「 レムリアの喜びの星の乙女のためのクリスタル もうひとつの金の星ホクレア 七色に輝く虹の銀河 」

 

          20171113_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、これまで『ホクレア』の名を授けてきたクリスタルは、

いくつもない。

 

 

それくらい、その星は、私にとって、特別な星なのだ。

 

 

これこそ、ホクレアの名にふさわしい・・・・・

 

 

そう、心から私が思ったクリスタルに、その名前はつけられてきた。

 

 

このクリスタルの名は、『もうひとつの金の星ホクレア』

 

 

なんと素敵な名前なのだろう。

 

 

そこには、物語が宿っている。

 

 

私が、すでに話した物語と、

まだ話していない、たくさんの物語が。

 

 

 

 

 

 

私が、自分の金の星ホクレアだと思ったほどの

非常によく似た共通点。

 

 

透き通る姿。

 

 

その世界の真ん中で渦巻く虹色の銀河。

 

 

そのクリスタルは、告げている。

 

 

 

 

 

私は、あなたの分身。

 

 

あなたの魂の結晶。

 

 

外側に何かを探し、

たくさんの何かを付け加えて、

何者かになろうとするのではなく、

静かに立ち止まり

私の内側を・・・・つまり自分自身の内側を、

そっとのぞきなさい。

 

 

 

 

 

 

のぞかなければ、わからない。

 

 

見ようとしなければ、気づけない。

 

 

今、この瞬間も、あなたの中に、

どれほど美しい銀河が渦巻き、

虹色の光を放ちながら輝いているか。

 

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_22.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_23.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_18.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

私は、自分の『金の星ホクレア』とともに、そのセッションを行います。

 

 

今まさに、「真の自分自身」に目覚ようとしている、

レムリアの喜びの星の乙女に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171113_09.jpg

 

コレクション番号:LBC-0371

クリスタル名:〜レムリアの喜びの星の乙女のためのクリスタル

もうひとつの金の星ホクレア 七色に輝く虹の銀河〜
サイズ: 約4,3×4,4×4,3センチ
産地:Brazil

* 〜竪琴を奏でる天使〜の『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 


「 もうひとつの金の星ホクレアと銀の星ヒキアナリア 」

 

20171111_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ご縁のある星の乙女と天使のリボンで結ばれた、銀の星ヒキアナリアが、

森の奥を旅立つ数日前に。

 

 

まるで、ソウルメイトのように、仲良く並んで輝く2つの星のクリスタル。

 

 

 

 

 

 

 


「 金色のマリア様と銀色のマリア様 」

 

       20171110_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 金色のマリア様と12の星 」

 

          20171108_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀の星ヒキアナリアが、

ご縁のある星の乙女と天使のリボンで結ばれた日、

私のもとに、小さな銀色のマリア様がやってきました。

 

 

「マリア様」、「星」

 

 

ずっと受け取り続けていた、

2つのキーワードが見事に融合したその贈り物を見た時、

心の中が、やさしい愛で満たされました。

 

 

翌日、そのことを何か目に見える形で残しておきたくて、

私は、小さな銀色のマリア様と銀の星ヒキアナリアが一緒にいるところを

エンジェルフォトにおさめながら、ふとこんなことを思いました。

 

 

金と銀。

 

 

それは、私の永遠のキーワード。

 

 

銀の星ヒキアナリアのもとに、銀色のマリア様がやってきたように、

金の星ホクレアのもとに、金色のマリア様がやってきたら、

なんて素敵なのかしら。。。。。。

 

 

さすがにそれは出来過ぎかもしれないけれど・・・・・

 

 

私は微笑んで、

目の前にいる、小さな銀色のマリア様と銀の星ヒキアナリアを見つめました。

 

 

やがて、銀の星ヒキアナリアは、森の奥を旅立ち、

5日ほどが経った頃のことです。

 

 

いつものように、ただただ幸せに生きていた私の前に、

そのお方は、静かに現れました。

 

 

金色のマリア様。。。。。。

 

 

その時の気持ちを、なんと表現したらよいのでしょう。

 

 

そのお姿は、銀色のマリア様にそっくりで、

台座の上にお立ちになり、手を合わせていらっしゃるというところまで

共通していました。

 

 

そして、銀色のマリア様は、かなり小さいのですが、

金色のマリア様は、ひと回り大きく、

そのことにも私は感銘を受けました。

 

