「 星のマリア様 」

 

       20170530_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡的ないきさつを経て、私のもとにやってきた、美しいマリア様。。。。。

 

 

愛する人と一緒に、3つの星とつながる素晴らしい旅を終えて、
リリアの森に舞い戻った夜、
そのマリア様は、すでに森に舞い降りて、私を出迎えてくれました。

 

 

やわらかな微笑み、
やさしく広げられた両手、
その頭には、『星の冠』が・・・・・

 

 

それを見つけた時、
胸の中から、たくさんの綺羅星があふれ出すのを感じました。

 

 

そして、次の瞬間、私は、あるものを見つけて、息をのみました。

 

 

マリア様の足元に、『3つの星』が、あるではないですか。

 

 

 

 

 

20170530_02.jpg

 

 

 

 

 

 

ああ、マリア様、あなた様は、私のつむいでいる物語を、
すべてご存知なのですね。

 

 

私が、愛する人と、そして愛しい魂の家族たちとつむいでいる
星のまたたきのように静かで美しい、聖なる物語を。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 なんだか前からずっと一緒にいるような気がしています 」

 

20170502_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

 

『リリアさん
このたびは、素敵なクリスタルさんと出会わせてくださり、
本当にありがとうございました。

 

無事に受け取りました。ご連絡が遅くなり、すみません。

 

 

 

なんというか...本当にすごく透明なんですね!

 

リリアさんは、どうやってあの素晴らしいエンジェルフォトを撮ったのだろう、
と思います。

 

 

あ、でも、今クリスタルさんがクスクス笑いながら教えてくれました。
(まだぴったりの名前が浮かびませんので、今はクリスタルさんと呼びますね)

 

 

それはそれは、リリア姫はいろんな顔をしながら、楽しそうに撮ってくれました、って。

 

 

まだ私たち、ご対面してからゆっくりと話す時間を持てずにいるのですが、
なんだか前からずっと一緒にいるような気がしています。不思議ですね。

 


リリアさん、これからも素敵な日々をお過ごしください。

 

 

私もこれからの毎日をますます楽しく軽やかに過ごしていこうと思います。』

 

 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

お受け取りのメッセージをありがとうございました。

 

 

クリスタルの受け取りのご連絡は、
特にされない方もたくさんいらっしゃいますので、
どうぞお気になさらないでくださいね。

 

 

私の大好きな、あの美しいクリスタルを受け継いでくださり、
本当にありがとうございます。

 

 

あのクリスタルは、それはもう夢を見ているような透明度で、
私はあの子を手に取って眺めていると、
自分の魂がどこまでも透き通っていくのを感じます。

 

 

そして、このクリスタルと、ずっと一緒にいるような気がされているとのこと。

 

 

それは、不思議であるのと同時に、とても自然なことなのです。

 

 

なぜかというと、
あなたがインスピレーションを感じて迎え入れたクリスタルというものは、
あなたの魂の本質、あなたの内側にあるエッセンスの結晶だからです。

 

 

このクリスタルをエントリーされた時、

 

『何度も何度も、このクリスタルを受け取ってもいいのだろうかと、
自分の中で確認しました。』


と、メッセージの中で伝えてくださいましたよね。

 

 

 

私のクリスタルは、人によっては、受け取るのに、とても勇気がいることがあります。

 

 

いい意味で、ちょっぴりこわい時もあります。

 

 

それは、自分の素晴らしさを認めること、
自分のオンリーワンの輝きに対して、全身全霊の「イエス」を言うことを
意味するからです。

 

 

世の中には、何となく自分を満たしてくれるものがたくさんあります。

 

 

それらは、どれも気軽に手に入り、受け取る時に特別な勇気などいりません。

 

 

でも、自分の魂と真に共鳴するものを迎え入れる時は、
あふれんばかりの喜びに満たされるか、
聖なる静けさに包まれるか、
ものすごく勇気を必要とするかのどれかです。

 

 

私は、それを全部経験してきました。

 

 

それを全部経験して、あらゆる感情を味わって、
時に、迷い、悩み、
心の中で飛び交う、いくつもの声の中から、
自分の魂がささやく小さな声を大切にすく上げ続けて、
そして、今の私がいます。

 

 

 


自分の魂と真に共鳴するクリスタルと出会う時・・・・・・

 

 

