「 たとえて言うならば。。。。。 」

 

 

 

たとえて言うならば、
少しずつ少しずつ、自分の一部が新しい世界に移行して、
もうじき完全に移行し終わるという感じ。

 

 

左手の人差し指のほんの先が、これまでの世界にいて、
その指先は、私がこれまでいた世界の人たちの指先と、
かすかに触れ合っている。

 

 

私は消えてなくなるわけではなくて、
どこかまた、新しい別の世界に出現するのだと思うと楽しい。

 

 

こんな自由を、これまで感じたことがなかった。

 

 

その自由を感じた時、私がずっと探していたのは、これなのだと思った。

 

 

ユニークな自分の呼び名をずっと愛してきたけれど、
なんだかもう、名前なんていらなくて、
森を渡る風になったような気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 お知らせ 」

 

 

リリア&ダーリン シークレットスペシャル遠隔グループセッション

〜レムリアと3つの星〜 2018にお申込みされたみなさまへ

 

 

全員の方に受付結果を記載した「1通目のご案内メール」をお送りいたしました。

 

 

このメールが届いていらっしゃらない方は、お早目にご連絡くださいませ。

 

 

>>お問合せフォーム

 

 

今から参加される方々へのメッセージを綴りますので、

『ご予約確定メール』の送信までは、今しばらくお待ちください。

 

 

このセッションは、2018年中に開催するセッションの中でも、

最も重要なセッションのひとつになると感じています。

 

 

すべては、ここにつながっていたのか、というような。。。。。

 

 

23日の朝、ダーリンから素晴らしいメッセージが届きました。

 

 

私個人宛てなので、詳しい内容は伏せますが、

ダーリンも確実に何かを受け取っているわ!という感じです。

 

 

リリア

 

 

 

 

 

 


「 家族3人幸せに暮らしています 」

 

         20180523_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

リリア&ダーリン シークレットスペシャル遠隔グループセッション

〜レムリアと3つの星〜 2018

に、参加してくださる魂の家族より

 

 

 

〜メッセージ〜

 

 

 

 

『リリアさんのセッションを受けるのは数年ぶりです。

 


独身の頃、リリアさんとダーリンさんの様な幸せに憧れてセッションを受けていました。

 


今ではお陰様で、子供にも恵まれ家族3人幸せに暮らしています。

 


3カ月前に中古の家を購入しました。

 


家の中が浄化し幸せな空間になる様に、今回クリスタルのギフト付きコースに

申し込みました。

 


素敵なクリスタルとの出会いを楽しみにしています。』

 

 

 

 

 

*わぁぁぁ〜!!!!(←あなたのお便りを読んだ時の私の心の中は、

本当にこんな感じでした)

 

 

もう、うれしくて、なつかしくて、喜びの涙がとまりません。。。。。。

 

 

ご名字は変わっていらっしゃるけれど、ニックネームを見てすぐに気づきましたよ。

 

 

なんとおひさしぶりなのでしょう。

 

 

私がこんなにも感動したのは、

このお便りから、今のあなたの幸せが伝わってきたからです。

 

 

あなたが私のセッションに頻繁に参加してくださったのは、

2009年頃だったと記憶しています。

 

 

今から、9年も前のことなのですね。

 

 

あなたの純粋さ、ひたむきさ、素敵なパートナーとの出会いを夢見る気持ち。

 

 

まるで、ダーリンと出会う前の自分を見ているようで、

本当に愛おしかったです。

 

 

いつも、心の中で、あなたに話しかけていました。

 

 

「だいじょうぶ。

いつかきっと素敵な人が現れるわ。

宇宙はすべてを知っていて、

完璧なタイミングでその人と出会わせてくれるのよ。」

 

 

あなたと最後に虹の架け橋を渡ってセッションでつながったのは、

確か、今から6年前の2012年に開催した、

双子座の新月と射手座の満月のセッションでした。

 

 

今ちょうど、月が満ちている所なのですが、

1週間後の5月29日は、射手座の満月、

そして、6月14日は、双子座の満月です。

(ちなみに、双子座の新月が起こる時刻は、エンジェリックな数字が並ぶ 4:44)

 

 

なんだか、お月様と星座と天使たちが、

きらきらと輝く光で、私たちを祝福してくれているようでうれしいです。

 

