとって、このアメジストエレスチャルは、そういう類のクリスタルだ。

 

 

 

 

 

 

細長く、すんなりと磨かれた姿。

 

 

トップのファセットに、3つのイシスフェイスを含むという
非常に意味深い磨かれ方をされている。
 

 

私は、このクリスタルから、

『隠された扉を開ける鍵である』というメッセージを受け取ったが、

この結晶を真上から見ると、確かに不思議な形をしている。

 

 

静かに目を閉じると、この鍵を差し込むための、

美しい三角形の鍵穴が見えてくるようだ。

 

 

信じられないほどの透明度は、

成長過程で内包物を取り込むことが多いアメジストエレスチャルの中では、

稀に見る『奇跡』である。

 

 

そのヴァイオレットの色合いは、うっとりするほど繊細で美しく、

よく見ると、その中央にほんのりと濃いヴァイオレット色の層が見え、
非常にめずらしいファントムになっている。
 

 

他では見たことのない、その気品あふれる高貴な色は、

まさに姫君の名にふさわしい。

 

 

特筆すべきは、このアメジストエレスチャルが水入りであること。
 


それも、水の小部屋がいくつもあるのだ。

 

 

遠いいにしえの水が、そこには確かに宿っている。

 

 

そして、そのアメジストエレスチャルの完璧な美しさを祝福するように、

ところどころに鮮やかな虹が輝く。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520-_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストエレスチャルは、

「レムリアの虹の姫君のためのアメジストエレスチャル」である。

 

 

この水晶に宿った水は、

エネルギー的に、『レムリアの水』を象徴していると感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、このアメジストエレスチャルを、私によく似た誰かが迎えにくる。

 

 

自分が心から美しいと感じるものを愛し、

それと一緒に人生という素晴らしい物語を楽しみたいという魂だ。

 

 

特別すぎて受け取れないということはない。

 

 

受け取ることが、その人にとって、何よりも自然なことだから。

 

 

 

 

 

 

その人は、自分がレムリアの虹の姫君であることに気づいているであろうか。

 

 

見慣れた王国のどこかに存在する、隠された扉。

 

 

それは、過去と今と未来を溶け合わせ、

新しい喜びの物語へと、彼女をいざなう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

ホクレア、ヒキアナリア、ルピカ。

 

 

5月の風に吹かれながら、

私のこよなく愛するレムリアの3つの星を見上げ、

その星たちを順番に指でつないで、空に大きな三角形を作った時、

ふいに、私の記憶の中で、ふたつのものが重なり、

私にやさしく教えてくれた。

 

 

3つの星がつくる三角形が、

その美しい水晶の鍵の先端と同じ形であることに。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

愛しい人に話しかけるように、

満天の星空を眺めながら、そっと囁く。

 

 

あなたは、今、どこにいますか?

 

 

私たちは、もう出会っているのでしょうか?

 

 

あなたがこのクリスタルを迎えに来てくれたら、

私は何とこたえましょう。

 

 

星たちは、何も言わずに静かにまたたき、

でも、そのまたたきは、その人からの返答のようで、

私はそれだけで幸せな気持ちになる。

 

 

 

 

 

私が私であり、あなたがあなたでいるだけで、

私たちは、出会うでしょう。

 

 

そして、これまでにつむいだすべての物語がつながって、

その先の物語へと、私たちを連れて行くでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 クリスタルの宝箱とお手紙について 」

 

 

私のクリスタルを迎え入れてくださる方々は、
ご縁を感じたクリスタルをひとつだけ、いう方もいらっしゃいますが、
その後、いくつもクリスタルを迎え入れてくださる方が大多数です。

 

 

そんな魂の家族たちのことを考えては、
「この方の家が、クリスタルの宝箱だらけになっているのではないかしら?」
と思うことがありました。

 

 

そこで、クリスタルのお申込みフォームに、
「シンプルなラッピングを希望する」という項目を作りました。

 

 

もう飾る場所が決まっているので、クリスタルの宝箱はなしでも大丈夫です、
という方がおられましたら、この欄にチェックを入れていただればと思います。

 

 

また、これまでクリスタルをお届けする時には、
必ずといってよいほど、

便箋2〜3枚の、その方に宛てた個別のお手紙を同封していましたが、
今後は、基本的にはお手紙はお入れせず、
クリスタルに私の想いを伝えてもらうことにしました。

 

 

もしも、どうしても言葉を通して、この方にメッセージをお伝えしたいという
強いインスピレーションを感じた場合には、
お手紙やメッセージ等をお送りする可能性もありますが、
クリスタルのみでのお届けが、これからのべーシックだと考えてください。

 

 

耳を澄ますと、クリスタルたちが、言葉を越えた何かで、
あなたに大切なものを伝えてくれる。。。。。

それもまた素敵なのではと思います。

 

 