それは、魂がさらなる素晴らしき変化・変容の時を迎えたことを告げる
宇宙からの祝福のサインなのだと私は思っています。

 

 

自分の中に確かに存在し、解き放つ時を迎えたエネルギー、
それを象徴するようなクリスタルが、目の前に現れるのです。

 

 

私は、いつも喜びとともに、それを受け取ってきました。

 

 

あなたも、それを受け取ったのですね。

 

 

 


ますます楽しく軽やかに生きるあなたと私は、
お互いの人生が、またどこかで、幸せに交差することでしょう。

 

 

その時、私たちの間には、
あのクリスタルに浮かぶ、鮮やかな虹のような新しい光が、
美しい音を響かせながら、生まれることでしょう。

 

 

 

 

 

 


「 何てキラキラしたクリスタル! 」

 

20170420_02.jpg

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

『リリアさま。
こんにちは。。
セレスタイト 今日 手元に届きました〜。
ありがとうございます。

 


楽しみにしていた クリスタル☆

 

そっと 箱を開けて……

 

包みをあけると。。

 

「おぉ〜。凄い〜!
何てキラキラしたクリスタル!
とっても素敵!
……。(感動)
……。(感動)
……。(感動)
落ち着いて。。

 

はじめまして……
私のフェアリーガールちゃん」って言ってしまいました。

 

何て 素敵なクリスタルでしょう!

 

素晴らしいです。

 

この素晴らしいクリスタルを私に届けて下さりありがとうございました。。

 

週末から 出掛けていた私。

 

ポストの中に 不在のお知らせが入っていました。。

 

クリスタルが届いた日時を見ると……

 

何と、、、

 

ダーリンと私が一緒に過ごしていた時。

 

(私もパートナーのこと ダーリンと呼ばせて下さいね。
ちょっと いえいえ すごく恥ずかしい(//∇//)けど、、)

 

なかなか お互いの仕事で時間がとれず やっと 一緒に過ごせた時間。

 

その日は ピクニックに行ってました。。

 

ダーリンのお手製のサンドイッチとフルーツの盛り合わせを持って……

 

サンドイッチは 卵サンド・ハム レタスサンド・ツナサンド☆の3種類。

 

そして、フルーツはふどう・メロン ・キュウイ
メロンには 素敵なメッセージ☆が付けてありました。

 

大きなツインの木の下で……
(またまた 行って見ると ツインの木がありました。)

 

小鳥のさえずり。。
さわやかな風。
楽しい会話。。

 

足元を、見ると可愛いお花が咲いていました。

 

紫色の小さな花。。

 

私は 2輪

 

そっと ティシュに包んで手帳にはさみました。

 

楽しかった今日のピクニックの思い出に 押し花にしょうと思って……

 

リリアさまの真似ですね。(笑)

 

帰って 調べてみると

 

ニワゼキショウって言うお花。

 

花言葉は 「愛らしい人」。

 

私の中で フェアリーと言うとお花の妖精です。

 

セレスタイトの妖精たち = ニワゼキショウの妖精たち

 

なので、

 

*虹の芽を育てる 愛らしいフェアリーガール*としたいです。

 

リリアさま。どうでしょう〜。。

 

そして、

 

虹は ツインの象徴。

 

*ダーリンとの 愛を育てる 愛らしいフェアリーガール*

 

(*^^*)

 

これから フェアリーガールたちとたくさん会話しながら……

 

小さな虹☆探しの旅に行って来ます〜♪

 

また、旅の報告をします。。

 


セッション 希望日

 

***
***
***

 

よろしくお願いします。  』 

 

 

 

*こんにちは、リリアです。

 

 

あのセレスタイトのきらめきにそっくりな、あなたからのお便りを読んで、
リリア・バービー・クリスタルたちは、
どの子も、本当にぴったりな方のもとへ行くのだわ、と思いました。

 

 

あの子のきらめき、素晴らしいでしょう?