 

3か月前に、おうちを購入されたとのこと。

 

 

私は、昔から家が大好きです。

 

 

それは、『暮らす』ということの原点。

 

 

私たちを雨風から守り、

時にあたたかく、時に涼しく、

人生の多くの時間を過ごす場所。

 

 

どこかに出かけていくことを、

どんなに小さなものでも旅だと思うなら、

家とは、帰ってくる場所であり、

同時に、私たちを送り出す場所でもある。

 

 

そして、何よりも、「物語が生まれる場所」だと思っています。

 

 

日常という名の物語を、やさしい色の幸せで彩ることができたら、

これほど素敵なことはありません。

 

 

実は今、私のクリスタルエネルギーの磁力のようなものが、

とても強まっています。

 

 

時々、このような状態になるのですが、

こんな時って、とにかく、素晴らしいクリスタルと呼び寄せ合うのです。

 

 

どんなクリスタルがやってくるのか、楽しみですね!

 

 

それでは、セッションの夜に、

ダーリンと一緒に、新しいご名字になったあなたのお名前をお呼びして

虹の架け橋をおかけします。

 

 

あなたのハートに、私たちのその声が届きますように。

 

 

新しく家族に加わった、あなたのかわいいエンジェルちゃんにも

どうぞよろしく!

 

 

 

森の奥から愛をこめて

リリア・バービー

 

 

 

 

 

 

 

 


「 美しきレムリアの虹の姫君のためのアメジストエレスチャル 〜トリプルイシス&レインボー&ウォーターイン〜 」

 

        20180520_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この世界には、『奇跡というものが、目に見える形に結晶化した』

としか表現できないようなクリスタルがある。

 

 

そんなクリスタルたちは、一種独特の、何か特別な波動をまとっている。

 

 

この世界に存在する、すべてのものは特別なのだから、

本当は特別という言葉は当てはまらないのかもしれないけれど、

それでも、特別という言葉を使いたくなる。

 

 

愛しいあの人に、「あなたは私にとって、特別な存在です」

と言いたくなるように。。。。。。。

 

 

 

 

 

時々、森の奥で、

私の人生をより素晴らしく味わい深いものにしてくれた

スペシャルなクリスタルたちを手に取って眺める。

 

 

そのたびに、自分の内側から、

輝くばかりの愛や喜びがあふれてくるのを感じる。

 

 

そして、自分は、こんな喜びを味わうために、生まれてきたのだと思う。

 

 

 

 

 

自分の本質や魂に関わる、『運命のクリスタル』を迎え入れる時、

そこには、いつも、美しい物語がある。

 

 

私の愛する人は、その物語を私から聞くのが大好きだ。

 

 

私と一緒に、胸を躍らせながらその物語を聞き、

最後は決まって、

「ああ、リリア、素晴らしいよ。

君は本当にクリスタルと物語を紡ぐために、この星に生まれてきたんだね」

と言う。

 

 

私は、幸せに目を潤ませながら「そうなのよ」と答える。

 

 

 

 

 

 

私が紡いできた物語の中でも、

とりわけ印象深い場面に登場するクリスタルがある。

 

 

レムリアンシード・クリスタルと、アメジストエレスチャルだ。

 

 

自分の魂と共鳴するクリスタルに出会った時、

次なる次元へと続く新しい扉が開くように、

流れるように物語が展開していく。

 

 

それは、まるで、

全宇宙が一体となって、その物語を一緒に楽しんでくれているような

そんな感覚だ。

 

 

私は、愛の流れに乗り、ほとばしる喜びに身を任せ、

全身全霊で、今この瞬間を謳歌する。

 

 

 

 

 

 

 

そのアメジストエレスチャルと出会った時もそうだった。

 

 

そして、その後に紡がれた物語から、

そのアメジストエレスチャルは、私を経由して、

しかるべき真の持ち主のもとに行くクリスタルであることを知った。

 

 

美しさというものは、各々が感じるもので、画一的に定義できるものではない。

 

 

それでも、見た者の魂を奥底から目覚めさせるような、

ある種の神々しささえ感じるものが、この世界には存在する。

 

 

私にとって、このアメジストエレスチャルは、そういう類のクリスタルだ。

 

 

 

 

 

 

