「 天の羊の物語 フランス羊飼いの服 」

 

         20190515_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


その服は、とてもとても古い時代の服。

 

 

1800年代のフランスで、羊飼いたちが着ていた服。

 

 

深みのあるインディゴリネン。

 


美しい働く人の服です。

 

 

私は、この服を、愛をこめて「働き者の服」と呼んでいます。

 

 

昔のフランスの羊飼いたちは、
洋服の一番上に、この服を着て仕事をしていました。

 

 

 

 

 


情報があっと言う間に広まる時代になってから、
この羊飼いの服は、古いものを愛する人々の間で、ますます注目を集めるようになり、
欲しい人は増える一方なのに、品物自体は少なくなるばかり
ということになり、その価格はひたすら上がり続けています。

 

 

現代の生地で作られたレプリカが出るほどですが、
やはり、本物の存在感と美しさは別格です。

 

 

1900年代のものでも、驚くほど高価なものもあり、
それでも買い手がつくと知った時はびっくりしました。

 

 

 

 

 

この服は、1900年代に入ってからのものより、さらに古く、
1800年代につくられたものです。

 

 

私の心に特に響くのは、すべて手縫いだということ。

 

 

たいてい、ミシン縫いか、
あるいは、ミシンと手縫いが混ざっているものがほとんどで
すべて手縫いのものに出会ったのは、これが初めてです。

 

 

その手仕事から伝わってくるものは、なんと表現したらよいのか、
愛に満ちていて、尊くて、もう涙が出るほど。。。。。

 

 

 

 

 

 

今のような物があふれる時代とは真逆の時代。

 

 

人々、とりわけ農家の人々は、
今あるものを日々の暮らしの中で大切に使っていました。

 

 

この服には、いくつもの「お直しのあと」があります。

 

 

140年、あるいは150年近く昔のフランスで、
生きるために暮らしをたて、働き、
布一枚、糸一本を大切にし、
仕事が終わったあと、そのほころびを丁寧に直して、
着続けられたこの古い服を眺めていると、
今の時代の私たちが忘れかけてしまっている何か大切なものが、
胸の奥に染み入るように伝わってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_01.jpg

 

とても深く美しい色合いのインディゴリネン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回初めてインディゴの写真を撮りましたが、

その色合いを出すのがとても難しい・・・・・

 

 

屋外だと実物よりかなり明るいブルーに写ってしまうので、

シルエットや作りの方に着目されてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_19.jpg

 

たっぷりの布地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_17.jpg

 

ある種の芸術的な美しささえ感じる、首の後ろの細かなギャザー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_18.jpg

 

擦れやすい首のところは強度を持たせるために、4本の手縫いの線が入っています。
貴重な衣服を少しでも長持ちさせるための昔の人の知恵。
 

 

 

 

 

 

 

20190515_16.jpg

 

脇の下の方にスリットが入っているのがわかりますか?
ここから手を入れて、

下に着ている服のポケットに手が届くようになっているのです。
 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_21.jpg

 

金具付きのものは、とてもめずらしいタイプ。
フックがついていて、輪の部分にひっかけて胸元を閉じます。
 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_22.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_26.jpg

 

ボタンは貝ボタンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_11.jpg

 

この服によく溶け込む、落ち着いた色合いの貝ボタン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_27.jpg

 

この両脇にある部分は、ポケットになっていて
縦に並んだ3つのボタンのうち、真ん中のボタンが開いて、
中にものを入れることができます。
 

 

 

 

 

 

 

 

あまり使われていない、きれいなものと同じくらい、
あるいは、それ以上に人気が高いのが、「お直しのあと」がある服です。

 

 

私は、断然、お直しのあとがある方が好き。

 

 

150年近く昔の人が、どんな風に服を繕っていたのか、
それを実際に目で見て、手で触り、知ることができます。
 

 

 

 

 

 

 

20190515_25.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_07.jpg

 