 

 

「キラキラ」という言葉は、
こんな輝きを表現するためにあるのだと思うくらいの、とびっきりの美しさ。

 

 

その感動を、こうしてあなたと分かち合えることが、とてもうれしいです。

 

 

素敵なダーリンがいらっしゃるのですね。

 

 

ダーリンお手製のサンドウィッチとフルーツの盛り合わせを持って、
ふたりでピクニック。

 

 

いいですね〜

 

 

そして、「ニワゼキショウ」というお花、一体どんなお花なのか調べてみました。

 

 

このお花、幼い頃から、ずっと見てきたお花ですよ。

 

 

あまりに身近すぎて、名前を知らずに、
その姿だけで認識しているお花や植物が私にはたくさんあるのですが、
そんなお花のひとつです。

 

 

小さな花にぴったりの可憐な花言葉から、
インスピレーションを感じて受け取った名前、
どちらもとっても素敵。。。。。。

 

 

このセレスタイトには、妖精がいっぱいいるのを感じるので、
あなたがこのクリスタルを受け取ったということは、
間違いなくあなたの中の『フェアリーエネルギー』が活性化しているのだと
思います。

 

 

その状態で、遠隔個人セッションでつながれることが本当に楽しみです。

 

 

リリアの森の妖精たちも、このセッションに興味津々の様子。

 

 

当日は、たくさんの妖精たちが、集まってきそうですね。

 

 

それでは、リリアの森からおかけする、
七色の虹の架け橋を渡ってお会いしましょう!

 

 


フェアリーリリアとリリアの森の妖精たちより

 

 

 

 

 

 

 

 


「 虹の星雲と星屑のゲートをくぐって・・・・・ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月のタントリックツイン 」

 

        20170526_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月のエネルギーでブレッシングした

タントリックツイン。

 

 

目に見えないエネルギーだけではなく、

リリアの森で、実際に、この3つの星と蠍座の満月の光を浴びたタントリックツインです。

 

 

クリスタルというものは、本当に個性豊かで、

姿形がオンリーワンならば、性格もオンリーワン。

 

 

自分からたくさんのことを話してくれるおしゃべりな子もいれば、

このふたりのように、非常にたくさんの情報やエッセンスを内に秘めながらも、

いわゆる言葉では語りかけず、驚くほど静かに存在しているクリスタルもあります。

 

 

蠍座のキーワードは、『秘密』

 

 

そのような意味では、私は、このふたりから、とても蠍座的なエネルギーを感じるのです。

 

 

また、このタントリックツインは、実際の姿とエンジェルフォトにおさめた姿の

雰囲気が若干異なります。

 

 

実物は、もっと透明感があり、

その中に白いインクルージョンがふわふわっと立ちのぼるように広がっているのですが、

なぜか写真に撮ると、このタントリックツインの本来の美しさがだいぶ隠れてしまうように

思うのです。

 

 

まるで、このふたりが、

「私たちのことを魂で感じてもらうために、

今はあえて目に見える魅力は封印しましょう」

とでも言っているように。。。。。。

 

 

それならば、私は、これ以上、このふたりをうまく撮ろうとせず、

ふたりの願い通りにしてあげるのが一番なのでは、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_01.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で・・・・

このタントリックツインは、程よいサイズで、

いわゆる、「手にしっくりなじむ大きさ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_06.jpg

 

クリスタルの宝箱の上で。。。。。

 

 

 

 

 

 

クリスタルの中には、インクルージョンに色味が付き、

どちからというと、「濁り」のように見えるものもありますが、

このふたりの中に広がるインクルージョンは、白くてとてもきれいです。

 

 

真っ白なものの上に置くと、それがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_08.jpg

 

ふたりの上部は、とりわけ透明感が高くなっています。

これは、私が正面だと感じる向き。

バランスのよい姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_02.jpg

 

ひと目見てタントリックツインとわかる理想的なシルエット。

 

 

 

 

 

 

 

後姿は、ちょっとユニークで・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

20170526_05.jpg

 

背の低い方の先端がわずかに平らになっています。

これは、欠けているわけではなく、このクリスタルが、

タビークリスタルのようになっているからです。

以前にご紹介した、レムリアの素晴らしいタントリックツインも、

片方がタビーのようになっていました。

よくあるポイント型の先端と、タビー的な形をした先端が組み合わさった

タントリックツインはとてもめずらしく、「陰と陽」のバランスが取れた

宇宙からの贈り物です。

実は、私の宝物のタントリックツインの中に、ポイント&タビーの究極とも言える

とても個性的なふたりがいます。

いつかお見せしますね。

 

 

 

 

 

 

これは、私のこれまでの体験からのお話になりますが、

私のもとにやってくるタビーのクリスタルは、

妖精的なエネルギーを持っているものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

20170526_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_19.jpg

 