細長く、すんなりと磨かれた姿。

 

 

トップのファセットに、3つのイシスフェイスを含むという
非常に意味深い磨かれ方をされている。
 

 

私は、このクリスタルから、

『隠された扉を開ける鍵である』というメッセージを受け取ったが、

この結晶を真上から見ると、確かに不思議な形をしている。

 

 

静かに目を閉じると、この鍵を差し込むための、

美しい三角形の鍵穴が見えてくるようだ。

 

 

信じられないほどの透明度は、

成長過程で内包物を取り込むことが多いアメジストエレスチャルの中では、

稀に見る『奇跡』である。

 

 

そのヴァイオレットの色合いは、うっとりするほど繊細で美しく、

よく見ると、その中央にほんのりと濃いヴァイオレット色の層が見え、
非常にめずらしいファントムになっている。
 

 

他では見たことのない、その気品あふれる高貴な色は、

まさに姫君の名にふさわしい。

 

 

特筆すべきは、このアメジストエレスチャルが水入りであること。
 


それも、水の小部屋がいくつもあるのだ。

 

 

遠いいにしえの水が、そこには確かに宿っている。

 

 

そして、そのアメジストエレスチャルの完璧な美しさを祝福するように、

ところどころに鮮やかな虹が輝く。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520-_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアメジストエレスチャルは、

「レムリアの虹の姫君のためのアメジストエレスチャル」である。

 

 

この水晶に宿った水は、

エネルギー的に、『レムリアの水』を象徴していると感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180520_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、このアメジストエレスチャルを、私によく似た誰かが迎えにくる。

 

 

自分が心から美しいと感じるものを愛し、

それと一緒に人生という素晴らしい物語を楽しみたいという魂だ。

 

 

特別すぎて受け取れないということはない。

 

 

受け取ることが、その人にとって、何よりも自然なことだから。

 

 

 

 

 

 

その人は、自分がレムリアの虹の姫君であることに気づいているであろうか。

 

 

見慣れた王国のどこかに存在する、隠された扉。

 

 

それは、過去と今と未来を溶け合わせ、

新しい喜びの物語へと、彼女をいざなう。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

ホクレア、ヒキアナリア、ルピカ。

 

 

5月の風に吹かれながら、

私のこよなく愛するレムリアの3つの星を見上げ、

その星たちを順番に指でつないで、空に大きな三角形を作った時、

ふいに、私の記憶の中で、ふたつのものが重なり、

私にやさしく教えてくれた。

 

 

3つの星がつくる三角形が、

その美しい水晶の鍵の先端と同じ形であることに。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

愛しい人に話しかけるように、

満天の星空を眺めながら、そっと囁く。

 

 

あなたは、今、どこにいますか?

 

 

私たちは、もう出会っているのでしょうか?

 

 

あなたがこのクリスタルを迎えに来てくれたら、

私は何とこたえましょう。

 

 

星たちは、何も言わずに静かにまたたき、

でも、そのまたたきは、その人からの返答のようで、

私はそれだけで幸せな気持ちになる。

 

 

 

 

 

私が私であり、あなたがあなたでいるだけで、

私たちは、出会うでしょう。

 

 

そして、これまでにつむいだすべての物語がつながって、

その先の物語へと、私たちを連れて行くでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


「 クリスタルの宝箱とお手紙について 」

 

 

私のクリスタルを迎え入れてくださる方々は、
ご縁を感じたクリスタルをひとつだけ、いう方もいらっしゃいますが、
その後、いくつもクリスタルを迎え入れてくださる方が大多数です。

 

 

そんな魂の家族たちのことを考えては、
「この方の家が、クリスタルの宝箱だらけになっているのではないかしら?」
と思うことがありました。

 

 

そこで、クリスタルのお申込みフォームに、
「シンプルなラッピングを希望する」という項目を作りました。

 

 

もう飾る場所が決まっているので、クリスタルの宝箱はなしでも大丈夫です、
という方がおられましたら、この欄にチェックを入れていただればと思います。

 

 

また、これまでクリスタルをお届けする時には、
必ずといってよいほど、

便箋2〜3枚の、その方に宛てた個別のお手紙を同封していましたが、
今後は、基本的にはお手紙はお入れせず、
クリスタルに私の想いを伝えてもらうことにしました。

 