 

というのも、金の星ホクレアは、

銀の星ヒキアナリアよりも大きいため、

エンジェルフォトを撮りながら、

もしも金色のマリア様がやってきたなら、素敵だわ・・・・と思った時、

心のどこかで、銀色のマリア様よりも、もう少し大きいマリア様を

イメージしていたからです。

 

 

なんと宇宙は完璧なのかと思いました。

 

 

金の星ホクレアの名前の通り、喜びでいっぱいになった私は、

さらに金色のマリア様に近づいて、

そのお姿をよく見ようとしました。

 

 

そして、私がどれほど驚いたことか・・・・・・

 

 

マリア様が立っていらっしゃる台座の部分に、

『星』があったのです。

 

 

それも、12個。

 

 

 

 

 

 

20171108_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ああ、私たちは、いつも、

自分たちが想像もできないような、

大きな大きな愛の中にいるのですね。。。。。。。

 

 

 

 

 

 


「 もうひとつの金の星ホクレア 」

 

 

 

 

やわらかな布をゆっくりと左右に開き、
そのクリスタルを静かに取り出して眺めた時、
自分の記憶と何かが違うと思いました。

 

 

 

 

こんなに透明だったかしら?

 

 

そして、こんなにやさしい虹だったかしら?

 

 

 

 

 

その日、私は、愛する人とともに、旅に出かけることになっていました。

 

 

もう間もなく森に到着するという知らせを受けて、
私は、隣にあるクリスタルの間へと続くドアを開けました。

 

 

銀の星ヒキアナリアは、
ここのところずっと私のそばにいたので、
すぐに旅に連れて行くための準備ができましたが、
金の星ホクレアは、私が自分のためのクリスタルを入れてある大きな箱の中に
大切にしまわれているはずでした。

 

 

 

 

 

箱の蓋を持ち上げ、布にくるまれたクリスタルをひとつずつ取り出しては、
中のクリスタルを確かめていきます。

 

 

この箱には、自分にとって、とっておきのクリスタルばかりが入っているので、
クリスタルの名前を書いて分類しておく、といったようなことは、

していませんでした。

 

 

何もかもすぐに見つけられたら便利だけれど、
私にとって大切なことは、もっと他にあるわ。

 

 

すぐに見つからないのも、それはそれで楽しい。

 

 

だって、ここには、自分の大好きなものしかないのだもの。

 

 

いつでも自分の部屋で宝探しをできるなんて素敵じゃない?

 

 

それが私の持論でした。

 

 

 

 

 

いくつかの宝物のクリスタルとご対面した後、
私は、金の星ホクレアを見つけました。

 

 

次に、何とも言えない、不思議な思いにとらわれました。

 

 

金の星ホクレアは、その名の通り、
ほんのりとゴールド味を帯びた色合いをしていて、
その真ん中には、私を一瞬で虜にした、それはそれは見事な虹が浮かんでいる
素晴らしいクリスタルです。

 

 

でも、今、私の手の中にあるクリスタルは、
水晶自体には色がなく、とても透明なのでした。

 

 

 

 


私は、窓から入る朝の光にクリスタルをかざして、じっと見つめました。

 

 

金の星ホクレアは、銀の星ヒキアナリアとそっくり同じ形をしていました。

 

 

たくさんの三角形の集まりで出来上がっているその姿は、
ある角度から見ると、ヘキサグラム・・・六芒星の形が浮かび上がり、
またある角度から見ると、ペンタグラム・・・五芒星の姿が浮かび上がりました。

 

 

調和と美の象徴であるヘキサグラムと、
変化・変容と偉大なパワーを象徴するペンタグラムが見事に融合した形。

 

 

それが、この金と銀の星のクリスタルでした。

 

 

 

 


こんなに透明だったかしら?

 

 

そして、こんなにやさしい虹だったかしら?