このふたりの大きなクリスタルの下の方に、

白いインクルージョンがそこだけ淡くなっている部分があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_21.jpg

 

これが、まるで何かのゲートのようで、とても素敵なのです。

『星屑のゲート』でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_15.jpg

 

また、星屑のゲートに重なるようにして、小さなゲートウェイがあります。

どこにあるかわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_16.jpg

 

ここです。

ゲートウェイは、この左上にも、もうひとつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_20.jpg

 

さらに、いろいろなエンジェルフォトで、反射して白く光っているこの部分は、

虹の層。

 

 

 

 

 

 

 

上手くエンジェルフォトには写らないのですが、

よく見ると、キラキラとしていて、とても美しい虹なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20170526_22.jpg

 

宇宙に浮かぶ、小さな虹色の星雲のよう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

虹は、その他の部分にもいろいろ入っています。

 

 

そして、このタントリックツインを受け取った方にぜひやっていただきたいのが、

上からのぞきこむようにして、虹を探してみること。

 

 

光の当たり具合によって、

小さな水晶のカレイドスコープをのぞいているような気分になりますよ。

 

 

 

 

 

 

20170526_13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月の光でブレッシングした

タントリックツイン。

 

 

虹の星雲と星屑のゲートをくぐって、

今日もふたりは、仲良く宇宙を旅しているのでしょうか。

 

 

このふたりとおしゃべりしたくなったら、

一緒に夜空を見上げて、星や月を眺めてください。

 

 

彼らには、きっとあなたに伝えたい『大切な秘密』があるはずです。

 

 

ふたりは、言葉を超えた素敵な方法で、

あなたにそれを教えてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

20170526_14.jpg

 

コレクション番号:LBC-0325

クリスタル名:〜虹の星雲と星屑のゲートをくぐって・・・・・

ホクレア・ヒキアナリア・ルピカ&蠍座の満月のタントリックツイン〜
サイズ: 約6,0×2,4×1,8センチ
産地:Brazil

prix:49,000円

* 『クリスタルの宝箱』にお入れしてお届けいたします

 


>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 美しいすみれの妖精の姫が、私の元に来てくれました 」

 

       20170429_01.jpg 

 

 

 

 

 

 

〜*お便り*〜

 

 

 

『リリアさん へ

 


美しいすみれの妖精の姫が、私の元に来てくれました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

これから、もっと仲良くなるために、
「すみれ姫」、「Princess Violet」と呼びかけて、
お話ししています。

 

 

また、お箱や、お手紙にも、感嘆いたしました。
(ブログの印象の通りの、素敵な世界観!
白い羽根、大好きです。
優しく、ほっとするお手紙に癒されました。
たくさんの愛の波動 に感謝。)

 


また、とても楽しみにしている、
遠隔個人セッションの希望日時を記しますね。

 


1. ***
2. ***
3. ***

 

 

方法などがわからないのですが(すみれの姫を手に持っておくなど)、
またお教えください。

 

 

よろしくお願いいたします。』

 

 

 

 


*こんにちは、リリアです。

 

 

すみれの妖精の姫君、無事にあなたのもとに舞い降りたのですね。

 

 

「フェアリーリリア、
私、とっても素敵な呼び名をつけてもらったのよ!」

と、ヴァイオレット色の瞳をキラキラさせて微笑む、
あの子の姿が目に浮かぶようです。

 

 

そして、遠隔での個人セッション、私もとても楽しみです。

 

 

私は、美しい魂との共同創造である、このセッションが大好きなのです。

 

 

グループセッションでも、個人セッションでも、
私のセッションでは、始めた当初から、変わらないスタンスがあります。

 

 

それは、「あなたがどんな風にこの時間を楽しみたいのか」ということを
一番大切にして欲しいということです。

 

 

日頃、私たちは、自分以外の人々が決めた、たくさんのルールの中で生きています。

 

 

知らず知らずのうちに、まわりから投げかけられる、
「ああしてください、こうしてください」というエネルギーや言葉に影響されて、
『自分がどうしたいのか』を感じることが、思いの他少なくなっていることもあります。

 

 

ですから、私たちは、自由に憧れつつ、
いざ、「では自由にしてください」、「あなたの好きにしてください」、と言われると、
どうしたらいいのかわからない、ということも往々にしてあるのです。

 

 

でも、だいじょうぶ。

 

 