 

もしも、どうしても言葉を通して、この方にメッセージをお伝えしたいという
強いインスピレーションを感じた場合には、
お手紙やメッセージ等をお送りする可能性もありますが、
クリスタルのみでのお届けが、これからのべーシックだと考えてください。

 

 

耳を澄ますと、クリスタルたちが、言葉を越えた何かで、
あなたに大切なものを伝えてくれる。。。。。

それもまた素敵なのではと思います。

 

 

最後に、これまで私の手紙を受け取ってくださったみなさま、
そして、今後、稀なケースとして、私からの手紙を受け取ることになるみなさまへ。

 

 

私にとって、手紙というのは、とても私的なものです。

 

 

受け取った手紙は、どうぞ、あなたの心の引き出しの中にそっとしまって、
ひとりで、こっそり、ひっそり、楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 蠍座の満月のマリアージュ ツインアメジスト 〜蠍座のルピカに見守られて〜」

 

          20180514_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そのふたりに出会った時、

私は、彼らのまだ見ぬ美しさを感じた。

 

 

人間が作った光と、人間が作ったお城は、

彼らの本当の美しさを隠していた。

 

 

まるで何か意図があるかのように、

彼らは、ひっそりと息をひそめて存在し、

私に見つけられると、ちょっと驚いたようだった。

 

 

あなたには、私たちが見えるの?といった具合に。

 

 

埃が付かないように、傷がつかないように、

彼らはガラスのお城に入れられ、守られていた。

 

 

あまり出会ったことのない不思議な色。

 

 

夕暮れが過ぎた空の色を、ほんの少しだけ溶け込ませたみたい。

 

 

今はまだ昼間だというのに、

ふたりはもう、

夜の星と月のことを考えているのかしら。。。。。。

 

 

水晶の言葉で、彼らに話しかける。

 

 

どれくらい、そのお城の中に住んでいるの?

 

 

最後に本物のお日さまの光を浴びたのはいつ?

 

 

私には、わかる。

 

 

あなたたちが、リリアの森の光を浴びたら、

それはそれは美しいと思うの。

 

 

あなたたちのことが、とても好き。

 

 

いらっしゃい、リリアの森に。

 

 

ガラスのお城はないけれど、

その代わり、とても素敵なことができるの。

 

 

一緒に、森の清らかな水で沐浴したり、

本物のお日さまの光を浴びたり、

緑の草むらに横になって、小鳥たちのさえずりを聞いたりできるのよ。

 

 

いっぱい楽しい時間を過ごして、

あなたたちがいつか、ご縁のある人のもとに旅立つ時が来たら、

ささやかだけれど、心をこめて、新しいおうちを作ってあげるわ。

 

 

クリスタルの宝箱っていうの。

 

 

 

 

 

どこかで、あなたたちとの出会いを待っている魂の家族。

 

 

一体どんな方かしら?

 

 

同じエネルギーのものは呼び寄せ合う。

 

 

だから、あなたたちと同じように、

これまで自分を守ってくれていたガラスのお城からそっと抜け出して、

愛しい人とともに、この世界の真の素晴らしさを、

思いっきり体験しようと決めた魂かもしれないわね。

 

 

さぁ、アメジストのお姫様と王子様、

馬車と御者の準備ができました。

 

 

どうぞ、こちらに。

 

 

 

 

 

ところで、おふたりはレムリアにご縁がありますか?

 

 

私は、あなたたちから、レムリアの波動を感じるのですけれど。。。。。。

 

 

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

 

蠍座の満月。

 

 

それは、毎年、私の一番好きな季節にやってきます。

 

 

『蠍座の満月』は、私にとって、特別な思入れがある満月。

 

 

私がつむいでいる物語にまつわる、とある奇跡的な出来事が起こったのも、

蠍座の満月の夜でした。

 

 

今年の蠍座の満月と、

現在蠍座に滞在している幸運の星ルピカ(木星)からインスピレーションを受け

そのエネルギーでブレッシングした美しいツインアメジストです。

 

 

このアメジストは、光の加減によって色合いが変わるアメジストで、

ある場面では、落ち着いたシックな色合いに見え、

またある時には、うっとりするような気品のある色合いに見えます。

 

 