じっくり見ないとすぐには見つけられないほど、
まるで生地の一部のように自然になじむように直された箇所がいくつもあります。
 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_03.jpg

 

傷みやすい袖の裏にもそれぞれにお直しの痕跡が。

ちなみに、この写真にちょっと写っているように、

袖の部分にも美しいギャザーが寄せられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_06.jpg

 

わかりやすいように少し明るく写しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_10.jpg

 

お直しのあとの他にも、

ボタンホールは、どうなっているのかしら?と、じーっと見てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_05.jpg

 

これは金具の付いている部分を裏側から見たところ。

布の角が擦れやすいので、内側に折り込んで縫われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_12.jpg

 

これは肩の部分なのですが、急カーブのところだけは、縫い方が違うのがわかります。

1着でいろいろなことを教えてくれる、まるで生ける教科書のよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_09.jpg

 

中には、『すみれ色』の糸を使ってお直しされた箇所も。。。。。。

個人的にたまらなく好きな部分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190515_01.jpg

 

もしも、自分が本当に惹かれ、響き合う「運命の服」を身にまとったなら、
それは、単に体を包むだけでなく、
その人の心や魂まで、やさしく包んでしまうのではないでしょうか。
 

 

 

 

 

 

その昔、羊飼いの人々は、星や天体によく精通していたそうです。

 

 

遠い昔の羊飼いは、柵に囲って羊たちを飼育するのではなく、
羊たちと一緒に移動していました。

 

 

いわゆる遊牧民です。

 

 

羊たちを連れて大自然の中を移動する際、
夜空に輝く星と天体は、自分たちの位置を正確に知り、
目的地へと導く重要な役割を持っていました。

 

 

夜は、羊たちの番をしながら空を眺め、
輝く星々のことを『天の羊』と呼んで、
その数を数えて遊んでいたとか。。。。。

 

 

「星座」というものを最初につくったのは、
羊飼いであるという説もあるくらいです。

 

 

 

 

 

この服には、たくさんの物語とたくさんの愛が宿っています。

 

 

とても大切にしている宝物の服でしたが、
ある時から、この服に宿ったすべてを、
自分と同じくらい大切にしてくださる方に
受け継いでいただけたら・・・と思うようになりました。

 

 

大切にしすぎて、着るよりもしまい込んでしまっているわ。

 

 

ただ眺めたり、触れるだけでも素敵だけれど、
この服は、「働く人の服」

 

 

その素晴らしさを感じられる人に、日々の暮らしの中で着ていただいたら、
服もその方も幸せに違いない。

 

 

 

 

 

実は、この服を見たり、この服に触れたりするたびに、
思い出す方がいました。

 

 

私は思いました。

 

 

もしも、その方がこの服を引き継ぎ、
人生の物語をたくさん重ねて、それでもなお、この服を着てくださったら、
どんなに素敵だろう。

 

 

かわいいおばあちゃんになったその方が、
記憶をたどりながら、大切な誰かに、そっと語る。

 

 

「この服はね、新しい令和という時代が始まった時に、
私の古いお友だちから受け継いだのよ。」

 

 

なんて。。。。。。

 

 

 

 

*      *      *

 

 

 


しばらく前、私は、愛する人と旅先で、たくさんの羊たちに囲まれていた。

 

 

旅の最終日、今日は森に戻るという日、
おいしいランチを食べ終えて、緑の草原を歩いていると
レストランのオーナーが、
「そこの小屋に羊がいるんですよ。呼ぶと出てきますよ。」
と教えてくれた。

 

 

旅の初日に羊に囲まれた私たちは、
まったく別の場所で、また羊に囲まれた。

 

 

私は羊が大好きだ。

 

 

幼い頃、私は母に羊が飼いたいと懇願した。

 

 

母はやさしく、

「羊は毛を刈ってやらないと、

どんどん伸びて大変なことになっちゃうの。

羊のことをよく知って、ちゃんとお世話できるようになったらね。」

と私を諭した。

 

 