最後に、これまで私の手紙を受け取ってくださったみなさま、
そして、今後、稀なケースとして、私からの手紙を受け取ることになるみなさまへ。

 

 

私にとって、手紙というのは、とても私的なものです。

 

 

受け取った手紙は、どうぞ、あなたの心の引き出しの中にそっとしまって、
ひとりで、こっそり、ひっそり、楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 蠍座の満月のマリアージュ 〜蠍座のルピカに見守られて〜 」

 

        20180512_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蠍座の満月と蠍座にいるルピカからインスピレーションを受けて。。。。。

 

 

透き通るように美しいアメジストのツインクリスタル。

 

 

どこか妖精のような雰囲気を持つふたりは、
5月の森の光の中で、幸せそうに寄り添って。。。。。。

 

 

降りてきたキーワードは、

『蠍座の満月のマリアージュ 〜蠍座のルピカに見守られて〜』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 隠れルピカとホクレアとヒキアナリア 」

 

       20180511_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

その大きなハーキマーダイヤモンドには、
もうひとつ秘密の名前がある。

 

 

その名は「隠れルピカ」

 

 

今、木星は、ひときわ美しく輝きを放っている。

 

 

とにかく大きく見えるのだ。

 

 

私はしばらく前から、
星のエネルギーを宿したハーキマーダイヤモンドを紹介したいと思っていた。

 

 

星とは、ルピカ、ホクレア、ヒキアナリアの3つである。

 

 

ホクレアとヒキアナリアに関しては、
まさにそれそのもののハーキマーダイヤモンドがあることがわかり、
次にその大きなハーキマーダイヤモンドを見た時、
これがルピカだと思った。

 

 

だが、そのハーキマーダイヤモンドに、
そのままルピカと名前を付けるのはちょっと違うと感じた。

 

 

それは、隠されている。

 

 

何が隠されているのかはよくわからないが、

とにかくキーワードは、「隠されているルピカ」
あるいは、「隠れているルピカ」だと感じた。

 

 

 

 

 

 

実に、不思議なハーキマーだった。

 

 

愛らしさと神秘的な何かが合わさったような。。。。。。

 

 

それは、すぐには見抜けないもの。

 

 

かくして、私の中で、そのハーキマーにひっそりと

「隠れルピカ」という名がつけられた。

 

 

 


隠れルピカを紹介した翌日、
私は、ルピカとホクレアとヒキアナリアを見上げていた。

 

 

魂が震えるほど美しい星空だった。

 

 

今のルピカは、私の目で見ると、金色に見える。

 

 

それにしても明るい。

 

 

あまりにも明るい。

 

 

これは相当地球に近づいているのでは思いつつ、
その夜は、眠りについた。

 

 

 

 

また新しい一日が始まり、
夜になると、何度見ても心が躍る、あの3つの星を眺めた。

 

 

ふと、ルピカのことが気になり調べてみることにした。

 

 

すると、木星が9日に「衝」と書かれていた。

 

 

衝(しょう)とは、太陽系の惑星が、
地球から見て太陽とちょうど反対側に来る瞬間のことだ。

 

 

太陽と地球と木星が、一直線に並ぶ。

 

 

この「衝」が起こる時には、惑星の位置が地球からとても近くなるため、
木星は、大きく、一段と明るく輝いて見える。

 

 

私が、何かを感じて「隠れルピカ」を紹介したのは、いつだっただろうと思い
クリスタランを見てみると、それは9日だった。

 

 

なるほど、と思った。

 

 

どうして急に夢中でエンジェルフォトを撮り、
そのハーキマーダイヤモンドのことを綴りたくなった訳が
わかったような気がした。

 

 

私は、どこかでルピカのエネルギーを感じていたのだ。

 

 

 

 

 

ここに、1枚の写真がある。

 

 

森の奥を旅立つ前に記念におさめた、
ホクレアとヒキアナリアのハーキマーダイヤモンドの姿だ。

 

 

その後ろでは、大きなハーキマーダイヤモンド「隠れルピカ」が、
ふたりを見守っている。

 

 

それを眺めていたら、
ホクレアとヒキアナリアのハーキマーダイヤモンドを迎え入れてくれた魂の家族から
星の便りが舞い込んだ。

 

 

その魂の家族の手紙は、その方の想いを尊重して、ここには載せない。

 

 

ただ、それが、美しい星の祝福に満ちていたことだけを記しておこう。

 

 

 

 

 

幸運の星ルピカ。

 

 

その星は、今、『ソウルメイト』をキーワードに持つ蠍座に滞在している。

 

 

そして、あと6ヶ月ほどで、蠍座から次の星座、射手座へと移動していく。

 

 

 

 

 

さぁ、今日も、隠れルピカとともに、3つの星を見上げよう。

 

 

私に、物語を届け続けてくれる、あの美しい3つの星を。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others