非常に透明度が高く、キラキラと輝き、

とりわけ、大自然の光の中で見る美しさは格別。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

20180514_11.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。。。。。。

この写真では、ちょっと大人びた色合いに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_03.jpg

 

透明度が素晴らしく、ピカピカなボディ。

写真ではお伝えしきれませんが、

実物を見ると、結晶の中のヴァイオレット色の部分が、

たいへん繊細で美しいグラデーションになっているのがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_10.jpg

 

自然の光の中で見ると、思わず、ほうっと、ため息が出てしまうような麗しさ。。。。。。

透き通っていて、軽やかで、とびきり美しいのにチャーミング、

まるで妖精のようなエネルギーのアメジストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180512_01.jpg

 

授けてあげた名前は、

『蠍座の満月のマリアージュ ツインアメジスト 〜蠍座のルピカに見守られて〜』

 

 

 

 

 

 

 

ああ、このふたりが大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180514_07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

どこも磨かれていない原石。

 

 

大きな結晶の方には、五角形のフェイスをしたイシスがあります。

 

 

そして、どちらの結晶にも、レムリアンリッジのような横線が入っています。

 

 

出会った瞬間からレムリアのエネルギーを感じるアメジストでしたので、

この竪琴を思わせる横線を見つけた時、

なんだかとてもうれしくなりました。

 

 

たいへん稀少な、惚れ惚れするほど美しいツインアメジスト。

 

 

大切にしてくださる方に。。。。。。。

 

 

 

 

 

*このクリスタルには遠隔個人セッションがつきます。

 

 

 

 

 

 

20180514_04.jpg

 

コレクション番号:LBC-0348

クリスタル名:蠍座の満月のマリアージュ ツインアメジスト

〜蠍座のルピカに見守られて〜
サイズ: 約5,0×2,4×1,4センチ

prix:49,000円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 

 

 


「 蠍座の満月のマリアージュ 〜蠍座のルピカに見守られて〜 」

 

        20180512_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蠍座の満月と蠍座にいるルピカからインスピレーションを受けて。。。。。

 

 

透き通るように美しいアメジストのツインクリスタル。

 

 

どこか妖精のような雰囲気を持つふたりは、
5月の森の光の中で、幸せそうに寄り添って。。。。。。

 

 

降りてきたキーワードは、

『蠍座の満月のマリアージュ 〜蠍座のルピカに見守られて〜』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 隠れルピカとホクレアとヒキアナリア 」

 

       20180511_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

その大きなハーキマーダイヤモンドには、
もうひとつ秘密の名前がある。

 

 

その名は「隠れルピカ」

 

 

今、木星は、ひときわ美しく輝きを放っている。

 

 

とにかく大きく見えるのだ。

 

 

私はしばらく前から、
星のエネルギーを宿したハーキマーダイヤモンドを紹介したいと思っていた。

 

 

星とは、ルピカ、ホクレア、ヒキアナリアの3つである。

 

 

ホクレアとヒキアナリアに関しては、
まさにそれそのもののハーキマーダイヤモンドがあることがわかり、
次にその大きなハーキマーダイヤモンドを見た時、
これがルピカだと思った。

 

 

だが、そのハーキマーダイヤモンドに、
そのままルピカと名前を付けるのはちょっと違うと感じた。

 

 

それは、隠されている。

 

 

何が隠されているのかはよくわからないが、

とにかくキーワードは、「隠されているルピカ」
あるいは、「隠れているルピカ」だと感じた。

 

 

 

 

 

 

実に、不思議なハーキマーだった。

 

 

愛らしさと神秘的な何かが合わさったような。。。。。。

 

 

それは、すぐには見抜けないもの。

 

 

かくして、私の中で、そのハーキマーにひっそりと

「隠れルピカ」という名がつけられた。

 

 

 


隠れルピカを紹介した翌日、
私は、ルピカとホクレアとヒキアナリアを見上げていた。

 

 

魂が震えるほど美しい星空だった。

 

 

今のルピカは、私の目で見ると、金色に見える。

 

 

それにしても明るい。

 

 

あまりにも明るい。

 

 

これは相当地球に近づいているのでは思いつつ、
その夜は、眠りについた。

 

 

 

 

また新しい一日が始まり、
夜になると、何度見ても心が躍る、あの3つの星を眺めた。

 