ただ単に好きだから欲しいという気持ちだけでなく、

愛するものを、その存在が幸せであるようにしてあげたいと

心のどこかで感じていた私は、こっくりと頷いた。

 

 

きっと私の中には、『羊飼いのリリア』がいるのだと思う。

 

 

 

 

 

旅から戻り、偶然手にした本の中で、
エジプトには、羊の頭をしたスフィンクスがいるのだと知った。

 

 

翌日、時々のぞくお店に、
フランスからやってきたばかりだという、古い羊の置物があるのを見つけた。

 

 

 

 

 

次の日、「羊のお導き」を感じた私は、
思い切って、その魂の家族に、こんな服があるのですが・・・と
お便りを送ってみた。

 

 

翌日、こちらが感動するほどの言葉とともに、
その服を迎え入れたいという返信が森の奥に届いた。

 

 

 

 

 

夜空で輝く『天の羊』たちも、私と愛する魂の家族を、
微笑みながら見守ってくれているに違いない。

 

 

今、美しい満月が、森に昇っている。

 

 

私は、これから外に出て、
その魂の家族の名前を呼んで、虹の架け橋をかける。

 

 

彼女は、新しい時代のセッションに参加してくださるのだ。

 

 

新しい時代になって、最初の満月の光が、
私のまとった羊飼いの服に降り注ぐ。

 

 

新しい時代がやってきたのに、
私は、「新しい」とは対極ともいえる、ずっとずっと古い時代のものから、

不思議な力を受け取り、

その布と一緒に織られ、その布と一緒に紡がれた、命のきらめきに感じ入っている。

 

 

次に満月の光が降り注ぐ時、
この服は、彼女の体をやさしく包んでいるであろう。

 

 

遠い昔、羊飼いが見上げた美しい夜空のようなインディゴ色の布に、
たくさんの物語と、たくさんの愛を宿して。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 


「 Life is so fun! 虹が輝くアメジスト色の波に乗る、すみれ色のツインドルフィン 」

 

20190511_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月になると、リリアの森に、一足早く夏の女神が訪れたような日がやってきます。

 

 

その日がやってきたらご紹介しようと楽しみにしていたクリスタルがありました。

 

 

まさに、今日は、『その日にふさわしい日』

 

 

さぁ、今日のクリスタルの物語をはじめましょう。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

そのアメジストは、もしも私が誰かに、

「リリアさんが、心から美しいと感じる色合いのアメジストは、

どんなアメジストですか?」

と聞かれたら、真っ先に思い出すようなアメジスト。

 

 

一見、とても深いヴァイオレットの色合いは、

光に透かすと透明感があり、

うっとりするほど美しいグラデーションを持っています。

 

 

それは、女神や王女を思わせるような高貴で気品に満ちたヴァイオレット。

 

 

そのアメジストに出会った時、私は、その色合いにひと目ぼれしました。

 

 

カットや磨き方によっては、

もっと『見栄えがする』アメジストになったであろうに、

そのアメジストは、特にこの形といった型にはまらない、

自由な姿に磨かれていました。

 

 

すべらかなボディは、やわらかなカーブを描き、

いわゆるきっちりと完成形に磨かれた「おりこうさん」や「お行儀のよい子」

とはちょっと違う感じ。

 

 

もっと自由で大らかで、

それでいて、どんな形に磨かれていても、その高貴なヴァイオレット色が放つ美しさは、

あたりにあふれてしまう・・・・

 

 

なんて素敵な子かしらと思いました。

 

 

私は長い間、その子を、大きなすみれの花びらみたい、と思っていました。

 

 

すみれの花を構成する花びらをじっと眺めていると、

こんな形に見えるのです。

 

 

今年の2月、すみれの花が咲き始めると、

私はそのアメジストを取り出しては森の奥で眺めていました。

 

 

その時、やわらかな曲線を描くそのアメジストを見ていて、

なんだか『波』のようだわと思いました。

 

 

そして、何気なく、

引き出しの中にあった、小さな小さなアメジストのイルカをその上に置いてみると、

ぴったりとそこに乗ったのです。

 