 

 

 

 

私は首をかしげながら考えをめぐらせました。

 

 

形は、確かにこの形だし、
中央に大きな虹が入っている。

 

 

私の覚えているホクレアよりも、
ずいぶんやさしいような印象を受けるけれど、
クリスタルの色や虹が変化するというのは、
けっしてめずらしいことではないわ。

 

 

何よりも、この箱に入っているということは、
金の星ホクレアに間違いないはず。

 

 

私は、そう心の中で思うと、
光にかざしていた金の星ホクレアを布に包みました。

 

 

それから、今回の旅には、
あのレムリアンシード・クリスタルを連れて行きましょう。

 

 

私が最後に拾い上げ、胸に抱きかかえたのは、
2つの美しい虹を宿した『レムリアの満月』でした。

 

 

 

 


*      *      *

 

 

 

 

 

 

 

数日後、素晴らしい旅を終えて、森に戻った私は、
金の星ホクレア、銀の星ヒキアナリア、
そして、レムリアの満月に見守られながら深い眠りにつき、
やがて新しい朝の光の中で目覚めました。

 

 

その時、クリスタルが、自分を呼んでいるのを感じました。

 

 

私を呼ぶクリスタルの声、
声というよりも、波動・・・・は、
隣のクリスタルの間から聞こえてきました。

 

 

私は、あの大きな箱のところに行くと、
再び蓋を開けました。

 

 

たくさんの布に包まれたクリスタルたちの中から、
自然に手が動いて、ひとつの包みの上でとまり、
気づくと私は、幾重にも重なったその布を、

ゆっくりと解いていました。

 

 

やがて、すべての布が取り去られ、

中から美しい結晶が現れた時、
私の目は、そのクリスタルに釘づけになりました。

 

 

「この色、この虹・・・・・

これが本物のホクレアだわ!」

 

 

出会った時と同じ、
輝くばかりの透き通るような金色の姿と、渦巻く大きな銀河のような虹を持つ、
美しい星のクリスタルが、そこにいました。

 

 

なんてこと。

 

 

このクリスタルが、私の金の星ホクレアだわ。

 

 

 

 

 

あの時、何かが違うと感じた直感が、けっして誤りではなかったことを知り、
やはり・・・・と思うのと同時に、
それでは、あのもうひとつの金の星ホクレアは、
一体いつの間に、あの箱の中に入ったのかと不思議でなりませんでした。

 

 

そして、そのクリスタルと、

どこでどうやって出会い、どんな気持ちで迎え入れたのか、
それをなんとか思い出そうとしましたが、
それすら、記憶の海の底に沈んでいました。

 

 

私にとって、それはとてもめずらしいことでした。

 

 

愛する人は、私の記憶力の良さにいつも感心していましたし、
私自身も、自分の好きなもの、特にクリスタルに関しては、
まるで幼い頃繰り返し読んだ、お気に入りの物語のように、
さまざまなエピソードを、何から何まではっきりと覚えていることが大半でした。

 

 

このクリスタルと出会った時、

よほど波動が上がっていて、記憶がとんでしまっているか、
あるいは、私以外の誰かが、この箱に入れたのか。。。。。。

 

 

私以外の誰かというのは、
宇宙や天使、星の精霊など、いわゆる見えない存在のことでした。

 

 

それが突拍子もない考えだということは十分わかっていましたが、
そんな思いが湧き上がってきてしまうくらい、
自分では、その星のクリスタルを箱に入れた記憶が、まったくなかったのです。

 

 

 

 


私は、自分の金の星ホクレアを見て、喜びにひたりました。

 

 

そして、その金の星ホクレアとともに、部屋に戻ってくると、
『もうひとつの金の星ホクレア』と並べて置いてみました。

 

 

なるほど、似ているのです。

 

 

形はうりふたつ。

 

 

中央部分に見事が虹が入っていることも共通しています。

 

 

大きさは、私のクリスタルの方がわずかに大きく、
『もうひとつの金の星ホクレア』は、とても透明ですが、
そのエネルギーを金か銀かと問われれば、
明らかに金のエネルギーを放っていました。

 

 

私と愛する人のレムリアの旅に同行したクリスタル。

 

 

私が、自分の金の星ホクレアを森に残し、
『もうひとつの金の星ホクレア』を旅に連れて行ったのには、
必ず何か意味がある。

 

 

それも、とても深い意味が。

 

 

あの日の夜、
『もうひとつの金の星ホクレア』と銀の星ヒキアナリアを両手に持ち、
レムリアの満月を胸の上にのせて、愛する人とともに祈りを捧げた。

 

 

銀の星ヒキアナリアの真の持ち主に向かって・・・・・

 

 

 

 

 

私は思いました。

 

 

私たちと旅をし、あの旅のレムリアのエネルギーが宿った
『もうひとつの金の星ホクレア』

 

 