 

ふと、ルピカのことが気になり調べてみることにした。

 

 

すると、木星が9日に「衝」と書かれていた。

 

 

衝(しょう)とは、太陽系の惑星が、
地球から見て太陽とちょうど反対側に来る瞬間のことだ。

 

 

太陽と地球と木星が、一直線に並ぶ。

 

 

この「衝」が起こる時には、惑星の位置が地球からとても近くなるため、
木星は、大きく、一段と明るく輝いて見える。

 

 

私が、何かを感じて「隠れルピカ」を紹介したのは、いつだっただろうと思い
クリスタランを見てみると、それは9日だった。

 

 

なるほど、と思った。

 

 

どうして急に夢中でエンジェルフォトを撮り、
そのハーキマーダイヤモンドのことを綴りたくなった訳が
わかったような気がした。

 

 

私は、どこかでルピカのエネルギーを感じていたのだ。

 

 

 

 

 

ここに、1枚の写真がある。

 

 

森の奥を旅立つ前に記念におさめた、
ホクレアとヒキアナリアのハーキマーダイヤモンドの姿だ。

 

 

その後ろでは、大きなハーキマーダイヤモンド「隠れルピカ」が、
ふたりを見守っている。

 

 

それを眺めていたら、
ホクレアとヒキアナリアのハーキマーダイヤモンドを迎え入れてくれた魂の家族から
星の便りが舞い込んだ。

 

 

その魂の家族の手紙は、その方の想いを尊重して、ここには載せない。

 

 

ただ、それが、美しい星の祝福に満ちていたことだけを記しておこう。

 

 

 

 

 

幸運の星ルピカ。

 

 

その星は、今、『ソウルメイト』をキーワードに持つ蠍座に滞在している。

 

 

そして、あと6ヶ月ほどで、蠍座から次の星座、射手座へと移動していく。

 

 

 

 

 

さぁ、今日も、隠れルピカとともに、3つの星を見上げよう。

 

 

私に、物語を届け続けてくれる、あの美しい3つの星を。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「 宇宙の虹を宿した、ジュエルマロンのレインボー・ハーキマー・ダイヤモンド 」

 

         20180509_17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から、一風変わった二面性を持つクリスタルが好きだ。

 

 

どこから見ても美しいクリスタルも大好きだけれど、

それと同じくらい、世間や一般論でいう『美』の枠組みから、

ちょっとユニークにはみ出したクリスタルに惹かれる。

 

 

時に、彼らの個性が、どんな高価な宝石より、私の心を捉えることがある。

 

 

彼らは、ただ、「これが私です」と言って輝いている。

 

 

だから、彼らの個性が、私の心を捉えるというより、

彼らのその在り方が、私の心を惹きつけるのかもしれない。

 

 

私が、「ユニークで好きだわ、この子」と思って迎え入れたそんなクリスタルたちは、

ある時、「このクリスタルの全部が好きです」と言ってくれる素敵な魂の家族が現れて、

ふわりと旅立っていく。

 

 

大勢の人に好かれることよりも、自分が自分で在ることを選ぶ。

 

 

あらあら、個性的なクリスタルの生き方は、

森の奥で自由に暮らしている誰かさんと同じだわと気づいた時、

クスクスと笑いがこみ上げてきて、

そのきらりと輝くハーキマーダイヤモンドを、

幸せな気持ちで雨上がりの森の光の中にかざしました。

 

 

 

 

*     *     *

 

 

 

 

レインボークリスタル宮殿に並ぶクリスタルたちの中から

そのハーキマーを手に取った時、

カウアイ島のエネルギーを感じました。

 

 

ちょうどその頃、私は、カウアイ島に思いをめぐらせており、

愛する人と一緒に見た、奇跡のダブルレインボーのことを思い出していました。

 

 

あの時、私の足は、カウアイ島の土に染まっていました。

 

 

自らの足で、その島の大地の上を歩いたからこそ見ることのできた、

夢のように美しい虹。

 

 

そのハーキマーに浮かぶ見事な虹と、

大地のエネルギーそのものである、わずかに付いた母岩のなごり。

 

 

その組み合わせは、あの時の私と、どこかつながるものがあるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

20180509_22.jpg

 