 

その光景を見た時、なんと完璧な組み合わせだろうと思いました。

 

 

それと同時に、

『虹が輝くアメジスト色の波に乗る、すみれ色のドルフィン 』

という名前が降りてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_02.jpg

 

深く高貴なヴァイオレット色の結晶。

「暗い色合い」や「沈んだ色合い」のアメジストは時々見かけますが、

深みのある紫で、なおかつ一種の明るさと言いますか、

華やかさを持ったアメジストはとてもめずらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_09.jpg

 

光に透けると透明感が際立ちます。

このアメジストを光に透かして、何度うっとりと眺めたことでしょう。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_03.jpg

 

すみれ色の小さな小さなドルフィンちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

どれくらい小さいのかというと・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_04.jpg

 

こんなに小さいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_01.jpg

 

そうそう、この『アメジストの波』には、美しい虹が入っているのですよ。

『虹が輝くアメジストの波』です。

受け取った方は、どうぞ探してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

『虹が輝くアメジスト色の波に乗る、すみれ色のドルフィン』

という名前が降りてくるのと、ほぼ時を同じくして、

私は、『波』にまつわる、とても重要なメッセージを天から受け取ります。

 

 

それから数日後、「波のエネルギー」に包まれながら、

森の奥で、次にご紹介するクリスタルを探している時、

水晶の群れの中で、隠れるようにして佇んでいる

もう1頭の小さなアメジストのドルフィンを見つけたのです。

 

 

その子をそっと拾い上げ、何気なく、

『虹が輝くアメジスト色の波に乗る、すみれ色のドルフィン』のそばに置くと、

2頭はまるでソウルメイトのように仲良く寄り添い、

くるくると泳いでは、一緒に『波乗り』を楽しむのでした。

 

 

 

 

 

 

 

20190511_12.jpg

 

もう1頭のアメジストドルフィンは、透明感が抜群。

ふんわりとやさしげな最初の子は女の子で、こちらは男の子でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_10.jpg

 

チュッ!大好きだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_16.jpg

 

君に出会えて、ボクは本当に幸せだなぁ。

私もあなたに出会えて、とっても幸せよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたりからのメッセージは、『Life is so fun!』

 

 

 

虹が輝くアメジスト色の波に乗って、

愛する人と一緒に、イルカのように自由に人生を楽しみたいあなたへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190511_11.jpg

 

コレクション番号:LBC-0504
クリスタル名:Life is so fun!

虹が輝くアメジスト色の波に乗る、すみれ色のツインドルフィン
サイズ: 約4,6×3,0×1,9センチ

サイズ(小さなアメジストのドルフィン): 約2,7×1,2×1,2センチ

prix:44,444円

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

    


「 レムリアの虹の三日月の乙女のためのクリスタル 〜七色に輝くクレッセントムーン〜 」

 

         20190508_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

こういったクリスタルは、できる限り目立たないように、
そっと置いておきたい。

 

 

「さぁ、どうぞ見てください」ではなく、
誰もがその前を通り過ぎる中、
その結晶と真に響き合う、
レムリアの月の乙女だけが気づけるように。

 

 

たくさんの言葉も、たくさんの写真もいらない。

 

 

直接お見せするのであれば、『ひと目で』

 

 

クリスタランと名付けた密やかな場所であれば、『1枚の写真で』

 

 

きっと乙女は、それが自分のためのクリスタルであることを悟るであろうから。

 

 

 

 

 


三日月を眺められる時間帯は、驚くほど短い。

 

 

新月から3日ほどが経った夕暮れ時、西の空の低い位置で、
暗くなり始めた空の底から浮かび上がるようにして、静かに輝き出す。

 

 

三日月自体は、朝から昇っているが、
昼間の明るい空では、私たちは、ほとんど気づかない。

 

 

それは、ほんの数時間の特別な時間だ。

 

 

