「 ハートにともる薔薇色の灯 」

 

       20191120_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

イエス様の愛が宿る聖なるお品。

 

 

このお品に合わせるクリスタルは、

ローズクォーツがぴったりだと感じていました。

 

 

私には、ひとつだけ、はっきりとした想いがありました。

 

 

それは、手の中で愛でられる

やわらかですべらかなローズクォーツであること。

 

 

11月の森の光の中で、候補のクリスタルたちを

順番にそばに置いていきます。

 

 

どれもそれぞれに素敵。。。。。。

 

 

そう思いながら、私の手が最後に拾い上げたのは、

ヘキサグラム(六芒星)が浮かび上がるローズクォーツ。

 

 

2人の天使たちが祝福するその様子を眺めていたら、

なんだかそれだけで、ハートに薔薇色の灯がともったような気持ちになりました。

 

 

 

 

 


「 瑠璃色の空から金色の軌跡を描いて。。。。。。守護天使が舞い降りてくるラピスラズリ 」

 

        20191118_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くから、ノエルの鈴の音が聞こえてくる今の季節、

森の空気は、どこまでも透明に、そして清らかに澄み渡り、

夜空の星々は、天使たちの祝福を受けたように、

この上なく美しくきらめき始めます。

 

 

そんな夜空を思い起こさせるラピスラズリは、

多感だった私の少女時代のお守りのような石でした。

 

 

「この石には、こんなパワーがあります」

という、どんな壮大な言葉よりも、

私には、ただただその美しさが、何よりの癒しであり、励ましでした。

 

 

この石を眺め、この石に触れていると、

それまで悩んでいたことが、だんだんと小さくなっていき、

その代わりに、なんて美しいのかしらという深い感動が、

私を満たすのです。

 

 

幸せな時に手にすれば、その幸せは、何倍にもふくらむのでした。

 

 

たくさんの勇気とたくさんの愛を、この石から受け取りました。

 

 

だから、大人になった今でも、

この石は、私にとって、心の中の引き出しの

とても特別な場所にしまわれている石です。

 

 

そして、特別だからこそ、

これ!と感じて迎え入れることが少ないクリスタルなのかもしれません。

 

 

ゴールドの天使が刻まれた、小さなラピスラズリは、

私が一番最後に迎え入れたラピスラズリ。

 

 

ラピスラズリは、品質がさまざまで、

グレードによって見た目がかなり異なります。

 

 

高いグレードを持つものほど、深く美しい瑠璃色をしています。

 

 

私がこの子に出会った時、小さいながらも圧倒的な美しさを持つその色に、

ひと目で心を惹かれました。

 

 

このラピスラズリには、金色の天使の姿が刻まれています。

 

 

そして、天使の右横には、金色に輝いている部分があります。

 

 

その様子が、まるで、守護天使が金色の光を振りまきながら

舞い降りてきたように見えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191006_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_03.jpg

 

金色に輝く天使が舞い降りてきた軌跡、

おわかりになりますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191118_05.jpg

 

素晴らしく美しい瑠璃色。

 

 

 

 

 

 

 

20191118_06.jpg

 

キラキラと金色の粉が輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

この『守護天使が舞い降りてくるラピスラズリ』は、

自分自身が天使に守られるという側面だけでなく、

「見守り」、「見守られること」

その両方の大切さに気付かせてくれる石。

 

 

だって、あなたも誰かの守護天使なのだもの。

 

 

あなたがやさしい目で、誰かを、何かを見つめる時、

あなたは、その存在の守護天使になっているのですよ。

 

 

 

 

 

 

もしも時間旅行ができて、

あの頃の少女時代の自分をこっそりのぞくことができたなら、

そっと机の上に置いてきてあげたい石です。

 

 

 

 

だいじょうぶ。

 

 

すべては順調よ。

 

 

いつもあなたを見守っているわ。

 

 

安心して今を楽しんでね。

 

 

 

 

 

 

 

*このクリスタルは、

「クリスタルのみ」、「守護天使が舞い降りてくる遠隔個人セッション付き」

どちらかお好きな方をお選びいただけます。

 

 