私のもとには、自分がどうしたいのか、自分が何に喜びを感じるのか、
それをちゃんと感じることができる方、そのための準備が整った方が、
集まってくるようになっています。

 

 

私のセッションには、決まった参加の仕方というものがありません。

 

 

そのかわり、ゆったりとリラックスして、自分の内側に向かって、
「私は、どんな風にこの時間を楽しみたいのかしら。。。。」と
静かに問いかけてあげてください。

 

 

あなたの魂は、きっとその答えを教えてくれることでしょう。

 

 

 

 

それでは、「すみれの妖精の姫君」の分身であるあなたと、

すみれ色の素敵なひとときを分かち合えることを、

心から楽しみにしています。

 

 

 

〜追伸〜

 

 

本当にすべては完璧だと思うのですが、

今、リリアの森に、すみれの妖精がいっぱい来ているのですよ。

 

 

 

森の奥から愛をこめて

リリア・バービー

 

 

 

 


「 私の美学、そして、不思議なつながりで結ばれた魂の家族たち 」

 

20170521_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のはじめ、このクリスタランで、
2つのアメジストのタントリックツインをご紹介しました。

 

 

ひとつめは、LBC-0304
〜虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン〜

 

 

もうひとつは、LBC-0307
〜神々が生んだ奇跡のクリスタル アメジスト色のソウルメイト
ダブルウォーターイン 虹の女神と虹の男神〜
です。

 

 

私は、このアメジストをご紹介する時、
ご縁のある方と天使のリボンで結ばれたなら、
2016年2月に開催した
『 リリア&ダーリン スペシャル遠隔グループセッション アメジスト色のソウルメイト』
のエネルギーから生まれた、
アメジスト色のクリスタルの宝箱に入れて送り出してあげたいと思っていました。

 

 

さらに、もしも、その方にパートナーの方がいらっしゃるのなら、
私と愛する人の呼び名、「Lilia & Lilia Darling」になぞらえて、
Liliaの部分を、その方の名前に置き換え、
「***&***Darling」と手書きで書いたものをデザインに取り入れて
贈らせていただこうと考えていました。

 

 

ちょっとしたサプライズです。

 

 

最初にご紹介したアメジストのタントリックツインは、
私のよく知る魂の家族がエントリーしてくださり、
その方には、素敵なパートナーの方がいらっしゃったので、
私は、喜びいっぱいで、「***&***Darling」の***の部分に
その方のお名前をお入れして、宝箱をつくりました。

 

 

今日のエンジェルフォトに写っているのは、
完成した宝箱の上で、仲良く記念写真におさまる、
〜虹がきらめくアメジスト色のソウルメイト ダブルウォーターイン〜の姿。

 

 

いつも思うのですが、
リリア・バービー・クリスタルのタントリックツイン&クリスタルの宝箱の
エンジェルフォトは、まるで結婚式の写真のようですね。

 

 

 

 

 

2つのアメジストたちが、一体どなたと天使のリボンで結ばれるのか、
私はドキドキしながら展開を見守りました。

 

 

というのも、その方にパートナーの方がいらっしゃるのかどうか、
それによって、「***&***Darling」という言葉を
宝箱にお入れするのか、しないのかが決まるのです。

 

 

 

 

 

ひとつめのアメジストのタントリックツインが天使のリボンで結ばれてから
しばらくして、ふたつめのタントリックツインも、
ご縁のある方と天使のリボンで結ばれました。

 

 

こちらのアメジストのタントリックツインを迎え入れてくださった魂の家族は、
ご子息がいらっしゃることは知っていましたが、
パートナーの方の存在については、まったく聞いたことがありませんでした。

 

 

 

 

 

誰かと交流する時、私は、その方のプライベートを大切にしてあげたいので、
こちらから、個人的なことについてお尋ねすることは、控えるようにしています。

 

 

その方のプライバシーを尊重する。

 

 

それは、マナーやエチケットというよりも、私にとっての美学のようなもの。

 

 

そして、何年もそんなスタンスを貫いて、私が自分の人生経験を通して学んだことは、
目の前にいる方、あるいは、今つながってくださる方の素晴らしさを感じるために、
必ずしも、個人的なことのすべてを知る必要はないという、大きな気づきでした。

 

 

ですから、知り合って何年も経ってから初めて、
その方のとてもプライベートな一面を知るということが、けっこうあります。

 