夕暮れ時に見え始めた三日月は、わずかの間、空で輝き、
あっという間に水平線の向こうに姿を消す。

 

 

だからだろうか、三日月を見つけると、
私は小さな虹を見つけたような幸せな気持ちになる。

 

 

その日が三日月の日で、
三日月が見える時間帯であり、
なおかつ、晴れていて、
その瞬間、私が月が見える場所で空を見上げており、
その存在に気づく、という
いくつかの要素が完璧に重なった時、
私は、その女神に出会える。

 

 

 


最も明るく、そして美しく輝く月と言えば、多くの人が満月を思うだろう。

 

 

それなのに、月の女神アルテミスの頭上には、
「満月の冠」ではなく、「三日月の冠」が燦然ときらめく。

 

 

女神も宇宙も、この月が放つ不思議な力を知っているのだ。

 

 

そして、このクリスタルを受け継ぐことになる、
美しきレムリアの三日月の乙女も。

 

 

 

 


生まれたばかりの細い月。

 

 

初々しくも、これから満ちゆくエネルギーにあふれた、希望の相。

 

 

どこまでも清冽な、聖なる乙女。

 

 

レムリアの時代、
私は、三日月の儀式が行われる夜を心待ちにしていたような気がする。

 

 

私の隣で、おそろいの三日月の冠をつけて、
一緒にその月を愛でてくれたのは誰だろう?

 

 

その人は、今も、三日月を愛し、三日月を眺め、
どこかであの美しい物語の続きを、そっと紡いでいるのだろうか。。。。。

 

 

 

 


*      *     *

 

 

 

 


このクリスタルは、
私がレムリアンシード・クリスタルに出会ってすぐの頃、
かなり初期に迎え入れたものになります。

 

 

海に沈んだレムリアと同じように、
採掘中に水脈を掘り当て、湖の底に沈んだ、
オリジナル鉱山のレムリアンシード・クリスタルで、
きわめて透明度が高く、ここまで混じり気のない結晶というのは、
たいへん稀少です。

 

 

このレムリアンシード・クリスタルの
ピュアで美しい、どこまでも澄みきった結晶から伝わってくるエネルギーは、
私にとって、レムリアの波動そのもの。

 

 

くるりと躍るように入った虹は、
その特徴的な入り方から、光を浴びると、三日月型に輝きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_01.jpg

 

なんともいえない美しい姿。

このレムリアンシード・クリスタルが放つエネルギーが、

たった1枚のエンジェルフォトからも伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_02.jpg

 

たおやかで、やさしく、清らかな波動。。。。。。

このレムリアンシード・クリスタルは、女性性の祝福にあふれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_10.jpg

 

持ち主であるレムリアの月の乙女の喜びを象徴するかのように、

やわらかなカーブを描きながら入った虹。

先端が、尾のようにくるりと回転しており、

その「尾」に至るまでの部分が、きれいな三日月型をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、『三日月』は、丸い月の向かって右側が膨らんでいる形なのですが、

このクリスタルは、写真に写す際に、光の当たり方から、

三日月型の虹を左側にした方が虹がはっきりと写るため、

今回のご紹介では、あえてそのような向きで撮影しています。

 

 

実際にご覧になる時は、どちらの向きで見ても、きれいに虹が浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

20190508_09.jpg

 

持ち主の乙女に知らせたいのでしょうか。

1枚だけ、本来の三日月の形で、しっかりと虹が写ってくれました。

夢のように美しく見事な三日月型の虹。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_03.jpg

 

光を反射して輝く三日月。

こうすると、虹の浮かぶ三日月の部分がよくわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_04.jpg

 

ただ三日月型の虹が入っているというだけでなく、

その虹が、本当に美麗なのです。。。。。。

写真では一部しか写っていませんが、

三日月の形すべてに、虹が浮かびます。

虹を構成するどの色も綺麗ですが、

中でも、このレムリアンシード・クリスタルの虹の『青』の色は、

神秘的なまでに美しいです。

まるでブルームーンストーンを思わせるような、

何とも言えない『ミスティックブルー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190508_06.jpg