エントリーの際に、どちらをご希望されるかをお書き添えください。

 

 

 

 

 

 

 

20191118_01.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191118
クリスタル名:瑠璃色の空から金色の軌跡を描いて。。。。。。

守護天使が舞い降りてくるラピスラズリ
サイズ: 約2,4××2,0×1,5センチ

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 


「 薔薇色の幸せをひとつぶ 」

 

         20191116_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 1日1輪、胸の中に、小さな小さな薔薇の花を咲かせて。。。。。。 小さな小さな金色のマリア様と薔薇のローズクォーツ 」

 

        20191109_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さくて美しいものが好きです。

 

 

小さいのに、その存在は、不思議なほど、私の心にしみ入ります。

 

 

いえ、小さいからこそ、私の心に光を投げかけるのかもしれません。

 

 

 

 

 

このペンダントをクリスタランでご紹介しようと思った時、

どんなクリスタルと組み合わせようかしらと思いました。

 

 

小さなクリスタルの磨き石を隣に置いてみましたが、

それですら大きく見えてしまうほど、このマリア様は小さいのです。

 

 

マリア様と同じくらい小さなクリスタルがいいわ。。。。。

 

 

一緒に並べた時に、お互いに響き合うような。。。。。。。

 

 

それはもう、うんと小さなクリスタルということになります。

 

 

 

 

 

 

私が直感で拾い上げたのは、

最後に手元に残った、小さな小さな薔薇のローズクォーツでした。

 

 

エンジェルリリアの手にのせているところをお見せしたら、

あなたは思わず微笑みを浮かべてしまうことでしょう。

 

 

本当に小さいのです。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20191109_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいものの大きさを表現する時に、

よく、「指先にのるくらい」という言い方をすることがあります。

 

 

このマリア様のペンダントは、

まさしく、その「指先にのるくらい」の大きさです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191109_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これほどの小ささにも関わらず、

このペンダントのマリア様は、心が洗われるような

繊細で、気品ある、『聖なる美しさ』を放っています。

 

 

 

 

 

 

20191109_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、「物質的に小さいもの」だけでなく、

「小さな行い」のようなものにも、幼い頃から心惹かれてきました。

 

 

その昔、

『どんなに大きく見えるものでも、

それは小さなものの集まりで出来ているんだよ。』

というメッセージを天から受け取ったことがあります。

 

 

大きな何かを一気に達成しようとすると圧倒されてしまいますが、

『小さくてささやかなこと』ならば、

それは、誰でも、今この瞬間から始められるのではないでしょうか。

 

 

それは、「気持ちを落ち着けて、ひと呼吸する」

そんな、小さなことでもよいのです。

 

 

 

 

 

 

 

20191109_04.jpg

 

このマリア様は、まっすぐ真横を見ていらっしゃるのではなく、

しっかりと顔を高くあげていらっしゃるわけでもなく、

ほんの少しだけ、上を向いています。

このほんの少しだけ、上を向くというのが、

このペンダントと呼び寄せ合う、運命の持ち主の方に、

きっとぴったりだと思うのです。

『今、あなたにできることを、ほんの少し』

 

 

 

 

 

 

 

 

20191106_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1輪、あなたの胸の中に、小さな小さな薔薇の花を咲かせてください。

 

 

その小さな薔薇は、いつしか、あなたの心を、あなたの人生を、

かぐわしい薔薇の花園にしてくれるかもしれません。

 

 

その時、あなたは言うでしょう。

 

 

「この花園は、

私が小さな小さな金色のマリア様のペンダントと薔薇のローズクォーツを迎え入れ、

何かひとつ、今できる、小さなことをはじめようと誓った、あの日からはじまったのよ。」

と。。。。。。。。

 

 

 

*このお品には、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

20191109_06.jpg

 

クリスタル番号:LBC-191109
クリスタル名:1日1輪、胸の中に、小さな小さな薔薇の花を咲かせて。。。。。。

小さな小さな金色のマリア様と薔薇のローズクォーツ
サイズ(小さな小さな金色のマリア様のペンダント)