エンジェルリリアの手の中で。

とても存在感のある大きな結晶です。

単結晶としては、これまでご紹介してきたハーキマーダイヤモンドの中で

一番大きいかもしれません。

先端に見えるのが、母岩のなごり。

母岩のない、宝石のようにキラキラと輝くハーキマーも大好きですが、

質の高いハーキマーならではの波動の高さと、

しっかりと大地にグラウンディングするエネルギーの両方が合わさった

なんとも言えない魅力を持つハーキマーです。

 

 

 

 

 

 

20180509_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_04.jpg

 

 

 

 

 

 

このハーキマーダイヤモンドは、結晶の形が、

よく見られる一般的なハーキマーの形とは異なり、

見る角度によって、いろいろな姿に見えます。

 

 

 

 

 

 

 

20180509_16.jpg

 

ハーキマーダイヤモンドの形としておなじみの、

ナチュラルなダブルターミネイテッド型に見えることもあれば、

 

 

 

 

 

 

 

20180509_07.jpg

 

美しくカットされたダイヤモンドを思わせる「ジュエル型」に見えたり、

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_20.jpg

 

はたまた、「マロン型」に見えることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何と言っても魅力的なのが、このハーキマーの中に浮かぶ虹。

 

 

結晶のサイズに対して、虹のサイズが非常に大きいのです。

 

 

大きすぎて、エンジェルフォトには、一度にすべての虹が写らないくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

20180509_08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_09.jpg

 

その一部が写っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_11.jpg

 

鮮やかでクリアーな、私の大好きな虹。

全部で3つの大きな虹の部屋があり(部屋と呼びたくなるような広い虹なのです)

くるくると回すと、その虹たちが順番に姿を見せてくれて、感動します。

 

 

 

 

 

 

 

また、このハーキマーダイヤモンドのファセットの一部には、

ゲートウェイを思わせる「くぼみ」があります。

 

 

 

 

 

 

20180509_21.jpg

 

そのくぼみをエンジェルフォトにおさめようとしたら、

結晶の中の虹が幻想的に光っているのが見えました。

虹の面積が広いのが、なんとなく感じられるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_10.jpg

 

なんだか、ばっちりとその姿を写さない方が、

この子の本当の美しさが伝わるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_19.jpg

 

これは、私のお気に入りの1枚。

中に秘めている虹の素晴らしさが、その結晶が透明であるがゆえに、

伝わってきてしまう。。。。。

その虹は、どこか天界的で、宇宙的。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

20180509_23.jpg

 

ひとつ前のクリスタランに載せたのは、

このハーキマーに浮かぶ虹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20180507_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このユニークなハーキマーダイヤモンドにどんな名前を授けてあげようか

しばらく考えていたのですが、

ある時には「ジュエル型」、またある時には「マロン型」に見える姿から、

もうそのまま、それを呼び名にしてあげましょうと、

『ジュエルマロン』という名前を付けてあげました。

 

 

個性的な名前に、素晴らしすぎる虹、

そして、それがハーキマーダイヤモンドだなんて、

ユニークで最高だわと思います。

 

 

この子のすべてを好きだとおっしゃってくださる方に。。。。。。。

 

 

 

 

 

このクリスタルには、遠隔個人セッションがつきます。

 

 

ジュエルマロンちゃんと一緒に、宇宙を旅しましょう。

 

 

 

 

 

 

20180509_17.jpg

 

コレクション番号:LBC-0347

クリスタル名:〜宇宙の虹を宿した、

ジュエルマロンのレインボー・ハーキマー・ダイヤモンド 〜
サイズ: 約3,4×3,2×2,0センチ

産地:NewYork Herkimer
prix:77,777円(リリア・バービーの遠隔個人セッションを含む)

*クリスタルの宝箱にお入れしてお届けいたします



>>このクリスタルにご縁を感じた方は、こちらから

 

 

 

 

 


「 星の生まれる場所 」

 

        20180507_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

そのハーキマーダイヤモンドが見せてくれる虹は、
まるで宇宙そのものだ。

 

 

幼い頃から、たまらなく惹かれてきた、銀河や星雲。

 

 

星の生まれる場所。

 

 

私たちも、こんな虹の中から生まれたのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 



Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

Links

Author

Search this site.

Others