 

月の女神アルテミスと一緒に・・・・

その類稀なるレムリアンシード・クリスタルに浮かぶ虹は、

月の女神の冠と同じ三日月の形。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

『運命のクリスタル』というものがあります。

 

 

それは、魂で呼び寄せ合い、出会った瞬間に何かを感じ、

胸の奥の深いところで、「ああ、私のクリスタルだわ。」とわかるのです。

 

 

まるで、遠い昔にした、『聖なる約束』のように。。。。。。

 

 

 

 

 

 

レムリアの虹の三日月の乙女のためのクリスタル 。

 

 

その乙女は、完璧なタイミングで、私の前に現れ、

この稀有なクリスタルを受け継いでくださることでしょう。

 

 

 

 

*基本的にクリスタルに付属していた遠隔個人セッションは終了しましたが、

こちらのクリスタルは、きわめて特殊なクリスタルであるため、

遠隔個人セッションが付きます。

 

 

 

 

 

 

20190508_06.jpg

 

コレクション番号:LBC-0503
クリスタル名:レムリアの虹の三日月の乙女のためのクリスタル

〜七色に輝くクレッセントムーン〜
サイズ: 直径約2,8センチ

産地:Brasil

prix:333,333円(遠隔個人セッションを含む)

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 


「 北欧の伝説の中へ。。。。。虹のフェアリーウィングを宿した、透き通る菫の妖精の魔法石 」

 

         20190506_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、新しい時代のエネルギーから、

アメジスト色の波動、すみれ色の波動を感じます。

 

 

それは、濃いというよりも、むしろ透き通るように淡い美しい色です。

 

 

これまで、いくつものクリスタルに、

すみれの妖精にまつわる名前を授けてきました。

 

 

その中でも今日ご紹介するこの子は、

少しこれまでの子たちと違う気がします。

 

 

もちろん、クリスタルは、それぞれに唯一無二の存在で、

宇宙にたったひとつだけの素晴らしい個性を持っているのですが、

この子を眺めていると、私は、伝説の中に出てくる北欧の妖精を思い出します。

 

 

どこまでも澄んだ水と空気と光。

 

 

その中ではぐくまれる森。

 

 

風の音に振り返ると、

木々の間から、こちらを見つめる美しい瞳が。

 

 

白い肌、光に透ける金色、あるいはプラチナの髪。

 

 

『持って生まれた透明感』のようなものを、

私はこのアメジストから感じるのです。

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

限りなく透明に近いヴァイオレットの結晶。

 

 

そこに、すみれ色の絵筆でひと筋だけ線を引いたような、

ほんのりと濃いヴァイオレットに染まる部分があります。

 

 

ところどころに浮かぶ、光を反射して光る透明な層も愛らしい。

 

 

光の加減でかなり色合いと雰囲気が変わりますので、

そのすべては写真におさめきれません。

 

 

実物を受け取った方は、ぜひその変化も楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_07.jpg

 

すうっとほのかに濃く染まる部分は、

すみれの妖精が通った跡なんですって。

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

20190506_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20190506_14.jpg

 

結晶のちょうど真ん中のあたりに、

妖精の羽のような虹が浮かびます。

このアメジストの虹は、クリアではっきりとしており、

とても美しいです。

 

 

 

 

 

透き通る菫の妖精の魔法石と一緒に、

北欧の伝説の中へ。。。。。。

 

 

ご縁を感じてくださった方に。。。。。。

 

 

 

 

 

20190506_08.jpg

 

コレクション番号:LBC-0502
クリスタル名:北欧の伝説の中へ。。。。。

虹のフェアリーウィングを宿した、透き通る菫の妖精の魔法石
サイズ: 直径約2,5センチ

prix:44,444円

*「クリスタルの宝箱」にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 


「 新しいはじまりは。。。。。 」

 

         20190501_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいはじまりは、やわらかな微笑みとともに。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others