バチカン部分を除く: 約1,3×1,1センチ

※チェーンは付属しません

サイズ(小さな小さな薔薇のローズクォーツ): 約1,4×1,3×0,5センチ

prix:77,777円

 

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 メールアドレスに関してのお知らせ 」

 

 

これまで利用していたメールアドレスは、利用を終了いたしました。

 

 

セッションやクリスタルをお申込みいただいた際の各種ご案内は、

新しいメールアドレスからになります。

 

 

以前のメールアドレス宛てにメールをいただいても、こちらでは確認ができません。

 

 

何かご連絡事項がある場合は、ご連絡用フォームをご利用くださいませ。

 


>>ご連絡フォーム

 

 

 

 

 

 


「 素晴らしすぎる贈り物が私の元に届きました 」

 

          20191024_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リリア&ダーリン スペシャルシークレット遠隔グループセッション
「新しい時代へ 〜愛と喜びの共同創造〜 2019」

 

 

このセッションを開催したのは、今年の5月のことでした。

 

 

エントリーされた全員の方が、
『エネルギーセッション&新しい時代のあなたにふさわしい
美しいブレッシングクリスタルのギフト+ささやかな贈り物付きコース』
で参加してくださった思い出のセッション。

 

 

セッションのギフトは、おなじみのブレッシングクリスタルのギフトの他に
もうひとつギフトが付くという盛りだくさんのセッションでした。

 

 

 

 

 

セッション開催から数ヶ月が経った頃、
全員の方にメッセージをお送りして、こんな内容のことをお知らせしました。

 

 

実は、この「ささやかな贈り物」には、2種類の選択肢があります。

 

 

『選べるギフト』と『選べないギフト』です。

 

 

選べるギフトは、こちらをお贈りします(ギフトが何か決まっている)

 

 

選べないギフトは、私におまかせです。

 

エンジェルフォト、メインのクリスタルとは別のもうひとつの小さなクリスタル
などなど、おひとりおひとり異なります。

 

 

どちらがご希望かを、森の奥のポストまでお知らせください。

 

 

 

 

 


どの方も、指定した期日までに、きちんとお返事をくださり、
私は森の奥で、それに目を通しながら、あれこれと楽しく想いをめぐらせました。

 

 

「この方は、選べるギフトね。」

 

 

「こちらの方は、私におまかせ。
さぁ、何を贈らせていただこうかしら?」

 

 

 

 

 

 

しばらく前にクリスタランに載せた、
ちいさな小箱にのった、愛らしい2つのローズクォーツの薔薇は、
私におまかせのささやかなギフトを選んでくださった魂の家族に
お贈りしたギフトです。

 

 

薔薇の直径は、1センチくらい。

 

 

なんともエンジェリックでラブリーな薔薇の水晶です。

 

 

最初は、ひとつだけの予定だったのですが、
ツインのエンジェルの小箱に置いたら、
「これはもう、薔薇もツインにするしかないわ!」とハートが言い、
ふたつをソウルメイトのように仲良くペアにして差し上げることに。

 

 

 

 

 

そして、「新しい時代のあなたにふさわしい美しいブレッシングクリスタルのギフト」
とあるように、このセッションでは、
とりわけエネルギーが高く、美麗なクリスタルを贈らせていただきたいと思い、
メインのブレッシングクリスタルは
すべて私のスペシャルコレクションの宝物の中から選びました。

 

 

どれも長い間、私とたくさんの愛と喜びをともにしてくれたクリスタル。

 

 

これを本当に贈ってしまってよいの?という想いが、ふとよぎりましたが、
私が最も強く感じたのは、「今こそ、これを贈るにふさわしい時」
という気持ちでした。

 

 

私の魂が、このクリスタルをこの方に贈りたいと感じている、
それが何よりの答え。

 

 

 

 

 

私は、自分のところにやってきたクリスタルたちが大好きです。

 

 

美しいと感じるクリスタルに出会い、それを迎え入れ、
自分のすべてでその存在を愛おしむ時、
私は、こんな喜びを味わうために、この星とこの時代とこの場所を選んで
生まれてきたのだと感じます。

 

 

そして、時が満ちたクリスタルたちが、運命の人に出会い、
幸せに包まれながら私のもとを旅立って行く時、
同じくらい大きな喜びを感じます。

 