ああ、きっと、このクリスタルにも真の持ち主がいるのだ、と。

 

 

私には、「私の金の星ホクレア」がある。

 

 

この星のクリスタルは、これから先も、ずっと私と一緒に物語を紡ぎ続ける。

 

 

だから、このクリスタルは、誰にもおゆずりすることはできない。

 

 

旅の出発の日の朝、
私が自分の金の星ホクレアではなく、
『もうひとつの金の星ホクレア』を見つけて、旅に連れて行ったのは、
きっと偶然ではなく、必然なのだわ。

 

 

そして、『もうひとつの金の星ホクレア』を呼び寄せたのは、
間違いなく、銀の星ヒキアナリア。。。。。

 

 

私は、銀の星ヒキアナリアの隣に、
『もうひとつの金の星ホクレア』をそっと置き、
幸せそうに寄り添う2つの星を眺めました。

 

 

やがて、『もうひとつの金の星ホクレア』を持って、窓辺に歩いていくと、
降りそそぐ森の光に、そのクリスタルをかざしました。

 

 

次の瞬間、信じられないようなものが、
私の目の中に飛び込んできました。

 

 

 

 

これは・・・・・

 

 

一体何が起こったというの。。。。。。

 

 

 

 

そのクリスタルの中で、息をのむような虹が、
七色の輝きをあたりに振りまきながら、燦然と輝いていました。

 

 

 

これまで見えていた虹と、まったく違う。。。。。

 

 

 

 

 


ああ、目覚めたのだわ。

 

 

『もうひとつの金の星ホクレア』が。

 

 

この美しい星の中で眠っていた、レムリアの虹の乙女が。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20171107_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの虹の乙女へ。。。。。小さな虹がきらめく 12のエッセンスを持つ、レムリアンシードクリスタル 」

 

        20171106_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、長らく私のプライベートクリスタルだった
12のエッセンスを持つ、ダブルターミネイテッド型に磨かれたクリスタル。

 

 

「エネルギーをフォーカスすることによって生まれるパワー」
というものを、私はこのクリスタルから感じてきました。

 

 

出会った瞬間、なぜかこのクリスタルに惹かれ、
両端にある小さなチッピングなど気にもならず、
ころころと手のひらの上でまわしては眺め、
その端に浮かぶ、小さいけれど美しい虹を見つけて

心の中が喜びでいっぱいになった時、
このクリスタルが、レムリアンシードクリスタルであることを告げられました。

 

 

今から、もうずっと昔のことです。

 

 

 

 


「12」という数字は、私の前に時々現れては、
サインをくれる不思議なナンバー。

 

 

そういえば、時計の数字が表すのは「12時間」で、

1年は「12ヶ月」ですね。

 

 

星をこよなく愛する私が、真っ先に思い浮かべるのは、

『12星座』です。

 

 

つい先日、

ひさしぶりにこのクリスタルを箱から取り出して愛でていたのですが、
私は、もうこのクリスタルと十分素敵な時間を過ごしたので、
そろそろ、ご縁のあるレムリアの魂の家族におゆずりしてもよいかなと
思いました。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_02.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_03.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で・・・・・・

ああ、このクリスタルは、光がとても似合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_05.jpg

 

わずかにチッピングがあるのですが、私はさほど気になりません。

このチッピングも含めて、このクリスタルの個性だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_11.jpg

 

清らかさとやさしさの両方を感じさせる、素晴らしい透明度を持つ結晶。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_07.jpg

 

見てください。

向こう側にある金色の装飾が、

そのまま透けて見えるほど透明なボディなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_14.jpg

 

光を集めて。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

この12のエッセンスを持つ、レムリアンシードクリスタルには、

小さいけれど、とてもレムリアらしい美しい虹が浮かびます。

 

 

これが、エンジェルフォトには写りにくい虹で・・・・・・

 

 

こんなに愛らしくて素敵な虹なのに、

どうして写らないのかしら。。。。。

 

 

と思いつつ、たくさんのエンジェルフォトを撮りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_12.jpg

 

こちら側の先端にその虹が浮かびます。

見えそうで見えませんね。。。。。。

ちなみに、クリスタルに添えられているのは、

私の左手の人差し指と中指です。

クリスタルが倒れないように、そーっと支えているのですが、

このエンジェルフォトには、その「そーっと支えている感覚」が、

そっくりそのままエネルギーとして写っていて、

「私って、本当にクリスタルのことが大好きで、大事なのだわ」と

自分のことながら、なんとも微笑ましくなり、ひとりで笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

そして、私の思いが通じたのかもしれません。

 