 

つい先日も、おひとりで人生を幸せに生きていらっしゃると長年思っていた方が、
実は、あたたかな家庭をお持ちの方だと知って、びっくりしたことがありました。

 

 

こういうのって、楽しくて、素敵だなと思うのです。

 

 

 

 

2つめのアメジストのタントリックツインを迎え入れたいとエントリーしてくださった
魂の家族と私は、もう9年近くも、愛と喜びに満ちた美しい物語を一緒に紡いできました。

 

 

その方に、パートナーの方がいらっしゃるのか、いらっしゃらないのか、
それは、私たちが交流を育む上で、どうしても知らなくてはいけないことでは

ありませんでした。

 

 

私は彼女の素晴らしさを楽しみ、彼女は、私のユニークさを楽しむ。

 

 

そんな交流の、なんと軽やかで自由なこと!

 

 

 

 

 


その魂の家族から、あのアメジストのエントリーが、森の奥に届いた時、
私は、心の底からうれしく思いました。

 

 

と同時に、「さて、クリスタルの宝箱にお入れする言葉は、どうしましょう。」
と思いました。

 

 

そんなことを思いつつも、
彼女が添えてくださったメッセージにゆっくりと目を通し始めました。

 

 

 

 

 


『アメジストのタントリックツインのことを知り・・・

 

 

読み進む程に強く惹きつけられました。

 

 

私のダーリンのことが何度も思い浮かび、
私たち2人のクリスタルだと感じました。

 

 

もしかして、
私のダーリンのことをリリアさんにお話ししたことは、
なかったかもしれませんが・・・

 

 

私のダーリンは、
とても純粋で、
私のことをとても大切に思ってくれていて、
いつもさり気なく、ベストな方法で、私のすることをサポートしてくれます。

 

 

今回ご紹介いただいたタントリックツインを
2人で大切にしたいです。』

 

 

 

 

それを読んで、私がどれほど驚き、そして喜びを感じたことか。

 

 

これまで、私は、たくさんのご縁ある魂の家族たちと交流し、
その中で、『言葉では説明できないような、不思議なつながり』を感じる出来事を、
数多く体験してきました。

 

 

それはもう、内容もタイミングも完璧で、
どう考えても、見えない世界でやりとりをしているとしか思えないのです。

 

 

深い深い感動に包まれ、メッセージを読み終えた私の目には、
うっすらと喜びの涙が浮かんでいました。

 

 

 

 

 


私の胸の中には、「私とあなた」という宇宙に1冊だけのタイトルの本が、
魂の家族の数だけ存在します。

 

 

そこに書かれた内容は、私が、その方から無理に聞き出したことではなく、
交流を重ねて行く過程で、その方が、ご自分から教えてくれたことです。

 

 

そして、その合間、合間に、
私たちの間に起こった素晴らしい出来事、分かち合った喜びが書かれています。

 

 

 

 


私とその魂の家族の本に、またひとつ、新しいページが加わりました。

 

 

彼女を見守る、心やさしいソウルメイトのパートナーのことを思い浮かべながら、
私は、胸の中の本を開いて、そっとそのことを書き綴り、
数日後、おふたりの呼び名を刻んだアメジスト色の宝箱に入れられた、
タントリックツインのアメジストは、森の奥から幸せに旅立っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 かくれんぼ。。。。。。 」

 

 

 

 

「フェアリー・リリア、かくれんぼしましょうよ。」

 

 

「いいわよ。」

 

 

「じゃあ、後ろを向いて。」

 

 

「これでいい?」

 

 

「次に両手で目を覆って。」

 

 

「それはそれは、ずいぶん厳重ね。」

 

 

「まだ見ちゃだめよ。」

 

 

「仰せの通りに。」

 

 

ひそひそひそ。。。。。。

 

 

あらあら、何やらこっそり相談しているようね。

 

 

「すずらんの妖精さん、もういいですか?」

 

 

「まだですよ。」

 

 

「そろそろよいですか?」

 

 

「もうちょっと。」

 

 

「じゃあ、よくなったら、声をかけてね。」

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フェアリー・リリア、いいわよ!
どーこーだ。」

 

 

 

 

(フェアリー・リリアの心の声)

 

あらまぁ!
とっても上手に隠れているけれど、
これでは、あまりに可愛すぎて、
すぐにわかっちゃうわよ!