 

 

 


ツインの薔薇のローズクォーツを

ささやかな贈り物に贈らせていただいた魂の家族は、

私の遠隔グループセッションに参加するのは初めてという方。

 

 

遠隔グループセッションは初めてだけれど、

以前にリリア・バービー・クリスタルを迎え入れてくださったことがある

天使のような波動のお方です。

 

 

そんな彼女のために選んだ、メインのブレッシングクリスタルは、
夢のような透き通るヴァイオレットに、見事な虹が浮かぶレインボーアメジスト。

 

 

どんな説明も、どんな写真も、

このアメジストの前では必要ない気がします。

 

 

それほどの美しさを持つ、まさに美の化身でした。

 

 

後日、森の奥に舞い込んだ短いお便りには、こんな言葉が。。。。。。。

 

 

 

 


『リリアバービーさま。

 

 

こんばんは。

 

9月の終わりの日に、素晴らしすぎる贈り物が私の元に届きました。

 

心から、ありがとうございます。』

 

 

 

 

 

こちらこそ、あなたという美しい存在に、心からの感謝を。

 

 

あなたは、愛であり、喜びであり、光そのものです。

 

 

あなたがつむぐ、新しい時代の新しい物語に、
このクリスタルたちが、やさしく寄り添ってくれますように。

 

 


森の奥から愛をこめて
リリア

 

 

 

 

 

 

 


「 同じ場所から。。。。。。。 」

 

        20191020_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女神のそばで輝くのは、昨年のカウアイ島の旅に、
森の奥から連れて行ったアメジスト。

 

 

旅から戻ったら、ペンダントに仕立てようと思いつつ、
まだこの姿のまま。。。。。。

 

 

透き通る美しい紫は、地球がつくり出した色。

 

 

あるいは、天が、宇宙がつくり出した色。

 

 

覚えているでしょうか?

 

 

あなたも、同じ場所からやってきたのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 小さな贈り物をあなたに。。。。。。 」

 

        20191010_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいけれど、その中には、

大きな大きな愛が宿っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 イエス様の愛。。。。。。おそろいの聖なるお品 」

 

       20191008_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の春、素敵な魂の家族のもとへ行った、このブレスレット

同じ構図でデザインされた、遠い昔の聖なるお品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190409_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

どちらが先にやってきたのか、今ではもう記憶が定かではありませんが、

出会った時、「あ、同じだわ。。。。。」とすぐに気づきました。

 

 

構図的に、かなり似通っており、私の中では、『おそろいのお品』です。

 

 

でも、それぞれに雰囲気が異なるのが、

この2つのお品の味わい深いところ。。。。。。

 

 

ブレスレットのイエス様と女性は、ふんわりとしたやさしい印象で、

こちらのリボンが結ばれたイエス様と女性は、美しく荘厳。

 

 

 

 

 

 

20191008_02.jpg

 

とても彫りが細かくて美しい。。。。。。

 

 

 

 

 

 

眺めていると、まるで聖堂の中にいるように、心がしんと静かになり、

いらないものがそぎ落とされ、

本来の自分がゆっくりと戻ってくるような気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

リボンをはずしてチェーンを通せば、ペンダントとしても身に着けられる。

 

 

そう思いつつ、リボンが結ばれたこの姿が、なぜがとても好きで、

迎え入れてからずっとこの姿のまま、時々取り出して眺めては、

その美しさにほっと心がゆるみ、癒され、

自分だけの聖なるひとときを過ごしていました。

 

 

いつか同じくらい大切にしてくださる方に、

受け継いでいただけたら・・・・・・

 

 

このお品と響き合うクリスタルと一緒に宝箱に入れたら、

きっとノエルの贈り物にもぴったり。。。。。。

 

 

涼しくなり始めた森の風を感じながら、

揺れるキャンドルの明かりの中で、

そんなことを想うのです。

 

 

 

 

 

 

 


「 守護天使が舞い降りてくるクリスタル 」

 

       20191006_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと、そんな言葉が思い浮かびました。

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Author

Search this site.

Others