 

 

この時おさめた写真の中に、

ほんの少しだけ、虹が写ってくれているものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

20171106_09.jpg

 

下の白く反射している部分にも虹が浮かびます。

その右横の透明な層も、虹が浮かぶ層です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_10.jpg

 

心があたたかくなるようなレムリア色の虹たち。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような形状をしたレムリアンシード・クリスタルは、

こちらが最後となります。

 

 

レムリアと同じように水の底に沈んでしまった

幻のオリジナル鉱山から採掘された

稀少なレムリアンシード・クリスタル。

 

 

このクリスタルは、ご縁のあるレムリアの虹の乙女に、

どんな『12のエッセンス』を思い出させてくれるのでしょうか。

 

 

 

 

 

大切に大切に受け継いでくださる方に。。。。。。

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171106_13.jpg

 

コレクション番号:LBC-0342

クリスタル名:〜レムリアの虹の乙女へ。。。。。

小さな虹がきらめく 12のエッセンスを持つ、

レムリアンシードクリスタル〜
サイズ: 約5,5×2,2×2,1センチ
産地:Brazil

prix:77,777円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 ノエルのクリスタル 」

 

20171105_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルを見ると、いつもノエルを思い出します。

 

 

リリア・バービー・クリスタルたちは、

春が似合う子、夏が似合う子、秋が似合う子、などいろいろいますが、

このクリスタルは、間違いなく『冬』。

 

 

眺めていると、どこからともなく、シャンシャンシャン・・・・・と

ノエルの鈴の音が響いてくるよう。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 〜愛の調べ〜 マリア様と天使たち より クリスタルの宝箱 」

 

       20171103_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

私の喜びは、自分の中で生まれた美しいエネルギーを

この世界で目に見える形にすることです。

 

 

1年前の夏の日、インスピレーションで受け取った、

『〜愛の調べ〜 マリア様と天使たち』というフレーズ。

 

 

ご縁ある魂の家族たちとつながる、

かけがえのないひとときから誕生したのは、

心の中に染み透っていくような静謐な宝箱でした。

 

 

愛しい幼子を、そっと抱きかかえるマリア様のまわりには、

楽器を奏でる6人の天使たちが・・・・・・

 

 

その中に、手書きのフランス語で入れた、

〜愛の調べ〜 マリア様と天使たち、という言葉。

 

 

本当に、その通りの光景だと、

小鳥たちの声が響く森の奥で、時の経つのも忘れて、

この宝箱を見つめてしまいました。

 

 

創造物を生み出す時、

自分で作っているのに、

自分ではない何かが一緒に作ってくださっている・・・・・

そんな感覚を、私はいつも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの星の乙女のためのクリスタル 喜びの星 ホクレア 」

 

20171026_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が心から愛する星、

私にとって、いつまでも特別な星。

 

 

その星につけられたハワイ語の名前は、

私の魂のキーワードそのもの。。。。。。

 

 

ホク・・・・・ハワイ語で「星」を意味する。

レア・・・・・ハワイ語で「喜び」を意味する。

 

 

夜空で、やさしいレムリアの夕焼け色に輝く、

その美しい星の名は、『喜びの星』

 

 

またの名を、アークトゥルス。

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

「リリア・バービーによるクリスタルの星図」に登場した、

3つの星のクリスタルから、喜びの星ホクレア。

 

 

 

 

 

 

20171026_02.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171026_04.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171026_09.jpg

 

幸運の星 ルピカと一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171026_05.jpg

 

3つの星のクリスタルの中でも、とりわけマジカルなエネルギーを感じるのが、

このホクレアです。

 

 

 

 

 

 

 

このホクレアの星の水晶に浮かぶ虹は、

このクリスタルの持ち主である星の乙女が、今世で体験する『喜び』を、

あますところなく表現しているよう。。。。。。

 

 

横にするとエンジェルフォトに虹が写りやすいので、

横向きに置いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171026_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、もう「素晴らしい」以外の言葉が浮かんできません。

 

 

ため息が出るような見事な虹。。。。。。。。

 

 

 

 

 