 

 

 

 

20170520_01.jpg

 

 

 

 


「 小さな聖なる時間。。。。。。 」

 

         20170516_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれ、ご縁のある方におゆずりしたいと思っている
アメジスト色のマリア様のブレスレット。

 

 

このブレスレットと共鳴する、美しいアメジストはどれかしらと
森の奥でインスピレーションが降りてくるのを待つこと早数ヶ月。

 

 

ブレスレットの素晴らしいところは、
いつも身に着けられて、
なおかつ、着けているのを自分で眺められることだと思います。

 

 

手は、毎日の暮らしの中でも、とてもよく使うもの。

 

 

自分の手首を見るたびに、
アメジスト色の光の粒に縁取られた、
やさしいマリア様の横顔が目に入ってきたら、
それだけで、気持ちが穏やかになりそう。。。。。。

 

 

それは、日常の中にある、
『小さな聖なる時間』なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 レムリアの満月 」

 

   20170516_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルに変身したリリア&ダーリンが眺めているのは、
『レムリアの満月』と名付けた、
美しすぎるレムリアンシード・クリスタルのスフィア。

 

 

あの幻のオリジナル鉱山から掘り出されたレムリアンシードで、
私の魂が、間違いなく本物のレムリアンシードだと感じて
迎え入れてきたクリスタルの中で、最も大きなスフィアです。

 

 

その透明度、その虹。

 

 

美しいものを説明するのに、言葉はいらないと感じるのは、こんな時。

 

 

私は、このレムリアンシードを迎え入れた時、泣きました。

 

 

 

 

 

あまりに美しくて。

 

 

あまりに幸せで。。。。

 

 

あまりにありがたくて。。。。。。

 

 

 

 

それはもう、自分のすべてが、
レムリアの愛の中に溶けてしまったかのようでした。

 

 

 

 

 

 


「 天使の耳打ち。。。。。。 」

 

20170514_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ春も浅い3月のはじめ。

 

 

「 聖なるワンシーン。。。。。

うつくしい光に満ちた小さな聖家族 タントリックツイン&リトルエンジェル 」

と名付けたクリスタルを、クリスタランでご紹介しました。

 

 

それから2週間ほどが経ったある日、

私は、このクリスタルを、お気に入りの金色のマリア様と一緒に並べて

森の奥で眺めていました。

 

 

その時のことを、

「 水晶の中を通り抜けてきた。。。。。」

というタイトルで綴っています。

 

 

水晶の中を通り抜けてきた光が、

やわらかな微笑みを浮かべているマリア様の横顔を、

美しく照らし出している・・・・・

 

 

私は、その光景に、とても心を打たれました。

 

 

その様子があまりにも心に残ったので、

私は、静かに胸の内でこう決めました。

 

 

いつの日か、このクリスタルを迎え入れてくださる方が現れ、

「3人の天使とマリア様と幼子の宝箱」を希望してくださったのなら、

その方に、この金色のマリア様をご一緒におゆずりしましょう、

と。。。。。。

 

 

 

 

 

 

数日後、森の奥に、

このクリスタルを迎え入れたいというお便りが舞い込みました。

 

 

私が愛してやまないクリスタルの宝箱、

「3人の天使とマリア様と幼子の宝箱」を希望されて・・・・・

 

 

 

 

 

 

私は不思議なものを感じずにいられませんでした。

 

 

もしも、このクリスタルが、ご紹介してすぐに天使のリボンで結ばれていたら、

私は、金色のマリア様とこのクリスタルを並べて眺めることもなく、

クリスタルのみが、旅立って行ったことでしょう。

 

 

しかも、この金色のマリア様をおゆずりすることは、

誰にも言っておらず、自分しか知らないのに、

まるで、マリア様から伝言を授かった天使が、

その方のもとに飛んでいって、

そっと耳打ちしたかのようなタイミング。。。。。

 

 

 

 

 

ひそやかで、小さな小さな『天使の耳打ち』

 

 

それは、言葉だけではなく、

インスピレーションや直感という形をとるのかもしれません。

 

 

 

 

 

伝言を届けてくれた天使へ、心からのありがとうを。

 

 

そして、『天使の耳打ち』を聞き取ってくださった素敵な魂の家族へ、

同じくらい大きな感謝の花束を。。。。。。

 

 

 

 

 

 

20170514_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others