これまでご紹介してきた、3つの星のクリスタル、

ヒキアナリア、ルピカ、そして、このホクレアは、

エンジェルフォトにも美しく写っていますが、

実物は、それ以上です。

 

 

最初にご紹介した、

「ヒキアナリアの星のクリスタル」を迎え入れてくださった

星の乙女から届いたメッセージ、

 

 

『このクリスタルが透明で、あまりに美しいので、
はじめは自分の手で触るのがためらわれて、
包んであった紙ごしで光に当てて眺めていました。』

 

 

という言葉が、それを何よりもよく表していると思います。

 

 

 

 

 

 

触れるのがためらわれてしまうほどの美しさを持った星のクリスタル。

 

 

でも、この星のクリスタルたちは、

どれも、真の持ち主である星の乙女に触れてもらうためにやってきました。

 

 

このホクレアの星のクリスタルが、微笑みながらこう言っています。

 

 

「どうぞ私に触れてください。

そのために、私はやってきました。

それこそが、私の『喜び』だからです。」

 

 

 

 

 

 

 

20171024_02.jpg

 

 

 

 

 

 

『レムリア、星、喜び、水晶』

私の魂のキーワードと同じ、

これらのキーワードに惹かれる美しき星の乙女に。。。。。

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

20171026_03.jpg

 

コレクション番号:LBC-0341
クリスタル名:〜レムリアの星の乙女のためのクリスタル 喜びの星 ホクレア〜
サイズ: 約2,8×2,5×1,7センチ

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします。

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 


「 星の乙女のためのクリスタル 天から降りそそぐ虹色の幸せ 幸運の星ルピカ 」

 

        20171020_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「リリア・バービーによるクリスタルの星図」に登場した、

3つの星のクリスタルから 幸運の星ルピカ

 

 

3つの星のクリスタルの中で、一番大きいクリスタルが、このルピカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170422_04.jpg

 

左より、喜びの星ホクレア。

幸運の星ルピカ。

右端が、すでにご縁のある星の乙女と天使のリボンで結ばれた、ヒキアナリア。

 

 

 

 

 

 

リリア・バービー・クリスタルたちは、

透明で、輝きが強く、虹のきれいなものが多いのですが、

この星のクリスタルのそれは、他のクリスタルたちと何かが違います。

 

 

まるでレムリアの星の世界からやってきたかのような

格別の美しさを放っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171027_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171027_03.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171027_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20171027_08.jpg

 

喜びの星、ホクレアと一緒に。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171020_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルを手に持つと、

私はいつも無敵になったような気持ちになります。

 

 

実際に私たちは、無敵なのですが、

真の意味で、その無敵さを感じることは、

日常生活では、ほとんどないでしょう。

 

 

 

 

 

よく物語の中で、主人公が長い冒険の旅の中で、秘宝のようなものを見つけて、

その主人公の眠れるパワーが、一気に目覚めるようなシーンがあると思います。

 

 

秘宝が、その主人公に、それまでなかった力を与えたわけではなく、

もともと、その主人公の中にあったものが、それに共鳴するものと出会うことで、

意識され(自覚・認識され)、目覚め、発動するのではないかと私は思っています。

 

 

本当に素晴らしいものに出会う時、

私たちは、普段自分のベースとなっている、自己の意識の領域を超えます。

 

 

真の自分と響き合う素晴らしいものに出会った時、

私たちの意識は、どこまでも透明になり、

ただただ、喜びと感動と幸せが、自分を満たします。

 

 

この透き通るような透明な水晶の中に、

それはそれは美しい虹がゆらめくように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20171027_11.jpg

 

 

 

 

 

 

幸運の星 木星ルピカ。

 

 

その星は、成長と拡大をも象徴しています。

 

 

成長と拡大は、あなたの魂の本質でもあります。

 

 

今日も宇宙が、あなたに素晴らしい喜びに満ちた、

「新しい幸せ」を届けたがっています。

 

 

あなたは、その幸せを受け取るにふさわしい人。

 

 

どうぞ、両手を広げて、それを受け取ってください。

 

 

 

 

 

 

 

20171027_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔隔人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20171020_02.jpg

 

コレクション番号:LBC-0340

クリスタル名:〜星の乙女のためのクリスタル

天から降りそそぐ虹色の幸せ 幸運の星ルピカ 〜
サイズ:約3,9×2,8×2,4センチ


*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします。

 

〜*ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました*〜

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others